アーセナルOBヴィエラ、主将剥奪のジャカを擁護「彼を気の毒に思う」
オーストラリアの森林火災、シドニー郊外まで火の手迫る
中日・加藤代表 保留の祖父江とは継続的な登板数で「考え方に差」 44試合に登板もダウン提示か
メッシ&スアレスの“世紀のトリックPK”。友情と遊び心が極上の連係へと昇華
選手と実業家の顔を併せ持つピケ「時間が足りず4~5時間しか寝ていない」
「失敗」に終わった2019年ヤンキース。今オフはゲリット・コールを獲得して再び世界一を狙う?
国士舘18年ぶり秋東京2連覇 サイドスローが帝京完封
ジョコビッチ、これまでのツアー最終戦戦績。今年はナダルと年末1位も争う
「アーセナルでの仕事は高く評価しているが…」バイエルン監督就任にウェンゲルが興味? CEOは接触を認める
【スーパーGT】23号車ニスモGT-R、最終戦は悔しい8位。ロニー・クインタレッリ「僕たちには足りない部分がある」
スラビアGK、バルサ守護神の言葉に「鳥肌が立った」一方で…メッシらの対応に「悲しかったよ」

Tag: Women 20

発展途上国における4ミルの女性のための教育を支援する日本

発展途上国における4ミルの女性のための教育を支援する日本

安倍晋三首相は、土曜日に東京で開催された国際女性会議で、日本が2020年までに400万人の女性に「質の高い」教育を提供することを支援すると発表した。 安倍首相は、持続可能な経済発展のためには教育へのアクセスを改善することが重要であり、日本が6月に主催する20カ国のグループ会議で女性により良い教育機会を提供するための努力を加速することを提案すると述べた。 「G-20会長として、私は他のG-20リーダーと、少なくとも12年間の質の高い教育を受けられる世界を創造するという私たちの決意を確認したい」と語った。主要経済国に政策提言をするG-20エンゲージメントグループ。 ノーベル平和賞受賞者のMalala Yousafzaiも会議に出席し、女性教育への投資を呼びかけました。 「すべての女性と女児が輝くことができ、女性が革新を推進している」世界を創造し、政府や企業に着席するためには、指導者たちは女児の教育に投資しなければならない。 「もし私たちが今日女の子に投資すれば、私たちの想像を超える未来が可能になる」と彼女は言った。 このイベントでは、W20の日本代表は、G20加盟国が経済成長と公正かつ持続可能な開発のためにジェンダー格差を埋めるための行動をとることを要求するコミュニケをAbeに渡しました。 コミュニケは、G-20加盟国に対し、次回の大阪でのG-20サミットで、2014年のオーストラリアのブリスベンでのG-20サミットで行われた労働力参加におけるジェンダー格差を25倍減らすための中間報告を提出するよう要請した。 2025年までにパーセント。 この勧告はまた、G-20首脳にデジタル技術、科学、工学、芸術、数学の分野での女性の参加を促進するための措置を講じるよう求めながら、「女性が取り残されないようにする」人工知能を含む新しい技術の使用を促した。 。 2015年にイスタンブールで第1回W20サミットが開催され、G-20加盟国の女性の社会的地位向上と経済力の強化が図られました。 「すべての女性が輝く社会」を実現することを目的に、日本政府が主催する第5回世界女性会議を同時開催しました。 安倍政権による女性のエンパワーメントの推進にもかかわらず、日本は他の多くの先進国経済よりも女性の社会的・経済的進歩において遅れをとっている。 2013年、安倍首相は、2020年までに社会のあらゆる分野における指導的地位の30%以上を女性が占めるという目標を達成するための努力の一環として、上場企業すべてに少なくとも1人の女性を任命するよう求めた。 内閣府によれば、要請後、女性委員の数は2012年の630人から2018年には約1,700人へと倍増した。

Translate

Popular Post

アーセナルで信頼回復目指す前主将。ファンの反応には不満も「このチームにふさわしいことを証明したい」

  アーセナルのMFグラニト・ジャカは、再びアーセナルで輝きたいと考えている。スイス『ブリック』に対する発言を英『スカイ・スポーツ』などが伝えた。 ジャカは先月27日に行われたクリスタル・パレス戦での態度が問題になった。交代を命じられてホームのファンからブーイングを浴びた同選手は、暴言を吐くなどしてサポーターに挑発的な態度を取っている。これにより、キャプテンマークを失い、ここ4試合は出番も与えられていない。冬の移籍市場で放出される話も出ている。 しかし、ジャカはアーセナルで「再びプレーする準備はできている」と語った。 ジャカは「第4審判が僕の背番号を掲げたときに自分たちのファンが大喜びして、すごく動揺した。すごく怒ったんだ」と、当時の心境を振り返っている。そして、自身に対するファンの反応は「異常であり過剰だった」と非難した。それでも「チームメートの何人かが僕のところに来てくれたのはうれしかった。彼らは僕が落ち込まないようにと励ましたんだ」とジャカは述べている。 さらに同選手は、「サッカーとキャプテンシーの話題だ。それはロンドンの多くの人にとって大きなことだと分かっている。僕はここに来てからずっと、自分のクラブに100%尽くしてきたし、選手としての自分の役割を全うしてきた。この偉大なクラブでプレーすることを誇りに思っている」とコメント。「前向きな姿勢を保って、自分がこの素晴らしいチームの一員にふさわしいことを証明していきたい」と語っている。 アーセナルは公式戦で5試合勝利がない非常事態。一度は信頼を失った前主将が救世主になることはあり得るのだろうか。

Read more