Tag: 麻生太郎

日本の女性はオフィスでの仕事以上のものが必要

日本の女性はオフィスでの仕事以上のものが必要

ブルームバーグ -日本の指導者たちは、女性の肩の上に国の運命を休むことができてうれしいです。安倍晋三首相は、縮小する労働力を補うために、より多くの人を自宅から引き出すことを望んでいます。彼の代理、麻生太郎は、その一方で、十分な子供を持っていないためにそれらを非難した後最近謝罪しなければならなかった。女性はこっそりと、「今、私たちに働きかけ、子供を産み、夫の世話をしたいと思っていますか?」と聞こえることがあります(日本では男性の家事参加が低いことで有名です)。 今年のダボスでは、安倍首相は、2015年から2018年の間に日本で働く女性の数が200万人増加し、昨年の15歳から64歳までの70%近くの日本人女性が雇用されたことに自信を持っていた。労働参加率は「アメリカよりも高い」と言われていますこれは根本的な文化的変化であり、今後何年にもわたって利益を生み出すでしょう。 しかし、日本は単に女性を労働力に参加させる必要はありません。それはまだ赤ん坊を持っていて家族を育てながら、彼らがそこで繁栄し、充実したキャリアを伸ばすことを可能にするであろう条件を作り出す必要があります。そのためには、安倍政権がこれまで楽しませてきた以上に、はるかに困難でより広範な改革が必要になるだろう。 安倍首相がダボスでそれほど共有したがらなかったことは、日本における女性の労働の質が恥ずかしく低いままであるということです。2017年の賃金格差は24.5%で、日本人女性の平均収入は男性の4分の1以下です。安倍首相のダボスが主催する世界経済フォーラムは、世界のジェンダーギャップ指数2018で日本を110位にランクしています。 この格差は、日本特有の硬直した複線型の労働市場の産物です。管理職を除くすべての給与労働者の約62%が、本格的な責任を負うことを犠牲にして、給与の値上げと福利厚生を享受している。 一方、不規則な労働者は、責任と時間の約束が限られていますが、大部分は困難な作業に追いやられ、しばしば昇給のために引き渡されます。2017年の時点で、就職している男性の78パーセントに対して、働く女性のわずか44パーセントが正規の地位を占めていました。実際、2018年に新たに雇用された女性の73%(85万人のうち62万人)は、不規則な地位しか見つけられなかった。 日本企業から見れば、これは成功のように見えます。政府は、2017年から2030年の間に、死者数が出生数を超えたために、380万人の労働者を失うと推定している。女性、高齢者、外国人労働者がこの空白を埋めることを望んでいます。便利なことに、それらはすべて通常のポジションを保持している古典的な「サラリーマン」よりも安いです。 しかし、長期的には、これは解決策ではありません。1989年の1.57から2017年の1.43へと、日本の出生率は低下しています。政治的に不可能なままで、より多くの赤ちゃんと大規模な移民がなければ、日本の人口は減少し続け、年間40万人近く、つまり人口の0.3%を失います。人口。 問題は、日本の女性がどのようにして家族を育て、働き、昇進することを可能にするかです。2010年までは、最初の子供を出産した後に戻った女性はわずか20パーセントでした。私は実際には、より多くの女性を昇進させるよう政府から圧力をかけられている男性幹部に同情しています。誰が次のインラインの女性管理職の豊富なパイプラインが一晩で出現することを期待できますか?後見では、安倍首相の当初の目標である2020年までに少なくとも30%の管理職を女性にすることは現実的ではなかった。日本労働政策訓練協会による最新の数字は、その数が13パーセントに近いことを示唆している。 これを変えるには、規則と文化の両方に取り組む必要があります。前者に関しては、2トラック労働システムを廃止することが重要です。企業は、正規職と不定期職のギャップをなくすために、キャリアパスに柔軟性を持たせる必要があります。労働者は、対面時間ではなくアウトプットに基づいて判断され、報酬を受ける必要があります。来年から施行される、同じ仕事に対して同じことを労働者に支払わせることを企業に強制する新しい規則は、正しい方向への一歩です。 労働者がフルタイムであろうとパートタイムであろうと、異なる形式の労働の間で流動的に移行することが許されれば、仕事に戻る道は彼らのキャリアを中断する女性にとってより滑らかになるでしょう。このような柔軟性により、企業はより幅広い候補者から潜在的な候補者を選ぶことができ、将来的にはより多くの女性が管理職に就くことになります。言うまでもありませんが、休暇を取っている男性が子供や高齢の両親の世話をするのにも役立ちます。 文化の変化はオフィスだけにとどまりません。男性でも女性でも、職場でも家庭でも、男女平等の参加を全面的に受け入れる必要があります。教育は態度の変化に大きな役割を果たします。これには時間がかかりますが、トレンドラインは有望です。最近の日系人の調査によると、20代の世帯の60パーセントもが家事の負荷を平等に分担していると答えています。 50世帯以内。 最も重要なことに、日本政府はその記録に頼ることができません。進歩は見られますが、それは国がどれだけ遠くまで行かなければならないかを明らかにしているだけです。

麻生太郎:日本のU相、出生率のガフについて

麻生太郎:日本のU相、出生率のガフについて

麻生太郎氏(78)は、高齢者が日本の低迷する経済と不公平に結び付いており、医療費の問題を心配していると述べた。 「高齢者が過ちを犯していると言う奇妙な人々がた​​くさんいますが、それは間違っています」と彼は言って引用されました。 「むしろ、子供を産んでいない人が問題です。 「少子高齢化と相まって、高齢化は深刻な問題です。」 麻生氏は福岡で開催された南西日本の選挙区協議会で講演していました。 月曜日に彼は野党議員からの批判の後彼の発言を撤回した、彼らは彼らが子供を持つことができなかったカップルを傷つけることができると言った。 「私は私のコメントを撤回したいのであり、今後数日のうちに私の言葉に注意を払うであろう」と大臣は言った。 彼は記者団に彼の言葉は文脈から外されていたと語った。 日本の朝日新聞によると、麻生氏はまた日曜日に平均寿命の上昇を「素晴らしい」と呼び、日本は全世代の人々を支援する社会保障制度を必要としていると述べた。広告 大臣は、近年性差別の罪で非難された最初の日本の議員ではありません。 2018年5月、国の統治党の議員は、日本の若い女性はより多くの子供を持つべきであるか、あるいは国家に負担をかけることに直面すべきであると述べました。 加藤寛治氏は、結婚するつもりがない女性と出会った場合、他の人の子供たちからの税金が支払われる介護施設に行くことになると彼に語った。 2018年に記録が始まって以来、日本の出生率は最低レベルまで低下し、人口は44万8000人減少した。

子供の不在に対する攻撃の後、日本の財務大臣

子供の不在に対する攻撃の後、日本の財務大臣

麻生太郎財務相は、日本には「子供がいない人」に問題があると宣言し、発砲している。 週末に故郷の福岡で聴衆と話をして、前首相は、彼が1940年に生まれてから30年の平均余命の増加を指して、日本の高齢化社会について話しました。 「高齢者が悪いと言う奇妙な人がたくさんいますが、それは間違っています。麻生氏は、問題は子どもを持たない人々だ」と述べた。 この発言は、2014年の麻生氏による同様のコメントを反映しており、日本に子供を持たないことを選択した人々に対する保守的な政治家による攻撃の長い伝統に続いています。 日本の人口の急速な高齢化と衰退は、安倍晋三首相の政府にとって最優先事項です。2018年には、人口は記録的に448,000人減少し、記録が921,000から始まって以来、出生数は最も少なくなった。 安倍首相の政府は、保育所教育の費用や職場での母親に対する差別など、家族を持つことへの障害に取り組むことによって出生率の向上を図ってきました。しかし、与党自民党の多くは、伝統的な家庭の衰退とジェンダーの役割による出生率の低下を非難しています。 月曜日に議会で話して、麻生氏は彼の言葉が文脈から取除かれていたと主張し、実際に出生率の低下は高齢化や長寿命よりも財政の持続可能性にとって大きな問題であると言っていました。 反対派の政治家はその発言を容認できないと述べた。野党憲法民主党の辻本清美氏は「大きな問題だ」と述べた。麻生氏は「人権意識がない」と述べた。 「それは、子供を持つことができない、または子供を持たない人々を単に考えるだけではありませんが、彼が本当の問題を完全に誤解していることを示しています。」 麻生太郎は、彼の言葉は文脈から外されていると主張した。©AFP 麻生氏は、年配の人々が高齢者介護の費用と人種差別のあるさまざまな発言に立ち向かうために「急いで死ぬ」べきであるという声明を含む、彼の時折の言葉による不倫についてよく知られている。 しかし、彼のコメントは彼の自民党の同僚の何人かと比べて穏やかです。2007年、柳沢博雄元保健相は、女性を「出産機」と表現したことで批判を浴びた。 昨年、自民党の後輩政治家である杉田澪は、子供がいないので、日本のレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーのコミュニティを「非生産的」と見なしました。 自民党議員の加藤寛治氏は、夫婦は少なくとも3人の子供をもうけるべきだとしぶしぶ引き止めて、彼らの介護費用は他の人々の子供への税金でまかなわれていなかった。

不摂生な人の医療費負担「あほらしい」に麻生氏が同調

不摂生な人の医療費負担「あほらしい」に麻生氏が同調

  麻生太郎財務相は23日の閣議後会見で、不摂生で病気になった人の医療費を負担するのは「あほらしい」とした知人の発言を紹介し、「いいことを言う」と述べた。 麻生氏は「おれは78歳で病院の世話になったことはほとんどない」とした上で「『自分で飲み倒して、運動も全然しない人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしい、やってられん』と言った先輩がいた。いいこと言うなと思って聞いていた」と話した。記者から麻生氏も同じ考えかと重ねて問われると「生まれつきもあるので、一概に言うのは簡単な話ではない」と説明。予防医療の推進自体は「望ましい」とも語った。 麻生氏は2013年1月の社会保障国民会議では、終末期医療に触れ、「さっさと死ねるようにしてもらうとか、考えないといけない」と発言。延命治療についても「(自分なら)その金が政府のお金でやってもらっているなんて思うと、ますます寝覚めが悪い」と述べ、その後、発言を撤回している。

財務次官に岡本氏、麻生財務相が発表

財務次官に岡本氏、麻生財務相が発表

  麻生太郎財務相は27日、財務省の同日付の幹部人事を発表した。それぞれ空席が続いていた財務次官に岡本薫明主計局長(57)、国税庁長官に藤井健志同庁次長(55)を昇格させた。岡本氏の後任の主計局長には太田充理財局長(58)が昇格した。国際金融や20カ国・地域(G20)を担当する浅川雅嗣財務官(60)は留任した。 文書改ざん問題への対応を担う理財局長には可部哲生総括審議官(55)、退任する飯塚厚関税局長(59)の後任には中江元哉首相秘書官(57)を充てた。 同省の本流を歩み、次官の本命候補とされてきた岡本氏をトップに据え、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題や前次官のセクハラ問題で信頼が失墜した組織の立て直しを急ぐ。 星野次彦主税局長(58)、武内良樹国際局長(58)、矢野康治官房長(55)はいずれも留任となった。

G20、貿易戦争に懸念相次ぐ 日本は人民元安説明要求

G20、貿易戦争に懸念相次ぐ 日本は人民元安説明要求

  【ブエノスアイレス】アルゼンチンのブエノスアイレスで21日開幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は初日の討議を終えた。米国発の貿易戦争について、各国から懸念する声が相次いだ。日本政府は中国人民元の下落について問題を提起した。資金流出が続く新興国からは欧米の急激な利上げを警戒する声も上がった。 会議では6月の主要7カ国(G7)首脳会議に続き、米国発の貿易戦争が主要な争点となった。世界経済のリスクへの対応について議論する場では、ほぼすべての国から貿易戦争が経済に及ぼす影響について言及した。 会議では為替問題も取り上げられた。トランプ米大統領は20日に「ドル高が我々の競争力を奪っている」として、貿易戦争の範囲を為替市場にも広げつつある。 ムニューシン米財務長官は21日、会議を前に記者団に対し、人民元安などについて「為替操作の有無などを注意深くみている」と発言。米連邦準備理事会(FRB)の利上げで新興国から資金流出が続く中、中国人民元は対ドルで4月から約7%下落した。人民元安は輸出振興につながるだけに、ムニューシン氏は「為替介入の結果なのか、市場力学によるものなのか、注意深くみている」と疑いの目を向けた。 こうした中、麻生太郎財務相は「先進国で金融政策の正常化が行われる中、中国を含む新興国の通貨下落が資本流出圧力を招き、世界金融市場のリスクとなり得る」と発言。人民元安について「米利上げ以外の要因もあるのでは」(財務省同行筋)という見方もある中、中国側に対し、説明を求めた。会議の場でこの問題を取り上げたのは日本だけで、米国からは人民元についての言及はなかった。 新興国からは欧米の金融緩和終了が自国経済に与える影響についての発言も相次いだ。ブラジルのグアルディア財務相は会議後の記者会見で「金融政策の正常化や貿易の緊張、地政学上のリスクは特に新興国の脅威となっている」との見方を示した。 米国の利上げで新興国から資金流出が続く中、ブラジルでは通貨レアルが対ドルで年初来から約14%下落した。会議の開催国であるアルゼンチンでは通貨ペソの下落率は32%に達し、国際通貨基金(IMF)への支援要請を余儀なくされた。会議にはトルコやインドなど通貨下落に見舞われた国も参加しており、FRBを念頭に、急激な利上げを懸念する声が出た。会議は22日まで2日間の日程で開催する。

SNS参考にする層ほど内閣支持率高め 朝日世論調査

SNS参考にする層ほど内閣支持率高め 朝日世論調査

  SNSやネットの情報を参考にする層は、内閣支持率高め――。 朝日新聞社が14、15両日に実施した世論調査で、政治や社会の出来事を知る際、どんなメディアを一番参考にするかを尋ねた。すると、「ツイッターやフェイスブックなどのSNS」「インターネットのニュースサイト」と答えた層は、内閣支持率が高い傾向が見られた。「テレビ」と答えた層の支持率は全体の支持率とほぼ同じで、「新聞」と答えた層は支持率が低かった。 政治や社会の出来事について情報を得るとき、一番参考にするメディアを四つの中から選んでもらったところ、「テレビ」が44%で最も高く、次いで「インターネットのニュースサイト」26%、「新聞」24%、「ツイッターやフェイスブックなどのSNS」4%だった。 年代別に見ると、18~29歳は「ネット」38%、「テレビ」35%、「SNS」16%、「新聞」8%の順。30代は「ネット」53%、「テレビ」28%、「新聞」12%、「SNS」7%の順だった。40代以上はいずれも「テレビ」が最多で、年齢層が上がるほど「新聞」の割合が増え、「ネット」や「SNS」の割合が減った。 次に、参考にするメディア別の内閣支持率をみると、最も支持率が高かったのは「SNS」と答えた層で48%(不支持率22%)。次に「ネット」と答えた層は42%(同38%)、「テレビ」は38%(同41%)、「新聞」は32%(同54%)だった。回答した人全体の内閣支持率は38%(同43%)だった。 新聞の購読層と政治意識をめぐっては、麻生太郎・副総理兼財務相が6月、自民支持が高いのは10代から30代だとして、「一番新聞を読まない世代だ。新聞を読まない人は、全部自民党なんだ」と発言した。 今回の調査で、年代別に支持政党をみると、18~29歳の自民支持は32%で、全体の自民支持の34%とほぼ同じ。「無党派層」が最も多く、57%を占めた。30代では自民支持が37%だった。 参考にするメディア別の自民支持を見ると、内閣支持率ほどの大きな違いはなかった。「SNS」と答えた層の自民支持は34%、「ネット」と答えた層は37%、「テレビ」は34%、「新聞」は32%だった。どのメディアを参考にする層でも、「無党派層」が最も多かった。

山崎拓氏が麻生太郎氏に引導を渡す「九州男児なんだから、潔く辞めたらいい」

山崎拓氏が麻生太郎氏に引導を渡す「九州男児なんだから、潔く辞めたらいい」

  「麻生氏、九州男児らしく潔く辞めたらいい」山崎拓氏 ■山崎拓・元自民党副総裁(発言録) (財務省の決裁文書改ざん問題について)麻生太郎財務相は政治責任を全く考えてないと思う。再発防止というのはこれからの話であって、それでは政治責任を果たすことにはならない。今まで起こったことの政治責任を果たさなきゃいけない。誰かがこの政治責任をとらないと事態の収拾にはならず、国民の不信を挽回(ばんかい)することはできない。九州男児なんだから、潔く、政治責任をとって、辞めたらいいと思う。 (閣僚給与1年分の)170万円戻すと言ってるけど、国会議員としての給料(月129万円の歳費と、賞与に当たる期末手当)があるんだから。そんなもの返上したって、およそ、責任を果たしたってことにはならないですよ。

麻生氏、文書改ざん「組織的ではない」 記者会見で発言

麻生氏、文書改ざん「組織的ではない」 記者会見で発言

  森友学園との国有地取引をめぐる決裁文書の改ざん問題について、カナダを訪問中の麻生太郎財務相は2日(日本時間3日)、「組織的ではない」と述べ、理財局の一部の職員による行為だったとの認識を示した。問題を軽視するかのような発言で、責任を問う声が改めて高まりそうだ。 カナダで開かれた主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の終了後の記者会見で述べた。麻生氏は改ざんについて「大蔵省(財務省)という全体の組織で日常的に行われているわけではないという意味では組織的ではない」と発言。「理財局の国有資産の中の一課が主たる人たちで、それ以外の人は全く関係なかった人たちがほとんどだ」と説明した。 「組織的ではないのか」と質問した記者に対し、「組織的と言いたいあなたの立場とか、会社の都合とか、いろいろあるんだろうから、いろいろ言い方はあると思うが、私の考え方として、大蔵省(財務省)全体でやっていたわけではないというところを強調したい」とも述べた。 財務省は4日に改ざん問題の調査結果と関係職員の処分を発表する予定だが、麻生氏は続投する意向を示す。麻生氏は「再発防止をきちんとやっていかなければいけない」とも語ったが、その指揮を執る組織のトップとしての認識が問われている。

麻生財務相、森友交渉記録廃棄で陳謝

麻生財務相、森友交渉記録廃棄で陳謝

  麻生太郎財務相は25日の閣議後の記者会見で、財務省が学校法人「森友学園」との交渉記録を廃棄していた問題について「極めて由々しきことであり、深くおわび申し上げる」と陳謝した。 交渉記録については当時の理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官が国会答弁で「残っていない」と説明していた。麻生氏は決裁文書改ざんの経緯とともに交渉記録廃棄の経緯についても調査し、関与した職員を処分する考えを示した。 また、国有地売却への安倍昭恵首相夫人の関与については「少なくとも(売却価格を)安くする高くするという意味での関与は無かった」と語った。

Page 1 of 3 1 2 3

Translate

Popular Post

韓国との軍事情報共有協定が破棄されたら,どんな問題が起きるのか

  日本政府が韓国をホワイト国(輸出優遇国)から除外した件への報復として、韓国が日本との「軍事情報包括保護協定(GSOMIA、読みはジーソミア)」の破棄をチラつかせていた問題で、アメリカが両国の仲介に動いている。 8月9日には、訪韓中のエスパー国防長官が文在寅大統領と会談し、GSOMIAの延長を働きかけたようだ。しかし、その前の鄭景斗・国防部長官との会談では韓国側が難色を示し、延長に否定的な姿勢を見せたとされる。 GSOMIAの自動延長の期限は8月24日だが、破棄のような事態は本当に起こりうるのか、その行方はまだ不透明だ。 では、仮に韓国の拒否でGSOMIAが破棄された場合、どういった問題が起こるのか。 そもそも「GSOMIA」とは何か 世界の国々はいずれも、自国の安全保障にとって脅威となる国やテロ組織などに関する軍事的な情報を集めている。 しかし例えば、同じ脅威にさらされている国同士であれば、互いの持つ情報を教え合うことで、それぞれの安全保障を強化することができる。あるいは、共同で脅威に対処できれば、さらに有利になるだろう。 しかし、相手国に渡した情報を 外部に漏らされる ようなこと があっ ては困る。そのため、秘密指 定の軍 事情報については しっかり と秘匿し、外部に漏 らさない 措置を とる...

Read more