バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 辻元清美

首相、加計氏との面会否定 野党は証人喚問要求

首相、加計氏との面会否定 野党は証人喚問要求

  安倍晋三首相は22日午前、学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、加計孝太郎理事長と2015年2月25日に面会したとする愛媛県文書に関して、面会を否定した。首相官邸で「指摘の日に加計氏と会ったことはない。念のために昨日、官邸の記録を調べたが確認できなかった」と語った。 文書には15年2月の面会で加計氏が首相に同学園の獣医学部新設について説明したとの記載がある。首相は「今まで国会で話したように、獣医学部新設について加計氏から話を伺ったこともないし、私から話したこともない」と述べた。 首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官は22日午後、経済産業省で「同席した覚えはなく、その話を聞いた覚えもない。首相から指示を受けた覚えもない」と話した。 加藤勝信厚生労働相は記者会見で、官房副長官だった15年2月に学園側の関係者と面会したことを認めた。「地元(岡山県)の事務所で加計学園の確か事務局長が来て、獣医学部についていろいろと努力しているが実現に至っていないと話をされた」と述べた。面会は首相に伝えていないと説明した。 立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党と衆院会派「無所属の会」の幹事長・書記局長は22日午前、国会内で会談した。「首相が虚偽答弁を繰り返してきた疑いが強まった」として、加計氏と柳瀬氏の証人喚問を求める方針で一致した。 立憲民主党の福山哲郎幹事長は会談後、記者団に「首相の進退が問われる重大な局面を迎えた」と指摘した。 立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は22日、自民党の森山裕国対委員長に会い、衆参両院の予算委員会で首相が出席する集中審議の開催や愛媛県の中村時広知事の参考人招致を求めた。森山氏は野党側の要求に難色を示した。

国会審議復帰へ調整 立憲民主など野党6党

国会審議復帰へ調整 立憲民主など野党6党

  立憲民主党など野党6党は7日午前、国会審議の復帰に向けた調整に入った。学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫元首相秘書官が、学園関係者との面会を認める意向であるため。立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は大島理森衆院議長に会い、問題の全容解明を政府・与党に促すよう申し入れた。 6野党は柳瀬氏の証人喚問が実現しないとして、4月20日から審議拒否を続けている。柳瀬氏が首相官邸での学園関係者との面会について「記憶にない」とした従来の説明を変える方向となったことから、審議に復帰し、政府を追及した方が得策との判断に傾いた。 自民、公明両党は7日昼に幹事長と国対委員長が会談。今国会での最重要法案と位置づける働き方改革関連法案などの審議促進を確認する。

柳瀬氏喚問へ野党攻勢 加計文書、農水省で発見

柳瀬氏喚問へ野党攻勢 加計文書、農水省で発見

  学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画に関する文書が農林水産省内で13日見つかったのを受け、野党は当時の首相秘書官、柳瀬唯夫経済産業審議官の証人喚問を求め、攻勢を強めた。文書は、柳瀬氏が愛媛県関係者に「本件は、首相案件」と発言したと記載している。愛媛県の中村時広知事は同県職員が作成したものとの認識を記者団に示した。 立憲民主党の福山哲郎幹事長は13日の党会合で「まさに『記憶にない』と言って説得力のない反論をしているのは安倍晋三首相と柳瀬氏だけという状況になった。もはや政権を維持できる状況ではない」と批判した。民進党の大塚耕平代表は党会合で「虚偽答弁をする首相に国政を委ねるわけにはいかない」と訴えた。 自民党の森山裕国会対策委員長は13日、国会内で立憲民主党の辻元清美国対委員長と会い、野党が求める柳瀬氏の証人喚問について16日に対応を回答すると伝えた。辻元氏は環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国で署名した新協定の承認案や関連法案の審議入りに関し「16日の回答次第だ」と述べた。 13日の衆院議院運営委員会理事会で、野党は17日からの首相訪米への柳瀬氏の同行を認めるべきではないと主張した。西村康稔官房副長官は「まだ決まっていない」と説明した。 農水省が見つけた文書は2枚で、作成日は2015年4月3日付。中村知事が10日の記者会見で「備忘録」だとした文書は15年4月13日付だった。中村氏は日付が異なっている点に関して「(作成した職員に確認し)会議直後のものと、私への報告直前のものという違い」と説明した。 農水省は愛媛県が作成した文書に関する報道があった10日から省内で調査に着手。36人の関係者を対象に文書の有無を調べた結果、獣医師法などを担当していた課長補佐級の職員が個人ファイルで紙の文書を保管していたのがわかった。 農水省は、文書は保管していた職員が前任者から引き継いだものと説明。前任者は文書を見た記憶がなく、保有した経緯もよく覚えていないという。

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more