バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 菊の玉座

新皇帝、新時代/水研究への献身は新しい公務を強化する

新皇帝、新時代/水研究への献身は新しい公務を強化する

  5月1日に、皇帝は菊の王座を登るために126番目になりました。現代の皇室の代表を象徴する皇帝の肖像画を創作することを可能にする彼の葬儀に至るステップを知っている人々の証言が聞こえます。これはシリーズの最初の分割払いです。 2018年6月、天皇は学院大学の東京の学友会、彼の母校に次のような言葉で挨拶しました。「今こそ、社会の最前線から引退し始めています。デビュー。" 彼の過去のクラスメートの一人は、皇帝の落ち着いた口調で彼が担うであろう大きな責任についての彼の決断を感じました。 今年の皇帝に送られた新年のグリーティングカードで、彼のクラスメートは「私はあなたが私たちの世代の代表として新しい時代を楽しみにしている」と書いています。 返信で送られてきたはがきは、「あなたのすべての感情に感謝します」と言った。 間もなく彼の宣誓供述が行われても、はがきの言葉には切迫感は見いだせなかった。 皇帝は59歳で王座を築きました。彼は、生年月日が確かな人の中で、8世紀後半から二番目に古くから王位にあった皇帝です。それでも、彼の中年時代の王子としての彼の時間は、現在彼の新しい公務であるものの始まりを培うのに費やされました。 皇帝によるビデオ講演は4月16日に東京で上映されました。 67カ国からの大使や他の代表者がビデオを見に集まりました。そして、それは皇帝が調査していたトピックである国内外での洪水被害の歴史を詳述して、そして問題に対する解決策を探しました。 ハンガリーのノルベルト大使は、皇帝の知識の深さに驚いた。 10年に一度、ハンガリーはドナウ川への支流の洪水に苦しんでいます。 Palanovicsは皇帝を水関連の問題に関する一流の専門家として尊重しています、そして、彼はこれらの問題を理解させるために天皇の能力に細心の注意を払っています。 スライド1の1 読売新聞file写真 皇帝は、2009年5月に、栃木県佐野市の地元の小学生に土のうを埋めるのを手伝います。 第3回世界水フォーラムは、水問題を解決する目的で世界中の関係者が京都に集まった2003年に開催された国際フォーラムであり、天皇がこの分野についての洞察を深める機会となりました。国際的な注目 皇帝は彼の学生時代の中世における水運の歴史を研究しました。フォーラムの名誉会長に就任し、琵琶湖と淀川の歴史について講演しました。彼が個人的に出席した分科会で、彼は不衛生な水供給のために健康問題を抱えている人々と水を汲むことを強制されている人々の存在を思い出しました。その後の講演では、皇帝はネパール訪問中に撮影された女性と子供たちが水を取りに行く場所に並んでいる写真を見せ、水問題を解決するという彼の希望について語った。 、教育、衛生、そして洪水。 2007年から約8年間、皇帝は国連事務総長の水と衛生に関する諮問委員会の名誉会長に就任しました。 ...

皇帝の棄権は女性の後継者の議論をかき立てる

皇帝の棄権は女性の後継者の議論をかき立てる

今月末の秋仁皇帝の歴史的放棄は、その遺伝的な男性専用の継承規則を考えると、世界で最も古い王家の一人であると信じられているものについての将来に対する懸念を再燃させました。 現状では、日本の皇室の運命は、12歳のナルヒト王子の弟の息子であり、最後の適格な男性の相続人である久仁氏にかかっています。 1947年以降の皇室法では女性が菊の王座を昇格することが許されていないため、久仁氏が男の子供を持っていなければ、日本の何世紀にもわたる継承は破綻するだろう。 つまり、成仁の唯一の子供である17歳の愛子姫は、王位を継承するために並んでいません。 女性が統治することを認めるために後継法を変更するように公衆の態度がシフトしているように思われるが、具体的な改革の可能性は遠いように思われる。 読売新聞が10月から11月にかけて毎日行っている世論調査によると、3分の2近くの人が女性が正当な相続人となることを許可するように改正されたいと思っています。 「愛子妃がなぜ王位に上がることができないのか不思議だ」と語った30代の東京在住の瑞穂はAFPに語った。 「もしそれが彼女が女の子であるという理由だけであれば、それは現在の時代には場違いだと思う。イギリスの君主制でエリザベス女王のような女性の相続人を認めないのはなぜだろう」 現在の規則の下では、女性の皇室の家族もまた平凡な人と結婚したときに王位を失います。これは、Akihitoの孫娘の1人であるMako王女が大学の恋人に婚約していることからも明らかです。 伝統主義者たちは法改正に熱心に反対していますが、250年ほど前に最後の一人の五蔵町が王位に立っています。 そして、2,600年以上も前にさかのぼる神話に満ちた歴史を持つ皇室は、伝説の太陽の女神アマテラスに由来すると言われています。 議会が2017年に老化した皇帝が辞任することを許可する一回限りの規則を可決したとき、政府はまた王室の女性の息子が皇帝になることを可能にするであろう改革を「迅速に研究する」ことを促しました。 東京は、これらの議論は5月1日、ナルヒトが王座を上った後すぐに始まると述べた。 しかし、政府はまた、王の崇拝者である成人のみが主な放棄式に出席することを決定しました。その間、新しい皇帝は、聖剣や宝石などの伝統的なレガリアを継承します。 静岡福祉大学の日本史学教授、大谷雄二氏は、「責任を負いたくない」と主張する政治派が、男性のみの後継者という差し迫った問題を避けていると語った。 「もしあなたが遺伝システムについて考えるならば、女性もまた帝国の血である」と彼は言った、状況が変わらないなら日本王室の将来についての懸念を表明しました。 男性専用の継承ラインのもう1つの結果は、ラインを継続させるために男の子を妊娠させるという大きなプレッシャーです。将来の皇帝と皇后は男の子を持つという大きな圧力を受けましたが、2001年に生まれた唯一の子供は愛子妃でした。 久仁王子が2006年に王子皇太子の弟の秋篠に生まれたとき、「危機」は避けられました、それは男性の血統が続くことを意味しました。鳴仁皇太子が王位に就いた後、秋篠が並び、次に久仁が並ぶ。 元首都高の外交官だったマサコ皇太子妃は、伝統的に重い世帯に加わった後、長年にわたりストレス関連の病気に苦しんできました。 国際日本文化研究センターの現代日本文学と歴史の教授、坪井秀人氏は、マサコの病気は日本とイギリスの間の違いを象徴していると主張した。 ...

発表前に皇太子、皇帝が玲和に語った

発表前に皇太子、皇帝が玲和に語った

成仁王子は、公式発表の前に5月1日に菊座を登ったときに始まる帝国時代の名前を言われました。 安倍晋三首相の内閣総理大臣が令和を承認した直後に、内閣官房長官である杉田和弘氏は、皇居庁の大管長である山本真一郎氏に電話をかけ、その決定について語った。 時代名は4月1日に公表されました。 山本は、西坂靖彦と呼ばれ、赤坂御用地の王子邸で待機していた副大管長でした。西村は、山本が彼に言ったことを書き留めて、そのメモをなる人にナルヒトに見せた。西村はまた、この名前は「万葉集」、日本の最も古い詩アンソロジーから取ったと説明した。 ナルヒトは「わかった」と言った。 ほぼ同じ頃、山本は皇居で昭和天皇と会い、彼に新しい時代の名前を知らせました。 山本氏は、皇帝が耳を傾けてから、新しい名前を公布するために、内閣の命令書に署名して印をつけることを進めたと述べた。 安倍首相は4月1日に明仁も成仁とも会わなかった。

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more