Tag: 自然

オーストラリアの森林火災、シドニー郊外まで火の手迫る

オーストラリアの森林火災、シドニー郊外まで火の手迫る

  オーストラリア南東部ニューサウスウェールズ州で森林火災が続き、12日にはシドニー郊外にまで火の手が迫った。オーストラリア当局が発表した。 約600万人が暮らすニューサウスウェールズ州では各地で火災が継続。600以上もの学校が閉鎖されている。 この日の気温は35度、風の強さは時速80キロに達した。 「終息はほど遠い」 州内の森林火災の数は、約100カ所から約300カ所にまで拡大したと、地元メディアは報じている。 12日に新たな死者は報告されなかったが、消防は同州が直面している危険の終息にはほど遠いと警告した。 消防によると、12日に損壊あるいは全焼した住宅は50棟に上るとみられる。 1000キロにわたって延焼 消防士3000人が、同州北部沿岸で約1000キロにわたる森林火災の消火活動にあたっている。他の州やニュージーランド、オーストラリア国防軍も応援に入っているという。 当局によると、複数カ所で、それぞれ「10万ヘクタール以上」延焼しているという。 12日、富裕層が暮らすシドニー北部サウス・ターマラの一部にも火の手が及んだ 火の手がシドニー中心部から15キロ以内に到達したため、消防は航空機を使って赤色の難燃剤を散布した。 散布地域は、マッコーリー大学から、富裕層が暮らすシドニー北部サウス・ターマラにあるシドニー・アドヴェンティスト病院までの範囲。 当局によると、消防士1人が腕を骨折した。肋骨を骨折した可能性もあるという。 [caption ...

【今こそ確認】国土交通省「ハザードマップポータルサイト」で自分の街や職場近辺の災害リスクを調べておこう

【今こそ確認】国土交通省「ハザードマップポータルサイト」で自分の街や職場近辺の災害リスクを調べておこう

  西日本の広い範囲を襲った「平成30年7月豪雨」。多数の犠牲者を出した災害の爪あとは大きく、たくさんの方々が避難生活を余儀なくされています。 もし、自分が住んでいる街で自然災害が発生したら。どのくらいの被害が予想されるのか、どういうルートで避難するべきなのか。 「国土交通省ハザードマップポータルサイト」では、そういった情報を調べることができます。いま一度、自分の生活圏内の災害リスクを確認してみませんか? 【ハザードマップを活用しよう】 国土交通省のハザードマップポータルサイトでは、自分の家や会社の周りに潜む災害リスクを確認することができます。まず「重ねるハザードマップ」を使ってみました。 地図の上で十字のポイントを動かす、もしくは地域名や住所を検索窓に入力して一覧から選ぶことで、照準を合わせたい地域へ移動可能。 今回は、川の近くで調べてみようと思い「東京都台東区雷門」を選択。 そのあと「洪水」「土砂災害」「津波」の3つのボタンを押すことで、災害が想定されるエリアが詳細な地図に重ねて表示されます。ためしに「洪水」ボタンを押してみたところ……。 真っ赤な色で地図全体が覆われてしまいました。想定外の豪雨などに見舞われれば、地方か都心かに関わらず洪水の危険性はあるのだと実感します。 また画面右上の「危」と書かれたボタンを押してから確認したい地点をクリックすると、その地点に起こりうる災害を一覧で見ることもできます。 東京都心は平野部が多いですが、周辺の状況によっては、土砂災害の危険性がある地域もあるようです。 【各自治体のハザードマップも参照を】 また「わがまちハザードマップ」では、地域を入力することで、各自治体公開している災害ハザードマップを一覧で確認できます。 インターネットで公開されているものに関しては、リンクが設定されています。各自治体が用意しているハザードマップには、避難所の位置や、避難ルートなど詳しい情報も。 スマートフォンなどからいつでも閲覧できるよう、PDF化されたハザードマップをダウンロードしておくのがおすすめです。 ちなみに、私の大阪の実家は淀川のすぐ近く。調べてみたところ、完全に浸水地域でした……。パソコンなどの扱いになれていないご家族の分も、ぜひ確認を。 【「備えること」は今できる】 もし今、自分が住んでいる街で、職場で、同じような災害が起きたら……。先月発生した大阪府北部地震、そして今回の豪雨災害を通して、改めて災害に対する意識を持つ重要性を感じました。 近隣を川が流れている、山の近くに家がある、海沿いの街に職場がある……どんな場合でも、災害のリスクがあるからといって、突然引っ越したり、職場を変えたりすることは難しいと思います。 ...

グアテマラのフエゴ火山が再び噴火 死者さらに増え72人に

グアテマラのフエゴ火山が再び噴火 死者さらに増え72人に

  グアテマラのフエゴ火山が5日、ふたたび噴火し、救助隊員が煙の中を避難する事態となった。週末以来の噴火による死者は、少なくとも72人となっている。 災害対策当局は高温ガスと溶岩が発生していると発表し避難を指示した。 フエゴ火山は3日、40年超ぶりの大噴火を起こし、火山灰と噴煙が上空10キロまで到達。降灰が広範囲に及ぶとともに、付近の市街地に溶岩が到達している。当局によると、数千人が避難している。 グアテマラには34の火山があり、フエゴを含め複数の火山が活動している。

観光収入より環境保護を選んだタイ マヤビーチ閉鎖に見る東南アジアの苦悩

観光収入より環境保護を選んだタイ マヤビーチ閉鎖に見る東南アジアの苦悩

  <美しい自然を売り物に、観光収入を得てきた東南アジア。だが、観光客が押し寄せたことで自然破壊が深刻化してきた──> タイ政府は6月1日、南部クラビ沖のアンダマン海に浮かぶリゾート島ピピレ島のマヤビーチを9月までの4カ月間、閉鎖することに踏み切った。マヤビーチは米俳優レオナルド・ディカプリオが主演した映画「ザ・ビーチ」(2000年公開)で一躍有名になり、世界中から観光客が押し寄せるようになっていた。 このためビーチ周辺の生態、特に海底の珊瑚礁に深刻な影響がでるようになり、環境保護の観点からビーチへの立ち入りを6月1日から9月30日まで全面的に禁止する措置となった。 アンダマン海のピピ諸島は世界的なタイの観光地プーケットとクラビのほぼ中間海域にあり、貸し切りや乗り合いのスピードボートでピピ観光の拠点となるピピドン島に向かい、そこからさらに南の無人島ピピレを訪れるのが定番の観光コースとなっている。ピピレ島は狭い湾の入り口を入ると広い白砂のビーチが緑深い丘と林の前に広がる別天地のような場所として有名だ。 ここに1日2000人から4000人の観光客が約200隻のボートで入れ代わり立ち代わり訪れ、海岸は「芋の子を洗う」状態になっていた。 浜辺から海に入ってみると海底は岩とサンゴでとても歩きにくいことが分かる。このため湾に入り、観光客を上陸させるためにぎりぎり砂浜近くまで乗りつけるボートが海底のサンゴを傷つけたり、スクリューで巻き上げた海砂がサンゴに降りかかったりしてサンゴの白化などの環境破壊が進んでいた。 「ザ・ビーチ」で環境破壊も 以前は孤島のような知られざる島だったピピレ島を一躍世界有数の観光地にした「ザ・ビーチ」は、撮影に当たり砂浜の造成や海岸のヤシの木を引き抜いたり、新たに植えたりした。タイ当局は当初自然に手を加えることに反対したが、「撮影終了後原状回復を図る」との条件で撮影許可を出した。 しかし完全な回復は難しいところへ映画の影響で観光客が殺到する事態になり、年々環境破壊が深刻化していた。 地元クラビ県関係者や環境保護団体は国立公園法違反容疑で映画製作会社の米20世紀フォックスなどを相手取り損害賠償を求める裁判を起こしていた。2006年11月にタイの最高裁は原告のクラビ県などの主張を認める2審判決を支持し損害額の算定を指示する判決を下している。 2004年にはスマトラ沖で発生したスマトラ沖地震によるインド洋大津波でプーケットと並んでピピドン島も大きな被害を受けた。特にトンサイ湾とロ・ダラム湾に挟まれたホテルや飲食店が密集する地区を中心に津波の被害を受け、約2000人が同島だけで死亡・行方不明になっている。 しかし観光産業が主産業であることから津波被害からの復興も早く、再び多くの観光客が押し寄せる活況を呈していた。 タイ政府天然資源環境省の国立公園野生動物局では、マヤビーチの閉鎖期間中に破壊されたり荒れたりした海底のサンゴ、海洋生物の回復に専念するとしている。 6月1日には当局がマヤビーチのある湾内などに長いブイを設置。ボートなどが不法にビーチに侵入できない措置が講じられた。 タイ政府では9月末日までの閉鎖期間終了後は、新たにピピレ島への観光客の流入制限を実施する方針を示している。1日約2000人に限定し、登録もe-ticket(電子入域証)のような事前登録制度の導入も検討しているという。 フィリピン・ボラカイ島も閉鎖 観光客による環境破壊が原因で観光地を一時的に閉鎖する例はフィリピンでも起きている。フィリピン中部シブヤン海の小島ボラカイ島は今年4月26日にドゥテルテ大統領の指示で観光客の立ち入りを最大で6カ月間禁止する措置に踏み切った。 同島の海岸沿いには違法建築の宿泊施設を含め多くのホテルが林立、排水設備の整備が追い付かず下水などが直接海に排水として流されていた結果海洋汚染が深刻化していた。 ドゥテルテ大統領は2月にボラカイ島を「まるで汚水溜めの様だ」と酷評、対応策を至急講じる必要性を明らかにしていた。ボラカイ島には空港のある隣のパナイ島から海路で渡るしか方法がないため、パナイ島沿岸地区には検問所が設けられ観光客の不法侵入に目を光らせている。 ...

FSCブラックメールSinar Mas APP

FSCブラックメールSinar Mas APP

  持続可能な木材認証のための世界グループは、彼らが熱帯雨林を伐採し続け、会社の代表者を介して動作することを家族経営のコングロマリットの証拠、次のインドネシアで世界最大の製紙会社の一つに、「正直である」ために最後通牒を送りました。森林管理協議会から5月28日付けの手紙はすぐに数日のうちにヒットジナーマスとWidjayasファミリーを求めるを含む4つの要求を、含まれているAP通信に水曜日が示されました。 それが現実に対応していない場合はそのサポートグローバル市場で影響力の協議会にコングロマリットの再入院を行うための努力の年は、完全にキャンセルすることができます。インドネシアでの密な熱帯雨林破壊の主張は最後通牒は、APの調査を引用し、ジナーマスとの5年間の停戦を終了し、今月の初めにグリーンピースの不透明な構造の後に来た彼らは環境保全に一緒に働く部分の熱帯雨林を破壊する会社を非難し、2007年に発行されました。 Tjiptaジナーマスの創設者エカWidjajaと彼の家族はフォーブスによると、同社の紙、パーム油、不動産、および$ 9億円の大金を持っている他の企業を制御します。ジナーマスコングロマリットの分岐協議会林アジア・パルプ・アンド・ペーパーへの手紙は、それが天然林の保護と人権を含む、標準規格のボードを満たすために「Widjayasの最高のコミットメントのデモ」を取ると述べました。 コミットメントは、月曜日に行われた「公的、公式、高レベルの発表」を要求している。グリーンピースの森林減少の証明を月曜日にも提案した。 6月11日に徹底的に細断された木材サプライヤーおよびシェル会社と実際の所有権を含むアジアパルプ& 6月11日の他のボードスタンダード違反の開示も含まれます。アジアパルプ&ペーパーからのコメントはまだありません。彼らはFSCの承認を得なければ何も宣言しません。取締役会は、コメント要請に即座に対応しなかった。 世界最大の含むインドネシアの熱帯雨林は、地球温暖化やオランウータンなどの野生動物の驚くべき多様性、のための避難所に対して重要なバッファであり、トラやサイは現在、絶滅の危機に瀕しています。他の国に比べて早く発生する森林伐採は、紙パルプや油ヤシのコングロマリットに大きな利益をもたらすが、慢性的な社会的および環境的問題を引き起こす。急速な森林喪失により、インドネシアは中国、米国、インドに次いで地球温暖化のための温室効果ガス排出に4番目に貢献した。 国の排出量は、プランテーションやエルニーニョ天候のために解放努力泥炭湿地によって悪化し、2015年には乾期に急騰した土地や森林の万平方マイル(25900平方キロメートル)を燃やしました。スモッグは、インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイ南部のほとんどをカバーし、健康問題を引き起こしています。 グリーンピースの調査では、衛星画像解析などを通じて、ジナーマスに接続された2つの企業は5年間、ボルネオの森林と泥炭地の約8000エーカー(19 770ヘクタール)を解放し、コングロマリットの森林保全に助言していることを示しました。アジアパルプ&紙支店は、従業員がプランテーション企業の株主であることを認めています。 Sinar MasがGreenpeaceという名前の第2のプランテーション会社を直接所有しているのは、公的記録の問題です。 このようパルプ・紙、木材供給業者など林産物が外の世界への発信元の27森が独立していると言われている調査は、ジナーマスとの間の関連性を発見した12月の話APを次の、それはその緑のイメージを維持しようとする試みです。 Sinar Masの従業員によって所有されているSinar Masに拠点を置く木材供給業者のほとんどは、元従業員を雇っている場合もあります。 これとは別に、水曜日にWWFとインドネシア汚職ウォッチを含む13組の環境団体やインドネシアのグローバルな市民社会のグループは、ジナーマス木材保有に対する彼らの調査に関する報告書を発表しました。彼らは、ほとんどが従業員と元従業員が所有していることに気づいた。 また、ジナーマスは、グリーンピースとの合意の一環として、2013年にアジア・パルプ・アンド・ペーパー・グループによって行われたゼロ森林伐採契約に含まれていない十分な大きさの土地をコントロールすることが述べられています。ドイツの森林協議会のボン氏は、書簡で、法的所有権なしに事業を管理するための企業代表者の使用パターンが懸念されていると書いている。手紙が要求されますジナーマスは、「代表者とエージェントが直接関連すると考えられている」と述べ、「これらの代表者が人権侵害に取り組むための責任を負います。」

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more