Tag: 病院

日本の保健省、病院に防災力強化を促す

  保健省は、災害対応医療センターに指定されたすべての国の病院に、2021年3月までに少なくとも3日間発電機を稼働させるのに十分な燃料を貯蔵するよう要請すると、この問題に近い人々は日曜日に述べた。 厚生労働省はまた、全国のこれらの736の病院に、外部からの供給や地下水へのアクセスなしで3日間治療を継続するのに十分な水を貯めるように頼むだろう、と彼らは言った。 決定は西日本の致命的な激しい雨と昨年の北海道での完全な停電を引き起こした地震の後の大臣の調査の後に来ます100以上の病院がどちらの基準も満たさないことがわかった。 736の病院のうち、114は、発電機の燃料貯蔵量が3日間稼働を継続するのに十分ではないと言いました。つまり、地震やその他の災害の間に電力とガスのラインが切断されると脆弱になる可能性があります。 114のうち62の施設が地域の供給から化石燃料を受け取ることを計画していました、12が彼らが彼らの発電機を動かすために都市ガスに頼ると言いました。 現在のガイドラインでは、病院が発電機を3日間ほど稼働させ続けるために燃料を確保する方法を見つけることのみを要求していますが、必ずしも燃料備蓄という形ではありません。 9月に北海道で停電を引き起こした大地震の場合には、県の34の指定病院のほとんどが彼らの業務を縮小することを余儀なくされました。そのうちの何人かは40時間以上無権力で行った。 「災害が実際に発生するまでにどれだけの燃料備蓄が必要か(停電を乗り切るために)知ることは困難です」と、ある病院関係者は言いました。 他の病院運営者は、追加の燃料貯蔵施設を設置するのに十分なスペースまたは資金がないと述べた。 病院には3日分の飲料水が必要ですが、透析などの治療に必要な水についての特別な要件はありません。 調査によると、177施設に必要な量の飲料水を貯めるのに十分な大きさの貯水タンクがありません。それらのどれも地下水へのアクセスを持っていません。

子どもの手足にまひ、増加 風邪に似た症状、注意必要

子どもの手足にまひ、増加 風邪に似た症状、注意必要

  子どもの手足にまひ、増加 風邪に似た症状、注意必要 子どもの手足に急にまひが出る「急性弛緩(しかん)性まひ」の報告数が、10月ごろから増加している。3年前、感染症の流行と同時にまひが相次ぎ、厚生労働省は今年5月から全国の医療機関に報告を求め、監視を強めていた。今回も感染症との関連が指摘されている。専門家は手洗いの徹底と、医療機関への早めの相談を呼びかけている。 国立感染症研究所によると、これまで全国で数例だったまひの報告が最新の10月21日までの1週間で10例に増えた。5月以降で計73例に上る。兵庫8例、岐阜7例、愛知5例、東京や神奈川4例と続く。感染症疫学センター第三室の多屋馨子室長は「1週間に10例は多い」と指摘する。 その原因として専門家が指摘するのは、エンテロウイルスD68というウイルスが原因の感染症だ。小児まひとも呼ばれるポリオや、手足口病を引き起こすウイルスの仲間だ。せきのしぶきなどで感染し、夏から秋に流行する。せきや発熱など風邪に似た症状が出る。対症療法しかなくワクチンもない。 病原体の検査には時間がかかるため、現時点ではまひの患者の一部からしか検出されていない。だが、各地の医療機関から今年は26件ウイルスの検出が報告された。昨年1年間の6件、16年の1件より多い。 285件報告された15年は、すべてがエンテロウイルスD68との関連かどうかは確認できていないが、流行のあった8~12月に手足のまひが出て、脊髄(せきずい)に病変が認められた人が約60人に上った。その半数以上が5歳未満だった。 研究班に参加する吉良龍太郎・福岡市立こども病院小児神経科長は「この病気はまだ十分に知られておらず、風邪のような症状の後に手足にまひが出たら、医療機関に相談してほしい。予防には手洗いやうがいが欠かせない」と話す。

【シリア・アフリン オリーブの枝作戦】 トルコ軍、テロリストが治療を受けている病院に通じる区画を発見

【シリア・アフリン オリーブの枝作戦】 トルコ軍、テロリストが治療を受けている病院に通じる区画を発見

  トルコ軍がシリアのアフリン地域で実施している「オリーブの枝作戦」によりアフリンからテロリストが一掃される中、トルコ軍は、アフリン中心部のとある病院で負傷したテロリストの治療が行われており、長さ50メートルのトンネルを通ってこの病院へたどり着く特別な区画が発見された。 特別区画にはレントゲン機器のほか、アメリカ製の救急治療用物資も発見された。 アフリンからテロリストが一掃された後、トルコ軍は、人々が安心して家に戻ることができるよう、活動を続けている。 この内容で、捜索・除去活動を続行するトルコ軍は、テロリストらがアフリンで使用していた建物を次々に発見している。 「オリーブの枝作戦」は、トルコ軍が国境地帯と地域の安全と安定を保証し、アフリン地域でテロ組織PKK、KCK、PYD、YPG、DEASH(ISIL)のメンバーを無力状態にし、友人で同胞の地域住民をテロリストの弾圧や暴力から解放するために、1月20日土曜日に開始された。

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more