バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 病理学者が誤って

仙台病院で剖検が間違った体で行われた

仙台病院で剖検が間違った体で行われた

  宮城県仙台市の仙台厚生病院の担当者は、病理医が予定されている剖検で誤った死体を手に入れたことを明らかにした。 病院長の篠原俊一氏は、今週の記者会見で、遺体検死について家族に謝罪した、とサンケイ新聞は報じた。 5月27日、病院は当初、前日に亡くなった84歳の男性に剖検を実施する予定でした。彼の死の前に、彼は昨年12月の自動車事故の後に恒久的な脳損傷で寝たきりでした。病院職員は体を冷蔵室に保管したが、死体に識別タグは付けられていなかった。 最初に、男性の家族は剖検を実施することに同意しました。しかし、病院の職員が、脳神経損傷を専門とする神経科医が死因と自動車事故の関係を判断するために剖検を行う必要があると説明し、専門家が診察を受けるまでにしばらく時間がかかると同意した病院。 同日、5月26日に亡くなった80代代の男性が剖検を予定され、病院の遺体安置所に配置されました。しかし、冷蔵室に保管された死体は誤って検死室に運ばれ、医師が解剖を始めました。約10分後、看護師が間違った体を解剖していることに気付き、医師は臓器を戻して切開部を縫合し始めました。 病院関係者は、2人の死亡した男性患者を区別するための識別タグがなかったために混乱が発生したと述べました。

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more