Tag: 病理学者が誤って

仙台病院で剖検が間違った体で行われた

仙台病院で剖検が間違った体で行われた

  宮城県仙台市の仙台厚生病院の担当者は、病理医が予定されている剖検で誤った死体を手に入れたことを明らかにした。 病院長の篠原俊一氏は、今週の記者会見で、遺体検死について家族に謝罪した、とサンケイ新聞は報じた。 5月27日、病院は当初、前日に亡くなった84歳の男性に剖検を実施する予定でした。彼の死の前に、彼は昨年12月の自動車事故の後に恒久的な脳損傷で寝たきりでした。病院職員は体を冷蔵室に保管したが、死体に識別タグは付けられていなかった。 最初に、男性の家族は剖検を実施することに同意しました。しかし、病院の職員が、脳神経損傷を専門とする神経科医が死因と自動車事故の関係を判断するために剖検を行う必要があると説明し、専門家が診察を受けるまでにしばらく時間がかかると同意した病院。 同日、5月26日に亡くなった80代代の男性が剖検を予定され、病院の遺体安置所に配置されました。しかし、冷蔵室に保管された死体は誤って検死室に運ばれ、医師が解剖を始めました。約10分後、看護師が間違った体を解剖していることに気付き、医師は臓器を戻して切開部を縫合し始めました。 病院関係者は、2人の死亡した男性患者を区別するための識別タグがなかったために混乱が発生したと述べました。

Translate

Popular Post

【ラグビーW杯】 オーストラリア、4トライでジョージア下す ボーナスP獲得 

  ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は11日、小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県袋井市)で1次リーグD組の試合があり、すでに決勝トーナメント進出を決めているオーストラリア(世界6位)が27-8でジョージア(同13位)を破った。 前回準優勝のオーストラリアは、準々決勝での対戦カードを少しでも有利にするため、ボーナスポイントを奪っての勝利を狙った。 一方、1次リーグ敗退が決まっていたジョージアにとっては、勝利すれば次回大会の出場権が確保できる重要な一戦だった。 ずば抜けた強さと速さ、そして攻撃力を誇るオーストラリアに、重量級のフォワードを擁するジョージアがいかに対抗するかに注目が集まった。 重量級の肉弾戦 序盤は、重量級のボクサーがぶつかりあうような展開になった。 オーストラリアは本来、キックを活用しながら、ボールを積極的に動かしていくプレースタイルを身上とする だがこの日は、短いパスをつなぎながら何度も縦方向に突破を試みるという、きわめてオーソドックスで古典的なスタイルで戦った。 一方、ジョージアは選手同士の間隔が広がらないように注意しながら、ディフェンスラインをしっかりキープ。突破されかかった際には、時にはダブルチーム(二人がかり)で強烈なタックルを見舞い、相手を止めた。 結果、プレーのテンポ自体は速くないにせよ、見応えのある肉弾戦が続いた。 20分過ぎに初得点 このような状況の中、前半14分過ぎから試合が動き始めた。 オースラリアは敵陣のゴールライン間際で得たラインアウトから、密集を作っては縦方向への突破を試みる攻撃を10回以上も繰り返した。 ジョージアはこれをしのぎ切ったが、オーストラリアは前半21分過ぎから、再び波状攻撃を仕掛けた。 最後はゴールライン間際のラックからボールを拾い上げたSHニック・ホワイトが、潜り込むようにしてゴール右に頭から飛び込み、初トライが生まれた。 SOマット・トゥームアはコンバージョンキックを成功させ、オーストラリアが7-0とリードした。 [caption id="" align="aligncenter"...

Read more