バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 犯罪

空港警備の後、乗客はアメリカから日本への飛行中に銃を取ります

空港警備の後、乗客はアメリカから日本への飛行中に銃を取ります

  エラーが発生した1月3日、旅客はハーツフィールドジャクソンアトランタ国際空港から日本の東京成田国際空港へのデルタ航空に搭乗した、とCNNは述べた。 「TSAは、標準的な手順が守られていないと判断し、乗客は銃器を使ってTSAの標準的なスクリーニングチェックポイントを通過した」と報道した。 乗客は銃が彼らの機内持ち込み手荷物の中にあったことを忘れていて、厳格な銃の法律を維持している日本への彼らの到着時に当局に警告し、当局に警告した。 銃に何が起きたのか、または乗客が何らかの影響を受けたのかどうかは不明です。 政府機関が通常の給与を支払うことができないにもかかわらず、5万人以上の空港警備検査官が働くことを要求されている国の閉鎖の中で、誤りは起こります。 しかし、当局は、スタッフの不足がセキュリティの失効のせいであるという提案を即座に却下しました。 「これが政府の一部停止の結果として起こったかもしれないという認識は誤っているだろう」と声明が言った。 運輸安全局は、操業停止中でも、旅行者の安全性を確保するために移動しました。 「セキュリティ標準は妥協されていないし、また妥協もされていない」と広報担当のアシスタントアドミニストレータMichael BilelloはTwitterに書いている。 「TSAは、我が国の空港でセキュリティ基準を維持しており、今後も維持し続けるでしょう。」

日本の山村における遠隔農家で発見された遺体

日本の山村における遠隔農家で発見された遺体

  日本の警察は、月曜日、遠方の山村の農家や近くの橋から飛び降りた7人目の遺体で、家族の一員と考えられる6つの遺体を発見したと発表した。 宮崎県警は、警視庁は、別の町の家族の親戚から電話を受けた後、警察官が電話を受けていないと言って、遺体を見つけたという。 彼らは体の中にはナイフカットがあると言った。 警察は、橋の下の川で見つかった第七の身体は、明らかに家族の車で逃げ出した未確認の男である、と語った。 逮捕された警察は、逮捕された井上康夫氏の妻とその息子の家族であるかどうかを調べるため、身元確認を試みている。 剖検が行われている。 共同通信社によると、6人のうち1人を除く全員が通常の住民だったという。 それは、川で見つけられた第七の男がイホシの息子になる可能性があるという。 美しい棚田で知られる南部の人気観光地、高千穂渓谷の近くです。 静かな近所の殺人事件で恐怖が始まり、町役人は授業後に住民に注意を促し、学校で子どもを迎えるよう促したという。

一家4人殺傷事件 懲役30年の判決 大阪地裁

一家4人殺傷事件 懲役30年の判決 大阪地裁

  おととし、大阪・門真市の住宅で男性を刃物で刺して殺害し、子ども3人にけがをさせた罪などに問われた男の裁判員裁判で、大阪地方裁判所は「当時は善悪の判断力が低下していて刑を軽くすべきだが、人命の軽視が甚だしい」として、死刑の求刑に対し、懲役30年の判決を言い渡しました。 大阪・門真市の小林裕眞被告(25)は、おととし10月、市内の住宅に侵入し、自営業の川上幸伸さん(当時43)を刃物で刺して殺害したうえ、当時10代の子ども3人にもけがをさせたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われました。 小林被告は川上さん一家と面識はなかったと見られ、検察は精神鑑定の結果、刑事責任を問えるとして裁判員裁判で死刑を求刑しました。 一方、小林被告は法廷で「身に覚えがない」などと話し、弁護士は刑事責任能力がなかったなどとして無罪を主張していました。 13日の判決で、大阪地方裁判所の浅香竜太裁判長は「当時は統合失調症が悪化し、善悪の判断力が低下した心神耗弱の状態だった」として、刑を軽くしなければならないと指摘しました。 そのうえで「殺傷能力の高い凶器を準備するなど、犯行は計画的なうえ、冷酷かつ残忍で人命の軽視が甚だしい。子どもたちも死んでいたかもしれない傷を負わされていて、結果は重大だ」として有期刑の上限の懲役30年を言い渡しました。

障害ある息子、檻に監禁容疑 73歳父親を逮捕 兵庫

障害ある息子、檻に監禁容疑 73歳父親を逮捕 兵庫

  障害のある長男(42)を自宅敷地のプレハブ内の檻(おり)に閉じ込めたとして、兵庫県警は7日、兵庫県三田市広沢の無職山崎喜胤(よしたね)容疑者(73)を監禁の疑いで逮捕し、発表した。「暴れるから監禁した」と話し、容疑を認めているという。檻での生活は20年以上に及んでいたとみて調べている。 捜査1課によると、逮捕容疑は1月18日午前10時から19日午後10時ごろまで、プレハブ内の木製の檻(高さ約1メートル、幅約1・8メートル、奥行き約90センチ)に長男を監禁したというもの。捜査関係者によると、長男には精神疾患があったという。 三田市などによると、山崎容疑者が妻の介護について福祉関係者に相談した際、「長男を閉じ込めている」と打ち明けたという。連絡を受けた市職員が1月18日に自宅を訪ね、檻の中にいる長男を見つけた。上半身に服を着ただけの姿で、檻には南京錠がかかり、ペット用シートが敷かれていた。プレハブにはエアコンや扇風機が据え付けられていたという。 健康状態に問題はなかったが、市は虐待と判断して1月22日に福祉施設に入所させて保護した。2月21日に三田署に連絡した。 捜査1課によると、山崎容疑者は市の調査に対し、1991年ごろに大阪府内から三田市に転居し、その後、長男を檻で生活させるようになったと説明。おおむね2日に1回程度、自宅で食事を与え、風呂にも入れていたと市に話したという。県警はプレハブや檻を設置した経緯などについて、山崎容疑者から詳しく事情を聴く。

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more