バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 松井一郎

ユネスコパネル、世界遺産に登録するために大阪の墓を推奨

議員、ロシアとの戦争の可能性についての発言をめぐって党から追放

  野党議員は火曜日、日本と領土紛争の中心地である島の統制を取り戻すためにロシアとの戦争を繰り広げていたために発砲した後、Japan Innovation Partyから追放された。 党首を務める松井一郎大阪市長は、最近北海道北方沖の4つの島のいずれかを訪れた際の物議を醸した話では、衆議院議員として辞任すべきだと述べた。 日本イノベーション党は、批判が高まる中で党を離れることを申し出た35歳の議員を追放した。 「国会議員がそのような発言をすることは法外なことであり、外交的見地からも非常に重大な問題である」と松井氏は丸山を追放するという党の決定に続いて記者団に語った。 「彼は今議員として辞任するべきです。」 金山から月曜日まで、丸山は北海道沖の国尻島を訪れる約60人の人々と日露間のビザなし交換プログラムを同行していた。彼は土曜日に問題の発言をした。 島の帰国を最優先課題の一つとした安倍晋三首相は、ロシアのプーチン大統領との会談で突破口を探している。 一連の二国間交渉は、両国が和平条約に署名することを妨げてきた領土問題を解決することに失敗しました。 1945年の東京の第二次世界大戦での降伏後、日本は4つの島をソビエト連邦によって違法に押収されたが、ロシアはこの押収が戦争の正当な結果であると主張している。 彼と一緒に旅行した人々によると、酔っ払った丸山は、島の元居住者のグループの89歳の長である小谷康太に、「島への代替手段はあると思いますか」と尋ねた。大塚氏はその考えを否定し、「いいえ、戦争は必要ないと思う」と言った。 月曜日に、ロシアの上院の外交委員会の委員長であるコンスタンティン・コサチェフは、日露関係に関連して丸山氏の発言を「最悪の(聞いた)」と批判した。 丸山は後で謝罪し、彼の発言を撤回した。 内閣官房長官の須賀義英氏は、丸山氏の発言を「非常に残念」と述べた。 首相のスポークスマンは記者会見で、領土問題は外交交渉で解決しなければならないという東京の姿勢に変化はないと述べた。 日本が領有権を主張している4つの島 - エトロフ、クナシリ、シコタン、そしてハボマイ島 ...

大阪イシンは現在、県内全域でしっかり管理

大阪イシンは現在、県内全域でしっかり管理

日曜日の地方選挙で総督、大阪市役所、県議会、そして市議会の議席数が2分の2に増えたことを受けて、新エネルギーの大阪いしんの会が1日に出現した。 大阪伊信が今や地元の政治情勢をしっかりとコントロールしている中で、自民党当局と公明党当局者は、7月に予定されている参議院選挙で、日曜日の結果が彼ら自身の候補者の損失につながるかどうか疑問に思っている。 同時に、大阪イシン関係者は日曜日と月曜日に、特に大阪の24区を4つの半自治区に併合し、現在の体制を廃止するかどうかという問題について、元連盟の公明党に対する圧力を強めることを明らかにした。市議会。公益党は自民党と共にそれに反対しているが、大阪伊信は長い間この動きを支持してきた。 「重要なのは、公明党が選挙結果をどのように把握するのでしょうか。大阪市の首相を務める松井一郎元首相は、次のように述べている。 公明党当局者は、大阪伊信が印象的な勝利を収めたと認めた。 米議員の県支部長で衆議院議員の佐藤茂樹氏は、「有権者の大阪伊信への期待が高いことを認めなければならない」と語った。彼は、合併の問題について公正かつ公正な議論を望んでいると付け加えた。 総選挙での最終選挙結果は、43歳の大阪伊信後援の元大阪市長吉村裕文氏と64歳の公明党後援の小西忠和氏が100万票を超えて敗れたことを示した。大阪府維新は88の県議会議席のうち51議席を獲得した。 市長選挙で、55歳の松井は自民党支持の柳本明氏(45歳)を破り、2015年に吉村に敗れて2度目の敗退となった。 大阪伊信は83議席の市議会で過半数を獲得しなかったが、党は40議席を獲得した。自民党と公明党の議会議員も、松井が安倍晋三首相と菅芳英首相官房に非常に近いことを知っている。 日曜日の結果は松井にとって顕著な勝利でした。 6月の20サミット、2025年の万国博覧会、そして可能性のある総合カジノリゾートのために中央政府からの協力と財政支援を必要としている彼は、東京と交渉し、自民党と公明党のトップ役員を擁護する。東京では、合併の問題に対する姿勢を変えるよう大阪の各支部に圧力をかけています。 日曜日の主な論点は大阪伊信の合併プッシュであったが、党の成功の一部は、博覧会に勝つことに責任を負う成功した国際外交官として有権者に、そして党自体を前進させる経済的革新者として党に促進した東京や京都と同程度に、伝統的に海外の観光客に人気があるとは見なされていない地域に観光を後押しした政策。 自民党当局者は、大阪での博覧会の勝利は、大阪で生まれ、参議院の和歌山の地区を代表する安倍首相と経済産業大臣のような自民党首脳の外交的努力によるもので、キャンペーン中にそのような提案を嘲笑した。 地元の自民党にとって、日曜日はショックでした。大阪新進の新会員に座席を失った人の中には、自民党県支部の書記長である花屋光義がいた。花屋は、大阪伊信の合併に反対していた党の最も目に見える相手だった。 地方レベルでの我々の努力は弱かった。大阪の合併計画にはメリットがないことは明らかです。日曜日遅く、自民党の大阪市議会議会副事務局長の川島弘俊氏は、次のように述べている。 結果はまた、最も強力な自民党幹部の一人である事務総長のNikai Toshihiro Nikにとっても悪い知らせであった。先月、総会選挙と並んで総選挙と市長選挙を行う決定に先立って、柳本自民党と公明党の市長候補が7月の参議院選挙に立候補する予定だった。彼は彼の叔父、柳本拓司、ニカイの派閥のメンバーを交換することを目指していました。 若い柳本は日曜日に敗北したにもかかわらず、参議院の潜在的な自民党候補である。しかし、どうして彼が新しく自信を持っている大阪伊信の国民党、日本伊信の会からの対戦相手と戦うことになるかは不明である。柳本と小西の選挙運動を開始したが、日本の共産党候補が和歌山県御坊市の自民党現職を敗北させたのを見たニカイとの関係も、大阪の若い都会の有権者との責任であることを証明できる。

カジノ実施法成立、4道府県が名乗り 根強い反対の声も

カジノ実施法成立、4道府県が名乗り 根強い反対の声も

  民間事業者のカジノ運営を可能にする統合型リゾート(IR)実施法が20日、成立した。現時点で北海道、大阪、和歌山、長崎の4道府県がIRの誘致に必要な区域整備計画を国に申請する方針だ。 「他のエリアより突出して準備が整っているのが、われわれ大阪だ」。大阪府の松井一郎知事は20日、府庁でこう力を込めた。候補地は大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)。府と市は2024年にも開業するスケジュールを想定する。 長崎県はテーマパーク「ハウステンボス」(同県佐世保市)地域への誘致を検討。朝長則男・佐世保市長は20日の定例会見で、「大いなる一歩を踏み出したという感じだ。態勢づくりを県とともに行いたい」と話した。他にも和歌山県や北海道内の苫小牧市、釧路市、留寿都村の3自治体が誘致方針を示している。 根強い反対の声もある。弁護士や司法書士らでつくる「全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会」のメンバーら約30人は20日昼、「カジノはあかん」と書かれたプラカードを持ち、国会周辺で成立に反対した。 参加した柴田武男・元聖学院大学教授(金融市場論)は、安倍晋三首相が国会で、カジノでギャンブル依存症が増えると認める一方、新しい依存症対策で「全体数は減っていくと期待している」と答弁したことを批判。「依存症を増やしておいて対策するなど国のやることですか。そもそも依存症を増やさないのがあるべき施策。あり得ないことが国会で議論された」 また、日弁連カジノ・ギャンブル問題検討ワーキンググループ座長の新里宏二弁護士は「世論調査で多くの国民が今国会での成立に反対している。人の不幸を前提とする賭博による国づくりでいいのか。今後もカジノを誘致させない運動を続ける」と話した。

大阪府で入庁式 松井知事「一緒に大阪の未来つくろう」

大阪府で入庁式 松井知事「一緒に大阪の未来つくろう」

  大阪府・市では2018年度の業務初日となる2日午前、それぞれ入庁式と発令式が開かれ、新入職員が期待を胸に式典に臨んだ。 大阪府の入庁式は大阪市中央区の府庁舎で開かれ、計350人の新人職員が参加。松井一郎知事は、19年に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議について「大阪という都市をアピールする絶好の機会だ」と触れ、「初心を忘れることなく、私と一緒に大阪の未来をつくっていこう」と訓示した。 服務宣誓で代表を務めた行政職の奥田ひかりさん(22)は「人権問題などに関心があり、女性の活躍推進に関する事業に取り組み、大阪の将来に貢献したい」と抱負を述べた。 大阪市も大阪市中央公会堂(同市北区)で発令式を開いた。18年度採用は404人。発令式で新入職員代表の宮本加玲さん(22)は「運営すべき責務を深く自覚し、誠実かつ公正に職務を執行することを誓います」とあいさつした。 吉村洋文市長は「若い皆さんがそろってくれたことを力強く思う。初心を忘れず大阪のために能力を発揮してほしい」とエールを送った。

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more