バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 東京電力

阿部、ヤン、西氏の訪日予定について話し合う

東京電力、福島工場で排気筒の撤去作業を延期

  東京電力は、福島第一原子力発電所の危険度の高い汚染度の高い排気筒の解体作業を計算誤差により延期した。 同社は5月16日、当初5月20日に開始予定の高さ120メートルの煙突の作業は、遅くとも6月まで延期されると述べた。 東京電力は、クレーンによって持ち上げられた特殊な切断装置の高さが当初の計画より1.6メートル低くなり、それがスタックの最上部に到達できないことを発見した。 作業担当の東京電力担当官は、「測定機器の誤差により、クレーンアームの吊り上げ角度が当初の計画と異なることが判明したと考えている」と述べた。 同社は現在、角度とクレーンの位置を調整するか、アームを下げた後にアームの長さを伸ばすことを検討しています。 工場の1号機と2号機には排気筒を使用した。 2011年3月に原子力災害が発生したとき、高放射性物質を含む蒸気が煙突を通して放出されました。煙突を支えるのに使用された金属棒は水素爆発によって明らかに傷つきました。 積み重ねの基部の周りの領域には、人が作業するには危険すぎるレベルの放射線が含まれているため、解体作業は遠隔操作で行われます。

福島工場で危険な解体を引き受ける地元企業

福島工場で危険な解体を引き受ける地元企業

福島県 - 近い将来、障害のある福島第1原子力発電所で作業が開始され、高さのある放射能のために作業員を停滞させていた高さ120メートルの排気スタックが破壊されました。 このプロジェクトの危険性を考えると、このタスクを引き受ける地元企業のAble Co.は、750トンのクレーンに配置された遠隔制御装置を使用して、構造体の上半分を「スライス」します。 作業は早い時期に5月に開始され、6ヶ月かかると予想されています。これは、プラントの原子炉の廃止措置プロセスにおける重要な段階と見なされています。 2011年の東日本大震災と津波による原発事故による水素爆発で、排気筒がひどく損傷した。 2015年の調査では、スタック周辺で1時間あたり2シーベルトの放射線レベルが示されました。これは、この地域で数時間以上過ごした人を殺すのに十分なものです。 元々原子力発電所からわずか2kmのところにあるAbleは、昨年秋の訓練のために特別な部隊をまとめました。 原子炉建屋を換気するように設計されたプラントには4つの排気スタックがあります。 取り壊されるスタックは、1号機と2号機の原子炉建屋の間にあります。 2011年3月12日に1号機の原子炉建屋が爆破したとき、その上部は損傷を受けた。 発電所の運営者である東京電力が原子力危機の際に高放射性ガスを放出して原子炉内の圧力を低下させるためにスタックの内側と外側がひどく汚染されていた。 エキゾーストスタックのいくつかの部分はひどく妥協されています。原子力規制当局は、その構造が崩壊した場合、その構造は危険をもたらすと指摘した。 東京電力は、原子力発電所での定期的な原子炉検査および配管作業に携わってきたAbleに解体を依頼した。ロータリーカッターで排気筒の上部を切断するための特別な装置を開発しました。 ある時点で、同社は油圧式またはレーザー式のカッターを使用することを検討しましたが、放射性の水の量を増やすことや火災の引き金となることを恐れないことを決定しました。 オンサイトプロジェクトチームのリーダー、45歳の佐藤哲夫氏は、次のように述べています。 解体装置は、改造バスの制御室から遠隔操作されます。 1つの恐れは強い突風が操作に影響を与えることができるということです。作業者は、装置の上や周囲に取り付けられた160台のカメラで撮影された画像を見て機器を操作します。 エイブルは、一時的な対策として、本社を同じく福島県の広野に変更しました。その200人強の労働力の約7割が県出身です。 ...

燃料搬出、来年以降に延期=福島第1原発3号機、機械に不具合

燃料搬出、来年以降に延期=福島第1原発3号機、機械に不具合

  東京電力は27日、当初11月の開始を予定していた福島第1原発3号機の使用済み燃料プール内から核燃料を取り出す作業を延期すると発表した。 燃料搬出に使う機械で不具合が生じ、点検に時間を要するためで、来年以降になる見通しという。 3号機の使用済み燃料プールには計566体の核燃料が入っている。東電はプールのある最上階に機械を設置し、取り出した燃料を敷地内の別プールに移す計画だった。 しかし、8月に検査を行った際、警報が鳴って機械が停止するトラブルが発生。防水仕様のケーブルの接続部に雨水が侵入し、電線が切れたとみられることが分かった。一部のケーブルで、防じん対策の部品が組み込まれていないことも判明した。

都心で雷や大雨 世田谷で110ミリ、停電で交通に影響

都心で雷や大雨 世田谷で110ミリ、停電で交通に影響

  関東地方を中心に27日午後、大気の状態が不安定になり、局地的に雷や突風を伴った非常に激しい雨となった。落雷によって東京都内の約7700軒で停電が一時発生。京王井の頭線や京王線の全線で約1時間半にわたって運転を見合わせるなど、帰宅時間帯の足に影響が出た。 気象庁によると、27日午後9時までの1時間に、東京都世田谷区付近で約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。同庁は記録的短時間大雨情報を出して河川の氾濫などに警戒を呼びかけた。 東日本を南下する前線に南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となった。東京都練馬区では1時間に70ミリ以上の雨が降った。さいたま市でも1時間に50ミリの雨と27.6メートルの最大瞬間風速を観測した。 東京電力によると、午後8時50分時点で東京都や千葉県、埼玉県など1都3県で計8900軒が落雷のため停電。停電の影響で、京王井の頭線と京王線が全線で運転を一時停止し、ほかの路線でも遅れなどが出た。首都高速道路は埼玉新都心線などで道路が冠水し、一時通行止めとなった。

プルトニウム削減方針を明記 エネ基本計画を閣議決定

プルトニウム削減方針を明記 エネ基本計画を閣議決定

  政府は3日、新たなエネルギー基本計画を閣議決定した。原子力発電所の使用済み核燃料を再処理して出るプルトニウムについて「保有量の削減に取り組む」と初めて明記し、国際社会の懸念に対応する方針を示した。削減には原発での活用がカギになる。再生可能エネルギーを「主力電源」にする目標を掲げる一方、原子力の再稼働を進めていく方針も維持した。 基本計画の改定は14年以来4年ぶり。プルトニウムは11年の東京電力・福島第1原発事故以降、原発再稼働が停滞した影響で再利用されずたまり続けている。米国は核不拡散の観点から削減を求めている。 削減に関する文言は素案にはなかったが、国内外に対処方針をより明確にすべきだと主張する外務省などの意見を取り入れた。世耕弘成経済産業相は3日の閣議後の記者会見で、「削減に取り組む趣旨をより明確にしていく」と説明した。日本のプルトニウム管理を担う原子力委員会も、保有量を減らす方針を決める見通しだ。 削減の具体的な方法としては、プルトニウムを通常の原子炉で燃やす「プルサーマル」を一層推進する方針を掲げた。ただ、依然として原発の再稼働のペースが上がらないなかで、どこまで削減を進められるかは不透明な面もある。 30年の電源に占める比率については、原子力発電で20~22%、再生可能エネルギーで22~24%とする従来の目標を維持した。原発は「可能な限り依存度を低減する」とする一方、「脱炭素化の選択肢」とも位置づけた。 20~22%を確保するには30基程度の稼働が必要になる。ただ現時点では9基にとどまり、新増設の見通しも立っていない。基本計画では「原発事故の原点に立ち返った責任感ある真摯な姿勢や取り組みが重要」とした。社会的な信頼を回復できるかが課題となる。 今回の基本計画では新たに50年の長期戦略も盛り込んだ。太陽光や風力などの再生エネについて「経済的に自立し脱炭素化した主力電源化をめざす」と明記した。 導入量を最大限に増やすためには欧州などに比べて割高なコストをどこまで低減できるかが焦点になる。天候などによって出力が不安定になる弱点を補うため、電力を調整する蓄電池などの技術開発も後押しする。 石炭火力発電は安価で供給が安定した「重要なベースロード電源」とした。ただ温暖化ガスの排出量が多いといった国際的な批判が強まっており、非効率な発電設備を順次廃止していくと同時に、活用する石炭火力の高効率化を進める。

両陛下、福島でねぎらい 東日本被災地訪問は最後か

両陛下、福島でねぎらい 東日本被災地訪問は最後か

  天皇、皇后両陛下は9日、第69回全国植樹祭の式典出席などのため、2泊3日の日程で福島県入りされた。東日本大震災の東北の被災地訪問が在位中では最後となる可能性のある今回の初日は復興公営住宅へ。天皇陛下は「ご苦労も多かったと思いますが、乗り越えて良い生活を築いていかれるように願っています」と被災者を励まされた。 両陛下が訪れたのは、いわき市の「北好間団地」。東京電力福島第1原子力発電所事故の影響で避難生活を送った住民約440人が暮らしており、両陛下の訪問を歓迎。両陛下は「少し落ち着きましたか」「大変でしたね。どうぞお元気で」と声を掛けて回られた。 その後、両陛下は住民4人と懇談し、現在の暮らしぶりなどについて尋ねられた。浪江町から避難する佐々木繁子さん(68)が地元の伝統踊りの保存活動をしていると話すと、天皇陛下は「いろいろと人々を結びつける機会になるのでしょうね」、皇后さまは「郷土の芸能がどれだけ力になるか。人々が集まって、ようございますね」とねぎらわれた。 懇談後、両陛下は同市内の宿泊先に移動し、植樹祭のレセプションに参加。フラガールショーも鑑賞された。10日には南相馬市で開かれる植樹祭の式典に出席するほか、津波犠牲者の慰霊碑を訪れられる。

もんじゅ廃炉認可 核燃料サイクルの矛盾浮き彫り

もんじゅ廃炉認可 核燃料サイクルの矛盾浮き彫り

  原子力規制委員会が28日、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」の廃炉を認可した。7月から解体に向けた作業が本格化する。1兆円を超える国費を投入しながらほとんど稼働しなかったもんじゅの現実は、日本の核燃料サイクル政策が抱える矛盾を浮き彫りにしている。 高速増殖炉の建設計画は60年代に始まった。発電しながら使った量以上の核燃料を生み出せる原子力発電所は、天然資源に乏しく、オイルショックも経験した日本にとってまさに「夢」の技術だった。 94年にようやく稼働にこぎつけたものの、95年に冷却用ナトリウムが漏れる事故で運転を停止。そのまま十分な成果を上げないまま16年12月に廃炉が決まった。 だが「夢」の後始末である廃炉作業は困難を極める。ナトリウムは空気に触れると爆発する性質を持つ。日本に技術は確立されていないため、高速炉の廃炉で先行するフランス政府に協力を求めなければいけない。 知見の乏しい廃炉作業を巡っては東京電力福島第1原発でも当初の2兆~3兆円から8兆円にまで膨張した経緯がある。文部科学省は廃炉を終えるまでに最低でも3750億円かかると試算しているが、最大の難関であるナトリウム取り出しの具体的な作業工程はまだできていないため、技術開発など廃炉費用の上振れは必至だ。「夢」だけを振りまき、負の側面の説明を怠ってきた国の責任は重い。

玄海再稼働差し止め却下 佐賀地裁決定 阿蘇噴火の危険性認めず

玄海再稼働差し止め却下 佐賀地裁決定 阿蘇噴火の危険性認めず

  九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の運転差し止めを周辺住民ら73人が求めた仮処分申し立てについて、佐賀地裁(立川毅裁判長)は20日、「新規制基準の合理性に疑いはなく、玄海原発が新基準に適合するとした原子力規制委員会の判断に看過しがたい欠落はない」として住民側の申し立てを却下した。九電は23日にも3号機の再稼働に踏み切る見通し。住民側は決定を不服とし福岡高裁に即時抗告する方針。 原発の運転差し止めを巡っては、2011年の東京電力福島第1原発事故以降、全国で裁判が相次いだ。昨年12月には広島高裁が四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、約130キロ離れた阿蘇カルデラ(熊本県)の危険性を理由に、高裁レベルで初めて運転差し止めを決定。玄海原発も阿蘇カルデラからほぼ同じ距離にあるため、同地裁の判断が注目された。 地裁決定では、九州全域に火砕流が及ぶような阿蘇カルデラの破局的噴火について「少なくとも地下10キロより浅くに破局的噴火を起こすような大規模なマグマだまりはないと確認されている」として危険性を否定。広島高裁決定と同様に新規制基準の安全対策指針「火山影響評価ガイド」を厳格に運用すれば、危険が認められるとの住民側の主張を退けた。 争点となった避難計画についても「(国の)原子力防災会議で合理的と了承され、九電が今後も実効性の向上に努めるとしており、不適切とは言えない」と判断。「避難計画の作成範囲を30キロ圏内に限るのは実効性はない」という住民側の主張は認めなかった。 福島事故後に原子力規制委員会が策定した新規制基準については「福島事故を受けて調査分析され、現在の科学技術水準を踏まえて策定された」として合理性を認めた。 立川裁判長は昨年6月、玄海3、4号機の再稼働を巡り、別の住民団体による運転差し止めの仮処分申し立ても却下していた。 2018/03/20付 西日本新聞夕刊

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more