バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 東京オリンピックとパラリンピック

2020大会メダル表彰台用のプラスチック廃棄物

2020大会メダル表彰台用のプラスチック廃棄物

  来年の東京オリンピックとパラリンピックの主催者は、メダルセレモニー表彰台をプラスチック廃棄物で作ることを計画していると言います。 組織委員会は火曜日に環境に優しい計画を発表しました。 委員会は、洗剤容器のような捨てられた家庭用プラスチックと、海から回収されたプラスチック廃棄物の使用を検討しています。 その計画は約100の表彰台を作ることを求めています。それは約45トンのプラスチックを必要とします、そしてそれはアルミニウムで強化されるかもしれません。 委員会は、国際オリンピック委員会のスポンサーでもある大手消費財会社であるP&Gを含む団体と協力して、廃棄物を集めて表彰台を製造します。 プラスチック廃棄物の削減は、環境汚染に対する国際的な取り組みの中心的な柱の1つです。 先月、日本政府はプラスチックのリサイクル戦略を発表しました。それはスーパーマーケット、コンビニエンスストアおよび他の小売業者に顧客への無料のビニール袋の提供をやめるように要求する方針を含んでいます。 世界の海洋におけるプラスチック廃棄物の量を減らすことは、今月後半に大阪で開催されるG20サミットで議題になるでしょう。

のり卸売業者は歴史、技能を誇りにしています

のり卸売業者は歴史、技能を誇りにしています

3月中旬、東京の大田区の大森市にある海苔卸売業者協同組合の建物である大森海苔会館で、海苔干しに入札する男性の強い声が反響しました。 「これは質の高いのりです。ある人は言った。もう一人は「これは柔らかすぎる」と言った。 のりの収穫時期は11月から4月までです。その季節の間に、のり卸売業者の協同組合のメンバーは、のりオークションに参加するために水曜日に建物に集まります。 大森地区は江戸時代(1603-1867)からの主要な農産物産地でした。しかし、1962年には、以前の東京オリンピックとパラリンピックの2年前に、大会のための東京湾土地の開拓が発表され、約2,000人の農民が事業をやめた。彼らは多くのノリサプライヤーを失ったので、この動きはノリ卸売業者を困難な状況に陥れました。 それでも、卸売業者は、さまざまな品質のノリを決定する際のスキルに頼って、全国からノリを持ち込むことによってオークションを開催し続けました。 協同組合協会の62歳のチーフディレクター、古市直久氏は、「ベテランの卸売業者がグッドノリの判断に間違いを犯すことはない」と自信を持って述べた。 協同組合は主に神奈川県で製造されたのりを扱っていますが、今日でも大森には約70ののり卸売店があります。 地域の大森のり博物館でも、大森ののりづくりの歴史を語る活動が行われています。 3月16日、両親や子供を含む約80人が博物館に集まり、伝統的な食器を使って生のりから干しのりを作るワークショップに参加しました。 ワークショップで講師を務めた、78歳の元農家、平林俊武氏は、「大森でのノリ生産の歴史を楽しい時間をかけて伝えたい」と語った。 母親と一緒にワークショップに参加した9歳の小学校3年生の男の子は、「私が知っているこの場所は、以前は大きなノリ産地であったことに興味がありました」と述べました。 「塩味のおにぎりで包んで作ったのりを食べたいです」

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more