Tag: 日本医科学会

日本の医療委員会が子宮移植に関する協議を開始

日本の医療委員会が子宮移植に関する協議を開始

この問題についての知識を持った情報筋によると、日本医科学会(JAMS)は、子宮移植を日本で許可すべきかどうかを討議する委員会を設置した。 同委員会は、日本産科婦人科学会および日本移植学会の幹部ならびに生命倫理の専門家を含む14名の委員で構成されている、と情報筋が述べている。 JAMS副会長の飯野正光が議長を務め、水曜日に委員会が開催されました。 問題の手術は、子宮を子宮のない女性に移植して、妊娠し出産できるようにすることです。 委員会は、ドナー、患者、そして彼らの赤ちゃんのための子宮移植の安全性を調べます。それはまた生命の維持のために必要とされない手術のためにそのような重大な負担をドナーに課すことが許されるかどうかのような倫理的問題について議論する、と情報筋が言った。 代理出産は、子宮を持たない女性が出産するためのもう1つの選択肢です。日本産科婦人科学会は現在その慣行を禁止しているが、委員会は代理出産の妥当性について議論することを計画している。 いくつかのヨーロッパ諸国および米国では、赤ちゃんが子宮移植によって生まれました。 日本では、慶應義塾大学のチームが昨年11月に日本産科婦人科学会に子宮のない女性に子宮を移植するための国内初の臨床試験手術を実施する計画を提出しました。

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more