Tag: 日本の技術

子供を予防する日本の技術

子供を予防する日本の技術

  国際機関と2つの企業が、日本の認証技術を活用して、発展途上国のより多くの子供たちに予防接種を行うプログラムを開始する予定です。 Gavi、Vaccine Alliance、日本のNEC Corporation、そして英国のSimprints Technologyが木曜日にこのプロジェクトを発表した。 家族や出生登録のための確立されたシステムがない発展途上国では、予防接種の時期を管理するのは難しいです。 3人のパートナーは、年齢、性別、予防接種記録を確認するために、1〜5歳の子供に指紋技術を使用します。 子供の指紋に最適化されたNEC認証システムを使用するスマートフォンは、Simprintsスキャナーと組み合わせられます。 来年初めにはバングラデシュとタンザニアで試験が開始されます。 Gaviの理事長、Ngozi Okonjo-Iwealaは、この組織は子供たちを致命的な病気から守るためにこの技術を使用したいと述べています。

ノーズはそれを持っています:日本は次世代の新幹線、トップスピード224 Mphを発表

ノーズはそれを持っています:日本は次世代の新幹線、トップスピード224 Mphを発表

  1964年に日本で高速鉄道が登場して以来、各国は高速列車をさらに誇りにしています。在来線の記録保持者は多くの場合フランスでしたが、現在は中国が約350km / h(217mph)の北京 - 上海線で最速の定期便を運行しています。上海磁気浮上列車は431 km / h(268 mph)に達する。 東日本旅客鉄道では、スピードとスタイルの両面で競争相手に匹敵するプロトタイプを発表した。目標の動作スピードは360km / h(224mph)。より速い停止も提供することを意図しています。いわゆるALFA-Xは実際には16と22メートルの長さ(52と72フィート)の特に尖った鼻を持つ2つのバージョンで構成されています。同社の既存の新幹線は、15メートルの鼻を持っています。これらのより尖ったものは、例えば列車がトンネルに入ると空気をより滑らかに偏向させるのに役立ちます。 同社はブレーキシステムと安全システムもテストする予定だとジャパンタイムズは報じている。列車は何らかの理由で減速停止する必要がありますが、日本は地震の影響を受けやすく、電車を停車させ脱線を防ぐ早期警戒システムを開発しています。 中国はまた、高速列車の他の用途を実験しようとしており、その多くは専用線で走っている。今月初め、初の水中高速列車の承認を発表した。そのような既存のトンネルの中で最長のものは英国とフランスを結ぶチャンネルトンネルですが、中国はもっと長いトンネルを計画しています。

日本は中国のHuaweiとZTEを政府契約から効果的に排除し、米国に加わる

日本は中国のHuaweiとZTEを政府契約から効果的に排除し、米国に加わる

  日本政府は、月​​曜日に、中国のHuaweiとZTEを正式に契約することを禁止し、中国の3大通信事業者はこれに追随する計画を発表した。 このニュースは、ファウワイの最高財務責任者が、米国政府がイランに対する制裁を回避しようとしていると主張して、カナダで論争を受けて逮捕された後の別の後退だ。 日経新聞によると、日本政府のガイドラインは機密情報の漏洩を防ぐために設計されており、中国企業の名前は言及していない。 今年初め、米国議会は、米国政府と請負業者の使用を大幅に禁止する法律を可決した。日経は、ワシントンが中国製の機器を使用する際のセキュリティリスクについて東京に情報を与えたと報じた。 オーストラリアとニュージーランドは、Huaweiが中国政府との可能性を懸念して5世代(5G)ネットワークを構築するのを妨げている。 政府や自衛隊によるパソコン、サーバ、通信機器の購入は、機器に埋め込まれたウイルスがシステムを破壊したり、軍事作戦などの機密情報を中国に漏らしたりする懸念があることを日本側が禁止すると日経新聞。 しかし、安倍晋三首相は、新規則は特定の企業をターゲットにしていないと述べた。 「サイバーセキュリティを確保するために、悪意のある機能を備えた機器を確保しないことを確実にすることが非常に重要であることを認識している」と述べた。 「この問題に関連する省庁は今日、政府内のIT調達に関するサイバーセキュリティを確保するために会合した」と同氏は述べた。 「各省庁にどのような制度や調達手続きを保護すべきかを規定することが目的であり、特定の企業や機器を排除することではない」 中国との関係は近年改善されており、安倍氏は10月に中国を訪問し、関係を「新しい歴史的方向」に向けることを誓った。 しかし、Huaweiに関する論争は刺激になるかもしれない。 この発表に応えて、中国外務省の盧康(Lu Kang)スポークスマンは、日本への中国の投資は「勝利」に基づいており、同社の「差別的扱い」に対して警告した。 「われわれはまた、日本側に、中国企業の運営と発展のための公平で透明性の高い差別化されない環境を提供するよう求めている」と述べた。 「中国側は、日本側の関連規制の実施に細心の注意を払う」と述べた。 先月、日本の中国大使館は、ウェブサイトに「HuaweiとZTE製品にセキュリティ上のリスクがあるという証拠はない」と声明を発表した。 共同通信社によると、日本の大手通信事業者3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)は、現在のネットワークと今後の5Gギアで中国の2社の機器を使用しないことで政府の指揮を執ることを計画している。しかし、3社はロイター通信に対し、まだ決定を下していないと伝えた。 ...

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more