バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 大阪

大阪市が外国人研修生のための研修施設計画を分割

  大阪府 - 外国人インターンのための訓練施設を建設する計画は、この都市の住宅地で騒乱を引き起こした。そこでは、地区の1,500世帯の多くが何世代にもわたって住んでいた。 プロジェクトが発表された昨年の秋以来、家の前に立てられた旗は、多くの恐怖が地区を否定的に変えることができるという動きに対して強調的な「いいえ」を示しています。 「いいえ!絶対にいいえ! 「私たちの生活環境を破壊することに対して」とあるバナーを読み、別のバナーは「私たちの子供たちの安全と安心を守る」と幾分ヒステリックな口調で語っています。 このプロジェクトは、外国の技術研修生が日本で働くように手配する管理組織の発案によるものです。施設は60人までの研修生を収容するように計画されているので彼らは日本語の基本を学び、彼らの到着後の最初の月の間にその国の文化と習慣に精通することができます。 昨秋から6回開催された説明会では、住民たちは自分の近所を多数の外国人と共有することに警戒を表明しました。ある居住者は、外国人研修生が違法に働いて犯罪を犯す可能性があるという根拠のない恐れさえも表明した。 政府は慢性的な労働力不足を埋めるために今年4月に日本で働くために法律を徹底的に変更したが、それは到着の流入が予想される地域社会が変化の準備ができているという意味ではない。 摂津市およびその周辺地域の約1万人の住民が訓練施設の建設に反対する請願書に署名した。対戦相手が予算を組むことを拒否しているため、プロジェクトの運命は今や均衡にとどまっています。 しかし、コミュニティの住民全員が反対するわけではありません。 4月まで地区の町内会を率いて嘆願書に署名しなかった67歳の男性は、「人々が海外から(仕事をするために)来ている限り、それらを受け入れなければならない」と述べた。 彼は過去に問題が生じて住民を激しく分けたが、解決策は最後の手段として投票に回さずに繰り返し議論することによって見つかるたびに生じたと述べた。 しかし、この場合、意見は分裂したままであり、その分断は明らかに幅が広すぎて終結することができません。 同氏は、「研修生と連絡が取れない」「恐れている」など、外国人技術研修生の到着について漠然とした不安感を表現しているとの意見を聞きました。 彼は住民がそのような恐れを取り除くことを希望してなぜそのように感じたかを決定するために議論を始める必要があると考えました。 しかし、彼の試みはプロジェクトの反対者たちが固執し続けているので、どこにも行かなかった。 反対派のキャンペーンを取り上げているいくつかのメディアは否定的な口調でそれを報道している。 その結果、反対派は現在、施設の所在地と、管理組織がプロジェクトを進めようとしている方法を引用しています。日本以外の要素を強調するのではありません。 ...

日本のコンビニエンスストアはどれほど便利ですか。

日本のコンビニエンスストアはどれほど便利ですか。

パートタイム労働者によって制定された「バイトテロ」または「パートタイマーテロ」を示すオンラインビデオの最近の傾向は、低賃金労働者の窮状についての別のメディアの議論を刺激しました。これらのビデオのほとんどは、食品関連のビジネスで働いている人々によって記録されたものであり、彼らが職場で商品を食べたり、ゴミから食品を取り出して顧客に渡す理由の説明働く貧しい人々が何に耐えたかについて。このような失礼な振る舞いすべての意味は、解雇されても大したことではないので、犯人が捕まっても気にしないようです。彼らはいつでも別の低賃金の仕事を見つけることができます。 ビデオの中には、コンビニエンスストアで作られたものもあり、現在はさまざまな角度から精査されている作業環境です。セブン - イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの3大コンビニエンスストアに関連した店舗の大半は、24時間体制で運営されています。実質的にすべての加盟店は、店舗を24時間365日オープンする必要があります。 この苦情は何年もの間共通しています。最近の話題は大阪のセブン - イレブンのフランチャイズオーナーが午前1時から午前6時の間に店舗を閉鎖することを決めたことに起因しています。それらの時間を埋める、それは彼が自分で仕事をしなければならないことを意味します。セブン - イレブン・ジャパンは、契約条件に従ってフランチャイズ所有者に1,700万円の罰金を科すと発表した。 モデルとして典型的なローソンの店を使用して、Fc-convenience.comによって管理されるフランチャイズプロモーションウェブサイトは、店の毎月の売上が1500万円であるときに、その時所有者は株の支払いの後におよそ470万円で終わると見積もります。それから、彼らは「フランチャイズロイヤリティ」と同様にスタッフ賃金と電気のような諸経費を払わなければなりません。結局、彼らの利益は約458,000円です。 それはかなり良いように思えますが、変数を考えれば、それはほとんど保証されていません。労働支援団体Posseの今野晴樹氏によると、ヤフージャパンに掲載されたコメントには、フランチャイズの所有者が実際には独立した運営者ではないというのが主な問題です。彼はフランチャイズ契約に拘束されているので、所有者はより契約社員のようです。だからこそ、コンビニエンスストアの会社は、年中無休24時間体制に欠かせない夫婦を積極的に探し出しており、それが起こると、昨年5月に大阪のフランチャイズオーナーの妻が亡くなりました。自分の収入を最大化するために、フランチャイズの所有者は人件費を調整します。これは、自分で管理できる唯一の費用だからです。大阪の所有者は朝日新聞に、人員確保のためにもっと高い賃金を提供するのは難しいと語った。 ウェブサイトBengo4.comによると、これらの問題は厚生労働省中央労働関係委員会が、労働法の観点からフランチャイジーが所有者であるのか従業員であるのかを決定しようとしている公聴会で討議された。一方、東京都労働局は、都内のコンビニエンスストアの95.5%が主に労働時間や健康に関する問題で法律に違反しているとしています。ある元フランチャイズ所有者は彼のスタッフが最低賃金で支払われたのでそれが彼が支払うことができたすべてでありそして結果として、従業員を維持することが困難であったので局に言った。ウェブサイトによると、業界は未熟な労働力不足と管理について問題を非難します:フランチャイズ所有者は賃金を設定する方法を知りません。 主流のメディア組織は、低賃金について十分に話すことなく労働力不足の角度を演じてきました。おそらく、労働者の需要が原因で賃金が上昇しているが、ビジネス誌Diamondのオンライン版の記事で、パートタイマーのテロと低賃金が密接な関係にあると主張した。それでも、パートタイマーテロについての会話は、常に労働者の搾取ではなく、一方的な若者に関するものです。ちなみに、すべてのコンビニエンスストアチェーンはかなりの広告主です。 ダイアモンドは、3つの主要都市部で1時間あたり平均約974円であるコンビニエンスストアの労働者の賃金は、2013年以降、パートタイマーテロの増加もそれほど増加していないことを見出した。当時は、しかし、そのような活動は「呼ばれたbakattā「のマッシュアップ、」バカというのは、「ばかげている」という意味であり、Twitterでは、これらのビデオがよく使われることになります。食品加工会社の従業員が冷凍食品に農薬をスパイクしたのと同じ頃に、バカッタは一般の人々に紹介されていました。加害者は「弱い」と描写されていたが、すでに低賃金が大幅に引き下げられていたため、彼は怒った。ほとんどのバカッタのビデオはサボタージュに関するものではなく、労働者は給料と条件について不満を述べていました。コンビニ店員、および労働支援グループブラックアービートユニオンコンビニエンスストアでの搾取の多数の事例を挙げた:労働者は、販売枠または販売目標を達成するために売れ残りの商品を買うことを余儀なくされた。 コンビニエンスストア業界は、政府に、就職ビザの承認を受けた新しい職業のリストに店員を含めるよう説得しました。現状では、コンビニエンスストアで働くほとんどの外国人は学生ビザで入国しているため、限られた時間で働くことができます。外国人のコンビニエンスストアの労働者に関する本を書いた作家兼編集者の芹沢健介氏は、昨年のオンラインマガジンNews Post Sevenに掲載された記事で、2017年に4万人以上の外国人労働者がコンビニエンスストアで働いていた大都市は、おそらくそれが日本語学校が主なところだからです。 おそらく、新しいビザプログラムは、コンビニエンスストアが重要な機能を果たす、人口の少ない地域に、より多くの外国人労働者を入れるでしょう。このような地域では、公共サービスが少ないため、実際には1日24時間営業する必要がありますが、フランチャイズの所有者やパートタイムの人々には、業界からの譲歩を受けずにあまりにも多くの状況を助長するよう依頼することがあります。政府からの援助。

G20と選挙に先立ち、大阪が注目を集める

G20と選挙に先立ち、大阪が注目を集める

大阪 -関西、そして日本全体での1月から2月初めは、地元の指導者たちにとって忙しい時期です。新年のご挨拶は、高級ホテルのビュッフェ式パーティーで(主に)お年寄りと交換されます。彼らの仕事は、白紙のナプキンで覆われた飲み物を持ち歩いて、乾杯して何度も何度も何度も喋った後で乾杯することです。 地域や地域の政治的および経済的問題に対する解決策を提案することが公式に奨励される時でもあります。しかし、今年大阪に来るとき、注目に値するのは、政治家やビジネスリーダーが話したことだけでなく、彼らが果たしたこともあります。 2019年は、地域的には「大阪の年」と呼ばれています。今後6ヶ月間で、大阪は知事と市長の政治的経歴を左右する地方選挙に直面しています。6月28日と29日に開催された20回の首脳会議の開催 参議院選挙。2025年世界博覧会の準備。そして可能なカジノリゾートについての論争の的になる議論。 地元のメディアの注目が集まっているところから始めましょう:2025年の万博。最近京都で開催された約700人のビジネスリーダーの集まりで、万博のためのあらゆる提案が行われました。大阪の松井一郎知事を含む多くの人々がハイテクの楽園を見ている一方で、内閣府の政策顧問である野村拓哉氏は、大阪が考慮する必要のある分野は国際的なメディア報道であると述べた。 野村は、博覧会の前と間に関西の指導者たちが東京にある日本の外国人特派員クラブに「FCCJ大阪支店」について話すことを提案した。先例があります:FCCJの公式の歴史は1970年の博覧会の前にそしてその間に大阪にキャンプを設立した多くの外国人ジャーナリストを述べます。 私自身FCCJのメンバーとして、私はその考えに賛成です。しかし、ほとんどの参加者が60歳以上の主流の企業の男性であった会議では、驚くべきことではありませんでしたが、それでも残念なことでした。日本を拠点とする外国語の出版物、またはさまざまな国際メディアのためのフリーランス。 それでも、レトリックが少し黙っているように見えるのは、G20サミットです。大阪の指導者たちは、あらゆる機会にこのイベントについて叫んでいると思うかもしれません。代わりに、それはほとんど気まぐれな方法で、通り過ぎることでしばしば言及されます。どうして? まあ、それはあなたが誰と話をするかによって異なります。あまりにも多くの宣伝がテロ攻撃の確率を増加させる間、懐疑論者はそれが閉鎖された地下鉄の駅の形で厳重な安全性についての地元の懸念を増大させるかもしれないので4月の大阪市議会選挙では怒っている有権者につながる可能性がある、会議の前や最中に、道路、さらには空港さえもが懸念される。 地元のメディアや外交官が浮上したもう1つの理由は、5月1日の新皇帝の加盟により、東京はG20首脳会談の準備に費やすよりも少ないリソースしか費やさないということです。それで、論理は行きます、東京は多くを言っていないので、大阪は本当に多くを言うことができません、それは5月1日の後に変わる可能性があります。 最終的な理論は地域の政治にも関係しています。博覧会のための資金を含む2019会計年度の国会で進行中の予算交渉で、一部の人は、可能な限り多くの博覧会の資金、彼らの本当の懸念を受け取ることと引き換えにG20に東京を押し付けないことである。 ある中国の星占いは、2019年は激動の年になるだろうと示唆しています。 大阪の年がどれほど忙しいことになっているかを考えると、その予測は地方の政治や事業所の特定の4分の1において非公式の政策のように感じ始めている。 大阪からの眺めは、関西の観点から最新のニュースを調べる月刊コラムです。

KFCとのクリスマス? 日本の伝統を広めた人は彼が彼の「嘘」を後悔していると主張する

KFCとのクリスマス? 日本の伝統を広めた人は彼が彼の「嘘」を後悔していると主張する

  KFCと一緒にクリスマスを祝うように日本を確信させたと主張する人は、彼が今彼の「嘘」を後悔していると言います。 大阪で日本初のKFCの開催地を管理したと伝えられている大河原武氏は、最近のBusiness Insiderの「世帯名」ポッドキャストで、クリスマスの日にKFCを消費するという一般的な日本の伝統について話しました。 この伝統に責任があるという主張はKFC自身によってさえも争われていると大川原氏は1970年にKFCの拠点を開設したことですぐには成功せず「苦労した」と語った。近くのクリスチャンスクールで。 オカラワはサンタのスーツに着いたと主張し、「チキンのバケツを持って踊り、踊り始め」と言い、「世帯名」と言った。 KFCの日本での評判は、オカラワがサンタのスーツを着て他のパーティーを開いて店頭の大佐サンダース像を着飾った後、ゆっくりと成長し始めました。彼は後に公的に所有されている全国放送組織でありテレビネットワークであるNHKに出演するよう招待され、そこで西部の人々がクリスマスにフライドチキンを実際に食べたかどうか尋ねられたと彼は言います。 「人々は鶏肉を食べていない、彼らは七面鳥を食べていることを私は知っているが、私はそう言った。それは嘘だった」と彼は言った、「世帯名」と笑いました。 「私はまだ後悔しています。でも、人々、それが好きなのは、アメリカやヨーロッパ諸国で良いことがあるからです。人々はそれを気に入っています」 しかし、OkawaraのアカウントはKFCのバージョンのイベントと一致しません。ヤム! KFCがクリスマスディナーのためにチキンの販売を開始するよう提案したのは、実際には外国人の訪問者であるとBusiness Insiderに伝えたブランド。 2012年のスミソニアン誌の記事の中で、日本がクリスマスにKFCを愛していることを詳述した記事も同様の記事が掲載されています。彼らの説明によると、旅行者のグループはクリスマスに七面鳥を見つけることができず、フライドチキンに落ち着くことができなかったので、KFCジャパンはその戦略を再考するよう促した。 スミソニアン氏によると、このチェーンは1974年に「クリスマスと同等のケンタッキー」キャンペーンを開始したが、これは大成功を収めた。 また、Business Insiderが発見したように、KFCはサンタの概念を日本に紹介することに大きな手を貸していたので、日本の住民の何人かはサンタクロースをサンダース大佐とさらに融合させました。 一方、オカラワ氏は後にKFCジャパンの責任者になった、とBusiness Insiderは報じた。 KFCジャパンの最高マーケティング責任者によると、彼はもはや会社のトップを務めていませんが、会社の幹部の何人かには「彼は神のようです」と言います。

日本の目覚め

日本の目覚め

  日本は地方の企業金融ハブであり、世界で最も急速に進化するデジタル市場の1つです。今年のThomson Reuters 100の世界的なテクノロジー企業リストには13社の日本企業があります。 読者が知るように、そのような社会は強力なデジタルインフラストラクチャを必要とします。 日本は不動産価格とエネルギーコストが地球上で最も高いのに対し、ビジネスとデジタルサービスのプロビジョニングには静かなアプローチを取っています。借用可能なダークファイバが不足しています。近年の恐怖で目撃したように、島々の集まりは頻繁に激しい自然災害の対象となります。 このような一見悪い環境で、データセンターの環境をどのようにナビゲートしますか? この質問に答えるため、私たちは、カナダ市場分析プロバイダーであるStructure Researchのデータセンターとクラウド市場の研究責任者であるJabez Tanに語りかけました オールインワン Structureは、最近、データセンター市場の分析を発表しました。そこでは、国の活動の大部分が集中しています。 日本のデータセンター市場は、富士通、日立、三菱電機、NECなどのシステムインテグレーターが伝統的に支配してきた点で独特です。 これらの巨人は、日本企業が「ITサービスのワンストップショップ」を望んでいるため、幅広いポートフォリオを持つ単一のベンダーが各サービスを個別にプロビジョニングする必要があるためです。 最近まで、国際企業と国内企業との交流のために言語と文化の障壁が存在していたため、システムインテグレータは外国の競争から安全でした。 また、2014年に日本市場に参入したサービスプロバイダーであるコルトDCSのグローバルアカウントとソリューション担当バイスプレジデントQuy Nguyen氏は、クラウドプロバイダーが世界的にデータセンターサービス業界を支配するまで、地元のコロケーションとダークファイバのプロバイダKVH: "彼らの多くはプライベートソリューションをホストしてお金を稼いでいた。それは非常に有益なビジネスです。 しかし、彼らの月桂樹に休むことはもはや選択肢ではありません。変化が起こっている。市場が成熟するにつれて、企業はITアーキテクチャーの導入方法やIT調達方法にもっと精通し、教育を受けています。 彼らはおそらく、東京のコロケーション収益の15%以上を占めるもう1つの外国企業Equinixから学び、市内に7,000万ドルのデータセンターを建設中です。日本では11番目資本。 Equinixは、施設内のコロケーション、パブリッククラウド、および相互接続サービスが混在しているため、顧客は季節ごとにニーズを定義することができ、システムインテグレータよりも柔軟性が高くなります。 ...

大阪人もびっくり! 大阪出身の大坂なおみ快挙に祝福の声「東京五輪で金メダルを」

大阪人もびっくり! 大阪出身の大坂なおみ快挙に祝福の声「東京五輪で金メダルを」

  女子テニスの大坂なおみ(20)が8日、ニューヨークで行われた全米オープンのシングルスで初優勝し、日本勢初の四大大会を制覇したことに、ゆかりのある大阪からも喜びと祝福の声が次々と上がった。 大坂は日本人の母親とハイチ系アメリカ人の父親を持ち、大阪市出身。3歳のときにアメリカへ渡り、現在はフロリダを拠点に活動している。 学生時代にテニス経験があるという東大阪市の会社員、知田剛さん(35)は「善戦してくれればと思っていたが、まさか初めての決勝で元世界女王を破るとは。20歳なのに精神力がすごい」と絶賛した。 ニュース速報で優勝を知ったという大阪市東住吉区の大学生、吉本智奈美さん(21)は「出身が大阪とは知らなかった」と驚いた様子。同区の同級生、多田康生さん(21)は「一気に親近感がわいた。ぜひ大阪に来て試合を見せてほしい」と笑顔で話した。 大阪市浪速区の主婦、金沢由貴子さん(66)は「大坂という名字だから気にはなっていた」といい、「若いからもっと成長できるはず。東京五輪でも活躍してほしい」とエールを送った。 ツイッターでは、「おめでとうございます」(松井一郎大阪府知事)、「大坂さん、すごい!日本人初、グランドスラム優勝おめでとうございます!!大坂さんは、大阪府大阪市出身で、北海道にもゆかりがあります。元気づけられます」(吉村洋文市長)などのメッセージも寄せられた。 ◇ 大坂なおみ(おおさか・なおみ) 3歳から米国で育った。2013年に15歳でプロ転向。16年に四大大会デビューの全豪オープンで3回戦に進出するなど躍進し、女子ツアーを統括するWTAの最優秀新人賞に輝いた。今年3月にBNPパリバ・オープンでツアー大会初優勝。ハイチ出身の父と日本人の母を持ち、姉のまりもテニス選手。日清食品。180センチ。20歳。大阪市出身。

大阪のホテルランチ、千円で食べ放題

大阪のホテルランチ、千円で食べ放題

  JR西日本による新ブランド「ホテルヴィスキオ大阪」(大阪市北区)が、モーニングよりも価格帯を安く設定したランチブッフェを平日1000円(税別)でサービス。近隣のサラリーマン、主婦など幅広い層に人気となり、予約必須となっている。 同ホテルは6月6日に、商業施設「グランフロント大阪」の東側にオープンしたばかり。モーニングは約40種で2000円(税別)のところ、ランチは約30種で半額となる。「ヴィスキオはできたばかりの新しいブランドで、位置しているウメキタはまだまだ開発途中。そこで、ランチタイムは地元の方にも気軽に来ていただけるように、この価格帯に設定いたしました」と広報担当者。 手前右側がピンサ、マルガリータ、タコなどをトッピングした「大阪」。串カツ、ココット料理など 大豆を生地に使ったまるでピザのような「ピンサ」、日替わりのココット料理、パスタ、デリ、サラダ。そして、フルーツ、チョコとマシュマロなどの「デザートピンサ」まで楽しめる種類の豊富さ。そして、ホテルらしいサービスを味わえ、「オープンしてからは想定外の反響をいただいております。グループでの利用はもちろん、カウンター席などもあるためおひとり様の利用も大変多いです」とのこと。 ベリーをトッピングした「デザートピンサ」。メニューは日替わりで登場 ランチはレストラン「イタリアンキッチン ヴェルデ カッサ」で、午前11時半から午後2時半まで(90分制)。ドリンクバーは約11種が飲み放題で+220円。週末はデザートが追加され、ドリンクバー付きで1500円(税別)となる。

安倍首相、大阪北部地震「ガス停止10万戸以上などライフライン復旧に全力」

安倍首相、大阪北部地震「ガス停止10万戸以上などライフライン復旧に全力」

  政府は18日午後、同日朝に発生した大阪府北部を震源地とする地震を受けた関係閣僚会議を開催した。冒頭で安倍晋三首相は死亡した3人のほか負傷者含め「全ての被災者にお見舞いを申し上げる」と述べ、ガスなどライフラインの復旧や生活物資不足などに対して政府として全力で取り組む意向を強調した。首相発言は以下の通り。 「これまで政府一丸となって情報の収集、発信、救出、救助活動にあたってきた。停電はすでに解消したとの報告を受けているが、いまだガスの供給停止が10万戸以上など広範囲にわたっているなどライフラインの被害は続いている。引き続き公共交通、ガス、水道などライフラインの復旧に全国からの支援を含め、全力で取り組んでいきたい」 「今後さらなる人的被害が顕在化し、避難所の確保、水や生活物資の対応など必要性が急に増してくることも考えられる。大切なことは先手、先手で対応すること。避難所の開設状況や、食料、日用品生活物資のニーズを早急に把握し、(被災地からの要請を待たずに物資を緊急輸送する)プッシュ型支援の実施も含め、必要な措置を講じてほしい」 「学校のブロック塀が崩れ、幼い命が失われる事態となった。災害発生時の学校の安全確保にも万全を期してほしい」

大阪・富田林で民家火災 けが人なし

大阪・富田林で民家火災 けが人なし

  13日午前0時5分ごろ、大阪府富田林市別井の民家から「火が出ている」と119番があった。この火災で、敷地内にある木造一部2階建ての母屋延べ約130平方メートルと隣接する鉄筋2階建ての住宅延べ約30平方メートルを全焼したほか、木造平屋建ての納屋の壁の一部を焼いた。出火当時は無人で、けが人はなかった。周辺の別の建物への延焼はなかった。 大阪府警富田林署などによると、所有者の男性らは約2年前から近くに引っ越しており、普段はほぼ空き家の状態だったという。同署で原因を調べている。 現場は近鉄長野線富田林駅から南東に約2キロの住宅密集地。現場近くに住む男性は「気がつくと建物の2階の高さくらいまで火があがっていた」と驚いた表情で話した。

大阪府で入庁式 松井知事「一緒に大阪の未来つくろう」

大阪府で入庁式 松井知事「一緒に大阪の未来つくろう」

  大阪府・市では2018年度の業務初日となる2日午前、それぞれ入庁式と発令式が開かれ、新入職員が期待を胸に式典に臨んだ。 大阪府の入庁式は大阪市中央区の府庁舎で開かれ、計350人の新人職員が参加。松井一郎知事は、19年に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議について「大阪という都市をアピールする絶好の機会だ」と触れ、「初心を忘れることなく、私と一緒に大阪の未来をつくっていこう」と訓示した。 服務宣誓で代表を務めた行政職の奥田ひかりさん(22)は「人権問題などに関心があり、女性の活躍推進に関する事業に取り組み、大阪の将来に貢献したい」と抱負を述べた。 大阪市も大阪市中央公会堂(同市北区)で発令式を開いた。18年度採用は404人。発令式で新入職員代表の宮本加玲さん(22)は「運営すべき責務を深く自覚し、誠実かつ公正に職務を執行することを誓います」とあいさつした。 吉村洋文市長は「若い皆さんがそろってくれたことを力強く思う。初心を忘れず大阪のために能力を発揮してほしい」とエールを送った。

Page 1 of 2 1 2

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more