Tag: 同性愛

LGBTI問題の授業義務化、世界初 スコットランド

LGBTI問題の授業義務化、世界初 スコットランド

  英国のスコットランド自治政府は10日までに、地域内の学校の教科課程に性的少数者(LGBTI)の問題に関する授業を義務付ける方針を明らかにした。この種の措置は世界の国・地域で初の事例としている。 自治政府のジョン・スウィーニー副首席大臣によると、授業ではLGBTIの歴史、用語、自己同一性や同性愛への嫌悪や偏見の対策などを教える。 スウィーニー氏は地元議会で、授業開始の時期はまだ正式決定されていないとしながらも、出来るだけ早急に実施させると強調した。 今回の措置はLGBTI問題の教科課程への追加を目指してきた組織の提言を全て容認する中で打ち出された。他の提言内容はこの問題に関する教材や教師への無料の訓練供与などが含まれる。提言は学校内における性的少数者へのいじめなどに取り組むため33項目から成っていた。 同組織の責任者は今回の自治政府の決定を重要な勝利とたたえた。 スウィーニー副主席大臣は、「受け入れた提言内容はLGBTIの当事者の学習経験を向上させるだけでなく、学習を受ける全ての者に自分たちの違いをたたえ、理解促進や受容を促すことを支援するものになる」と強調した。 自治政府のニコラ・スタージョン首席大臣もより開放的な教育システムの誕生につながると歓迎した。 スコットランド内の学校ではLGBTIの生徒10人のうち9人がいじめなどの被害を受けているとの調査結果もある。スコットランドで性的少数者の権利擁護運動を進める団体の昨年の報告書によると、域内の若年層の63%が同性愛嫌悪に関する中傷を常時もしくはしばしば被っているとした。この比率は他の英国内では50%となっている。

勝間和代さんが同性愛を公表「ずっと悩んでいた」

勝間和代さんが同性愛を公表「ずっと悩んでいた」

  コメンテーターとしても活躍する経済評論家の勝間和代さん(49)が、女性のパートナーと交際していることを公表した理由について語った。 勝間さんは28日、「プライベートな報告です」のタイトルでブログを更新。「今日、バズフィードで、私が女性とお付き合いさせていただいていることを公開しました」と、自身が同性愛についてカミングアウトした記事を引用し、「同性を好きになることはずっと悩んでいたことですし、また、お付き合いが始まってからも、人にそのことを言えないことを悩んでいましたが、その2つの事実を公開することで、私も楽になるし、周りにも同じような悩みの人のヒントになる可能性があると思ったからです」と公表した理由をつづった。 記事によれば、勝間さんのお相手は、LGBTに関する情報を発信する「トロワ・クルール」社代表の増原裕子さん。勝間さんは「私のオタク性も暖かく受け入れてくれている女性です。横で山のようにパソコンを積み上げたり、夜中までAVいじっていても、まったく文句言いません」と紹介し、「このブログも引き続き、路線はかわらないと思いますので、これからもよろしくお願いします」とファンに呼びかけた。

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more