Tag: 南アフリカ

【美土路の見どころ】 ラグビーの可能性示した南アフリカ = W杯日本大会を振り返って

【美土路の見どころ】 ラグビーの可能性示した南アフリカ = W杯日本大会を振り返って

  日本の躍進に国中が沸き、南アフリカの優勝に多くの人が感動した。ラグビーW杯日本大会は、スポーツに何ができるのかを示した大会となった。 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で12年ぶり3度目の優勝を果たしたスプリングボクス(南アフリカ代表チームの愛称)の第一陣が、5日午後(日本時間6日未明)にヨハネスブルクの空港に降り立ち、何千人もの国民の熱烈な出迎えを受けた。 今大会では、様々なバックグラウンドを持つ選手が「ONE TEAM」となって戦った日本代表チームの快進撃が「おとぎ話」に例えられた。 ヨハネスブルク国際空港には、南アフリカ代表選手の帰国を待ち受ける多くのサポーターが詰めかけた しかし南アフリカ代表チームは、アパルトヘイト(人種隔離)政策という重い過去に今も苦しむ国民をスポーツで一つにするという、より壮大なおとぎ話を完結させた。 南アフリカのための大会 開幕前に一番注目されたのは、オールブラックス(ニュージーランド代表チームの愛称)が3連覇を達成できるかどうか、だった。 ところが始まってみると、1次リーグ4戦全勝で史上初の決勝トーナメントに進んだ日本代表チームと、おもてなしの心を大いに発揮した日本という国が一躍主役の座を独占した。 日本が敗退すると、見事な戦いぶりでオールブラックスを下したイングランドが主役に躍り出たかに見えた。 しかし、終わってみれば、国民の期待を背負って戦ったスプリングボクスのための大会だった。 「母国のために戦った」 個人的な思い出になってしまうが、私は1995年に南アフリカが自国開催のW杯で初出場、初優勝を果たすのを、朝日新聞のラグビー担当記者として現地で取材した。 背番号「6」のスプリングボクスのジャージーを着たネルソン・マンデラ大統領が、同じ背番号をつけたユグノーの末裔(まつえい)の白人キャプテン、フランソワ・ピーナールにウェブ・エリス・カップを手渡す瞬間を現地で目撃した。 それだけに、24年の時を経て、スプリングボクス初の黒人キャプテン、シヤ・コリシが同じ背番号「6」をつけて国民の統合のシンボルになったことが、実に感慨深い。 ...

【ラグビーW杯】 黒人主将チームの優勝は「大きな意義」 南ア元主将が賛辞

【ラグビーW杯】 黒人主将チームの優勝は「大きな意義」 南ア元主将が賛辞

  「今回の優勝は、1995年の初優勝を超える大きな意味がある」。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会における南アフリカの優勝を、初優勝時の主将だったフランソワ・ピーナール氏はそう評する。 南アフリカは1995年、地元開催のW杯を初制覇した。表彰式では当時のネルソン・マンデラ大統領が、優勝トロフィーの「ウィリアム・ウェブ・エリス・カップ」をピーナール主将に手渡した。 人種隔離政策アパルトヘイトの歴史を経た南アフリカにとって、初の黒人大統領が代表チームの優勝をたたえるのは、歴史的な瞬間となった。 1995年の南アフリカ大会では、前年に大統領に就任したマンデラ氏(左)がピーナール主将に優勝トロフィーを授与した しかし、ピーナール氏は、「今回のほうが大きい」と言う。 「完全に変化を遂げたチームを、南アフリカの5800万人、あらゆる人種の国民がみんな緑色の服を着て見ていた。私の時代には起こり得なかったことだ」 かつては敵チームを応援 人種差別により、黒人が公的施設や社会的機会から排除されていたアパルトヘイトの時代、多くの南アフリカ国民がラグビーは少数派の白人のスポーツだと思っていた。 南アフリカは国際的に非難され、ラグビー代表チームのスプリングボクスは国際大会への出場が限られた。出場が認められた数少ない機会でも、国民の多数を占める黒人は、敵チームを応援することが多かったという。 しかし南アフリカが2日、横浜でイングランドを下し、3度目の優勝を果たしたときは、南アフリカ全土が歓喜に沸いた。代表チームを率いたのは、黒人のシヤ・コリシ主将だ。 ヨハネスブルクのネルソン・マンデラ広場で南アフリカ代表の優勝を喜ぶサポーターたち ...

【ラグビーW杯】 南アフリカ、3回目の優勝 イングランドは及ばず

【ラグビーW杯】 南アフリカ、3回目の優勝 イングランドは及ばず

  ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、決勝があり、南アフリカ(世界3位)が王座を獲得した。イングランド(同1位)と横浜国際総合競技場(横浜市)で対決し、32-12で勝利した。 南アフリカの優勝は2007年以来、3大会ぶり3回目。最多優勝回数でニュージーランドに並んだ。決勝の勝率10割は南アフリカだけ。 イングランドは4大会ぶり2回目の王座を狙ったが及ばなかった。決勝で敗れたのは3回目で、最多のフランスとタイとなった。 初の黒人主将が優勝杯を高々と 閉会式で南アフリカのシヤ・コリシ主将が優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を両手で高々と掲げると、チームとサポーターは歓喜に沸いた。 これで44日間にわたった日本大会は幕を閉じた。次のW杯は2023年にフランスで開催される。 試合が終了し、喜びを全身で表す南アフリカの選手と、肩を落とすイングランドの選手予想ではイングランド 下馬評ではイングランドの勝利を予想する声が多かった。 イングランドは優勝候補筆頭だったニュージーランドを準決勝で倒し、勢いに乗っていた。台風の影響で、1試合を免除されたことからも、有利が指摘されていた。 試合内容については、勝負に徹したロースコアの争いになり、キックを駆使した激しい肉弾戦が見られるだろうと言われていた。 序盤はその通りの展開となった。ただし先手を取ったのは、有利とみられていたイングランドはなく、南アフリカだった。 先取点は南ア 南アフリカのSOハンドレ・ポラードは、前半2分にペナルティゴールに失敗。しかし前半9分、ゴール正面からのキックは成功させ、南アフリカが3−0とリードした。 一方のイングランドは、守備で後手に回っただけでなく、攻撃でもリズムがかみ合わない。 パスのタイミングが合わない場面さえあった。イングランドがこのような姿を見せるのは、今大会初めてだった。 ...

【ラグビーW杯】 8強まで勝ち進んだ日本、これから何が大事?

【ラグビーW杯】 8強まで勝ち進んだ日本、これから何が大事?

  パーティが終わって照明が戻ったときはいつもそうだが、20日夜の東京スタジアムの光景も、現実に引き戻されるような感じだった。 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会では、アイルランド、スコットランドをはじめ、1次リーグA組ではすべての相手を破ったブレイヴ・ブラッサムズ(日本代表)だったが、ついに昨夜、南アフリカに徹底的にやられた。 日本は大きく前進した。しかし26-3というスコアは、世界レベルの真の競争相手になるにはまだ距離があることを示している。 初めて決勝トーナメントまで進んだ日本は、どうすれば今後の大会でも、実力国の固定席を確実にすることができるだろうか。 指導陣の問題 ニュージーランドと日本でプレーした経験をもつジョセフ監督は「日本代表のメンタル面を変えた」と言われる ニュージーランド、アイルランド、オーストラリア、ウェールズはすべて、このW杯の終了後に監督の退任が見込まれている。 後継者のプランがあるチームもあれば、ないチームもある。他のチームでも大きな動きがあるかもしれない。 日本の、鍛え上げられ団結したプレーぶりを考えれば、ジェイミー・ジョセフ監督と、右腕のトウニー・ブラウン、スコット・ハンセン両コーチは、他チームの空席を埋めるのに十分な資格を有していると言えるだろう。 ただ、チーム内から残留を望む熱烈な声が上がっている。 「このチームが変わったのはジェイミー・ジョセフのおかげだ。彼がチームを引っ張り、ラグビーを教えてくれた」とリーチ マイケル主将は話す。 センターの中村亮土は、「ジェイミーが監督になってメンタル面が変わった」と加える。 当のジョセフは、スプリングボックス(南アフリカ代表)戦で敗れた直後、この先について聞かれると、「それは言えない」と答えた。 日本ラグビー界の幹部がジョセフ残留を望むのは間違いない。だが、エディ・ジョウンズ(前日本代表監督)の時も同じだった。 ...

【ラグビーW杯】 南アフリカ、7大会連続でベスト8入り カナダに大勝

【ラグビーW杯】 南アフリカ、7大会連続でベスト8入り カナダに大勝

  ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8日、1次リーグB組の試合が神戸市御崎公園球技場であり、南アフリカ(世界5位)が66-7でカナダ(同22位)に大勝し、7大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。 これで南アフリカは1次リーグ4試合を3勝1敗で終え、勝ち点15とした。B組は2位ニュージーランドと3位イタリアが12日に、ベスト8入りをかけて直接対決する。南アフリカはその結果にかかわらず、B組で2位以内に入る。 一方、カナダは3連敗となり、1次リーグ敗退が決まった。 圧巻の攻撃力 試合前から南アフリカの圧勝を予想する声が大半を占めたが、結果はそのとおりになった。南アフリカは前半だけで7トライ、合計では10トライを奪う一方、カナダを1トライに抑えた。 キックオフの直後から、南アフリカは圧巻の攻撃力を発揮した。 試合開始早々、南アフリカは敵のゴールポストの目前まで迫り、フォワード陣が密集から縦方向への突破でトライを狙った。 カナダが必死のディフェンスで対応すると、右サイドへボールを回し、今度はバックス陣が攻撃を展開。タイミング良く走り込んできたSOエルトン・ヤンチースを経由して、CTBダミアン・デアレンデにパスが渡った。デアレンデはインゴールへ走り込み、開始2分で初のトライを奪った。 10分でハットトリック 南アフリカは続く前半5分にも、WTBスブシソ・ヌコシが相手を振り切りトライ。 するとここから、SHコブス・ライナックの独壇場が訪れた。 まず前半10分、ライナックは相手ディフェンスのギャップを突いて一気に抜け出し、ショートパントを相手の裏に蹴り出すと、自らボールを回収してインゴールの左にトライ。高いスプリント能力とテクニック、そしてセンスを見せつけた。 前半17分にもライナックが、ゴールライン間際で密集から出たボールをパスすると見せかけ、インゴールへ直接飛び込んだ。 さらに前半20分、またもライナックが今大会屈指の美しいコンビプレーを見せてトライ。わずか10分25秒でハットトリックを達成した。 レッドカードで14人に 南アフリカは、なおも攻撃の手を緩めず、ハーフタイムまでにさらに2つのトライを追加。前半だけで、5人の選手が計7つのトライをもたらした。 対象的にカナダは、苦境に追い込まれた。 前半30分過ぎには南アフリカのゴール寸前まで迫ったものの、交代出場したLOジョシュ・ラーセンが密集で危険なショルダーチャージを見舞い、レッドカードを受け退場。 以降、強豪相手に1人少ない状態で戦わざるを得なくなった。 ...

英国は、3月29日までに日・EU間の貿易協定を移行することはないと述べている

英国は、3月29日までに日・EU間の貿易協定を移行することはないと述べている

[ロンドン16日ロイター]英国政府は、3月29日、欧州連合と日本との貿易協定の折り返しが行われないことを明らかにした。 英国は36日以内にブロックからの脱退に先立ち、約40のEU二国間貿易協定をロールオーバーしようとしている。政府はまだブリュッセルとのBrexit取引に対する議会の支持を勝ち取っておらず、イギリスが取引なしに去るならば、これらの二国間協定は適用をやめるでしょう、おそらく貿易を混乱させるでしょう。 「企業や個人が万が一の事態に備えていることを確実にするために、適切ではない可能性があるものの非常に慎重なリストを作成することは政府の義務である」と語った。 「合意が批准されておらず、撤退日に間に合うように発効された場合に、貿易協定の効力の継続性を確保するための幅広い選択肢を模索しています。」 これまでのところ、英国はスイス、チリ、フェロー諸島、東部および南部アフリカ、イスラエル、パレスチナ自治政府との間で継続協定に調印しています。 ほとんどの協定は「約束進行中」としてリストされていましたが、今月初めに発効した日本とのEUの経済連携協定には「この協定を退会日に移行する予定はありません」と記されていました。 政府によると、英国と日本の間の貿易は年間約280億ポンドの価値があり、過去5年間で40パーセント増加しました。これは主に自動車、医薬品、機械および金融サービスの貿易の拡大によるものです。 イギリスの自動車産業だけでも、2017年に日本に10億ポンドを超える価値のある車を輸出しました。 今週初め、リアムフォックス商務大臣は2月1日に日・EU合意が発効して以来、今日までのイギリスと日本との貿易の大部分は貿易協定外で行われていると主張した。 政府は、アルジェリア、アンドラ、トルコとの取引を含めて、間に合わないかまたは間に合わない可能性があると述べた。

ブブゼラ売れ残り、6万個… 南アフリカ、W杯後の現実

ブブゼラ売れ残り、6万個… 南アフリカ、W杯後の現実

  6月14日に開幕したサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会。スタジアムでは開催地や各国のサポーターによる応援スタイルの違いも見ものだ。8年前の南アフリカ大会では、細長いラッパのような「民族楽器」ブブゼラから発せられる重低音が、スタジアムに響き渡るだけでなく、テレビ中継を通じて世界中のお茶の間にまで広がった。時に「騒音」とまで呼ばれ、世界的な知名度を得たブブゼラ。だが今、南アフリカでは、あの楽器の人気はすっかりすたれているという。ブブゼラにいったい何が起きたのか? 4月、国内随一の人気を誇るカイザー・チーフスの試合が、首都ヨハネスブルクのFNBスタジアムであった。だが、ブブゼラを持っている観客は1割にも満たない。チームのユニホームに身を包んだサポーターたちは、歌や踊りで選手たちを鼓舞していた。 ブブゼラを吹き鳴らして応援していた男性サポーターに話しかけると、「ブブゼラはチームに力を与えてくれる」と叫んだが、吹き鳴らす時は他の観客の迷惑にならないよう、誰もいない方向に向けていた。 ブブゼラは、強く息を吹き込んだ時の音の大きさが100デシベル以上。鉄道のガード下の騒音と同じくらいだと言われる。 欧州で活躍する選手からは「試合に集中できない」と抗議の声があがり、欧州サッカー連盟(UEFA)はW杯後、主催大会でのブブゼラのスタジアム持ち込みを禁じたほどだ。 その起源には諸説あるが、もともとは動物の角笛だったという。南アフリカではその後、スズなどの金属製ができた。2000年代に入ると格安のプラスチック製の人気が高まり、市場が拡大したという。 「ブブゼラの今」を聞こうと、ヨハネスブルクにあるブブゼラ業者を探してみた。だが、なかなか見つからない。ブブゼラを製造していると聞いたプラスチック製品工場も訪れたが、「注文が大量に入らないと作っていない」と言われる始末だ。 何とか見つけたのが、南アの南西部にある観光地ケープタウンの業者だった。代表を務めるベビル・バッフマンさん(58)は、1994年ごろからブブゼラの製造・販売を始め、これまでに200万~300万個を製造してきた。 自国開催となる2010年のW杯を大きなビジネスチャンスだとみていたバッフマンさん。その目算が狂ったのは、中国企業の存在だった。W杯開催の数年前から、南アフリカ製より3、4割ほど安い値段でブブゼラを製造し、輸入してきたという。 ロイター通信によると、2010年のW杯当時、南アを中心としたブブゼラ市場は5千万ランド(約4億5千万円)規模に広がっていた。一方、南アで使われるブブゼラの約90%が中国製に取って代わられていたという。 W杯後にブブゼラ人気は一気に下火になり、需要も低迷した。中国企業も地元業者も製造を控えるようになったという。 バッフマンさんは「小さいところから商売を始め、W杯というエベレストでその果実を収穫するはずだった。だが、期待通りにはならなかった。中国との価格競争には勝てない」と下を向いた。 取材後、私たちのもとに送られてきた動画には、W杯期間中に製造したというブブゼラの在庫が映されていた。その数、6万個。今も注文があれば、ここから細々と発送しているという。

【閲覧注意】ギネス史上もっとも危険な世界一!? 全身「火だるま」の状態で30秒耐える動画が完全に狂気

【閲覧注意】ギネス史上もっとも危険な世界一!? 全身「火だるま」の状態で30秒耐える動画が完全に狂気

  どうやら世界一の頂に登りつめるには、常軌を逸するくらいでないとダメらしい。なぜならば、ギネス記録でこれまでにないような危険すぎるチャレンジが敢行。南アフリカのケープタウンで、32名のスタントマンが全身火だるま状態になりつつ30秒も耐えたのだ。 そんなギネス記録まであったんかいっていうのはさておき、チャレンジの様子は動画「Most people performing full body burns – Guinness World Records」で確認できる。衝撃的な映像となっているので閲覧には気をつけて欲しい。 ・火だるまになった姿がまるでゾンビ 動画を再生すると、真横にズラッと並んだスタントマンたちが映し出される。全員が火災防護衣をまとっており、目と口以外は完全に防備……しているのだが、チャレンジが始まるとマジで炎に包まれるから恐ろしい。 全身火だるま状態となった彼らは、世界一を達成するべく一歩ずつ前進していく。しかし、熱さに耐えられないからだろうか。バタッ……バタッ……とバランスを崩し、足元から地面に倒れこむ姿はまるで『バイオハザード』のゾンビのようである。 ・完全に狂気 もちろん、消火部隊もスタンバイ。挑戦者がプロのスタントマンたちということもあって、安全は保証された上でのチャレンジだったのだろうが、見ている方まで怖くなってくる映像は完全に狂気と言ってもいい。どうやら世界一になるのも一筋縄じゃいかないようだ。 なお、ギネスの公式サイト「Guinness World Records」によると、以前の世界記録は21人とのこと。2013年10月19日、アメリカ・オハイオ州のクリーブランドで達成されているため、約5年ぶりの更新となった。 ...

次期総裁、適任は 石破氏が安倍氏上回る 朝日世論調査

次期総裁、適任は 石破氏が安倍氏上回る 朝日世論調査

  米トランプ政権下で軽視される科学の役割を社会に訴えようと14日、世界約230カ所で「科学のための行進」が行われた。米ワシントンでは数千人が参加。ホワイトハウスや、環境保護局(EPA)の前を「科学は黙っていない」などと訴えながら連邦議会議事堂まで約2キロを歩いた。 行進はトランプ政権による科学研究予算の大幅削減提案や、環境規制の撤廃を懸念して、昨年から始まった。行進前のイベントでハーバード大のシェイラ・ジャサノフ教授は「誰も政治家の直感に左右されたくない。よい民主主義には、よい科学が必要だ」と訴えた。 ニュージャージー州から娘のジェニーさん(11)と一緒に参加した英語教師マリー・ベス・コルバーさん(38)は「この政権は予算を減らし、事実を探求する研究を弱めようとしている。行動するべき時だ」と話した。 今年は秋に連邦議会議員の中間選挙があることから、主催者は「科学のための投票を」との呼びかけを行っている。また、研究者や医師、技術者など理系人材を候補に擁立する動きもある。 この日は、ほかにもロンドンやダーバン(南アフリカ)、ミュンヘン(ドイツ)などで行進やイベントが開かれた。

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more