バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 兵庫県警

山口組のハロウィーンに「子ども誘うな」 暴追パレード

山口組のハロウィーンに「子ども誘うな」 暴追パレード

  指定暴力団山口組がハロウィーンに子どもたちにお菓子を配るのにあわせ、地元の住民らが31日、山口組の総本部(神戸市灘区)の周辺で暴力団追放パレードをした。 兵庫県警によると、山口組は分裂騒動があった2015年を除き、毎年10月末にお菓子を配っている。昨年は近隣住民らに約800個を配ったとみられる。 地元の暴力団追放推進協議会が、子どもらがお菓子を受け取りにいかないようにとパレードを企画。地元住民や県警関係者ら約100人が集まった。 参加者たちはこの日午後、「ハロウィーンはやめろ」「子どもたちを誘うな」などと声を上げながら、「みんなの力で暴力団排除」と書かれた横断幕を手に、総本部の周辺を約20分間行進した。だが、その後、山口組は総本部を訪れた子どもらにスナック菓子などを配った。

障害ある息子、檻に監禁容疑 73歳父親を逮捕 兵庫

障害ある息子、檻に監禁容疑 73歳父親を逮捕 兵庫

  障害のある長男(42)を自宅敷地のプレハブ内の檻(おり)に閉じ込めたとして、兵庫県警は7日、兵庫県三田市広沢の無職山崎喜胤(よしたね)容疑者(73)を監禁の疑いで逮捕し、発表した。「暴れるから監禁した」と話し、容疑を認めているという。檻での生活は20年以上に及んでいたとみて調べている。 捜査1課によると、逮捕容疑は1月18日午前10時から19日午後10時ごろまで、プレハブ内の木製の檻(高さ約1メートル、幅約1・8メートル、奥行き約90センチ)に長男を監禁したというもの。捜査関係者によると、長男には精神疾患があったという。 三田市などによると、山崎容疑者が妻の介護について福祉関係者に相談した際、「長男を閉じ込めている」と打ち明けたという。連絡を受けた市職員が1月18日に自宅を訪ね、檻の中にいる長男を見つけた。上半身に服を着ただけの姿で、檻には南京錠がかかり、ペット用シートが敷かれていた。プレハブにはエアコンや扇風機が据え付けられていたという。 健康状態に問題はなかったが、市は虐待と判断して1月22日に福祉施設に入所させて保護した。2月21日に三田署に連絡した。 捜査1課によると、山崎容疑者は市の調査に対し、1991年ごろに大阪府内から三田市に転居し、その後、長男を檻で生活させるようになったと説明。おおむね2日に1回程度、自宅で食事を与え、風呂にも入れていたと市に話したという。県警はプレハブや檻を設置した経緯などについて、山崎容疑者から詳しく事情を聴く。

夜間の歩行者事故防げ 産学官で反射シール開発 兵庫県警が神戸芸術工科大などと連携

夜間の歩行者事故防げ 産学官で反射シール開発 兵庫県警が神戸芸術工科大などと連携

  夜間に歩行者が巻き込まれる交通事故を防ごうと、兵庫県警は神戸芸術工科大(神戸市西区)などと連携し、自転車の反射シールを新たに商品化した。30日から東急ハンズ三宮店(同市中央区)で販売開始。市内の自転車販売店2カ所でも順次販売する予定。 県警は平成28年4月、同大や衣料品メーカーなど計10団体と連携し「産・学・官反射材用品開発プロジェクト」を発足。暗闇で光るトートバッグやつえなど17点の試作品の中から、反射材メーカー「丸仁」(福井市)によってシールが商品化されることとなった。 シールの大きさは縦12・5センチ、横23センチ。さまざまな型を組み合わせることでアルファベットや顔文字などもデザインできる。 県警によると、昨年に夜間の事故で死亡した歩行者は33人で、ほぼ全員が反射材を使用していなかった。県警交通企画課の野上和志次席は「自分の身を守るため、カバンや帽子などあらゆる持ち物に付けてほしい」と話している。

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more