バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 元気カレーレストラン

かわいそうな子供たちの心、お腹を満たすカレーショップのお客様

かわいそうな子供たちの心、お腹を満たすカレーショップのお客様

  ここ四条町の元気カレー店の壁には、映画のチケットのような約30枚の紙が貼られています。 論文は「みらい(未来)チケット」として知られています。 彼らはレストランマネージャーの斉藤茂とその友人たちの発案によるもので、彼らは貧困に苦しんでいる子供たちを助けて「活力」を得るためのカレーを無料で提供することにしました。 彼が外国語を学ぶのに十分なお金がないことを嘆いている小学生の男の子を聞いたとき、斎藤は社会における貧困について考えました。 「私は匿名で示された優しさが誰かの将来を助けることにつながることを願って、私はサービスを始めました」と、Saitoは言いました、48。 みらいチケットは、昼食を買う余裕がない個人を助けたいと願っている慈善団体を意識した顧客によって寄付されます。自分で請求するときに追加の200円を渡すと、顧客はみらいチケットを壁に貼ることができます。 独自のシステムにより、控えめだが善意のある人は、食事代を支払うことで困っている人を治療することができます。 ashi原出身の斎藤さんも奈良県に英語学校を運営しています。 約5年前、斎藤は英語を話さない授業を無料で提供し、「私の家族にはお金がないので英語を学ぶことができる人たちが羨ましい」とuring partした小学生男子の話を聞きました。 その頃、子供やお年寄りの貧困問題がメディアで報道され始めました。 「私は社会の中で予算の限られた人々に貢献するために何かをすることができますか?」斎藤は、大阪に住んでいて介護施設を管理している彼の友人、井上勝則さん(49)に尋ねました。 二人は非常に安価な価格でカレーとライスを提供するためにレストランを開くという考えにぶつかりました。 斎藤と井上は、「必要な人がまず自分の食べ物を食べることができるようにするための場所」を作ることが重要だと信じるようになりました。 この考えに基づいて、2017年に井上は大阪の北区にある西天満三丁目地区に初の元気カレーショップをオープンしました。 カレー皿の価格は、大人用で200円、中学生以下の子供用でそれぞれ100円に設定されています。 昨年6月、斎藤は元気カレーのhara原店の営業を開始しました。 開店直後、斉藤氏は顧客から「カレー1皿に200円払うのは安すぎる」、「自分たちの変化に貢献したい」との意見を受けました。 そのような顧客に触発されて、Saitoは彼の店を訪れる人々がチケットの形で寄付をすることを可能にするという考えを得ました。 ...

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more