Tag: 事故

日本は、空中墜落後に行方不明の5人の米海兵隊の捜索を終える

日本は、空中墜落後に行方不明の5人の米海兵隊の捜索を終える

  日本は、戦闘機と給油機を含む空中衝突が疑われた後に行方不明になった米海兵5人の捜索を終えた。 米国海兵隊員は、FA-18ホーネット戦闘機とKC-130ヘラクレスタンカー機が衝突して西日本の鯉知県から約200マイル離れた太平洋に衝突してから約一週間後、 米海兵隊海兵隊空挺補給輸送中隊の中佐であるミッチェル・モーリー中佐は、「われわれは海兵隊の徹底的な探査ですべての資源が枯渇した後、この難しい決定がなされたことを知っている」と述べた。 「私たちの考えは重く、私たちの祈りは、5人の乗組員すべての家族と友人と一緒にいる」 日本の海上自衛隊は事故直後に戦闘機​​から2人の兵士を救助したが、その後1人は死亡した。唯一の生存者は安定した状態であると報告されている。 国防部は、爆弾テロに遭った残りの人たちの捜索を呼び掛けようとしていたことを明らかにした。 米軍はこの事故をクラスA事件と評している。これはその種の中で最も深刻な事件である。 この飛行機は、先週水曜日午前2時ごろ、広島西部の岩国の飛行場から離陸し、「事故」が発生したときに定期的に訓練を行っていた。 共同通信によると、衝突が発生したときに、長距離飛行に使用される難しい操縦である夜間空中給油訓練に航空隊員が参加した可能性があるという報道があった。 近年、他の重大な事故にも関わっている日本人や日本に拠点を置かれた米国人がいる。 11月、USSのロナルド・レーガン(Ronald Reagan)航空母艦の米海軍の戦闘機が、日本の南部沖縄の島(約5万人の米軍駐屯地)に墜落した。その2人の乗組員が生きて救助されました。 10月には、フィリピン海での離陸の直後、MH-60シーホーク・ヘリコプターがロナルド・レーガンの飛行甲板に衝突し、数十人の船員が負傷した。 米軍はまた、いくつかの緊急着陸、致命的な墜落事故、日本の学校の敷地内に落ちるチョッパーの破片などで、米国や他の国々のOspreyヘリコプターで問題を抱えています。

日本の航空機衝突後に1人の海兵隊員と5人がまだ行方不明

日本の航空機衝突後に1人の海兵隊員と5人がまだ行方不明

  2人のアメリカの航空機が日本の海岸に衝突して墜落した後、米海兵1人が死亡し、5人が行方不明となったという。 海兵隊は七つの海兵隊が救助され、公正な状態にあったと声明で述べている。 午前2時ごろに発生した事故。 木曜日、日本海沿岸から約200マイル離れた場所で、空中給油が可能なターボプロップ機のKC-130 Herculesと戦闘機のF / A-18 Hornetが参加した。 航空機は、日本の岩国基地の基地から離陸し、運動訓練を行っていたと海兵隊が言った。 「空中給油は訓練の一部であった」と、関係者は述べたが、「事故発生時に何が起きているのか」が調査中であった。 海上自衛隊と海上自衛隊が加盟した米第7艦隊の船舶と航空機は、海兵隊員の捜索を続けていた。 4月のミリタリータイムズの報道によると、米軍機の事故率は過去5年間で約40%上昇していた。海兵隊員と海軍のF / A-18ホーネッツとスーパー・ホーネッツのうち、その割合は倍増している、と同紙は述べた。 この事故は、アジアにおける米軍関係の最新シリーズである。昨年、海軍駆逐艦と東海岸の船舶コンテナの間で、7人の船員が衝突して編集された。ちょうど2ヵ月後、シンガポール近くの海軍駆逐艦とタンカーの衝突で10人の船員が死亡した。 見出しを越えて ニューヨークタイムズを購読する 海軍はエラーを決定し、回避された可能性があります。シンガポール近郊の衝突3カ月後、フィリピン海で航空機が墜落し、11人の乗組員と乗客のうち8人が救助された。 これは、海軍最大の海外である第7艦隊の2017年の第5事故であり、問​​題は2018年も続いた。ロナルド・レーガンに譲渡された2機の航空機が墜落し、11月にフィリピンの北東に救助隊ネイビーF ...

兵庫・阪神高速道で1人死亡、ポルシェがトラックに追突

兵庫・阪神高速道で1人死亡、ポルシェがトラックに追突

  25日、兵庫県尼崎市を通る阪神高速道路で、トラックが後ろからきたポルシェに追突されて横転し、トラックに乗っていた男性が死亡しました。 25日午後0時半ごろ、尼崎市南城内を通る阪神高速3号神戸線で、「トラックが横転している」と警察に通報がありました。 警察によりますと、大阪方面に向かって走っていたトラックが後続のポルシェに追突されて横転し、ポルシェも炎上したということです。 この事故で、トラックを運転していた会社員の手槌一郎さん(70)が頭などを強くうち、その場で死亡が確認されました。ポルシェを運転していた50歳の男性医師は、右足首を骨折するなどし、重傷とみられています。 警察は男性医師に話を聞くなどして、事故の原因を詳しく詳しく調べる方針です。(25日23:09)

乗用車4台が絡む衝突事故、4人死亡 青森

乗用車4台が絡む衝突事故、4人死亡 青森

  22日午前1時5分ごろ、青森県つがる市森田町下相野の国道101号で、乗用車など4台が絡む衝突事故があった。県警によると、男性2人、女性2人の4人が死亡、4人が負傷した。 県警によると、死亡したのは同県五所川原市、運転代行会社「アイ代行社」運転手山田春治さん(63)▽つがる市、飲食店従業員山田久美子さん(46)▽同県鰺ケ沢町、職業不詳広船淳さん(43)▽同町、職業不詳広船愛莉さん(30)で、全員が頭や胸などを強く打っていた。広船淳さんと広船愛莉さんは夫婦とみられるという。 県警などによると、山田春治さんは運転代行で山田久美子さんの車を運転しながら、自宅まで送る途中だったという。現場では2人が乗っていたとみられる軽乗用車が道路脇の田んぼに飛び出し、広船淳さんと愛莉さんが乗っていたとみられる軽乗用車が道路上で横転していた。事故には他に2台が絡み、乗っていた計4人が負傷した。 現場は片側1車線の見通しのよい直線道路で、事故発生時は雨で路面がぬれていた。県警が詳しい状況を調べている。

ツーリングのオートバイどうしが衝突 2人死傷 鳥取 大山

ツーリングのオートバイどうしが衝突 2人死傷 鳥取 大山

  26日午前、鳥取県の大山の中腹を通る道路で仲間とツーリングをしていたオートバイどうしが正面衝突して、56歳の男性が死亡し、48歳の男性が大けがをしました。 きょう午前8時ごろ、鳥取県伯耆町栃原の県道で対向してきたオートバイどうしが正面衝突しました。 警察によりますと、この事故で一方のオートバイの日野町の団体職員、筒井洋志さん(56)が胸を強く打って死亡しました。 もう一方の米子市の48歳の会社員の男性が、首の骨を折るなどの重傷です。 現場はツーリングコースとしても人気がある大山の中腹を通る道路の片側1車線のカーブです。 調べによりますと2人は、それぞれ仲間と一緒にツーリングをしていたということです。 警察は筒井さんのオートバイがセンターラインを超えて対抗車線にはみ出した可能性があると見て、事故の原因を調べています。

安全不感症が蔓延する韓国で、在韓邦人の安否を確認する訓練が行われた

安全不感症が蔓延する韓国で、在韓邦人の安否を確認する訓練が行われた

  <韓国では、セウォル号沈没事故以降、安全対策への関心が大きくなったが安全不感症ともいえる事態も。そんな中、在韓邦人の安否を確認する訓練が行われた> 韓国内で緊急事態が発生したときに備えて、在韓邦人の安否を確認する緊急連絡訓練が2018年6月19日に実施された。日本大使館が日本人会会員の携帯電話にメッセージを送り、受信者は「HELP、BUJI」のいずれかを返信する。 日本大使館によると対象者1504人に対して送達数1375通、返信は1038人で75.5%の返信率だった。 大阪北部地震でも注目された日本政府の対応 2018年6月18日に大阪北部で震度6を記録する地震が発生した際、韓国のマスコミは日本政府等の対応を大きく報道している。 中央日報は、日本社会は歯車のように組織的で一糸乱れぬ対応だったとして、NHKや民間放送が地震の発生直後に災害放送体制に入り、政府の対策室は地震発生からわずか2分後の8時に稼動。発生から1時間後の8時58分には安倍首相が対策を明らかにし、国土交通省も地震発生から1時間以内に被害状況や復旧目処をまとめたなど各機関の素早い対応を伝えている。 韓国南東部の慶州市で、2016年9月12日午後8時32分にマグニチュード5.8の地震が発生したとき、市民に注意を呼びかける緊急通報は発生から9分後だった。 国民安全処がSNSで注意を呼びかけたのも地震発生の50分後で、同処ホームページは2時間以上にわたってつながりにくい状況が続くなど、国民は不安の一夜を過ごした。正確な情報がなく、北朝鮮の核実験というデマすら流布している。 こうしたこともあり、日本での地震への対応に大きな関心があるのだろう。 ヒューマンエラーと政権崩壊 こうした安全への関心が大きくなったきっかけは、なんといっても2014年4月16日、仁川港から済州島に向かう大型旅客船セウォル号の沈没だ。修学旅行生250人を含む295人が死亡、9人が行方不明となった韓国史上最大の海難事故である。 不適切な改造に加えて、救命ボートの不備など安全対策は不十分で、船長はじめ乗組員の大半が早々に退避している。乗客への避難誘導は行われず、退避を促す船内アナウンスは船が傾いてから1時間半後だった。教育庁が事故発生の4時間半後に生徒と教員は全員無事と誤った発表を行うなど政府機関の対応も混乱を極めた。 事故を受けて、同年11月に朴前大統領は国民安全処を創設したが、慶州地震時の対応に、基本的な仕事さえできない無用の長物と批判され、朴前大統領ははじめて弾劾を受け罷免されるに至った。直接的には友人の国政介入と贈賄疑惑だが、セウォル号沈没事故の対応と安全対策への不信が根底にあった。 この国民安全処は文在寅(ムン・ジェイン)政権発足直後に解散している。 安全不感症が蔓延している? 何か事故が発生すると公共交通機関は安全対策を再確認するが、セウォル号沈没事故から間もない同年5月2日にも地下鉄事故が起きている。午後3時30分頃、ソウル地下鉄2号線の上往十里駅で蚕室駅方面に向かっていた列車が停車中の列車に追突したのだ。後続列車が脱線し、乗客238人が重軽傷を追った。アナウンスや避難誘導はなく、乗客約1000人が線路に降りて避難したという。 道路の陥没事故も多い。2014年7月にソウル近郊の議政府市で歩道が陥没し、歩いていた30代の女性が転落して病院に運ばれた。15年2月にはソウル龍山駅近くのバス停でバスから降りた乗客2名が突然陥没したシンクホールに落ちている。 相次ぐ道路の陥没事故で国土交通部とソウル市は点検を行っていたが、龍山は調査で見つかった41箇所の危険地域に含まれていなかった。 国民やマスコミは安全を政府に要求するが、防災訓練や予防対策に対して国民自身の意識はそう高くないとも言えそうだ。 ...

チョコ積んだタンクローリー横転、固まる ポーランド

チョコ積んだタンクローリー横転、固まる ポーランド

  ポーランド西部のポズナニ近郊の高速道路で9日、液状のチョコレートを運搬していたタンクローリーが横転し、流れ出た約12トンのチョコが道路上で固まる事態となった。独DPA通信などが報じた。 チョコの厚さは約5センチあり、上からみると、まるで巨大な板チョコのよう。地元の消防当局がお湯をかけて取り除いたが、地元メディアに「固まったチョコは雪よりもたちが悪い」。 除去作業のため、あたり一帯は数時間にわたって通行止めとなった。事故の原因は調査中で、運転手が軽いけがを負った。

吉野家に大型ダンプカー突っ込む、運転手を搬送 小田原

吉野家に大型ダンプカー突っ込む、運転手を搬送 小田原

  10日午前7時56分ごろ、神奈川県小田原市飯泉の「吉野家 小田原飯泉店」に大型ダンプカーが突っ込んだと、通行人から110番通報があった。小田原署によると、ダンプカーは前輪と運転席部分が店内に突っ込むかたちで止まり、運転手の男性(69)が搬送された。現場は交差点で、同署が原因を調べている。 事故当時、店内は開店準備中で、客はいなかった。開店準備をしていた男性店員1人にけがはなかったという。

きょうから春の全国交通安全運動 歩行者の事故防止重点

きょうから春の全国交通安全運動 歩行者の事故防止重点

  歩行者の事故防止などに重点的に取り組む春の全国交通安全運動が6日から始まります。 警察庁によりますと、ことしに入って4日までに交通事故で死亡した人は全国で880人と、去年の同じ時期より25人少なくなっています。 6日から今月15日まで行われる春の全国交通安全運動は、子どもと高齢者の事故防止を基本方針として、自転車の安全利用の推進や、すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの着用の徹底、それに、飲酒運転の根絶に重点的に取り組みます。 子どもの事故防止を進めるため、警察庁が歩行中の小学生が巻き込まれた過去5年の事故について分析したところ、1年生が7461人と6年生のおよそ3.5倍に上ったということです。 また、死亡した人数では1年生が32人と6年生の8倍となっていて、警察庁は小学校に入学して行動範囲が広がることや、低学年を中心に交通ルールが十分身につく前に、事故に巻き込まれてしまうことが背景にあるのではないかとしています。 6日から始まる運動期間中、全国の警察は通学路などの点検を強化するとともに、悪質な運転の取締りに力を入れることにしています。

夜間の歩行者事故防げ 産学官で反射シール開発 兵庫県警が神戸芸術工科大などと連携

夜間の歩行者事故防げ 産学官で反射シール開発 兵庫県警が神戸芸術工科大などと連携

  夜間に歩行者が巻き込まれる交通事故を防ごうと、兵庫県警は神戸芸術工科大(神戸市西区)などと連携し、自転車の反射シールを新たに商品化した。30日から東急ハンズ三宮店(同市中央区)で販売開始。市内の自転車販売店2カ所でも順次販売する予定。 県警は平成28年4月、同大や衣料品メーカーなど計10団体と連携し「産・学・官反射材用品開発プロジェクト」を発足。暗闇で光るトートバッグやつえなど17点の試作品の中から、反射材メーカー「丸仁」(福井市)によってシールが商品化されることとなった。 シールの大きさは縦12・5センチ、横23センチ。さまざまな型を組み合わせることでアルファベットや顔文字などもデザインできる。 県警によると、昨年に夜間の事故で死亡した歩行者は33人で、ほぼ全員が反射材を使用していなかった。県警交通企画課の野上和志次席は「自分の身を守るため、カバンや帽子などあらゆる持ち物に付けてほしい」と話している。

Page 1 of 2 1 2

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more