Tag: 中央銀行

阿部、ヤン、西氏の訪日予定について話し合う

2020年春以降、低価格を維持することはかなり可能である:黒田

  日本銀行総裁の黒田晴彦氏は金曜日、中央銀行が将来の経済状況と物価状況によっては、2020年春以降、金利を現在の最低水準に維持することはかなり可能であると述べた。 先月末の政策声明で、「少なくとも2020年春までは、現在の非常に低い水準の短期および長期金利を長期にわたって維持することを意図している」と述べた後、発言は来た。 「将来の動向次第では、現在の低金利がこの期間を超えても維持される可能性がかなりある」と日銀のチーフ・ジャパン会長はJiji Pressの加盟組織である日本研究所の会員限定イベントで発表した。 。 「当面の間、海外経済の減速の影響を受けながらも、日本経済は2021年度まで拡大傾向を続けると思われる」とも語った。 黒田首相は、過去6年間の企業の賃金水準の引き上げを一因として、日本人のデフレ意識が弱まっていることを指摘し、「現状について悲観的すぎる必要はない」と強調した。

なぜ日本の大規模な刺激がまだ十分ではない

なぜ日本の大規模な刺激がまだ十分ではない

日本銀行は立ち往生する危険性があります。 ゼロ金利と量的緩和のパイオニアは、どの主要中央銀行にとっても最も緩和的な金融政策をとっています。この世界的な景気減速の間に快適に位置づけられるのではなく、日銀はかなり不安を感じているに違いありません。 先発者であることにはほとんど利点がありません。他の人はあなたのトリックを学びます。たとえ、実質的に、あなたが長距離にわたってもっと多くのことをしたとしても、彼らは彼らがあなたよりも多くをしているように見え始めるかもしれません。あなたは物語のコントロールを失います。   それは金曜日の金利決定の前に日銀のトリッキーな状況を見るための一つの方法です。成長を鈍化させるための新たな対策を期待する人は誰もいません。多くのオブザーバーは、黒田知彦知事が今後数ヶ月以内に何かをすると予想してい  ます。 期待を管理することは、黒田の渋滞の鍵です。兄弟の中央銀行は、連邦準備制度理事会の「忍耐」の誓約によって、あるいは行動を起こして、欧州中央銀行による前向きなガイダンスの利用の拡大と銀行への余剰流動性の供給によって、緩和されてきました。  それが弱まる場面の中で何もしないならば、それは日銀をほとんどけちなように見せます。普通なら、それは笑えるでしょう。   確かに、中央銀行ができることがあります。黒田氏は先月、朝日新聞とのインタビューでそれらのいくつかを概説した。QEプログラムの一環として、金利の大幅なマイナス化、10年物債券利回りの目標の引き下げ、または資産の購入の増加を繰り返しています。  日本銀行が遠近感を覚えていれば、その活動の一部を正常化したいという考えは、もっともっと大きな広がりを見せるでしょう。時々、役人はそれらを軽減することに関して地方銀行と美術館によって被られた問題にうなずきます。で  名古屋でのスピーチ昨年末、黒田は日本の政策の新時代について話しました。さらなる緩和は彼が考えていたものではありませんでした。  政策の変化を強調するためには、見通しを大幅に引き下げる必要があります。政府が今年少なくとも消費税を引き上げることに、少なくとも修辞学的にまだコミットしているとすれば、それは政治的に不愉快です。安倍晋三首相は、それを棚上げするにはリーマンのようなショックが必要だと述べている。(私はここ  で彼はとにかく延期すべきだと主張した。) さらに緩和すれば、増税は延期され、財政の引き締めが緩和されるはずであると、バンクオブアメリカ・メリルリンチの日本経済学者、イズミ・デヴァリエはメモで書いている。「日銀/黒田知事が、この呼びかけを政府に先んじて行うのは快適だとは思わない。」 多くのことをした、黒田が後ろ足で自分自身を見つけることができることにどれほど混乱します。日本が外国為替市場で恒常的な仲介者であった当時の財務省の通貨のボスとして、黒田氏はポジショニング、包装、そして認識が成功のためにどれほど重要かを知っています。彼はまた驚きの価値を知っており、2013年に日銀の実権を握って以来、いくつかの大きなものを引っ張ってきました。 彼はここで快適にはなれない。何も起こらないと思われる会議にとって、それは非常に興味深いものです。

アルゼンチン、緊急利上げで政策金利40%に

アルゼンチン、緊急利上げで政策金利40%に

  【サンパウロ】アルゼンチンの中央銀行は4日、政策金利を6.75%引き上げ、年40%にすると発表した。この8日間で3度目となる利上げで、金利の引き上げ幅は計12.75%に達する。米長期金利の上昇で新興国からの資本流出が始まる中、アルゼンチンの通貨ペソはドルに対して急落しており、通貨防衛のために緊急利上げを余儀なくされた。 中銀は4月27日の3%の利上げに続き、5月3日にも緊急措置として再度3%の利上げを実施したばかりだった。米長期金利が一時3%台に上昇する中、世界的に新興国通貨は対ドルで売り込まれており、財政基盤が脆弱なアルゼンチンは年初から約2割下落していた。アルゼンチン中銀は為替介入で対抗していたが、効果は乏しく、緊急措置として大幅な利上げに踏み切った。 歴史的にアルゼンチン国民はインフレに敏感なため、ペソが下落すると資産をドルに退避させる動きが発生し、さらなる通貨安を引き起こすとされる。 今回の利上げを受け、4日の外国為替市場では1ドル=21ペソ台と、利上げ前の22ペソ台から小反発している。 2015年に左派政権からの政権交代で誕生したマクリ政権はインフレ対策を主要課題に掲げていたが、足元の通貨安は逆風となる。マクリ政権の下で海外からの投資や貿易環境が改善していただけに、通貨安とインフレはアルゼンチン経済にとっても新たな試練となりそうだ。

Translate

Popular Post

【ラグビーW杯】 オーストラリア、4トライでジョージア下す ボーナスP獲得 

  ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は11日、小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県袋井市)で1次リーグD組の試合があり、すでに決勝トーナメント進出を決めているオーストラリア(世界6位)が27-8でジョージア(同13位)を破った。 前回準優勝のオーストラリアは、準々決勝での対戦カードを少しでも有利にするため、ボーナスポイントを奪っての勝利を狙った。 一方、1次リーグ敗退が決まっていたジョージアにとっては、勝利すれば次回大会の出場権が確保できる重要な一戦だった。 ずば抜けた強さと速さ、そして攻撃力を誇るオーストラリアに、重量級のフォワードを擁するジョージアがいかに対抗するかに注目が集まった。 重量級の肉弾戦 序盤は、重量級のボクサーがぶつかりあうような展開になった。 オーストラリアは本来、キックを活用しながら、ボールを積極的に動かしていくプレースタイルを身上とする だがこの日は、短いパスをつなぎながら何度も縦方向に突破を試みるという、きわめてオーソドックスで古典的なスタイルで戦った。 一方、ジョージアは選手同士の間隔が広がらないように注意しながら、ディフェンスラインをしっかりキープ。突破されかかった際には、時にはダブルチーム(二人がかり)で強烈なタックルを見舞い、相手を止めた。 結果、プレーのテンポ自体は速くないにせよ、見応えのある肉弾戦が続いた。 20分過ぎに初得点 このような状況の中、前半14分過ぎから試合が動き始めた。 オースラリアは敵陣のゴールライン間際で得たラインアウトから、密集を作っては縦方向への突破を試みる攻撃を10回以上も繰り返した。 ジョージアはこれをしのぎ切ったが、オーストラリアは前半21分過ぎから、再び波状攻撃を仕掛けた。 最後はゴールライン間際のラックからボールを拾い上げたSHニック・ホワイトが、潜り込むようにしてゴール右に頭から飛び込み、初トライが生まれた。 SOマット・トゥームアはコンバージョンキックを成功させ、オーストラリアが7-0とリードした。 [caption id="" align="aligncenter"...

Read more