バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: 中国人

貿易の上昇がかむように日本の工場気分は2016年以来の最も弱い打撃を与え

貿易の上昇がかむように日本の工場気分は2016年以来の最も弱い打撃を与え

世界的な貿易摩擦が、アベノミクスによる戦後の過去最高の成長サイクルが終わったのではないかとの懸念から、ロイターの調査によると、日本のメーカー間の信頼は3月2年半で最も弱かった。 日銀(日銀)が注目する短観の四半期調査を追跡している毎月の世論調査では、サービス部門のセンチメントは堅調に推移しているものの、内需が貿易戦争などの外的リスクを相殺する可能性は低いそして中国の減速。 Reuters Tankanによると、製造業とサービス業の両方の士気は今後3ヶ月間でわずかに上昇すると見込まれ、世界第3位の経済大国に向けての険しい道が強調されている。 中央銀行は4月1日に予定されている公式の短観の結果を綿密に読んで、来月の政策会議で心理と資本支出の強さに関する手がかりを発表する。 日本銀行は先週の政策見直しにパットし、経済は緩やかな成長を見せていると述べたが、海外からの逆風の増加により輸出と生産に対する見方を打ち切った。 ヨーロッパと中国での成長の鈍化、中米貿易戦争と英国の欧州連合からの脱退を取り巻く不透明感は、世界中の企業に負担をかけています。 米国のドナルド・トランプ大統領と中国の西ジンピン大統領は、日中貿易戦争で停戦を迎えようとしているように見えますが、日本の輸出部門は世界の2大経済間の貿易摩擦からの影響を受けやすいままです。 3月4日から15日にかけての匿名性を条件に250社が完成した479社の大中堅企業に対するロイターの調査でも、経営者は利益を圧迫する原材料のコストについて不満を述べた。 消費支出が低調なため、そのような費用を倹約している顧客に引き渡すことは困難になっている、と彼らは調査で書いている。 「我々の顧客は、米中貿易戦争による設備投資に警戒を向けており、保護主義と新興国での政治不安を広めている」と、機械メーカーの管理者はこの調査で書いている。 製造業のロイター・短観指数は3月に10ポイントと3ポイント下落し、電子機器、精密機器、鋼鉄および非鉄金属の輸出業者は特に暗いと感じた。 製造業指数は3ヶ月前から13ポイント下落し、日銀の短観も同様に急激に低下する可能性があることを示しています。ロイター通信短観は、6月に11になると予想されている。 サービス部門指数は、前月比で3月の22で安定していたが、3ヵ月前に見られた31から低下した。これは、四半期ごとに信頼を測定する公式短観で同部門の下落の可能性が高いことを示す。 サービス業指数は6月に23まで上昇すると見られている。 12月に行われた日銀の最後の短観では、3ヵ月前から景況感は安定していましたが、中国の貿易戦争と景気減速の中、景気は悪化していました。 ロイター短観指数は、楽観的な回答から悲観的な回答の割合を差し引くことによって計算されます。ポジティブな数字は楽観主義者が悲観主義者よりも多いことを意味します。

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more