バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: ワールドカップ

【女子W杯】 アメリカが4回目の優勝 ラピーノが得点王とMVP

【女子W杯】 アメリカが4回目の優勝 ラピーノが得点王とMVP

  アメリカは3大会連 続で決勝に進出。2011年ドイツ大会で は日本に敗れたが、2015年カナダ大 会で栄冠を手にした。2大会 連続優勝は、2007年中国大会 でドイツが 達成して以来。 アメリカは1991年中国大会、1999年アメリカ大会 でも優勝 している。 PKで先制 前半からアメ リカ が攻 勢に出てシュートを4回放ったが、オランダ GKサリ・ファン・フェー ネンダールが そのたび 好セーブを見せ、両チーム無得点 ...

女子サッカーの同性愛者、なぜ男子より多い?

女子サッカーの同性愛者、なぜ男子より多い?

  この差は何を物語るのか。 LGBT(性的少数者)問題に 詳しい スポーツ ニュースサ イト「アウ トスポー ツ」は、同性 愛者だと 表明している運動 選手の 人数を 調べ ている。 その調 査に よると、24カ国の 計552選手 が出場してい ...

日本のワールドカップは「商業的成功になるだろう」

日本のワールドカップは「商業的成功になるだろう」

World RugbyのCEOであるBrett Gosperは、過去数年間の組織上の問題にもかかわらず、日本でのRugby World Cup 2019が最も成功すると確信しています。   日本は10年前にこのイベントの主催権を授与され、ゴスパーはリードタイムが長すぎることを認めました。日本はまた、2020年の東京オリンピックを主催する予定であり、当初は世界的なマルチスポーツショーピースがラグビーワールドカップを奪う可能性があることが懸念されていました。 ゴスパー氏はモナコで開催されたLaureus World Sports AwardsのBusiness Dayに、「途中で計画に障害があり、時にはいくつか問題があり、組織委員会に圧力をかけなければならなかった」と述べました。 「彼らは応答し、順調に進んでいます。日本が10年前に主催権を授与されたので、これはまたワールドカップへの最も長い積み重ねでした、そしてそれはほとんど長すぎます。理想的には、約6年間のワールドカップへのリードアップが必要です。 「初めのうちは、トーナメントは東京オリンピックの前の年であり、マーケティングとサポートの観点からは少しでも欠けているかもしれないと心配していました。 「しかし、実際には2020年の東京と非常によく一致しています。利用可能な180万枚のチケットに対して、500万枚近くのチケット要求がありました。 「私たちはシドニーやロンドンで行ったように、一般的にオリンピックに従うことを好むが、これはオリンピックが生み出す一般的な勢いの中にいることによってもうまくいった。」 ゴスパーはまた、2011年と2015年にニュージーランドとイングランドで行われた最後の2つのトーナメントで優勝したことから、この分野ではオールブラックスはそれだけでは勝ち抜けないかもしれないと予測しました。 「ラグビーにとって大きな年になりました。そして、これまでのところ、すでに6カ国の試合に出場しています」とゴスパーは語った。 「2019年には勝者を選ぶのは難しいでしょう。オールブラックスは今でもお気に入りとして参加するでしょう。しかし、もっと多くのチームが蹴りを出しています。」 ラグビーが世界中のエリートスポーツの中での場所のために戦うように、成功したワールドカップのステージングは​​ゲームの発展にとって非常に重要です。 ...

日本代表、ワールドカップ予選でウォームアップ

日本代表、ワールドカップ予選でウォームアップ

  Springboksは、彼らのワールドカップ準備の一環として、2019年9月6日金曜日に日本で日本に対してテストを行う。 Rapportの新聞によると、この試合は今週初めにSA Rugbyによって確認された。 9月21日、横浜のオールブラックスとの最初のプール試合に備えるため、試合後にボクは日本に滞在する。 2つのチームは、ブリティッシュ・コロンビア州ブライトンで行われた2015年のワールドカップで、日本がブッシュ34-32に衝撃を与えたときに初めて会っただけです。 Springboks '2019テスト: ラグビー選手権 7月20日 - オーストラリア、エリスパーク、ヨハネスブルグ 7月27日 - ニュージーランド、ウエストパックスタジアム、ウェリントン 8月10日 - アルゼンチン、開催地TBC 試合試合(ラグビー選手権の一部ではない) 8月17日:アルゼンチン、Loftus ...

日本は2019年までに最も儲かるワールドカップ

日本は2019年までに最も儲かるワールドカップ

  ブレット・ゴスパーは、日本の2019年が最も有利なワールドカップであり、おそらく最も競争力があると考えている。 トーナメントの第9版は、利用可能なチケットが最大770,000枚減っているにもかかわらず、イングランド2015が設定した£345millionの収益を約5%上回る過去の記録を破ることになります。 最後のワールドカップの経済的インパクトは23億ポンドで計算され、ワー​​ルドラグビーのゴスパー最高経営責任者(CEO)は、数字も上回ると考えている。 Gosperは、「われわれは経済的インパクトについて研究し、最後のワールドカップでイングランドが達成した以上のものだった」と、GosperはPress Association Sportに語った。 「我々はそれがまだ最もインパクトの強いワールドカップであることを期待している。ソーシャルメディアのプレゼンスは2015年を追い越し、商業収入も追い越されます。 「約4年前、収益は20%から25%減少すると予測しましたが、今は2015年の商業収益を5%ほど上回ることになります。 「イングランドのチケット売り上げは247万枚」が最大のままだが、それ以外の基準ではこれは記録的なワールドカップになるだろう。 「日本2019は今までの中で最もインパクトの強いワールドカップとなり、アジアや世界のラグビーのゲームチェンジャーになるだろう」 ピッチでは、Gosperは激しい秋から、世界チャンピオンのニュージーランドがアイルランドに追いつめられ、イングランドにほとんど敗北したことから勇気づけている。 世界ランキングの上位4チームのうち3チームは欧州からのもので、その半球が軸をずらして配置されており、来年には6チームがWebb Ellis Cupを持ち上げることができます。 Gosperは、「我々は常に最も競争力のあるワールドカップを可能にするよう努めており、それはまた、ティア1とティア2カ国間のギャップを埋めることを意味する」と語った。 「テーブルの上部には、以前はオールブラックスの周りに無敵感があったが、今では可能な限り挑戦者としてフレームに入る多数の候補者がいるようだ。 「それは非常に興味深いものになるだろう - 多分最も競争力のあるワールドカップと同様に最も商業的に成功するだろう。 ...

ワールドカップの決勝戦で乱入した男女は、あの有名なグループだった

ワールドカップの決勝戦で乱入した男女は、あの有名なグループだった

  サッカー・ワールドカップロシア大会の決勝が7月15日モスクワであり、試合中に4人の男女がピッチに乱入する騒ぎが起きた。 4人はロシアの反政権の活動団体「プッシー・ライオット」のメンバーとみられる。政治犯の釈放などをロシア政府に訴えるために実行した、と団体は主張している。 フランスがクロアチアに対し、2−1とリードしていた決勝戦の後半7分。突如、警察官の格好をした女性3人と男性1人がピッチに侵入。4人は走り回ったり、選手らとタッチをしたりするしたが、すぐに取り押さえられ、コートから出された。 その直後、ロシアのプーチン大統領に反対する活動で知られるグループ「プッシー・ライオット」がTwitterとFacebookで「犯行声明」を発表。メンバー4人が乱入したことを認めた上で、政治犯の釈放や、集会などでの不当逮捕や事件のでっち上げなどを止めるよう訴えるためだったという。 https://twitter.com/pussyrrriot/status/1018535251264638976 https://twitter.com/5liveSport/status/1018533549450854400 警察官の衣装を着たことについては、ソ連時代の詩人ドミトリー・プリゴフの命日が7月16日だったことにちなんだという。 プリゴフは、警察官を持ち上げることで暗に腐敗した警察官や権力を批判した詩をつくっており、プッシー・ライオットもそれになぞらえて、プーチン政権を批判しようとしたとみられる。 決勝戦はプーチン大統領も試合を観戦していた。 プッシー・ライオットは2012年3月、ロシア正教会がプーチン大統領と「癒着」しているとして、モスクワにあるロシア正教会の大聖堂に目出し帽姿で侵入し、ゲリラ演奏を実行。その模様を撮影した動画を公開して抗議した。 だが、捜査当局は実行メンバー3人を「フーリガン行為」で逮捕した。これに対し、西側諸国は「逮捕は不当だ」などと一斉に抗議した。

ワールドカップ予想、AIとデータを超えた松木 クロアチア躍進を的中?

ワールドカップ予想、AIとデータを超えた松木 クロアチア躍進を的中?

  ワールドカップ決勝、フランスークロアチア戦が7月15日深夜にある。開幕前の予想では、あくまでダークホースに過ぎなかったクロアチア躍進はサプライズが続いた今大会を象徴するものだろう。 AIやデータが予想できなかった躍進を的中させた解説者がいた。「居酒屋解説」でおなじみ、松木安太郎さんだ。 週刊ダイヤモンド2017年12月30日・2018年1月6日新年合併号に掲載された予想によると、松木さんは今大会の優勝国を大胆にもクロアチアと予想した。 ワールドカップ開幕前の予想では、多くの識者のみならず、データ分析でもクロアチアの名前は上がっていなかった。 AIはブラジルを予想 ゴールドマンサックスのAIが叩き出した優勝確率はサッカー王国・ブラジルが18・5%とトップで、フランス、ドイツ、ポルトガルと妥当な予想が続く。 クロアチアの優勝確率はなんと0・6%。日本が0・4%だから、躍進はほぼないと判断されていたことがわかる。 データはドイツ ロイター通信が配信した「サッカーノミクス」に関するコラムによると、優勝はドイツ。コラムは選手の金銭的な価値、国民の応援度、選手層......様々な数字を計算した結果だと強調する。 7月15日にモスクワで行われる決勝戦では、ドイツとブラジルが対戦することになる。ドイツが連覇するなら、50年以上ぶりの快挙だ。けがや天候、審判のジャッジや運といったすべてが結果に影響し得る。だが計算が合うならば、ドイツはW杯連覇を決めるだろう。 ドイツは予選で敗退し、ブラジルは8強止まりだったことをあらためて指摘しておきたい。 ちなみに、この予想ではクロアチアはベスト16に止まる。 松木はクロアチア こうした予想が次々と覆されるなか、クロアチア躍進を的中させたのが松木予想だ。 ダイヤモンド誌によると、松木さんは「今大会の台風の目になりそうなのが、機動性に優れるモドリッチ(レアル・マドリード)が代表的なクロアチア。他にも好選手のそろう実力国だ」と高く評価。波乱が起こる可能性にも言及していた。 モドリッチとバルセロナで活躍するラキティッチがチームの心臓となり、ピッチで展開される魅力溢れる攻撃サッカー、最後まで勝利をあきらめずに走るクロアチアに世界が魅了されている。 フランスの決勝進出は妥当であり、コンディション的にも、選手層をみても有利は揺るぎそうもない。これはクロアチアがチャレンジャーとして臨むことができることを意味する。 波乱含みの今大会はどう終わるのか。最後まで目が離せない展開になりそうだ。

ベルギー4強入り、2―1でブラジルを破る W杯

ベルギー4強入り、2―1でブラジルを破る W杯

  サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、決勝トーナメント準々決勝のブラジル―ベルギーがカザンであり、ベルギーが2―1でブラジルを破った。 ベルギーは過去最高の4位になった1986年メキシコ大会以来となる4強入り。準決勝でフランスと戦う。 ブラジルは地元開催だった前回2014年大会に続いての4強入りはならなかった。

Page 1 of 3 1 2 3

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more