バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: プラスチック廃棄物

2020大会メダル表彰台用のプラスチック廃棄物

2020大会メダル表彰台用のプラスチック廃棄物

  来年の東京オリンピックとパラリンピックの主催者は、メダルセレモニー表彰台をプラスチック廃棄物で作ることを計画していると言います。 組織委員会は火曜日に環境に優しい計画を発表しました。 委員会は、洗剤容器のような捨てられた家庭用プラスチックと、海から回収されたプラスチック廃棄物の使用を検討しています。 その計画は約100の表彰台を作ることを求めています。それは約45トンのプラスチックを必要とします、そしてそれはアルミニウムで強化されるかもしれません。 委員会は、国際オリンピック委員会のスポンサーでもある大手消費財会社であるP&Gを含む団体と協力して、廃棄物を集めて表彰台を製造します。 プラスチック廃棄物の削減は、環境汚染に対する国際的な取り組みの中心的な柱の1つです。 先月、日本政府はプラスチックのリサイクル戦略を発表しました。それはスーパーマーケット、コンビニエンスストアおよび他の小売業者に顧客への無料のビニール袋の提供をやめるように要求する方針を含んでいます。 世界の海洋におけるプラスチック廃棄物の量を減らすことは、今月後半に大阪で開催されるG20サミットで議題になるでしょう。

坂道を転がしたミニバスの運転手には有効な免許がありませんでした

中国へのプラスチック廃棄物の出荷は急激に落ち込む

  プラスチック廃棄物の世界2大輸出国である米国と日本は、中国がその材料の受け入れをやめた後の廃棄問題に苦しんでいます。 米国のリサイクル業界団体は、過去10年間で米国がプラスチック廃棄物の最大の輸出国であり、このタイプのゴミの30〜40パーセントが中国に出荷されたと言います。 しかし、昨年1月、北京はプラスチック廃棄物の輸入を禁止し、環境汚染の問題を挙げました。 米国からの廃プラスチックの出荷量は昨年107万トンで、前年同期比で36%減少した。中国への原材料の輸出は90%近く減少し、全体の5%にすぎませんでした。 状況は日本でも同じです。日本貿易振興機構によると、同国は2017年に140万トンのプラスチック廃棄物を出荷し、その半分以上が中国に輸出されました。 しかし、その量は昨年100万トンに減少し、たった5%が中国に出荷されました。 これは、より多くの廃プラスチックが東南アジアに送られていることを意味します。しかし、タイとマレーシアもそのような廃棄物の輸入を制限しています。 米国と日本の多くの地方自治体は大量のプラスチックゴミで悩まされています。 金曜日に、リサイクルが困難なプラスチック廃棄物の出荷をより厳しく規制するための新しい国際規則が採用されたため、状況はさらに悪化する可能性があります。

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more