Tag: ハイヒール

労働大臣、ハイヒールの女性服装規定の禁止に反対

労働大臣、ハイヒールの女性服装規定の禁止に反対

  労働大臣は水曜日、女性が職場でハイヒールを着用することを強制する服装規定を禁止する動機を支持しないと述べた。 「ハイヒールを身につけることが職場で必要かつ合理的であることは社会によって一般的に認められている」と根本拓己厚生大臣は国会の委員会セッションで述べた。 ジェンダーに基づく職場での差別に反対する団体が月曜日に労働省に18,800の署名をした請願を提出した後、政府は女性に職場でのハイヒールの着用を義務付けることを禁止するよう求めた。 このグループは#KuToo運動の一部です。「#MeToo」のアマルガムと、靴、クツ、痛み、クツの日本語の単語です。 野本氏は、野党の憲法制定民主党党員である女性にハイヒールの着用を強制することは「時代遅れ」だと述べた大辻かなこ氏に答えていた。 大辻氏は、女性にのみ適用される服装規定は嫌がらせに相当すると強調したが、根本氏は「傷ついた労働者が(ハイヒールを着用する)強制されると権力の濫用になる」と述べた。 これとは対照的に、根本の上席副大臣である高貝恵美子は、女性がハイヒールを着用することを強制されるべきではないと同じセッション中に彼女は言った。

「サンダルで運転したら罰金6千円とられた」ドライバーはご用心、意外なNGシューズ

「サンダルで運転したら罰金6千円とられた」ドライバーはご用心、意外なNGシューズ

  GWも明け、これから夏に向け、気温はどんどん上がっていきます。気持ち装いも軽くなってきますが、車を運転する人は足元にご注意を。 「ハイヒールやかかとのないサンダル(ビーチサンダル)、厚底のサンダル、和装の際に使用する下駄などで運転するのは、違反だと考えられます」と話すのは、交通問題にくわしい西村裕一弁護士です。 実は運転するとき、履いてはいけないものが法律で決まっているそうです。 ●動きやすさが大事 運転用のシューズを置いておくと安心 「運転する際に使用すべき靴については、道路交通法には明確な規定はなく、各都道府県が作成している道路交通施行細則に定められています」(西村弁護士) たとえば、東京都道路交通規則を見てみると「木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く)を運転しないこと」(8条2号)との規定がありました。 木製サンダル(旅館や温泉などでよくみかけるサンダル)と下駄は明確にアウトと言えそうですが、「等」に何が該当するかは解釈次第です。 この点について、西村弁護士はハイヒールや、かかとのないサンダル(ビーチサンダル、ミュール)は違反とされる可能性が高いと指摘。 「ハイヒールは、アクセルやブレーキ操作の際にヒール部分が邪魔をしてしまうことが考えられますし、かかとのないサンダルは、足が固定されていないために、とっさのときにサンダルと足が離れてしまう可能性があるためです」 人気の「クロックス」など、かかとが固定できるサンダルはどうでしょう。 「クロックスなど、ストラップのついたサンダルであれば、足が固定されるため上記の靴よりは違反の可能性が低いと考えられます。ただし、モデルによっても判断が分かれるため、一概にはいえないのが実情です。 一方、厚底サンダルなど高さがある靴は、その高さによってはブレーキ操作に支障を来たすと判断される可能性があります」 ●違反すると反則金 通常は事故などとセットで問題になる 違反した場合、普通車では6000円の反則金を取られるそうです。運転手の靴は車の外からは見えませんから、交通事故やスピード違反などと一緒に問題が発覚することが一般的だといいます。 「交通事故を起こした際は、道路交通法70条違反となる可能性が高く、被害者がケガした場合は、自動車運転致傷罪に問われてしまいます」 なお、警視庁によると、「警察官が該当する履物を履いて、乗車しようとしたところを発見した場合は、指導や警告を行う」そうです。

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more