Tag: ニュージーランド

【ラグビーW杯】 ニュージーランドが3位に ウェールズを6トライで倒す

【ラグビーW杯】 ニュージーランドが3位に ウェールズを6トライで倒す

  ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、東京スタジアム(東京都調布市)で3位決定戦があり、ニュージーランド(世界3位)が6トライを奪って40-17でウェールズ(同4位)を突き放して勝利した。 この敗戦を最後に、ウェールズのウォーレン・ガトランド監督は、代表チームでの12年間に幕を下ろした。一方、ニュージーランドのスティーヴ・ハンセン監督は3位を確保し、勝利でオールブラックス(ニュージーランド代表の愛称)に別れを告げた。 ニュージーランドはWTBベン・スミスが2トライを挙げたほか、PRジョウ・ムーディー、FBボウデン・バレット、CTBライアン・クロティ、SOリッチー・モウンガもトライラインを越えた。ウェールズはFBハラム・エイモスとWTBジョシュ・アダムズがトライを奪った。 連勝(と連敗)止まらず ニュージーランドは相手を上回る容赦のないプレーを披露した。ウェールズは地域獲得率、ボール保持率ともに61パーセントという優位を生かせなかった。ウェールズのディフェンスコーチ、ショーン・エドワーズは30以上のミスタックルがあったことを不満に思うだろう。 ウェールズは2011年大会に続いて4位で大会を終え、1987年大会の3位が過去最高成績となっている。ウェールズのオールブラックス戦連敗は66年間続いている。 これでオールブラックスはウェールズに対して31連勝となった。 感傷的な試合 ウェールズ、ニュージーランドともに決勝を戦いたかったところだが、準決勝でそれぞれ南アフリカとイングランドに敗れたことで彼らの夢は潰えた。このため、東京スタジアムでの試合は、3位のメダルを争う戦いよりも去りゆく人への感傷が多くを占める一戦になった。 ニュージーランドのハンセン監督(左)とウェールズのガトランド監督 ウェールズのガトランド監督は12年間務めたポジションを、この試合を最後に退任する。任期中、シックスネイションズ(欧州6代表対抗戦)で2度のグランドスラム(全勝優勝)を含む4度の優勝と、W杯で2回の準決勝進出に導いた。 一方、ハンセン監督はニュージーランドが優勝した2011年W杯の後、グラハム・ヘンリー監督の後を継いでアシスタントコーチから昇格。4年後の大会でオールブラックスを連覇に導いた。 続出した負傷選手 中5日の試合となったウェールズは、31人の選手中出場可能は26人だけで、敗れた南アフリカ戦から9人を入れ替えた。 そのうち何人かの入れ替えは負傷によるもので、ジョージ・ノース、リー・ハーフペニー、アーロン・ウェインライト、トーマス・フランシスがリアム・ウィリアムズ、ジョシュ・ナヴィディ、コーリー・ヒルとともに欠場した。 ...

【美土路の見どころ】 意表つく「ハカ」への向き合い方 3位決定戦ではいかに

【美土路の見どころ】 意表つく「ハカ」への向き合い方 3位決定戦ではいかに

  ニュージーランド代表と対戦するチームがまず直面するのが、伝統的な踊り「ハカ」だ。今大会はこれまでにない向き合い方もみられ、ハカをめぐる議論が起きている。 開催国日本のファンが自国以外の国歌も覚えて歌うという新しい応援スタイルが話題を呼んだラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は、1880年代からオールブラックス(ニュージーランド代表の愛称)が試合前に行ってきたハカという伝統の在り方について改めて考えるきっかけにもなった。 準決勝で選手がV字形を作ってハカに対抗したイングランドは、国際統括団体のワールドラグビーから罰金を科せられた。 字に隊形を組んだイングランドは、何人かの選手がハーフウェイラインを越えていた これは、ハカのような文化的挑戦を受けるチームはハーフウェイラインを越えてはいけないという大会規則に一部の選手が反したことに対する処分。2011年W杯決勝でハーフウェイラインを越えてハカに迫ったフランスにも、同様の処分が下っている。 フランス(白のジャージー)は2011年W杯決勝で、ハーフウェイラインを越えてハカに迫ったV字形に賞賛の声 一方、通常の横1列ではなくV字形に並んで挑戦し返したイングランドの行為自体は、ニュージーランドでも肯定的に受け止められている。 オールブラックスのスティーヴ・ハンセン監督が「ハカは挑戦であり、受けて立たなくてはならない。(イングランドの対抗策は)見事で独創的でもあった」と話し、ニュージーランド人のウェールズ監督、ウォーレン・ガトランドも「すべてのチームはハカに対抗することができる。イングランドは背中を向けたりせず、ハカに敬意を持って受けて立った」とコメント。 英ガーディアン紙の「ニュージーランド人がイングランドのハカへの対応を賞賛」と題した記事によると、ニュージーランドの多くのハカの専門家が、イングランドの行為はマオリ文化を冒涜するものではないと見ているという。 [caption id="" ...

【ラグビーW杯】 ハカにV字で対抗のイングランドに罰金  敵陣に入る違反

【ラグビーW杯】 ハカにV字で対抗のイングランドに罰金  敵陣に入る違反

  ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の決勝に進出したイングランドは、準決勝でニュージーランドのハカにV字形をつくって向き合った際に敵陣に入り込んだとして、2000ポンド(約28万円)の罰金の支払いが命じられた。 ラグビーの統括団体ワールドラグビーは、対戦相手が試合前に踊りなどで「挑戦」してくる際には、選手たちは自陣にとどまるよう規定している。 26日の準決勝では、イングランド選手の一部がハーフウェイラインを越え、ハカを披露しようとするニュージーランド陣営に入っていた。 主将リードを先頭に矢尻形に陣形を整えたニュージーランドに対し、イングランドはV字形で向き合った 主審のナイジェル・オウエンスら審判団は、それらの選手に自陣に戻るよう指示した。 試合はイングランドが19-7でニュージーランドに勝利。11月2日の決勝で、南アフリカと対戦する。 イングランドの主将ファレル(中央)はニュージーランドのハカの最中、笑みを浮かべているように見えたフランスも2011年に ワールドラグビーは今回の処分について、イングランドは「文化的な挑戦行動に関する」規則に違反したと説明した。 W杯におけるそうした違反は、今回が初めてではない。 2011年ニュージーランド大会の決勝では、試合前にハカを踊るニュージーランドの選手たちに向かって、フランスの選手たちが矢尻形に隊形を組んで前進した。 [caption ...

【ラグビーW杯】 NZのハカに「V字」で対抗 イングランドの意図は

【ラグビーW杯】 NZのハカに「V字」で対抗 イングランドの意図は

  ラグビーのニュージーランド代表の踊り「ハカ」は、迫力ある身振りと表情で知られる。26日のワールドカップ(W杯)日本大会の準決勝では、そのハカに、対戦相手イングランドが前例のない受け止め方を見せた。 ニュージーランド・マオリ族の伝統の踊りハカに対しては、相手チームは肩を組んで横一線に並んで見るのが通例だ。 主将リードを先頭に矢尻形に陣形を整えたニュージーランドに対し、イングランドはV字形で向き合った しかしこの日は、両チームのアンセム(応援歌)斉唱が終わり、黒のジャージーに身を包んだオールブラックス(ニュージーランド代表)がハカのために逆三角形に陣形を整え出すと、白のジャージーのイングランドはV字型に広がって向き合った。 主将が笑みを浮かべる イングランド主将のオウエン・ファレルは、ハカの最中、笑みを浮かべているように見えた。 「相手がこちらにかかって来るときに、ただ一列に並んで立っていたくはなかった」とファレルは試合後のインタビューで語った。 ニュージーランドに、好きなようにはさせないという意思を伝える意味があったという。 この日の対決は、イングランドが19-7でニュージーランドに勝利した。 NZ陣営に踏み込む選手も 異例の隊形でハカに向き合ったイングランドに、主審のナイジェル・オウエンスが注意する一幕もあった。 ハーフラインを越えてニュージーランド側に入り込んでいたイングランドの選手の一部を、自陣に戻るように命じたのだった。 ラグビーの統括団体ワールドラグビーは、試合前に踊りなどを見せる際、各チームが自陣から出ることを禁じている。 [caption id="" ...

日本で学び成長することへのコミットメント

日本で学び成長することへのコミットメント

ラグビーワールドカップが今年の秋に開催され、オールブラックスが世界チャンピオンに輝く中、ニュージーランドは現在日本で特に注目されています。スティーブンペイトン大使は、この勢いに基づいて構築することを楽しみにしています。 ナショナルラグビーチームのおかげで、ペイトンはラグビーと羊の人気のあるイメージを超えたニュージーランドの側面を紹介したいと考えています。 ペイトンと日本との個人的な関係は、1985年に妻および同僚の外交官であるジャネット・ロウと一緒に到着したときの彼の経歴の初期の頃にさかのぼります。若いカップルは2年間横浜の語学学校で勉強した後、さらに3年間東京のニュージーランド大使館で第二書記官として働きました。 その後、彼の語学力は彼のキャリアを通して貴重な資産であることが証明されました。 2度目の日本へのポストは、関西へのニュージーランドの大阪総領事の総領事としての彼の任命の時でした。 「これは1994年の終わりで、その後1995年1月に神戸の地震が発生しました。幸い、私たちの建物は生き残り、私はその地域のニュージーランド人の安全性を確認することができました。当時は恐ろしいことでしたが、それから街がどのように回復したかを見るのは印象的でした」と彼は言いました。 ペイトンは2016年に3度目と現在の日本への滞在に到着しました。再び彼の妻が参加しました。彼は彼らが家族を育てる間彼らが彼らのキャリアを維持することを可能にしたシステムの支援に感謝していると言います。 家族とキャリアを組み合わせることといえば、ジャシンダ・アーデン首相はニュージーランドを世界的に脚光を浴びています。2018年6月の彼女の娘の誕生に続いて、テレジェニックリーダーは、オフィスにいる間に赤ちゃんをもうけるために政府の2番目に選ばれた長になりました。最初は1990年にパキスタンのベナジルブットです。 「ニュージーランドは、2018年に125年間の女性の参政権を迎えました。若い女性首相がいるという事実は、女性が先を行くことができる場所であることを示しています。私たちの国会議員の40%は女性です」と、Paytonは言いました。「もちろん、私たちの立場は完璧ではありません。まだ50%には達していません。女性の代表として取締役会に参加する方法はありますが、誇りに思うべき記録があります。」 日本では、企業界で女性の地位が高まっているという問題に取り組み続けていますが、Paytonは単にニュージーランドを模倣するのではないと警告しています。 「私は、ニュージーランドが日本を含む他の国々を刺激することを願っています。しかし、日本は女性をもっと指導的な役割にするという独自の道を見出す必要がある」と彼は述べた。 反対に、ペイトン氏によると、ニュージーランドは日本が高齢化社会をどのように処理しているかを見守っています。 「この点で日本が直面している課題は、他の国々が最終的に直面する課題と同じです。現在ニュージーランドでは、依然として高いレベルの移民とかなりの規模の家族がいますが、その時が来ます」と彼は言いました。 ペイトンは、日本がそのような課題に対処するためにテクノロジーをどのように使用するか、特に高齢者が統合されたままでいるために社会に適応する方法およびリサイクルされる材料の循環経済をどのように発展させるかについて考察した。彼はそのような問題について学ぶための興味深いモデルとして日本を見つけました。 Paytonはまた、日本の伝統が維持されている方法を高く評価しています。これは彼の国もまた取り組んでいる問題です。「私が本当に感銘を受けるのは、日本がどのようにして最新の社会を維持しながらその文化を維持するかです。彼は言った。「ニュージーランドでは、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどの文化も含め、伝統的なマオリ文化をどのように取り入れ、それを適切なものにすることができるかに多くの努力を注いでいます。」 将来を見据えて、ペイトン氏は、日本とニュージーランドの関係が新たな方向に進化するための十分な機会を見出しています。アジア太平洋地域11カ国の間の自由貿易協定である、環太平洋包括的包括的包括合意書(CPTPP)の最近の署名は歓迎すべき動きです。国はCPTPP以前には二国間の自由貿易関係を持っておらず、それが多くの機会を生み出すことになるので、彼は合意が非常に重要であると考えます。 日本とニュージーランドはまた、今年後半に島国サモアで開かれる予定の太平洋気候変動センターの成功を約束することに合意しました。このセンターの目的は、地域の気候変動に関連する問題についての訓練を提供し、研究を促進することです。 大使によると、ニュージーランドは水素などの再生可能エネルギーの輸出、そして技術分野で大きな可能性を秘めています。これは驚くべきことかもしれませんが、小さいながらも洗練された人口と優れたインフラにより、ニュージーランドは他の国々にとって理想的なテストベッドとなっています。この国は、独自の技術を使用して地元の会社によって運営されている小型衛星打ち上げを行うための拠点となっていますが、現在は米国の会社によって所有されています。 「私たちはニュージーランドに対する日本の理解を更新することを切望しています、そして、明らかに、ラグビーワールドカップは私たちにとって、そして日本との関係にとって大きなチャンスです。」とPaytonは言った。「そして、日本のチームがトーナメントの全力を尽くさなければ、日本が我々のチームを支援することを願っています」と彼は笑いながら付け加えた。

NZ首相に続き女性相も産休へ 出産まで自宅で執務

NZ首相に続き女性相も産休へ 出産まで自宅で執務

  ニュージーランド政府は25日、ジェンター女性相(38)が8月6日に出産予定で、3カ月の産休を取ると発表した。同国ではアーダーン首相(37)が21日に女の子を産み、6週間の産休に入ったばかり。 ジェンター氏は7月15日から出産までは、オークランドの自宅で執務を続ける。産休中は、セージ自然保護相が代行し、ジェンター氏が兼務している交通副大臣と保健副大臣の職務は、ショー気候変動相が代行する。ジェンター氏は24日、自身のフェイスブックのページに「我が子の誕生に本当に興奮している。素晴らしいすべてのサポートに感謝する」と書き込んだ。 現地メディアによると、ジェンター氏にとっては第1子で、自宅で出産する予定だという。同国では、議会(一院制、120人)のうち、4割以上の49人を女性議員が占める。

NZ第1四半期CPI、前年比+1.1%に鈍化 中銀目標の下限付近

NZ第1四半期CPI、前年比+1.1%に鈍化 中銀目標の下限付近

  ニュージーランド(NZ)統計局が発表した第1・四半期の消費者物価指数(CPI)は前年比1.1%上昇し、昨年第4・四半期の1.6%から伸びが鈍化した。 NZ準備銀行(中央銀行)の目標レンジである1─3%の下限付近となり、中銀が当面の金利据え置きを示唆することがほぼ確実な見通しとなった。 3月に就任したオアNZ中銀総裁は、ラジオ・ニュージーランドで「非常な低インフレが今後も続くことに疑いの余地はない」と指摘。 世界的な低インフレは各国中銀の悩みの種であり、経済成長率が上向く中でも、低金利の維持が必要になっている、との見方を示した。 オア新総裁は「重要なことは、われわれが(インフレの目標レンジの)中間点である2%を常に目指しているという信頼感、確信だ」と述べ「われわれは2%を目指すことを固く決意している」と強調した。 ニュージーランド中銀の次の金融政策会合は5月10日の予定。 前年比の伸び鈍化は、新政権の政策を受けた高等教育の価格下落が主に影響したが、これまで物価上昇をけん引してきた建設部門などでも鈍化が見られ、建設価格は0.4%上昇と7年ぶりの低い伸びにとどまった。 CPIは前期比では0.5%上昇し、市場予想と一致した。 ASBのエコノミストは統計について、全体として、中銀が今後もしばらくの間、金利据え置きに違和感を感じないことを示していると指摘し、2019年8月まで据え置きが続くとの見通しを示した。 キャピタル・エコノミクスの豪・NZ担当チーフエコノミスト、ポール・デール氏は「生産能力面の制約や最低賃金上昇がインフレを大きく押し上げるとは思わない。NZ中銀は市場が想定するほど早期には利上げしないのではないか。利上げは来年の後半以降だろう」とした。

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more