バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: エネルギー

イラン、また「外国の石油タンカーを拿捕」 か 国営メディア報じる

イラン、また「外国の石油タンカーを拿捕」 か 国営メディア報じる

  これに対しイラク石油省は、拿捕された船とイラクに関係はないと発表した一方、情報を集めていると述べた。 トランプ政権は昨年、2015年のイラン核合意から離脱しイランへの経済制裁を再開。これを受けた米・イランの緊張はペルシャ湾にも飛び火しており、タンカーの拿捕やドローン(小型無人機)の撃墜などが相次いでいる。 今回の報道が確認されれば、イランが最近拿捕した外国船籍は3隻目となる。 イランの沿岸警備隊は7月13日、パナマ船籍の「MTリア」を拿捕。革命防衛隊(IRGC)が運営するメディアによると、警備隊が「組織化された密輸の捜索・対処」のためのパトロールをしている最中に捕まえられたという。 また19日には、ホルムズ海峡でイギリス船籍の石油タンカー「ステナ・インペロ」が漁船と衝突したとして拿捕している。 イラン国営ファルス通信によると、今回の拿捕は7月31日にペルシャ湾のファルシ島近くで行われた。 IRGCの司令官は、この船は約70万リットルの石油を運んでいたと説明。イラン南西部のブーシェフル港へ寄稿し、当局に引き渡された。 報道はこの船がイラク船籍だと伝えているが、7人の乗組員の国籍は明らかになっていない。 イラク石油省は国営イラク通信を通じ、拿捕された船とのつながりはないと説明した。 イラクは声明で、「石油省は国際市場にディーゼル油を輸出していない」と述べた上で、この船がどこに属しているのか、情報収集を行っているとした。 一方でロイター通信によると、イラクの港湾関係者からは、この「小さな船」はイラクの貿易企業傘下の海運会社のものではないかとの情報が出ているという。 BBCのセバスチャン・アッシャー・アラブ問題編集長は、拿捕された船は比較的小型だが、中東地域の緊張を高めることに変わりはないと分析した。

日本は新規または拡大された石炭火力発電所に反対する

日本は新規または拡大された石炭火力発電所に反対する

オーストラリアの一般炭輸出市場による劇的なエネルギー転換の兆しがさらに現れていることから、日本の環境大臣は、石炭火力発電所を建設または拡張する新しい計画に「原則として」反対すると発表した。 Guardian Australiaは3月、日本が石炭火力発電への計画された投資の大部分を取り消した一方で、日本の投資車が石炭プロジェクトを捨て、代わりにアジア全域での大規模な再生可能プロジェクトの支援を求めていると報じた。 市場アナリストは、最近のオーストラリアの輸出規制がすでに記録的に近い価格を緩和している中国が、一般炭の価格を引き続き決定し、その価値を下げ続ける可能性があると予想している。 オーストラリアの採掘炭の39%を購入する日本のエネルギー部門による予想以上の早い移行は、将来の販売量と新鉱山の存続可能性に影響を与えるでしょう。 資源部門は、北アジアおよび東アジアにおける需要の減速の予測は南アジアおよび東南アジアの一部における需要の伸びによって相殺されると確信しています。 しかし、発展途上アジアにおける新しい石炭火力プロジェクトの資金調達は、中国、日本、韓国に拠点を置く投資ビークルから来る可能性があり、それらの国々の国内政策と密接に関連しているでしょう。 先週末、3つの別々の発表が、パリと政府の大企業の間で、パリの目標への新たな前向きな焦点が日本で出現しているという確信の高まりを追加しました。 朝日新聞によると、日本の環境大臣の原田義明氏は、新規または拡大された石炭火力発電所に反対する「政策構想」を発表した。 環境大臣は新しい発電プロジェクトについて最終的な意見を述べていないが、彼の意見は計画プロセスの基本的な部分と考えられている。 金曜日、日本最大の電力会社である関西電力は、2030年までに再生可能エネルギーポートフォリオを6GWに拡大し、今後2年間でクリーン電力プロジェクトに50億米ドルの設備投資を予定していると発表した。 同じ日に、発展途上アジアの電力プロジェクトの重要な開発者である日本の丸紅株式会社は、2023年までに再生可能エネルギー収入の倍増を目標とすると発表しました。 丸紅は昨年、石炭から撤退すると発表した。その売却決定に続いて、三井物産、三菱商事、伊藤忠商事、双日のコングロマリットが仲間入りしました。今年、日本では3つの石炭火力発電所プロジェクトがすでに中止されています。 日本は石炭火力発電プロジェクトを建設中で、一部はすでに承認されているため、日本のオブザーバーは慎重な姿勢を保っています。安倍晋三首相は、6月に大阪で開催される次回のG20サミットに先立ち、気候変動に関する世界的なリーダーシップを発揮したいと発表しました。 市場アナリストによると、日本の政府と業界が焦点をシフトしたスピードは非常に速いです。世界の金融機関がますます石炭から撤退しているのです。土曜日のオーストラリア最大の保険会社QBEは、今年7月から鉱山や発電を含む新規の一般炭プロジェクトの保険を中止し、2030年までに一般炭プロジェクトを引き受けることはないと述べた。 最近の発表は新しいプロジェクトに関するものであるため、オーストラリアの炭鉱業者はこれらの要点の直接的な影響を10年以上感じない、または段階的な終了の約束を提示する可能性があります。 経済財務分析研究所のエネルギーファイナンス研究部長のTim Buckleyは、今後10年間は​​最も石炭火力に頼る人々にとってきわめて重要であると述べた。 Buckley氏は、政府が世界の金融市場、特に日本の感情の変化を理解できなかった場合、オーストラリア経済、鉱業コミュニティ、および労働者のリスクが高まると述べ、効果的な移行戦略を実施する必要性を無視した。 「準備するための10年があり、それは将来の産業を築くために非常に重要な10年です」とBuckleyは言いました。

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

域での大規模な再生可能エネルギープロジェクトの支援を模索しており、エネルギー市場アナリストが「一般炭の終わりの始まり」と言う「記念すべき」シフトを示している。 同時に、日本の銀行や商社は、石炭への投資から遠ざかって、オーストラリアの鉱山から売り払い、石炭火力発電の建設計画を廃止しています。 日本はオーストラリア最大の一般炭輸出国です。 2015年に日本で提案されている石炭火力発電プロジェクトのパイプラインのうち、Global Coal Plantトラッカーの数字によると、4分の3は現在進行中ではないようです。 日本の北西沿岸地域にある秋田にある1.3GWの石炭火力発電所は、棚上げされる可能性が最も高い最新の提案で、今年初めに他の2つが中止されたことを受けています。双日株式会社は今週、伊藤忠が先月の石炭撤退を発表し、三井物産が11月に出資したことを受けて、さらに一般炭からの売却を発表した。 アジアの再生可能エネルギーおよびエネルギー金融分野の情報筋によると、日本の銀行、商社、および2つの著名な国営企業 - 国際協力銀行および国際協力機構 - は、ここ数カ月、再生可能エネルギー分野により重く投資する意向を表明している。 再生可能エネルギーへの関心の高まりは、特に、石炭への既存のばく露を抱えている投資家や企業から来ている。人口の減少に伴い、日本の電力需要は減少しています。その市場では、石炭は、原子力再起動、太陽光発電およびその他の再生可能エネルギーによって提供される追加容量によって混雑しているように見えます。 他の開発者たちは、沖合の風力開発のための場所として、日本海の隣にある秋田に目を向けています。 今週発表されたみずほ銀行の試算によると、日本全国で13の洋上風力発電プロジェクトが環境影響評価を受けており、総投資機会は最大2兆円(250億豪ドル)に達する。 気候行動キャンペーングループである日本のKiko Networkの国際理事である平田君子は、日本のビジネス界のいくつかの大企業の間で感情の変化に気づいたと述べた。 「昨年から、大手銀行やメガバンク、そして保険会社や商社からいくつかの変化が見られましたが、石炭火力政策に関する見解は変わりました」と彼女は言います。 「だから、私たちは、国内および国際的な石炭火力への継続的な支援がもはや国際社会や日本でも受け入れられないと彼らが考えていることを明らかに見ています。大きな変化が起こることを私たちは大いに歓迎します。」 しかしながら、平田氏は、これらの金融機関の政策変更の多くは、すでに現在進行中のプロジェクトではなく、まったく新しい石炭プロジェクトに関連していると警告した。 ...

経済のライフラインが日本にいかに栄養を与えているか

経済のライフラインが日本にいかに栄養を与えているか

  日本の食糧自給率が低く、エネルギー資源が不足していることを考えると、食糧やエネルギー資源の輸入を通じて日本経済にとって生命線として機能してきた。 しかし、ソーゴーshōshaの関与は単なる輸入を超えています。ここでは、食糧とエネルギーバリューチェーンを使った商業商社のビジネスモデルを見ていきたいと思います。 穀物からスーパーマーケットへ 最初のケースは、穀物、飼料および加工鶏肉のバリューチェーンのケースであり、Marubeni Corp.の穀類および食品部門の部門に関係しています。 丸紅は、世界で最大の穀物トレーダーの1つで、年間約7,000万トンを処理しており、主に北米および南米の拠点から世界中で販売されています。 伝統的に、丸紅は穀物商社から穀物を購入し、それを日本に輸入し、動物飼料(大豆/トウモロコシ)や小麦(小麦)加工業者、ビール製造業者などに販売していました。彼らはまた、この場合、鶏の農場や加工業者への飼料の流通(物流)を処理し、最終的な鶏肉製品を食品販売店に仲介業者および流通業者として扱いました。繰り返しになりますが、単なる仲介者として、売買代金や手数料、および取引と流通の処理から得られる手数料との差異から生じる利益で、利益率は小さくなります。 しかし、丸紅はまだ他の穀物業者から穀物を購入していますが、上流と下流のバリューチェーンのさまざまな段階に投資することで、このサプライチェーンを統合し、付加価値の可能性を高めています。 このバリューチェーンでは、米国北西部と中西部の州で事業を展開する100%子会社のColumbia Grain Internationalが、地域の農家から直接穀物を購入し、自社の貯蔵施設(カントリーエレベーター)西海岸の港湾施設。 Marubeniは最近、米国中西部に位置するGavilonという米国最大の穀物トレーダーの1社を買収した。穀物はバルクキャリアーによって丸ビニ自身の穀物ターミナル(輸入、保管、荷降ろし、輸送)に日本向けに出荷されます。次に、自社の過半数所有の合弁会社であるMarubeni Nisshin Feedが、国内の家畜飼料市場の10%以上を占める飼料加工業者に販売されます。この場合、飼料は、この場合、鶏の飼育師および処理業者に分配され、次いで食品小売業者に卸売される。丸紅、マックスバリュー、カスミ、ソテツローゼンといった小売チェーンのスーパーマーケットチェーンのオーナーシップとして、鶏肉の育成、加工、卸売業を扱う完全子会社でもあります。 このように、丸紅は、生の商品、穀物の購入から飼料の加工および鶏の生産までのこのサプライチェーンを、小売食品としての投資、物流の処理および工程の管理の各段階での小売食品としての販売に統合しました穀物飼料処理チキンバリューチェーン。他の砂糖ō社には、穀物飼料処理された鶏肉サプライチェーンが組み込まれています。例えば、三菱商事はKFCジャパン(最大株主であり、全鶏肉の約50%)を供給している。 この例では、穀物を近いコストで確保し、サプライチェーンの飼料および鶏肉処理段階で価値を付加し、小売業で完全利益を得ることによって、利益を最大化します。これにより、投資した企業の潜在的な収益が増加し、それによって投資家から受け取る利益が増加します。 さらに、小売店の所有権を所有することにより、食品販売プロセスを合理化して、より効率的にすることができます。つまり、小売業の収益を上げ、その過程で流通業者としての地位を守ることができます。 さらに、大量の穀物、特に穀物を扱うことにより、船舶全体をリースすることができ、輸送コストを削減し、サプライチェーンにおける競争力をさらに高めることができます。 この統合された穀物飼料加工チキンバリューチェーンは、日本だけでなく、海外の丸紅で複製されています。 ...

司令塔不在のエネルギー政策 選挙しか頭にない官邸まかせで原発議論先送りに

司令塔不在のエネルギー政策 選挙しか頭にない官邸まかせで原発議論先送りに

  橘川武郎・東京理科大イノベーション研究科教授は13日、都内で講演し、日本では現在、長期的視野に立つべき原子力政策の議論が行われていないと指摘した。 講演の中で橘川教授は「日本のエネルギー政策を決めているのは首相官邸で、次の選挙のことだけを考えている」と表明。その結果、長期的視点にたったエネルギー政策の行方について、深い議論が行われていないとの見解を示した。 橘川氏は、国の「エネルギー基本計画」の見直しに向けた議論を行っている経済産業省総合資源エネルギー調査会基本政策分科会のメンバー。経産省は3月末に同分科会で、今夏までに閣議決定する基本計画見直しにおいて、15年度に定めたエネルギーミックス(電源構成)比率目標を変えない方針を示した。 橘川氏は、この点について「ほとんどの関係者が失望している」とし、見直しのために議論したのに、最初から比率を見直さないことが前提となっていたと指摘した。 政府は、2030年までに再生可能エネルギーの比率を22―24%、原子力の比率を20―22%程度とするとしているが、橘川氏は、原発は15%程度とし、再生エネルギーを30%に引き上げることが適正だと主張している。 同氏は、原発の稼働可能期間をこれまで通り40年とすると、2030年までに30基以上が廃炉となり、政府目標の原発依存度20―22%の達成は不可能だと予想する。 政府の原子力政策は、次の選挙対策を重要視する首相官邸が決めているため、「原子力の問題は触らない方がいいとして、3年ごとに先延ばしされている」と厳しく批判。「日本の原子力政策には戦略がないし、司令塔もいない。ここに福島(原発事故)以降の最大の問題がある」と指摘した。

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more