バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」

Tag: なるひとり王子

皇居と皇后観つむぐ帝国芸術作品展

皇居と皇后観つむぐ帝国芸術作品展

水曜日になると、ナルヒト王子王子とマサコ王子王子は、現在東京都台東区にある東京国立博物館で展示されている皇室に関連したアートワークの特別展を訪問しました。 二人は、大正斎で迎えられた平成のための屏風や、天皇皇后両陛下が海外を訪れた際に展示した美術作品などの作品を熱心に検討しました。天皇皇后両陛下:日本の美しさを共有する。」 「これは職人技と呼ばれるものです」と、王子は明治時代の代表的な金属製彫刻家の海野翔民によって、「鳳凰のデザインの花瓶が太陽にお辞儀をする」と語った。 今回の特別展は、文化庁、皇室庁、読売新聞社が共催する「つむぐプロジェクト」の一環として開催される初のイベントです。月曜日まで続く現在の展覧会は水曜日に10万人以上の訪問者を魅了しました。

10日間の休日は40%の人々を不幸にします

10日間の休日は40%の人々を不幸にします

最近のJiji Pressの世論調査では、4月下旬から5月上旬にかけての前例のない10日間のゴールデンウィーク休暇について、日本の約40%の人々が幸せではないことがわかりました。 調査によると、回答者の合計36.5%が長期休暇について満足しており、9.3%が「とても満足」と答え、27.2%が「ある程度満足」と回答しています。 一方、合計41.0%が不幸であることが判明し、14.8%が「全く幸せではない」、26.2%が「あまり幸せではない」と答えています。 10日間の休暇に関心のない回答者は21.1%でした。 皇帝が4月30日に釈放する予定で、皇太子ナルヒトが翌日に王位を上げるために、政府は4月27日から5月6日までの全期間を特別な休暇期間としました。 30日のうち10日間の休みに満足していない人の割合は46.9パーセントでした。 40代の人の割合は45.9%でした。 複数の回答が許可されていない理由について尋ねられた、最大のグループ、28.0パーセントは、彼らは仕事をしていないので休暇は彼らには関係ないと述べ、休暇期間中に休みを取ることができない19.3パーセントが続く家事労働などの負担が増加する10.8%、および休日が業務を中断させる可能性があると心配している9.6%。 調査によると、休暇期間中、32.4%が10日間連続して休みを取ると予想していますが、15.0%は休みを取ることができないか、またはしないでしょう。 1日だけ休むことができる、またはしないと回答した人の割合は4.3%でした。 2〜3日休みを取る人は18.5パーセントを占めました。 休むことができない、またはしない男性の割合は9.4%で、女性の割合は21.0%でした。 休日を過ごす方法については、最大のグループ、または64.3パーセントは、リラックスした時間を過ごすために家にいます。家事をしたり、買い物をしたり、近くの地域で映画を見たりすることを計画している回答者が大部分を占めています。 国内外を旅行する回答者の割合は16.2%でした。 この調査は3月8日から11日にかけて、18歳以上の全国2,000人の人々へのインタビューを通じて行われました。正解率は61.2%だった。

伝統の重荷に立ち向かう新帝国カップル

伝統の重荷に立ち向かう新帝国カップル

日本にやって来る皇帝である鳴仁皇太子は、宮殿の厳格な規則から家族を守ることを含め、世界最古の君主制の中で伝統と彼自身の現代的価値のバランスをとるという微妙な課題に直面しています。 59歳の相続人は、特に彼の妻マサコが帝国生活に順応するのに苦労していたように、時々苛酷な生活様式に課せられた生活様式を批判することについて恥ずかしがり屋ではありませんでした。 そして彼の人気のある父、アキヒトのように、彼は日本の20世紀初頭の軍国主義を軽視することなく、「正しく」第二次世界大戦を覚えておく必要があると警告しました。 1960年2月23日生まれのナルヒトは、彼の両親や兄弟と同じ屋根の下で育った最初の日本の王子でした。 彼は日本で歴史学位を取得した後1980年代にオックスフォード大学で2年間学び、伝えられるところによればアメリカの女優ブルック・シールズのポスターで彼の住居を飾った。イギリスでは、彼は日本の王室生活のいくつかの厳格さを放棄することができ、他の学生や英国の王室と混ざり合っていました、そして彼はその時代を好んで話しました。 1993年、彼は5月にナルヒトが菊の王位に就任したときに皇后になる大和田雅子と結婚した。外交家族の娘で、ハーバード大学とオックスフォード大学で教育を受けたマサコは、王室の家族と結婚するために彼女自身の有望な外交キャリアを後にしました。 Naruhitoは、彼女が移行を行ったときに「任意の費用で彼女を保護すること」を約束しました、そして、Masakoは彼女が彼女自身のキャリアを犠牲にしたことを説明しました。 しかし、彼女は家族の中での独占的な生活に順応するのに苦労しました。彼女はまた、日本の帝国継承が女性を排除しているので、息子を産むことに大きな圧力をかけられました。この精査は、2001年に娘の愛子姫(夫婦の唯一の子供)を産んだ後に初めて激しさを増しました。 2004年、ナルヒトは、前例のない公の発言で、宮殿の葬儀手が彼の妻の人格を非難したと非難した。 「私にとって、マサコは過去10年間にわたって王室としての生活に自分自身を適応させるための彼女の努力に疲れ果てているようです…それはマサコの元キャリアを否定することになる何かがあったことも事実です」と彼は言いました。 彼はマサコを「彼女は外交官としての仕事を辞めたにもかかわらず、彼女が外国を訪問することはほとんど許されないと憤慨した」と述べた。 同じ年に、宮殿は、マサコがほとんどすべての結婚のためにストレス誘発性の「適応障害」の治療を受けていたことを明らかにしました。 なる人は後で彼の発言を謝罪したが、彼は現代に合うように "新しい王国の義務"を求めた。 マサコへの圧力は、義理の姉が2006年に息子、現在12歳の久仁王子を出産したときにやや緩和されました。 ナルヒト氏はまた、第二次世界大戦における日本の役割の修正主義に反論し、父親の指導に従って、安倍晋三首相のナショナリズムの叱責としての見解を示した。 「戦争の記憶が薄れつつある今日、私たちの過去を謙虚に振り返り、惨めな経験と戦争を知っている世代から受け継いだ世代への日本の歴史的な歩みを正しく伝えていくことが重要だと思います。 t、「彼は2015年に言った。 成仁と雅子は、現在の帝国の夫婦によって作られた慰安婦の役割を追求することが期待されています。 名古屋大学の助教授であり、日本の歴史専門家である川西秀也氏は、「彼らはおそらく国民と並んで立っている ...

Gov’tは次の時代の名前Reiwaのための公式の翻訳を言う

Gov’tは次の時代の名前Reiwaのための公式の翻訳を言う

日本政府は火曜日、新皇帝の元号の正式な翻訳は「Beautiful Harmony」となると発表した。 レイワの時代は、85歳のアキヒト皇帝が亡くなり、彼の息子に菊の玉座を渡した翌日の5月1日に始まります。 皇室の文化的重要性と秘密の命名プロセスが月曜日の時代の名前の発表のための熱狂的な注目を集めました。 安倍晋三首相は、2つの漢字からなる名前は、中国の古典からではなく、古代の日本の本から初めて採用されたと述べた。 7〜8世紀の詩アンソロジー万葉集の梅の一節から来たものであり、「人々の心が美しく引き寄せられることで文化が生まれ育った」と示唆している。 安倍は、2つの漢字それぞれの意味の範囲のどれが時代の名前に適用されたかを言いませんでした。 専門家やメディアはその意味についてさまざまな解釈をしており、最初の報告では一般的に「調和を追求する」ことにしました。最初の文字は、秩序、規則、善または縁起の良いことも意味します。二つ目は、平和、和解、あるいはソフトを意味します。 火曜日に外務省の関係者が公式の翻訳をした。 ニューヨークの日本情報センターの副総領事でディレクターの佐藤勝は、次のように述べています。 「れいわは、厳しい冬の後の梅の美しさを指し、彼らが心を一つにして文化を築くときの人々の美しさを意味すると解釈されます。」 しかし、何人かの専門家は、今日の漢字の最初の「玲」は権威主義的な口調で「秩序」、「指揮」、「口述」を意味すると最も広く考えられていると述べた。 歴史家や君主制の専門家らは、同じ最初の文字を使った1864年の「霊徳」という名前の提案は徳川幕府によって拒絶されたと述べていた。 東京大学の歴史学者、本郷和人氏はテレビ朝日で、「積極的にではなく、平和を実現するよう命じられているかのように思われる」と語った。 日本の皇帝について本を書いてきた保守的な漫画家、小林義則氏は、王冠の下にひざまずいている人々を描いている文字「玲」を言った。レイワがやや冷たい印象を与えるのは避けられない」と語った。

発表前に皇太子、皇帝が玲和に語った

発表前に皇太子、皇帝が玲和に語った

成仁王子は、公式発表の前に5月1日に菊座を登ったときに始まる帝国時代の名前を言われました。 安倍晋三首相の内閣総理大臣が令和を承認した直後に、内閣官房長官である杉田和弘氏は、皇居庁の大管長である山本真一郎氏に電話をかけ、その決定について語った。 時代名は4月1日に公表されました。 山本は、西坂靖彦と呼ばれ、赤坂御用地の王子邸で待機していた副大管長でした。西村は、山本が彼に言ったことを書き留めて、そのメモをなる人にナルヒトに見せた。西村はまた、この名前は「万葉集」、日本の最も古い詩アンソロジーから取ったと説明した。 ナルヒトは「わかった」と言った。 ほぼ同じ頃、山本は皇居で昭和天皇と会い、彼に新しい時代の名前を知らせました。 山本氏は、皇帝が耳を傾けてから、新しい名前を公布するために、内閣の命令書に署名して印をつけることを進めたと述べた。 安倍首相は4月1日に明仁も成仁とも会わなかった。

日本は女性が皇帝の王位継承に参加することを禁

日本は女性が皇帝の王位継承に参加することを禁

  秋仁皇帝から長男への引渡しの間、日本は皇室の女性全員が重要な儀式のいずれかに参加することを排除すると、ナルヒト皇太子妃と日本のメディアは金曜日に述べた。 国は長い間、女性が王位を継承することを禁じてきました。これは、2006年にアキヒトの唯一の孫が誕生するまで、絶滅の危機に瀕した皇帝の支配を脅かすように見えました。 昭仁氏は今年、約200年で初めて亡くなった皇帝となるでしょう。その過程は公的および私的な一連の儀式を含み、その詳細は当局によって決定されています。共同通信によると、皇居での5月1日の賢治から将棋への儀式では、新しい皇帝は刀や宝石などの神聖なレガリアを継承する。 須賀首席官房長官は、なぜ皇室の女性や若い党員が儀式から除外されているのかと問われた。 1989年に秋仁が王位を獲得したとき、式典に招待された女性はいなかった、と同氏は述べた。 あなたの受信箱に話すポイントを得る: 平日に配信された、その日の最も重要なビジネスニュースの午後のまとめ。 国内唯一の女性大臣、片山さつき地域活性化大臣を含む内閣党員が招かれる。これは、大臣が実際に式典に参加するのではなく、オブザーバーとして定義されるためです。皇室の女性会員は、引渡しに関する他の儀式に出席するでしょう。 皇室の女性は結婚すると身分を失い、一般市民になります。これはイギリスとは対照的です。イギリスは女性君主を許可し、その法律を更新して2015年時点での女性の平等の地位を認めています。

新時代が近づくが、日本の帝国ラインは曇り未来

新時代が近づくが、日本の帝国ラインは曇り未来

  日本が生きている君主を巻き込んで約200年で最初の帝国継承に備えているので、それは帝国線の将来と公務を遂行する王族の不足についての懸念にまだ対処していません。 85年の明仁皇帝は、2019年4月30日に亡くなる予定です。まれな放棄は、皇帝が彼の年齢と健康状態の悪化のために辞任したいという望みでまれな公共放送を暗示した後に決定されました。 新しい皇帝が伝統的なレガリアを引き継ぐ式典、10月22日の祭祀式典、11月14日から11日までの大食堂式典を含む、5月1日の儀式が今年も予定されています。 15。 イベントが祝賀の雰囲気の中で行われるように設定されている間、継承は、皇帝と皇后両陛下、84は、もはや公の任務を遂行しないことを意味します。 この問題は、10月に平家圭也と結婚した後、皇帝のいとこの末娘である28歳の綾子アヤコが帝国の称号を放棄したことから、新たな注目を集めました。 13人の女性を含む18人で立つ皇室の大きさは、皇帝の長女であるプリンセス・マコも婚約することを計画しているので、さらに小さくなると予想されています。 1947年の皇室法によると、女性は菊の王座を登ることはできず、庶民と結婚した場合は皇室を去る必要があります。法律は皇室の男性系統に生まれた男性だけが王座を登ることができると規定しています。 皇太子が王座を昇った後、わずか3人の男性の相続人がいるでしょう - 彼の弟、王子昭野、53歳、王子久人、12歳、王子、83、皇帝の弟。 「皇室の規模は確実に縮小するでしょう。久仁王子は、彼の世代で唯一の男性の相続人ですが、私たちは彼が息子を産むかどうかわからない」と、元帝国庁の職員であり、皇室を専門とするジャーナリストである山下伸二は言った。 彼と彼の将来の妻は、世界最古の遺伝的君主国の血統を維持し、国家の象徴として公務を遂行するために「莫大な圧力と負担」に直面するだろう、と彼は言った。 この問題に対処するために、国会は昨年6月に、王女が彼らの庶民的地位を維持し、彼らが一般人と結婚した後に自分の家族の支部を設立することを認める選択肢を含む、相続問題の審議を始めるよう政府に促す決議を採択した。 決議は、皇帝が死ぬ前に放棄することを可能にするために起草された一回限りの法案に添付されました。 しかし、名古屋大学の現代日本史の准教授である川西秀也氏は、保守党の反対派、阿部晋三首相の反対派のため、結婚後も王室を維持するために皇室法を改正する勢いはほとんどないと述べた。 「保守派は、女性会員が王座に登るための道を開く可能性があると主張して、女性の支部の創設を支持していない」と彼は言った。 「決議は、与党と野党の間の妥協の結果としてのみ生じました。現実的に言えば、当面の間、この問題に対処するための大きなステップが見込まれることはないでしょう」と川西氏は付け加えた。 最近、女性の後継を認めるために皇室法を改正することについて政府の討論がありましたが、それは久仁王子が2006年に誕生した後に止まり、41年ぶりに皇室に初めての男性会員を与えました。 ...

日本の皇帝は85歳の誕生日を迎えます

日本の皇帝は85歳の誕生日を迎えます

  85歳の誕生日を迎える日本の秋仁皇帝は、戦争で自国を見たことなく治世が終わったことを安心していると語り、若い人たちに自国の戦時の歴史について話し続けることが重要であると語った。 。 「日本の戦争がなくなり、平成が終焉を迎えることができたことは、私にとって大きな慰めとなります」と、先週の録音された日曜日に発表された宮殿での記者会見で、アキヒト氏は述べました。 「第二次世界大戦で数え切れないほどの命が失われたこと、そして戦後の日本の平和と繁栄は、日本国民の多大なる犠牲と尽力せぬ努力の上に成り立ったことを忘れないでください。戦争後。" 秋人の30年にわたる平成の統治は、日本の近代史において戦争のない唯一の時代です。平和のために祈り、彼の父親、ヒロヒトの名で戦った戦争のために償うことは、1989年に王位を継承したアキヒトのためのキャリアの使命となりました。 アキヒトは、4月30日に長男である王仁皇太子に引き継がれるため、4月30日に退任する予定です。日曜日の誕生日祝いは、アキヒトの最後の治世です。 その記念日を祝うために東京の皇居に集まった何万人もの好奇心旺盛な人々が、歓喜と彼の家族が挨拶と感謝のためにバルコニーに現れたときに歓声を上げ、小さな太陽の旗を振った。 皇帝として、アキヒトは第二次世界大戦の初期に日本によって征服されたフィリピンと他の太平洋の島への前例のない訪問をして、米国主導の同盟国が彼らを取り戻したので激しい戦闘で壊滅しました。秋人は直接の謝罪を避けてきたが、彼は近年、慎重に書かれた戦争に関する声明の中で後悔の表現を微妙に強化した。 秋人は、妻のミチコ皇后との旅を忘れずに、彼らの戦争の苦い思い出にもかかわらず彼らを歓迎してくれたこれらの郡に感謝したと言いました。 「温かいもてなしで私たちを歓迎してくれたこれらの国々に感謝しています」と彼は言いました。 家では、秋人は特に沖縄の困難な歴史を気にかけていました。小さな南の島は日本で唯一の地上戦の場所でした。沖縄は本土の20年後の1972年までアメリカ占領下にあり、日本に駐留しているアメリカ軍には依然として負担があります。沖縄の人々は、安倍晋三首相の親USとして本土のために犠牲にされたと感じている。政府は現在、沖縄の東海岸に紛争中の海兵隊航空基地の移転を強制している。 1975年の沖縄訪問で、父親の治世中に、アキヒト氏自身がモロトフカクテルに見舞われ、第二次世界大戦の終わり頃に何万人もの市民が激しい戦闘で亡くなりました。彼とミチコは沖縄の歴史と文化を学び、訪問し続けました。 「沖縄は戦争の間にそこで起こったことを含めて、困難の長い歴史を経験しました」と彼は言いました。 「私たちは、沖縄の人々が長年にわたって耐えてきた犠牲を気にかけ続けることを約束しており、その約束は将来も変わらないままです。」 アキヒトの平和主義的イメージと被災者への思いやり、障害者、そして少数民族は、彼と彼の家族に対する支持を集めました。専門家らは、アキヒトの平和主義的見解は彼の幼年期の戦時中の経験から来たのかもしれないと言う。 1945年8月15日に父親の声が日本の第二次世界大戦での降伏を発表したのを聞いたとき、アキヒトは11歳だった。その後のアメリカ占領中に、クエーカーのエリザベスバイニングが英語で指導した。専門家は、Akihitoに彼の平和主義者と民主的見通しを与えたと言います。 最近発表された戦時日記や、戦後2年間の東京での避難中に秋人と同級生に教えた鈴木浩一氏のメモでは、食糧不足や頻繁な空襲のため、アキヒトの生活は両親から離れてしまった。 1945年8月13日、アキヒトとスズキは未完成のバンカーに飛び込んだ瞬間に8機の米軍機がそれらの上を飛んだので丘を登らなければならなかった、とスズキは書いた。彼の1946年4月17日のメモは、秋仁が雪の降っている荒廃した近所の兵舎に住んでいる人々について俳句を読んだことを示した。 秋人は、誕生日のメッセージで、1952年のサンフランシスコ平和条約に調印して国際社会に戻った後、日本を訪れる多くの高官を受け入れることを好意的に思い出しました。 ...

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more