安田純平さん解放か 内戦シリアで拘束3年超

  菅義偉官房長官は23日深夜、緊急記者会見を開き、内戦が続くシリアで2015年に行方不明になったジャーナリスト安田純平さん(44=埼玉県入間市出身)とみられる男性が解放され、トルコに出国したと述べた。これまでシリアの武装勢力が身代金獲得を求め、身柄を拘束していたとされる。 行方不明から約3年4カ月で、事件は解決に向けて転換点を迎えた。日本政府は男性が滞在しているトルコ南部アンタキヤに日本大使館員を派遣し、本人確認を急いだ。菅官房長官は24日の記者会見で「(確認は)日本時間午後3時以降になる見込みだ」と述べた。 安倍晋三首相は同日、「解放の報に接して安堵(あんど)している。一刻も早く本人であるかどうかを確認したい」と官邸で記者団に述べた。 菅官房長官によると、23日午後7時40分ごろ、早ければ同日中に安田さんが解放されるという情報がカタールからもたらされた。カタールからは同午後9時ごろ、安田さんとみられる男性が解放され、トルコのアンタキヤの入管施設にいると連絡があったという。 菅官房長官は24日の会見で、「官邸を司令塔とする『国際テロ情報収集ユニット』を中心にトルコやカタールなど関係国に働き掛けた結果だ」と説明した。また「身代金を払った事実はない」と述べた。 安田さんの妻で歌手のMyuさんは「情報が本当なら『よく頑張ったね。みんなで待っていたよ』と伝えたい」と語った。 安田さんは取材のため15年6月、トルコ南部ハタイ県からシリア北西部イドリブ県に越境後、消息を絶った。16年3月に安田さんとみられる男性が英語でメッセージを読み上げる映像が公開。同年5月には「助けて」と日本語で書いた紙を示す画像も公開された。今年7月にも安田さんとみられる複数の映像が出た。 国際テロ組織アルカイダ系の過激派「ヌスラ戦線」(「シリア解放機構」を設立)が拘束していたとみられてきたが、分派した別組織に身柄が移ったとの情報も出ていた。

Read more
トルコ警察「森で遺体捜索」 サウジ記者殺害疑惑

  サウジアラビア政府に批判的だった同国の著名記者が失踪し、在イスタンブールのサウジアラビア総領事館内で殺害されたのではないかと懸念されている問題で18日、トルコの捜査消息筋によると、警察は記者の遺体が周辺の森や農地に遺棄された可能性を念頭に、捜索範囲を拡大した。他方、23日に開催されるサウジアラビアの皇太子主催の投資会議に、米財務長官と英国際貿易相が欠席することが新たに明らかになった。 ジャマル・カショジ記者は10月2日に書類手続きのためイスタンブールのサウジ総領事館に入ったのを最後に、行方が分からなくなっている。トルコ警察は当初から、記者が総領事館内で殺害され、遺体は解体されて外部に運び出されたと断定した。一方のサウジ政府はこれを否定している。 トルコ警察は15日から18日にかけて、総領事館と総領事公邸を鑑識捜査。採取した資料を鑑定し、カショジ記者のDNAと一致するか調べている。トルコ警察が総領事館に入る前には、サウジ政府関係者の一団と清掃係が入る様子が目撃されている。 これとは別にトルコ政府高官は18日、米ABCニュースに対して、記者が殺害される様子の音声証拠をマイク・ポンペオ米国務長官は聞いていると話したが、ヘザー・ナウアート国務省報道官はこれを否定した。ポンペオ長官は16日にサウジアラビアの首都リヤドを、17日にはトルコ・イスタンブールを歴訪し、サウジアラビアの皇太子やトルコの大統領を始め両政府幹部と会談している。サウジアラビアもトルコも、米国に近い同盟国。 トルコ警察は疑惑発覚当初から、カショジ記者が総領事館内で殺害されたことを裏づける音声・映像証拠を得ていると述べているが、公表はしていない。しかし、トルコ政府に近い複数の地元メディアは、証拠音声を聞いたとして、残酷な詳細を報道している。それによると、記録音声には記者の悲鳴や、すでに出国したモハメド・アル・オタイビ総領事の声が含まれているという。 政府に近いイェニ・サファク紙は、オタイビ総領事がリヤドからこの日到着したばかりの工作員たちに、「外でやれ。私が面倒なことになる」と告げていると書いた。 別のトルコ紙は、カショジ記者が失踪した2日に、民間機でイスタンブール入りして同日中に出国したサウジ工作員15人を特定したと伝えた。 「砂漠のダボス」に欠席相次ぐ カショジ記者の殺害疑惑によって、主要産油国サウジアラビアと欧米各国の関係がきしんでいる。サウジ内で絶大な権力をふるうムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、大胆な改革の先導者として欧米で期待を集めたが、その強権姿勢をカショジ記者は重ねて批判していた。その記者の殺害疑惑について、皇太子の名前がさかんに取りざたされている。 ムハンマド皇太子は23日にリヤドで開かれる投資会議を主催。世界経済フォーラムが毎年1月にスイス東部ダボスで開く「ダボス会議」になぞらえて、「砂漠のダボス」と呼ばれてきたが、これまでに国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事など各国の政財界要人が欠席を表明。これまで姿勢を明示していなかった、米国のスティーブン・ムニューシン財務長官と英国のリアム・フォックス国際貿易相も18日、欠席を発表した。 皇太子が進める改革政策の宣伝を目的とした会議について、欧米ではボイコット圧力が高まる一方で、米ペプシやフランス電力、マッキンゼー、PWC、ゴールドマン・サックスなど、複数の企業は代表を送る見通し。 ドナルド・トランプ米大統領は18日、記者団に対して、カショジ記者は「どうやらおそらく」死亡したようだと述べ、「とても悲しいことだ」と付け足した。サウジ政府が記者を殺害したと証明されれば、「非常に厳しい」結果が待っているとも述べた。 トランプ氏は10日の時点でも、もしサウジ政府が記者を殺害したなら「厳罰」を与えると発言。これにサウジ側は強く反発していた。その後トランプ氏は15日には、記者は「行きずりの殺し屋」に殺されたのかもしれないと記者団に話した。トランプ大統領は、サウジ政府をかばっているのではないかという批判には、そのようなことはないと反論している。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、カショジ記者の失踪は気の毒だが、確かな事実の裏づけなしにサウジアラビアとの関係を損なうわけにはいかないと述べた。 <時系列> カショジ記者の失踪 10月2日 03:28―サウジ工作員の搭乗が疑われる民間機がイスタンブール国際空港に到着。2機目が同日午後に到着 12:13―複数の外交車両が総領事館に到着するのを防犯カメラが撮影。サウジ工作員の一部が乗っていたとされる 13:14―カショジ記者が、トルコ人婚約者との結婚用の書類を取りに総領事館に入る 15:08―外交車両が総領事館を出発し、近くの総領事公邸に到着する様子を防犯カメラが撮影 21:00―この時間までに民間機2機は出国 10月3日 トルコ政府、総領事館内に留まったとみられるカショジ氏が行方不明と発表 10月4日 サウジアラビア政府、カショジ記者は総領事館を出たと表明 10月7日 トルコ当局者がBBCに、カショジ記者は総領事館内で殺害されたようだと話す。サウジアラビアは後にこれを強硬に否定...

Read more
トルコリラ上昇、財務相の行動計画や銀行のスワップ取引制限で

  [イスタンブール 13日 ロイター] - 13日のアジア時間朝方の取引で、トルコリラは早朝に付けた過去最安値から値を戻した。同国のアルバイラク財務相が市場の懸念緩和に向けた行動計画を策定したと明らかにしたほか、銀行監督当局が国内銀行のスワップ取引を制限すると発表した。 2126GMT(日本時間午前6時26分)時点でリラTRYTOM=D3は1ドル=6.85リラ。早朝には7.24リラまで売られ、過去最安値を付けていた。 トルコ銀行調整監視機構(BDDK)は、国内銀行による海外投資家とのスワップ、スポット、フォワード取引を銀行資本の50%以内に制限すると発表した。

Read more
サウジアラビアで女性の運転が解禁 一方で権利獲得の活動家は獄中に

  サウジアラビアで24日、女性の自動車運転が解禁された。イスラム教国として非常に保守的な同国で、長く女性抑圧の象徴とみなされていた問題に風穴が開いたことになる。 今回の解禁は、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が原油依存度の高い経済からの移行と閉鎖的社会の開放を目指す改革を主導する中で、2017年9月に父親であるサルマン国王が指示したもの。 同日未明、警官が見守る中で東部アル・コバールの街を運転した女性会社員のサマー・アルクサイビさんは「きょうは素晴らしい日」と喜び、後部座席を指して「私たちは昨日、あそこに座っていた」と話した。 同国西部ジッダで、自ら車を運転して出勤した心理学者のサミラ・アル=ガームディーさん(47)は「これは私たちの権利であり、ついに手にした。社会が次第に受け入れていくのは、時間の問題だ」と話した。 サウジアラビアでの女性の運転禁止は、昔から国際的な批判を集めてきた。解禁は、同国の新たな進歩の証として西側諸国に歓迎されている。 ただ、運転禁止に反対していた女性権利活動家の一部に対する取り締まりも同時に行われた。女性が初めて合法的に路上で運転できるようになった一方、こういった活動家らは獄中にいる。 外国での免許を持つ女性による国内免許への切り替えが今月から始まるなか、新しいドライバーはまだ少ない。内務省の広報官は何件のライセンスが発行されたか、詳細について明らかにしなかったが、権利を持つ女性約900万人のうち12万人から申請があったと述べた。 このうち大半が、国営の新しい教習所で訓練を受ける必要があり、2020年までに300万人の女性が運転を始めるとみられている。

Read more
トルコ大統領選、エルドアン氏が勝利宣言

  【イスタンブール】トルコ大統領選と総選挙が24日投開票された。国営アナトリア通信は開票率96%時点で現職のエルドアン大統領が再選に必要な過半数の票を得たと報じた。これを受け、エルドアン氏は「国民の信任を得た」と勝利宣言した。報道に基づき、自身が率いる与党・公正発展党(AKP)主導の政党連合が国会(一院制、定数600)の過半数を制したとも述べた。 一方で、野党陣営は開票作業が依然続いており結果を判断するには尚早と主張している。アナトリア通信の報道を「改ざん」と指摘し、反発している。今後、選挙結果を受け入れるかが焦点となる。 トルコは17年の国民投票で承認した憲法改正を受け、議院内閣制から実権型の大統領制への移行が決まっている。今回の選挙は15年にわたって国政のトップに君臨し、強権を加速させるエルドアン氏の統治への評価が問われていた。

Read more
建設中の大エジプト博物館、運営は外国企業 国際入札で

  エジプト政府は10日、ギザの3大ピラミッド近くで建設中の「大エジプト博物館」について、完成後の運営を担う企業を国際入札で決めると発表した。ノウハウにたけた外国企業に任せることで、世界的にも屈指の博物館に育て上げる狙いがある。 メディアや企業関係者らを集めた入札説明会で、マシャート観光相は「博物館は文化観光の主要な柱となるだろう」と強調した。 アナニ考古相によると、博物館の建物は75%が完成した。部分開館は2019年の予定で、古代エジプトのツタンカーメン王の遺品約5千点などを展示。全面開館は22年を予定し、他の遺品を含めて約5万点を展示する。 エジプトの観光は政変やテロなどの打撃を受けた。17年の外国人観光客は829万人。前年より回復したものの、11年の「アラブの春」以前より4割以上減った。

Read more
イラン、核査察への協力拡大拒否 ウラン濃縮能力増強を準備

  イランのナジャフィ国際原子力機関(IAEA)担当大使は6日、米国が離脱を表明した2015年核合意を巡る問題が解決するまで、IAEAによる核査察への協力拡大に応じる用意はないとの立場を示した。 また、イラン原子力庁のサレヒ長官は、ウラン濃縮用高性能遠心分離機の設置計画の詳細を明らかにし、濃縮能力増強に向けた決意を示唆した。 イランの最高指導者ハメネイ師は4日、核合意が無効になった場合に備え、ウラン濃縮活動を加速させる準備を整えるよう国内担当機関に指示したと明らかにした。同国はIAEAに対しても、濃縮ウラン原料を製造する「暫定的な」計画を通知している。 ナジャフィ大使は、核合意維持に向けた英独仏の努力について、イランの忍耐は無限ではないと言明。欧州3カ国に数週間の猶予を与えたとし、「数カ月ではない」と強調した。 また、核査察団への協力を拡大すべきとしたIAEAの要求を一蹴し、核合意を巡る事態の膠着が続いている間は、イランに一段の任意措置を期待すべきではないと記者団に語った。 一方で「(核合意に)反する活動を直ちに再開するという意味ではないということも強調する必要がある」とし、「あくまで準備作業だ」と述べた。 イラン中部ナタンズの核関連施設では、高性能遠心分離機の製造が可能な設備を準備する作業が始まり、サレヒ長官は、1カ月で設備が完成するとの見通しを示した。 この動きは核合意に違反するものではないが、圧力に屈しないとの強いシグナルを西側諸国に送る格好となった。

Read more
平和だったヨルダンの国民が反政府デモでに立ち上がった

  <中東では平和な国として知られるヨルダンで激しい抗議に合い、首相が辞任させられた> 中東で最も安定した国に数えられるヨルダンが、5月末から大規模な反政府デモに揺れている。鎮静化のため、アブドラ国王は6月4日、ハニ・ムルキ首相に辞任を求めた。 人々は政府の増税案に怒って街頭に繰り出し、近年まれに見る規模の抗議行動に発展した。武力紛争に揺れる中東において貴重な平和と安定を維持してきたヨルダンだが、エコノミストたちは、本格的な経済改革が必要だと言う。ヨルダン経済は海外からの援助に大きく依存しており、国の借金は国内総生産の約95%に相当する。 国際通貨基金(IMF)は同国に対し、売上税の引き上げや、食料(パン)補助の廃止などの増税策で税収を増やし、財政赤字を削減するよう勧告している。しかし、企業寄りのムルキ首相が進めてきたそうした政策は、国民にことのほか不評だ。増税によって、中間層を構成する労働者たちに過大な負担がかかるという意見もある。 イスラエル紙ハーレツ紙のコラムニスト、ジブ・バレルlは論説で、以下のように述べた。「食品や生活必需品のメーカーが払う法人税は、24%から30%に上がる。だが、最も打撃を受けるのは一般の人々だ。世帯収入の課税最低限はこれまでの4万ドル以上から2万2700ドルに引き下げられ、個人は1万7000ドルから1万1200ドル以上に引き下げられる。政府は、人口に占める納税者の割合を、4.5%から10%に増やそうとしている」 国民の多くは貧しくて非課税 バレルはさらに、こう続けた。「これは正しい方向への一歩だが、それを信じる人がいるかどうかは疑問だ。表向きには、こうした改革はあまり反対を受けないと考えられていた。増税しても国民の多くは所得が低く、課税されないからだ。しかし一握りの中間層にとっては見過ごせない。彼らは所得税や、法人税の増税による価格転嫁など、数々の負担に直面しなければならない」 新たに首相に就任するのは、世界銀行の元エコノミストで、現在は教育相を務めるオマル・ラッザーズだ。国王は6月4日、ラッザーズに組閣を要請したが、新政府が抗議行動を鎮めるために増税案を廃案にするかどうかは不明だ。 ヨルダンのメディアによれば、議員たちが国王に対して、臨時議会を開催したいと申し出ている。議員たちの多くは増税に反対しており、反対票を投じると見られている。デモ参加者たちも、増税案が廃案にならない限り、抗議行動は止めないとしている。

Read more
サウジ国王、新規政府事業からドイツ企業の排除命令 両国関係さらに悪化か

  サウジアラビアのサルマン国王は、今後政府事業についてドイツ企業を新規契約先として選定することを禁止する勅令を発した。独週刊誌シュピーゲルが25日、情報源を明らかにせず報じた。 ドイツの中東政策を巡るサウジのいら立ちが続いていることがうかがえる。シュピーゲルによると、シーメンスやバイエル、ダイムラーといったドイツ主要企業が打撃を受ける公算が大きい。 サウジとドイツの関係は緊張状態が続いており、昨年にはドイツの当時のガブリエル外相によるレバノンに関する発言をきっかけにサウジが駐独大使を召還した。 ドイツ連邦統計局のデータに基づくと、同国にとってサウジは重要な貿易相手国で昨年の輸出額は66億ユーロ(77億ドル)だった。 シーメンスは昨年、サウジが国内に建設する発電所向けのガスタービン5基を納入する契約を受注。ダイムラーも、サウジのバス運行会社に大型バス「メルセデス・ベンツ・シターロ」を600台販売する契約を結んでいる。 サウジで活動するあるドイツ人ビジネスマンは25日ロイターに、とりわけ医療関連セクターにおいて事業契約応募の際の審査が厳しくなっていると話した。

Read more
ガザ銃撃負傷者の病室「全員が頭や腹撃たれた」

  【ガザ(パレスチナ自治区】パレスチナ自治区ガザで、米国の在イスラエル大使館のエルサレム移転などに抗議したデモによる死者が60人超、負傷者は3000人を超えた。 ガザ最大のシファ病院は、イスラエル軍の銃撃で重傷を負ったパレスチナ人であふれかえっていた。 「ここにいる全員が頭や腹を撃たれた。瀕死ひんしの重体だ」。16日、重体患者が治療を受ける病院の一室では10あるベッドがいっぱいとなり、半数近くが意識不明だった。 ガザ東部で抗議デモの取材中にイスラエル軍に胸を撃たれたパレスチナ人記者のモアタセム・ダルールさん(38)は、酸素マスクを着けられ、生死の境をさまよっていた。 「モアタセムさん、聞こえますか」。医師の呼び掛けに、モアタセムさんはうっすらと目を開け、左手を挙げてピースサインをつくった。治療に当たっているジハード・ジュエイディ医師(48)は、「手を尽くしているが、厳しい状態が続いている」と話した。

Read more
Page 2 of 5 1 2 3 5

Translate

Popular Post

【ラグビーW杯】 オーストラリア、4トライでジョージア下す ボーナスP獲得 

  ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は11日、小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県袋井市)で1次リーグD組の試合があり、すでに決勝トーナメント進出を決めているオーストラリア(世界6位)が27-8でジョージア(同13位)を破った。 前回準優勝のオーストラリアは、準々決勝での対戦カードを少しでも有利にするため、ボーナスポイントを奪っての勝利を狙った。 一方、1次リーグ敗退が決まっていたジョージアにとっては、勝利すれば次回大会の出場権が確保できる重要な一戦だった。 ずば抜けた強さと速さ、そして攻撃力を誇るオーストラリアに、重量級のフォワードを擁するジョージアがいかに対抗するかに注目が集まった。 重量級の肉弾戦 序盤は、重量級のボクサーがぶつかりあうような展開になった。 オーストラリアは本来、キックを活用しながら、ボールを積極的に動かしていくプレースタイルを身上とする だがこの日は、短いパスをつなぎながら何度も縦方向に突破を試みるという、きわめてオーソドックスで古典的なスタイルで戦った。 一方、ジョージアは選手同士の間隔が広がらないように注意しながら、ディフェンスラインをしっかりキープ。突破されかかった際には、時にはダブルチーム(二人がかり)で強烈なタックルを見舞い、相手を止めた。 結果、プレーのテンポ自体は速くないにせよ、見応えのある肉弾戦が続いた。 20分過ぎに初得点 このような状況の中、前半14分過ぎから試合が動き始めた。 オースラリアは敵陣のゴールライン間際で得たラインアウトから、密集を作っては縦方向への突破を試みる攻撃を10回以上も繰り返した。 ジョージアはこれをしのぎ切ったが、オーストラリアは前半21分過ぎから、再び波状攻撃を仕掛けた。 最後はゴールライン間際のラックからボールを拾い上げたSHニック・ホワイトが、潜り込むようにしてゴール右に頭から飛び込み、初トライが生まれた。 SOマット・トゥームアはコンバージョンキックを成功させ、オーストラリアが7-0とリードした。 [caption id="" align="aligncenter"...

Read more