アーセナルOBヴィエラ、主将剥奪のジャカを擁護「彼を気の毒に思う」
オーストラリアの森林火災、シドニー郊外まで火の手迫る
中日・加藤代表 保留の祖父江とは継続的な登板数で「考え方に差」 44試合に登板もダウン提示か
メッシ&スアレスの“世紀のトリックPK”。友情と遊び心が極上の連係へと昇華
選手と実業家の顔を併せ持つピケ「時間が足りず4~5時間しか寝ていない」
「失敗」に終わった2019年ヤンキース。今オフはゲリット・コールを獲得して再び世界一を狙う?
国士舘18年ぶり秋東京2連覇 サイドスローが帝京完封
ジョコビッチ、これまでのツアー最終戦戦績。今年はナダルと年末1位も争う
「アーセナルでの仕事は高く評価しているが…」バイエルン監督就任にウェンゲルが興味? CEOは接触を認める
【スーパーGT】23号車ニスモGT-R、最終戦は悔しい8位。ロニー・クインタレッリ「僕たちには足りない部分がある」
スラビアGK、バルサ守護神の言葉に「鳥肌が立った」一方で…メッシらの対応に「悲しかったよ」
平成の平和、災害、富の格差の時代として記憶に残る

明仁皇帝の引退を迎えた1989年の平成元年は日本の平和の時代でしたが、それはまた、壊滅的な自然災害と経済の停滞の時代として記憶されるでしょう。 「平成の30年の間に、日本は近代史上初めて戦争から解放されました…しかし、私たちの国が多くの予期せぬ挑戦に直面したので、決して平穏な時ではありませんでした。」昔の皇帝は2月の式典で彼の30年の治世を記念する演説を振り返った。 日本が皇帝の名で戦争をした皇帝裕仁の元昭和時代とは対照的に、「平和を達成する」ことを意味する平成は、日本は戦争に関与していなかったので平和の時代として記憶されるでしょう。 。 しかし、神戸とその周辺を襲った1995年の阪神大震災、そして1986年のチェルノブイリ以来の最悪の原発事故である福島第一原子力発電所の危機を引き起こした2011年の大地震とその後の津波を含む一連の自然災害を目撃しました。 神戸地震は約6,400人の命を奪いましたが、東日本大震災では約15,900人が死亡し、2,500人が原因不明です。 天皇はしばしば天災に見舞われた地域を皇后ミチコと共に旅してきました。避難所で生存者と話をするためにひざまずいて非公式に服を着たカップルの画像は、人里離れた皇室を公衆に近づけるのに役立ったと言われていました。 経済面では、平成元年は、資産膨張バブル経済のピーク時に日本経済が活況を呈していたときから始まりました。 1989年、世界はドイツのベルリンの壁の崩壊と中国の天安門広場での民主化促進の集会を見ました。 またその年、三菱地所はニューヨークのロックフェラーセンターを買収しました。これは日本企業による海外資産の象徴的な購入です。 225発行の日経平均株価は、1989年の最終取引日に過去最高の38,957を記録しました。 しかし、数年後、日本のバブル経済は崩壊し、同国の安定した成長期を終わらせ、約20年間の「失った数十年」の停滞をもたらしました。 2008年に米国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが崩壊したことをはじめとする一連の金融危機を経て、日本経済は米国に続いて世界第2位の経済から第3位に下落しました。 2010年の中国 成都の王子の昇天とともに5月1日から始まる新しい令和時代にも、平成の経済を重視する国の少子高齢化が続いているため、一部のアナリストは楽観的な見方をほとんどしていません。 このような状況の中、政府は公的年金の受給年齢を60歳から引き上げ、一部の高齢者が働き続けるよう促した一方で、大手企業が合理化措置を実施し、非正規労働者の雇用を拡大した。 東京工業大学の准教授である西田良介氏は、2000年代初頭以降、世代間または世代間の格差が社会的課題として認識されていると述べた。 「若い世代の人々でさえ、NEETを含む公的支援を必要とする社会的弱者になる可能性があることが知られるようになった」と、35歳の政治社会学者は教育、雇用または訓練を受けていない人々に言及した。 政治の分野では、平成は激動の時代であり、その間に日本には17人の首相がいました。 1955年に結成された自由民主党は、戦後のほとんどの時期に国の政治情勢を支配していましたが、それは平成時代の間に合計で約4年間2回政権から追放されました。 現存していない日本の民主党による2009年からの3年間の政権後、現職の安倍晋三首相は2012年後半に自民党を政権に戻し、それ以来彼の握りを維持してきました。 彼の「アベノミクス」政策パッケージを通して経済を後押ししようとしてきた首相は、11月に日本で最も長く奉仕するリーダーになると広く予測されています。 著名な作家落合啓子は、彼の時代を振り返ってみると、現在では7人に1人の子供が貧困で暮らしていることを指摘しました。これは、納税者の​​お金が次世代に正しく使われていないことを意味します。 厚生労働省によると、2015年の全国の生計調査では、日本の18歳未満の子供の13.9%が、世帯の平均中央値の半分以下で生活している世帯にいることが示された。 「一般市民は、1,000兆円(8.94兆ドル)を超える公的債務を懸念しているが、この問題の解決方法を検討すると考えられている人々は、深刻な対処をしていない」と述べた。指導者たち。 「経済的に不安定な非正規労働者を含む若い世代が高齢者を支援する負担を負わなければならないのは不合理です」と落合氏は述べた。 新しい時代を見据えて、彼女は、「すべての子供が自分自身が生まれて幸せであると感じ、同時にすべての高齢者が自分が長生きして幸せであると感じる社会」を見たいと望んでいると述べました。 一方、落合氏は、一連の自然災害により日本人がボランティア活動に参加するようになったと述べた。災害は「本当に悲しい話だったが、結果としてもたらされたものを大事にしなければならない」と彼女は言った。...

Read more
のり卸売業者は歴史、技能を誇りにしています

3月中旬、東京の大田区の大森市にある海苔卸売業者協同組合の建物である大森海苔会館で、海苔干しに入札する男性の強い声が反響しました。 「これは質の高いのりです。ある人は言った。もう一人は「これは柔らかすぎる」と言った。 のりの収穫時期は11月から4月までです。その季節の間に、のり卸売業者の協同組合のメンバーは、のりオークションに参加するために水曜日に建物に集まります。 大森地区は江戸時代(1603-1867)からの主要な農産物産地でした。しかし、1962年には、以前の東京オリンピックとパラリンピックの2年前に、大会のための東京湾土地の開拓が発表され、約2,000人の農民が事業をやめた。彼らは多くのノリサプライヤーを失ったので、この動きはノリ卸売業者を困難な状況に陥れました。 それでも、卸売業者は、さまざまな品質のノリを決定する際のスキルに頼って、全国からノリを持ち込むことによってオークションを開催し続けました。 協同組合協会の62歳のチーフディレクター、古市直久氏は、「ベテランの卸売業者がグッドノリの判断に間違いを犯すことはない」と自信を持って述べた。 協同組合は主に神奈川県で製造されたのりを扱っていますが、今日でも大森には約70ののり卸売店があります。 地域の大森のり博物館でも、大森ののりづくりの歴史を語る活動が行われています。 3月16日、両親や子供を含む約80人が博物館に集まり、伝統的な食器を使って生のりから干しのりを作るワークショップに参加しました。 ワークショップで講師を務めた、78歳の元農家、平林俊武氏は、「大森でのノリ生産の歴史を楽しい時間をかけて伝えたい」と語った。 母親と一緒にワークショップに参加した9歳の小学校3年生の男の子は、「私が知っているこの場所は、以前は大きなノリ産地であったことに興味がありました」と述べました。 「塩味のおにぎりで包んで作ったのりを食べたいです」

Read more
白鳳、日本の市民権に一歩踏み出す

情報によると、モンゴルの横綱プロ相撲グランドチャンピオンの白鳳が日本の国籍を取得するための手続を開始した。 手続きの一環として、白鳳さん(34歳)はモンゴル政府に現在の国籍を放棄するよう申請書を提出した、と情報筋は述べている。 白鳳は同日記者団に結果を待っていると語った。 定年後、海外の相撲取り選手は安定相場として日本相撲協会に残り、若い力士を育成するために日本の市民権を取得する必要があります。 本名がMunkhbat Davaajargalである白鳳は、日本人女性と結婚しています。宮城野厩舎に所属しています。 彼は日本の国籍を取得する意向を表明していた。 現在、ハワイ出身の武蔵川は元横綱武蔵丸、トモズナは元モンゴル、元戸はきょうくてんと、鳴門はブルガリアの3人で、元オゼキコトシュです。 白鳳は、平成15年3月の春の大相撲トーナメントで15-0の成績で優勝し、過去最高の記録を更新しました。

Read more
東京裁判所はオウム真理教の後継者アレフに10億円の支払いを命じる

水曜日の東京裁判所は、Aum Shinrikyoの最後の審判のカルトの後継者グループであるAlephに、1995年3月に首都圏を襲った東京のサリンガス攻撃の被害者に10億円以上の損害賠償を支払うよう命じた。 オウム真理教のカルチストたちによる一連のテロ攻撃やその他の犯罪により、合計29人が死亡、6,000人以上が負傷したため、192人が起訴された。 昨年7月、日本は1995年のサリン攻撃の責任者とされていた13人の元カルト党員を処刑した - これは13人を殺害し、さらに数千人を負傷させるテロ行為である。 2000年にカルト教徒たちのグループは、自分自身をAlephに改名しました。 同年7月、グループは破産を宣言したため、被害者に謝罪し、2005年までに管理者を通じて約9億円を支払うことに同意した。 それ以来、アレフは犠牲者の支持者に一定の金額を支払いましたが、借金を返済するための資産がないと主張し、要求された金額の支払いを保留しました。 東京の控訴裁判所での交渉を通じて、アレフはその債務残高を認めたが、支払いを遅らせ続けた。 交渉は6年近く続けられましたが、進捗はありませんでした。 被害者団体を支援している弁護士はその後、東京地方裁判所に訴訟を起こし、アレフに約10億5000万円の補償を求めた。 水曜日の判決で、田中和彦判事は、アレフに19年間で返還された金額を考慮して、約10.22億円に利息を加えた金額を支払うよう命じた。 水曜日の午後の東京裁判所の判決後に開かれた記者会見で、訴訟の犠牲者を代表する弁護士は、裁判官が原告の主張を明らかに認めているとして、裁判所の決定に満足していると述べた。 補償金は517人の犠牲者と生き残った家族に支払われます。 弁護士の一人である宇都宮健治は、裁判所はアレフの責任からの逃走の試みを考慮に入れていると結論した。 「被害者は高齢化しており、被害者の主張を満たすために、この判決が支援者に返金するよう促してくれることを望んでいる」と彼は述べた。 昨年、法務省は13人のカルト主義者たちを殺害した - 1995年3月20日の致命的な神経ガス攻撃の背後にある最後の審判のカルトと首謀者である浅原翔子を含む。 訴訟で命名された被害者のうちの1人の妻である高橋しずえは、次のように述べています。 「しかし、被害者はまだ救済の支払いを待っています。彼らはまだ終わっていないからです」と高橋氏は付け加えました。

Read more
伝統の重荷に立ち向かう新帝国カップル

日本にやって来る皇帝である鳴仁皇太子は、宮殿の厳格な規則から家族を守ることを含め、世界最古の君主制の中で伝統と彼自身の現代的価値のバランスをとるという微妙な課題に直面しています。 59歳の相続人は、特に彼の妻マサコが帝国生活に順応するのに苦労していたように、時々苛酷な生活様式に課せられた生活様式を批判することについて恥ずかしがり屋ではありませんでした。 そして彼の人気のある父、アキヒトのように、彼は日本の20世紀初頭の軍国主義を軽視することなく、「正しく」第二次世界大戦を覚えておく必要があると警告しました。 1960年2月23日生まれのナルヒトは、彼の両親や兄弟と同じ屋根の下で育った最初の日本の王子でした。 彼は日本で歴史学位を取得した後1980年代にオックスフォード大学で2年間学び、伝えられるところによればアメリカの女優ブルック・シールズのポスターで彼の住居を飾った。イギリスでは、彼は日本の王室生活のいくつかの厳格さを放棄することができ、他の学生や英国の王室と混ざり合っていました、そして彼はその時代を好んで話しました。 1993年、彼は5月にナルヒトが菊の王位に就任したときに皇后になる大和田雅子と結婚した。外交家族の娘で、ハーバード大学とオックスフォード大学で教育を受けたマサコは、王室の家族と結婚するために彼女自身の有望な外交キャリアを後にしました。 Naruhitoは、彼女が移行を行ったときに「任意の費用で彼女を保護すること」を約束しました、そして、Masakoは彼女が彼女自身のキャリアを犠牲にしたことを説明しました。 しかし、彼女は家族の中での独占的な生活に順応するのに苦労しました。彼女はまた、日本の帝国継承が女性を排除しているので、息子を産むことに大きな圧力をかけられました。この精査は、2001年に娘の愛子姫(夫婦の唯一の子供)を産んだ後に初めて激しさを増しました。 2004年、ナルヒトは、前例のない公の発言で、宮殿の葬儀手が彼の妻の人格を非難したと非難した。 「私にとって、マサコは過去10年間にわたって王室としての生活に自分自身を適応させるための彼女の努力に疲れ果てているようです…それはマサコの元キャリアを否定することになる何かがあったことも事実です」と彼は言いました。 彼はマサコを「彼女は外交官としての仕事を辞めたにもかかわらず、彼女が外国を訪問することはほとんど許されないと憤慨した」と述べた。 同じ年に、宮殿は、マサコがほとんどすべての結婚のためにストレス誘発性の「適応障害」の治療を受けていたことを明らかにしました。 なる人は後で彼の発言を謝罪したが、彼は現代に合うように "新しい王国の義務"を求めた。 マサコへの圧力は、義理の姉が2006年に息子、現在12歳の久仁王子を出産したときにやや緩和されました。 ナルヒト氏はまた、第二次世界大戦における日本の役割の修正主義に反論し、父親の指導に従って、安倍晋三首相のナショナリズムの叱責としての見解を示した。 「戦争の記憶が薄れつつある今日、私たちの過去を謙虚に振り返り、惨めな経験と戦争を知っている世代から受け継いだ世代への日本の歴史的な歩みを正しく伝えていくことが重要だと思います。 t、「彼は2015年に言った。 成仁と雅子は、現在の帝国の夫婦によって作られた慰安婦の役割を追求することが期待されています。 名古屋大学の助教授であり、日本の歴史専門家である川西秀也氏は、「彼らはおそらく国民と並んで立っている - 被災地を訪れ、平和を祈っている」と語った。 。 2月に、Naruhitoは彼が「常に人々の近くにいて、悲しみと同様に喜びを共有すること」を皇帝として望んでいると言いました。 しかし、マサコの健康を考えると、夫婦は「現在の皇室の夫婦と同じ量の活動を行うことはできないだろう」と川西氏はAFPに語った。 12月の彼女の誕生日に発表された声明で、マサコは皇后になることについて「不安」を感じるにもかかわらず、最善を尽くすと誓った。率直な声明で、彼女は回復しつつあり、「以前よりも多くの職務を遂行する」可能性があると述べ、国民の「強力な支援」を認めた。 しかし、医師は治療を続ける必要があり、疲労に弱いことを警告しています。

Read more
さくらは日本中に咲き、訪問者を魅了します

日本の多くの地域で桜が満開です。金曜日には、初夏のような天候のため、人々は全国各地の花や桜を見るために訪れるように勧められました。 ユネスコの世界遺産に登録されている京都の大名寺には、800本の桜が満開です。その中には、昨年の台風によって大きな被害を受けたにもかかわらず開花した160歳のしだれ桜があります。 桜は岡山市の有名な後楽園にも開花しています。多くの訪問者はまた庭の近くの旭川を並ぶ250本の桜を見るために訪問すると期待されています。 愛知県岩倉市の中心部では、外国人観光客を含む観光客がこの地域で有名なさくらんぼスポット、五条川に集まっています。 川のほとりには、ソメイヨシノを中心に約3,000本の桜が植えられています。 さくらウォッチャーはまた、布から澱粉を除去するために川の中に巨大な鯉のぼりがしみこんでいるのを見るかもしれません。 日本海沿岸の富山県では、気象台がその地域の桜の開花がピークに達したと発表した。松川のほとりや川船の花を楽しんでいる人がいました。 金曜日の「​​さくら戦線」は着実に北東に向かっていた。福島市と仙台市では、気象観測所が桜の木が咲き始めたと発表しました。両都市とも2日前に雪が降った。しかし、南風が吹くと桜の芽が開くのに十分な気温がありました。

Read more
研究捕鯨は30年の闘争の末に終結する

30日近く南極海での調査捕鯨を行ってきた8,145トンの船舶である日進丸が率いる日本の調査捕鯨船団は、日曜日に山口県の下関港に戻った。 日本政府が国際捕鯨委員会から撤退し、7月に商業捕鯨を再開したことで、南極海における日本の調査捕鯨の歴史は終わった。 東京を拠点とする鯨類研究所(ICR)の副部門長、松岡浩二さんは、次のように述べています。 「少なくとも、何らかの障害に直面しても、私たちは信仰を守りました。」 日本政府は、調査捕鯨を実施するための基礎を契約しました。南極海での調査捕鯨は、日進丸工場船が主導する5隻の艦隊によって行われました。 調査の手順は、乗組員が海面をスキャンして呼吸するために水面を壊しているクジラを見つけることから始まりました。クジラが発見された後、クジラキャッチャーと呼ばれる2つの船がサイトに急行し、harなどの道具を使ってクジラを捕まえます。残りの2隻の船は、現場のクジラの数について目視検査を行います。 捕獲物は日進丸に積載されています。甲板上で、乗組員はクジラの体重と寸法の測定をして、彼らの胃の内容をチェックして、遺伝分析のためにサンプルを採取します。その後、死体は冷凍庫に保管され、研究の「副産物」として日本に持ち帰られ、市場で販売されます。 調査捕鯨は毎年11月に始まり、次の3月まで続きました。近年のある航海で、艦隊は333匹の南極ミンククジラを捕まえた。 松岡は日清丸が率いる約30年間の艦隊主導の調査捕鯨航海に15回参加しました。 探検のリーダーとして、松岡は150日の長い航海中に20代と30代で約200人の乗組員を率いてきました。 しかし、調査捕鯨は反捕鯨国や組織から厳しい批判を受けています。 特に、反捕鯨組織のSea Shepherdは、日本の艦隊に襲撃した。シーシェパードの活動家たちはまた、強い匂いを放つ酪酸を含んだボトルを投げ、そして日本の船に何度も煙草を吸いました。 「睡眠中に攻撃を受けた場合に何ができるかを恐れていたため、松岡は、「それぞれの航海中、ほとんど毎日眠ることができなかった」と述べた。 このような障害物は年々激しくなり、2011年に調査捕鯨は一時停止されました。 「乗組員は出発前にプリペイドカードを購入し、衛星電話で家族の声を聞きました」と松岡氏。 "それは精神的にそれらをサポートしていました。" しかし、調査の成果は国際的に高く評価されています。これは、重要度の低い取り組みにより、クジラの個体数とその生物学に関するデータが得られたためです。 調査捕鯨により、南極海には510,000を超える南極のミンククジラが生息し、1990年代以降、多くの国による乱獲により減少したナガスクジラとザトウクジラの個体数が回復したことがわかりました。 日清丸は、調査捕鯨での役割をやめます。 7月から、日本に隣接する海域で商業捕鯨を行います。 「調査捕鯨は、広大な海域に生息するクジラの大まかな数を知ることなど、優れた目標に向けての挑戦の歴史でした」と松岡氏は述べた。 「若い人たちが、これからも少しも感謝しながら、クジラの肉を少しずつ食べてくれることを願っています。」 7月からの商業捕鯨 IWCは1982年に商業捕鯨を停止するモラトリアムを採択し、日本は1988年に商業捕鯨を停止した。 日本は代わりに1987年から南極海と北西太平洋で調査捕鯨を行った。 2014年、オーストラリアは、その捕鯨調査に関して日本に対して国際司法裁判所に訴訟を提起しました。 ICJはこの訴訟で日本を裁定し、その活動は科学的研究と見なすことはできないとの判決を下した。...

Read more
明治かられいわへ:日本の百歳以上の人は過去への窓を提供する

明治時代に生まれた日本人は、黎明の夜明けを見るのに十分な長さで住んでいましたが、過去の世代を垣間見ることなく、次の世代へのコンテキストを提供しました。 確かに、時代の名前、または "gengo"は、彼らを生き抜いた人々の世代を表すようになってきました。 108歳の元医者である臼井二郎は、明治44年の1911年、岐阜県中部の大垣市で生まれました。 大正時代は1912年に始まりました。同じ年にタイタニック号は、彼女の乙女の航海中に氷山との運命的な衝突の後に沈没しました。ほんの2年後、臼井が単なる幼児だったときに、第一次世界大戦が発生しました。 「大正は(私にとって)最高の年でした。私の心が満足するまでプレーすることができました。しかし、戦争の影響はあまり良くありませんでした」と臼井氏は語った。 昭和が始まった1926年の彼は15歳でした。 1941年、臼井の弟は太平洋戦争で同盟国と戦うために出発し、彼が殺された後、家族は戦争で亡くなった多くの帝国日本の兵士の場合のように石を含む木箱だけを受け取りました。 第二次世界大戦後の1970年代までの日本の経済ブームの間、臼井はヘルスケアセンターの所長を務め、引退後に内科診療所を開設しました。 1989年に平成が始まったときは78歳で、105歳までは自分の地域の患者を治療する医師として働いていました。 「(新時代についての)最も良いことは、人生を楽しむ次世代のみんなになるだろう」と臼井氏は語った。 戦争の記憶にまだ悩まされていますが、彼は平和のために漢字「wa」を使っている時代の名前としてのReiwaの選択が来るべき良いことのしるしであると信じています。 「それは平和を守ることなのですか?」彼は立った。 1906年、千葉県松戸市に住む平田元omeが長野県中部の上田の農場で生まれました。明治39年、創刊の夏目漱石の「ぼっちゃん」が最初に出版されたのと同じ年でした。 。 現在112歳の平田は、いつも小さな女の子として本を読んでいました。生の絹価格が大恐慌の余波で崩壊したとき、彼女は蚕の繁殖家の家族と結婚しました。 4人の男の子と2人の女の子を育てながら目的を達成するのに苦労して、彼女は夜明けから夕暮れまで定期的に働きました。 彼女は短歌として知られている日本の古典的な詩の形を読むことによって仕事からの休息を見つけるでしょう。 第二次世界大戦中、平田が所属していた地元の女性協会が士気向上のための提灯を用意しました。 しかし、戦争が1945年に終結した後に近隣の兵士の家族全員が自殺したときのように彼女が耐え難い悲しみを目撃したので、悪い時代は善を上回る。 「家族の中に赤ちゃんがいたので、特に悲しかったです」と平田氏。 昭和は激しい仕事の時期であったが、平田は1989年から始まって、彼女の人生はより良い方向に変わったと言いました。 彼女は長野から千葉へ引っ越しました。そこで彼女は現在74歳の娘と一緒にアパートに住んでいます。 平田氏は、日本の詩の中から日本で最初に選ばれた帝国時代について尋ねられ、「それは素晴らしい」と述べ、詩人としての背景が「万葉集」から派生したものだと付け加えた。 平田は、5月1日から昭和天皇の息子ナルヒトの王座に昇格し、新世代と新時代への希望を表明し、「世界をより良い場所にしたい」と語った。

Read more
宮城で再開する津波被災デイケア

2011年の津波で破壊された、子供たちのためのデイケアセンターの再オープンを記念して、日本北東部の宮城県の人々が迎えています。 日曜日に、元と現在のスタッフと地元住民は、名古屋の沿岸都市のYuriage地区での新しい施設の建設の終わりを記念する式典に出席しました。 デイケアは、当初の場所よりも内陸にある地域で再建され、4月にサービスを再開する予定です。 2011年に施設が洪水に見舞われた後、市政府は子供たちの受け入れをやめました。スタッフと子供たちは全員安全に避難しました。 式典で、山田四郎市長は、保育園をYuriageの子育ての中心地にしたいと述べ、地区が子供たちの笑顔で満たされることを望んでいると述べました。 再開のために伝統的な地元のダンスが行われました。 佐藤雅子氏は、子どもたちが多くの人々の希望を持ち続け、将来について夢を見られるような環境を作りたいと述べています。 震災当時の保育所長であった佐竹悦子氏は、施設で子供の声を聞くことができるようになれば、復興への大きな推進力となると語った。 45人の子供が保育園に通い始める火曜日に、別の式典が開催されます。

Read more
日本は新規または拡大された石炭火力発電所に反対する

オーストラリアの一般炭輸出市場による劇的なエネルギー転換の兆しがさらに現れていることから、日本の環境大臣は、石炭火力発電所を建設または拡張する新しい計画に「原則として」反対すると発表した。 Guardian Australiaは3月、日本が石炭火力発電への計画された投資の大部分を取り消した一方で、日本の投資車が石炭プロジェクトを捨て、代わりにアジア全域での大規模な再生可能プロジェクトの支援を求めていると報じた。 市場アナリストは、最近のオーストラリアの輸出規制がすでに記録的に近い価格を緩和している中国が、一般炭の価格を引き続き決定し、その価値を下げ続ける可能性があると予想している。 オーストラリアの採掘炭の39%を購入する日本のエネルギー部門による予想以上の早い移行は、将来の販売量と新鉱山の存続可能性に影響を与えるでしょう。 資源部門は、北アジアおよび東アジアにおける需要の減速の予測は南アジアおよび東南アジアの一部における需要の伸びによって相殺されると確信しています。 しかし、発展途上アジアにおける新しい石炭火力プロジェクトの資金調達は、中国、日本、韓国に拠点を置く投資ビークルから来る可能性があり、それらの国々の国内政策と密接に関連しているでしょう。 先週末、3つの別々の発表が、パリと政府の大企業の間で、パリの目標への新たな前向きな焦点が日本で出現しているという確信の高まりを追加しました。 朝日新聞によると、日本の環境大臣の原田義明氏は、新規または拡大された石炭火力発電所に反対する「政策構想」を発表した。 環境大臣は新しい発電プロジェクトについて最終的な意見を述べていないが、彼の意見は計画プロセスの基本的な部分と考えられている。 金曜日、日本最大の電力会社である関西電力は、2030年までに再生可能エネルギーポートフォリオを6GWに拡大し、今後2年間でクリーン電力プロジェクトに50億米ドルの設備投資を予定していると発表した。 同じ日に、発展途上アジアの電力プロジェクトの重要な開発者である日本の丸紅株式会社は、2023年までに再生可能エネルギー収入の倍増を目標とすると発表しました。 丸紅は昨年、石炭から撤退すると発表した。その売却決定に続いて、三井物産、三菱商事、伊藤忠商事、双日のコングロマリットが仲間入りしました。今年、日本では3つの石炭火力発電所プロジェクトがすでに中止されています。 日本は石炭火力発電プロジェクトを建設中で、一部はすでに承認されているため、日本のオブザーバーは慎重な姿勢を保っています。安倍晋三首相は、6月に大阪で開催される次回のG20サミットに先立ち、気候変動に関する世界的なリーダーシップを発揮したいと発表しました。 市場アナリストによると、日本の政府と業界が焦点をシフトしたスピードは非常に速いです。世界の金融機関がますます石炭から撤退しているのです。土曜日のオーストラリア最大の保険会社QBEは、今年7月から鉱山や発電を含む新規の一般炭プロジェクトの保険を中止し、2030年までに一般炭プロジェクトを引き受けることはないと述べた。 最近の発表は新しいプロジェクトに関するものであるため、オーストラリアの炭鉱業者はこれらの要点の直接的な影響を10年以上感じない、または段階的な終了の約束を提示する可能性があります。 経済財務分析研究所のエネルギーファイナンス研究部長のTim Buckleyは、今後10年間は​​最も石炭火力に頼る人々にとってきわめて重要であると述べた。 Buckley氏は、政府が世界の金融市場、特に日本の感情の変化を理解できなかった場合、オーストラリア経済、鉱業コミュニティ、および労働者のリスクが高まると述べ、効果的な移行戦略を実施する必要性を無視した。 「準備するための10年があり、それは将来の産業を築くために非常に重要な10年です」とBuckleyは言いました。

Read more
Page 1 of 4 1 2 4

Translate

Popular Post

アーセナルで信頼回復目指す前主将。ファンの反応には不満も「このチームにふさわしいことを証明したい」

  アーセナルのMFグラニト・ジャカは、再びアーセナルで輝きたいと考えている。スイス『ブリック』に対する発言を英『スカイ・スポーツ』などが伝えた。 ジャカは先月27日に行われたクリスタル・パレス戦での態度が問題になった。交代を命じられてホームのファンからブーイングを浴びた同選手は、暴言を吐くなどしてサポーターに挑発的な態度を取っている。これにより、キャプテンマークを失い、ここ4試合は出番も与えられていない。冬の移籍市場で放出される話も出ている。 しかし、ジャカはアーセナルで「再びプレーする準備はできている」と語った。 ジャカは「第4審判が僕の背番号を掲げたときに自分たちのファンが大喜びして、すごく動揺した。すごく怒ったんだ」と、当時の心境を振り返っている。そして、自身に対するファンの反応は「異常であり過剰だった」と非難した。それでも「チームメートの何人かが僕のところに来てくれたのはうれしかった。彼らは僕が落ち込まないようにと励ましたんだ」とジャカは述べている。 さらに同選手は、「サッカーとキャプテンシーの話題だ。それはロンドンの多くの人にとって大きなことだと分かっている。僕はここに来てからずっと、自分のクラブに100%尽くしてきたし、選手としての自分の役割を全うしてきた。この偉大なクラブでプレーすることを誇りに思っている」とコメント。「前向きな姿勢を保って、自分がこの素晴らしいチームの一員にふさわしいことを証明していきたい」と語っている。 アーセナルは公式戦で5試合勝利がない非常事態。一度は信頼を失った前主将が救世主になることはあり得るのだろうか。

Read more