バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?
ビダルがバルセロナ退団を検討「12月かシーズンが終わった時…」
バルベルデ、ビダルの退団匂わす発言についてコメント「いち個人の意見」
POWERED by HONDA復活。28年前のセナの“気力”と6冠王倒したフェルスタッペンの若き“活力”【今宮純 F1コラム】
ルイス・ハミルトン、全力で戦ったF1ブラジルGPから学ぶモノ。”最高のドライバー”になるために……
F1チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に
グリーズマン バルサでのCL初ゴールに喜び「大切な夜」
バルサFWメッシがまたも金字塔…CLで歴代最多34クラブからゴールを記録
バロンドールは誰の手に? 復調のメッシをスペイン紙は「値する」と評価
リヴァプールFWモハメド・サラーも東京五輪出場に意欲
ウルグアイ代表FWスアレス、22年W杯出場に意欲も懸念吐露「楽しめなくなっている」
日本はまだクジラの肉を好みますか?

  日本は30年以上の格差の後に商業捕鯨を再開する準備をしている。 東京は、いくつかの種は現在十分に回復しており、もはや国際禁止に従う必要はないと言います。 しかし、食糧を求めてクジラを狩るという決定は、家庭では口に合うものでもなく、有益でもないかもしれません。 Al JazeeraのMereana Hondが報告しています。 移住により、ザトウクジラは11月中旬からカボサンルーカス地区に戻ります。通常、大人のザトウクジラが11月中旬から12月上旬にかけてカボサンルーカスを通過します。 12月中旬までには、カボのザトウクジラの人口はピークに近づき、活動レベルは全体的に高くなっています。これは1月末まで続き、大人のザトウクジラがツアーを支配しています。 12月下旬から1月にかけて、生まれたばかりの赤ちゃんのザトウクジラに会い始めます。 2月上旬までには、ザトウクジラが活発になり始め、4月のシーズンの終わりまで彼らのエネルギーと活動レベルが私たちのツアーを支配します。また、3月と4月には大人のザトウクジラのグループが北に移動するのが見られます。 カボサンルーカスに移動する他の種は、シロナガスクジラです。通常、1月上旬に到着する大人のコククジラは少人数のグループで、3月下旬までカボで見られます。ザトウクジラとは異なり、シロナガスクジラの交配、出産および授乳活動の大部分はマグダレナ湾のような地域でさらに北に行われます。ここカボサンルーカスでは通常、シロナガスクジラがかなり海岸に近い場所で観察されています。コククジラはカボサンルーカスのザトウクジラほど一般的ではありません。

Read more
なぜ日本は津波地帯にミサイル防衛サイトを建設しているのか

  ミサイル防衛バッテリーを作るためのすべての場所のうち、なぜ水中になる可能性のある場所を選ぶのでしょうか。 日本の当局者は、なぜイージスアショアミサイル防衛施設の設置場所が、津波によって浸水する可能性がある地域であるのかを説明しようとしています。 日本の防衛省は最近、「イージス・アショアのレーダーシステムとミサイル発射装置の設置を計画していた地域は、県当局が予測する2〜5メートル[7〜16フィートの津波による浸水の危険にさらされました。朝日新聞によると。 日本はアメリカ海軍のAegis海軍対ミサイルシステムの陸上バージョンである2つのAegis Ashoreシステムを約22億米ドルで購入しています。 1つは北日本のArayaサイト、もう1つは南部日本のMutsumi軍事訓練サイトに予定されています。彼らは北朝鮮の弾道ミサイルの波を止めることになっているが、今それを脅かす波は2011年の福島の津波のように日本北部を襲い、3つの原子炉を損傷したような海底地震から来る。 狭い山岳地帯の日本で適切なミサイル防衛サイトを見つけることは容易ではありません。国防省は20のサイトを調査した。 「適合性を判断するための5つの基準には、近くにレーダーパルスを遮断する可能性のある高い山が存在するかどうか、電力と水道の安定性、および津波に対する脆弱性が含まれました」と朝日新聞は述べました。 「アラヤと他の19のサイトへの津波リスクを評価する報告書は、4つが重大な影響を受け、さらに4つがそれほど影響を及ぼさないだろうと述べた。」 アラヤは平らで北朝鮮の向かい、日本海に面しているので選ばれました。朝日新聞は、「報道では、アラヤ遺跡が津波に浸った危険にさらされていることは言及されていない」と述べた。 岩屋毅国防相は、「訓練区域の大部分が水没する可能性は低い」と付け加えたが、サイトが津波によって浸水する可能性があると認めた。 「私は、大臣は、土地を高揚するための作業が行われれば、その影響は回避できるとの仮定のもと、報告書で津波の危険性について言及していなかったと思う」と語った。 物議をかもしているミサイル防衛プロジェクトを悩ませているのは津波だけではありません。 Google Earthを使用しているため、いくつかの代替サイトが除外されました。朝日新聞は、「例えば秋田県男鹿地区の山頂の実際の仰角は4度だった」と述べた。 「しかし、それは大臣の報告書で15度として記載されていました。同省によると、レポートを作成した関係者は、Google Earthプロアプリの仮想地球儀を使用して断面図を作成しました。しかし彼らは、作成された図表が山の起伏を強調するために垂直方向に誇張されていることを認識していませんでした。」 これらの問題は、イージスシステムの強力なレーダーパルスによる健康上のリスクと、北朝鮮のミサイルの標的にされる恐れがあることをすでに心配している2つのミサイル防衛サイトの近くに住んでいる住民の間で憤りを燃やすでしょう。 日本の騒動は弾道ミサイル防衛の問題を説明しています:誰も彼らの近所のミサイル発射装置とレーダーサイトを望みません。 1960年代に、ペンタゴンがSafeguardミサイル防衛システムとその核武装迎撃ロケットを建設することを提案したとき、いくつかのアメリカの都市の居住者は彼らの地域での予想される設置に対して抗議しました。プロジェクトは最終的にノースダコタとモンタナのICBMサイロを守る2つの、主に象徴的なサイトに縮小されました。

Read more
バスダッシュカム収録カワサキ大量刺し

  火曜日に東京近郊の川崎でスクールバスを待っている学校の子供たちのグループをランダムに攻撃するビデオがバスのオンボードカメラでキャプチャされました。 ナイフを振る舞う男による攻撃で、2人が死亡しました。 攻撃者の51歳の岩崎龍一は、自傷ナイフで死亡した。 伝えられるところによれば、容疑者が各手にナイフを付けて走って、犠牲者をランダムに攻撃している。 ビデオは逃げる時間がある前に犠牲者のほとんどが刺されたことを示しています。 警察は、攻撃者が多くの人々に害を及ぼすことを意図していたと疑っています。

Read more
犬のショック首輪を使用して彼の子供をしつけている人

  3人の子供を懲戒するために犬のショック首輪を使用したことで水曜日に男性が逮捕された、と警察は言った。 南部の北九州市に住む45歳の男性は、警察に、17歳と13歳の2人の娘と、彼らが「規則に従わなかったときは」11歳の息子に気絶装置を使用したと告発した。当局者はロイターに語った。 少年は腕に軽度のやけどを負い、少女に目に見える怪我はなかった、と警察当局者は語った。 近年、注目を集めている一連の児童虐待事件が日本を揺るがしました。昨年、5歳の少女、ユナ・フナトが亡くなりました。 安倍晋三首相は、当時、彼女の死は「魂を砕く」ことであり、彼はさらなる死を防ぐための措置を約束した。 火曜日に国会の強力な下院の立法者たちは、現在の会期中に改正された法律の可決への道を開く、両親による子供の体罰を禁止する計画を満場一致で承認した。 ヨーロッパを中心とした50か国以上の国々で、家庭での子供の体罰を禁止する法律が制定されています。 2016年のモンゴルと2年後のネパールに続いて、日本はアジアで3番目の国となります。

Read more
警察:川崎の攻撃は20秒未満かかりました

  火曜日に東京近郊で19人の子供と大人を刺した男が20秒以内に攻撃を行ったと警察は言う。 その男は火曜日の朝、川崎市の道路で小学生女子17人と大人2人を刺した。 11歳の栗林花子さんと日本の外務省の大山智さんが亡くなりました。 17人が重傷を負った。 攻撃者は自分自身を刺した後に死亡した。警察は彼を岩崎龍一と認定した。彼らは彼が考えている動機を調査しています。 調査によると、岩崎氏は大山を後ろから突き刺し、次々と子供たちを攻撃し、20秒もかからずに約70メートル移動したという。 攻撃に使用されたと信じられている2つの包丁は30センチの長さの刃を持っています。 小山さんの妻は火曜日の夜、弁護士を介してコメントしました。彼女は夫の突然の死に深く悲しんでいると言った。彼女は現時点で何も言うことが考えられないので、彼女はメディアに彼女に連絡しないように頼みます。

Read more
安倍首相は、大暴れで憤慨していると語った。

  火曜日の安倍晋三首相は、川崎での致命的な刺し傷は悲惨なことであると述べ、憤慨しており、子供の安全のために必要なあらゆる措置を講じると付け加えた。 当局によると、ナイフを片手に持った男が女子学生を攻撃し、何人かの大人がバス停で待っていて16人が負傷し、自分を含め3人が死亡した。 安倍首相は、「多くの小さな子供たちが犠牲になったことは非常に悲惨な事件であり、強い憤りを感じています。子供たちの安全を守るためにあらゆる対策を講じるつもりです。」 安倍首相が米大統領ドナルド・トランプを主催したため、この攻撃が発生した。 女子学生たちは、50代の男性がナイフで殴り始めたとき、登戸公園近くのバス停に並んでいました。警察によると、市の当局者は、容疑者は逮捕されたが首を切ったために死亡したと述べた。 川崎市役所の役員、新井正美氏によると、地元のカトリック学校の女子生徒16人が怪我をし、攻撃者を含む3人が殺害されたとされている。新井氏によると、このうち3件は重傷、13人は命を脅かすものではなかったという。 神奈川県警は11歳の東京都出身の小学6年生女子高生栗林花子さんの死亡のみ確認した。テレビで記された記者会見で病院の職員は、11歳の死亡と39歳の男性の死亡を確認し、両者とも頭、胸、顔を切ったと述べました。 それとは別に、セントマリアンナ大学医学部の医師は、首を怪我して犯罪現場から持ち込まれた後、彼の50代の男性が病院で死亡したと述べた。 犠牲者のほとんどは、カナダのケベックシティにあるカトリック修道女の組織、Soeurs de la Charite de Quebecによって設立された有名な私立学校、Caritas Gakuenに通っていました。 市と病院の職員によると、2人の成人犠牲者を除くすべてが小学校に通っており、その年齢は6歳から12歳までと考えられています。学校は小学校から高校まで続きます。 目撃者は毎日新聞に、彼がバスを過ぎて歩いた後に子供たちが叫ぶのを聞いたと言った。彼は振り向くと、男が両手にナイフを振り回すのを見て、「私はあなたを殺すでしょう」と叫んだと言った。そして何人かの子供たちが地上にいました。 警察によると、NHKは、バスの運転手が、両手にナイフを持った男がバスに向かって歩いて子供たちを殺し始めたと役人に伝えた。それから彼自身を切った。 NHKはまた、容疑者がバスに自分の道を強制しようとしているのを見たと証人にインタビューした。 3人目の目撃者は、彼が顔、手、足に傷があり、駐車場の地面に座っていて、おびえているように見える男子生徒を見たと言いました。 攻撃者の身元と動機はすぐにはわかりませんでした。 テレビの映像では、路上に設置されたオレンジ色のテントの中の人々に救急隊員が応急手当をし、けがをした警察官やその他の職員が救急車に向かってけがをしていました。

Read more
2人が刺され、負傷した17

  火曜日の朝、ある男が東京近郊の町で子供と大人を刺し、30代で小学生と男が殺害され、17人がけがをしました。 事件は神奈川県川崎市のぼりしんまちで発生した。午前7時45分ごろ、電話をかけた人が公園の近くの道路に刺されたと警察が話しました。 警察は、彼が17人の小学生と2人の大人を攻撃したので、男が両手でナイフを握ったと言います。 現場から約1.5キロ離れた私立学校のカリタス学園の生徒たちが、そこへ行くバスを待っていました。 死亡した犠牲者は、11歳の6年生の栗林花子と、39歳の日本の外務省職員の大山智です。小山の娘が通学します。 警察は、51歳の地元住民であると疑われる加害者を特定しようとしています。警察は、近くのヘッジで2人のナイフが攻撃に使用されたと見られている。彼らはまた彼のナップサックで2つの未使用のナイフを没収した。 事件は、JRと小田急の鉄道の登戸駅の北西約250メートルの住宅街で起こった。 内閣官房長官の須賀義英氏は、死亡した人々の魂のために祈っていると述べ、被害者の家族にお悔やみを表明した。 スガ氏は記者団に対し、安倍晋三首相が水曜日に閣僚級会合を開き、小中学生の通学の安全を確保する方法を議論すると発表した。

Read more
浅野山角竜が首位に立った。 とちのしんがフォールバック

  京都府警は、京都市内の何十もの場所で落書きを走り書きしている疑いのある23歳のオーストラリア人男性を逮捕した、と富士ニュースネットワークは伝えている(5月22日)。 午後9時30分ごろ火曜日に、東山地区の鴨川の河川敷で通行人が「外国人が走り書きする落書き」について警察に話しかけました。 現場に到着した将校は、河川敷の端にある高さ2メートルの壁が黒い文字「ゴースト」と2つの目と口を含む顔のスケッチで破壊されていたことを発見しました。 警察は後に容疑者を近くに配置し、物的損害を引き起こした疑いで彼を逮捕した。容疑者は「芸術が私の意図だ」と東山警察署に伝えられた。 警察によると、容疑者は5月10日に観光客として日本に到着した。日曜日以来、警察は自動販売機、壁、公共の看板を含む少なくとも36か所で祇園を含む近隣地域で同じ文章を確認した。赤信号地区

Read more
浅野山角竜が首位に立った。 とちのしんがフォールバック

  日産の元会長Carlos Ghosnは木曜日、日本の法廷に出て、金銭の不正行為の告発に関する裁判の前に審理を受けた。 ゴーンの実際の裁判のために物流を解決することは一連の公聴会の最初のことであった。裁判日は設定されておらず、何人かの法律専門家はゴーンの裁判が数ヶ月間、おそらく来年まででさえ開始されないかもしれないと言います。 ゴーンは彼が彼の名前をきれいにするために戦うように強い法務チームを雇った。彼の一流弁護士の一人、広中純一郎は、ゴーンと共に木曜日に法廷に入っているのを見られた。 ゴーンが保釈された条件の1つは、彼が妻と連絡をとることを禁じられていることです。検察官は、証拠が改ざんされるのを防ぐためだと言っています。 ゴーンの弁護士は、それが人権の侵害であると言って、その制限に異議を唱えたが、最高裁は火曜日の彼らの控訴を棄却した。 弁護士は制限を解除するよう再度訴えることができます。 木曜日に行われたブリーフィングで、久本新副検事は最高裁の判決を歓迎した。 「結婚した人々が一緒にいることが重要ですが、最高裁判所がこの制限で私たちを支持する十分な理由があったと私は思います」と彼は言いました。 Kukimotoは、記者団と一般市民には締められていなかった公聴会についてのコメントを辞退した。 同氏はまた、ゴーン氏が15件すべての容疑で起訴したとして有罪判決を受けた場合の最大刑罰は15年で、1億5000万円の罰金(140万ドル)と述べた。 20年間日本の自動車メーカーを率いたゴーンは11月に逮捕され、彼の収入と信頼の侵害を過少報告したとして起訴された。彼は3月に保釈され、4月に新たな告発で再逮捕され、その後4月25日に再び保釈された。 ゴーン氏は、彼は無実であると主張し、彼は日産自動車の他社による「陰謀」に狙われていたと語った。 フランスのルノーSAと提携している日産は、ゴーンの逮捕からの影響の中で利益が急上昇した。 フランスのルノーSAと提携している日産は、ゴーンの逮捕からの影響の中で利益が急上昇した。 3月の小型車メーカーであるLeaf Electric CarとInfinitiの高級車の利益は、3月末の3,191億円から、前期の7,469億円に減少した。 横浜に本拠を置く日産は、2020年3月までの1年間の利益は1,700億円(15億米ドル)に減少すると見込んでおり、今後は薄暗い結果を予想しています。 日産はガバナンスの強化を約束しており、専門家によると、これは他のグローバル企業や日本のトップ企業に遅れをとっています。

Read more
カナダの英語教師が保育園で2歳の子供を襲った

  近年、私たちは教師が日本の学校で生徒を襲ったことを含む多くの憂慮すべき話を聞いた、そして今週、外国の英語のインストラクターが2歳の子供を叩いているのを見たとき、別の憂慮すべき事件が現れました。保育園での授業 この事件は今年3月、福岡県の北九州市にある無許可の保育園で発生しました。報道によると、カナダ出身の男性のインストラクターは、若い学生のグループに英語のレッスンを教えていた。 事件はビデオで捉えられ、ソーシャルメディア上の非公開グループに投稿され、そこでオンラインで漏洩した。 ビデオは、そのときに2歳だった子供が彼の体の下半分に当たっているインストラクターを示しています。彼が殴られた後、少年が泣き始めると、先生は彼を持ち上げて無理やり床に座らせているのが見えます。 その直後、先生は「どうしてそんなことしたの?」と聞こえます。そして「大丈夫ですか?」これは彼のシャツが彼が打たれる前に男の子によって引っ張られていた男の子の隣の子供に向けられているようです。

Read more
Page 1 of 3 1 2 3

Translate

Popular Post

2019年バロンドールはメッシ受賞へ! 地元紙『MD』が6度目受賞を主張!

  バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2019年度のバロンドールを受賞することになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が主張している。 先月22日に候補者リスト30名が発表された2019年度のバロンドール。その本命に関してはリバプールの14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したメッシ。ユベントスのスクデット獲得、ポルトガル代表のUEFAネーションズリーグ優勝に貢献したFWクリスティアーノ・ロナウドと、FIFA男子最優秀選手賞を争った3人の名前が挙がっている。 一部ではファン・ダイクの受賞を推す声が強く挙がっていたが、12月2日の授賞式を前に、メッシの4年ぶり6度目の受賞が決定的なようだ。 『ムンド・デポルティボ』のフランセスク・アギラール記者は26日、バロンドールを主催するフランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』のパスカル・フェレ氏、ティエリー・マルシャン氏の2人が昨日にバルセロナを訪問し、メッシに対して受賞の事実を伝えたと主張している。 また、『ムンド・デポルティボ』で働きメッシと良好な関係を築いているペップ・モラタ記者は自身の公式SNSを通じて、メッシの6度目のバロンドール受賞を祝う投稿を行っている。 今回の『ムンド・デポルティボ』の報道が事実かは不明だが、バロンドールに関しては以前から授賞式の前に受賞者が漏洩する事態が続いており、メッシの受賞は決定的なのかもしれない。

Read more