日本、米国は通貨切り下げの提供で別のままになります

日本、米国は通貨切り下げの提供で別のままになります

  麻生太郎財務相は日曜日に米国の財務長官Steven Mnuchinと会談した。両国は二国間の貿易協定について、競争力のある通貨切り下げを防ぐことができるかどうかに焦点を当てて議論しているからだ。 麻生氏は、福岡市で開催された20人の財務責任者グループの会合の傍観された会合について詳細にコメントすることを拒否しながら、彼とMnuchinがそのような規定の問題について議論したことを否定した。 Mnuchinは昨年そのような措置を提案したが、日本は貿易交渉の間にそれを議論しないと主張した。 そのような協定は、通貨当局が過度のボラティリティや通貨市場の無秩序な動きを阻止するために介入することを制限する可能性があります。 Mnuchinは日曜日の会議の後につぶやきで言った、 "我々は多くの経済的問題と安全保障問題に関して日米間で進行中の密接な協力について議論しました。" 日米両国は、二国間貿易協定を議論しており、ドナルド・トランプ大統領は、米国の貿易赤字の削減を支援するよう東京に要請した。 日本銀行は、世界第3位の経済がデフレ圧力から完全に脱却することを確実にするために何年もの間緩和策を維持してきた。政策の結果として、円は比較的弱いままで、輸出を支えています。

Read more

2020年春以降、低価格を維持することはかなり可能である:黒田

阿部、ヤン、西氏の訪日予定について話し合う

  日本銀行総裁の黒田晴彦氏は金曜日、中央銀行が将来の経済状況と物価状況によっては、2020年春以降、金利を現在の最低水準に維持することはかなり可能であると述べた。 先月末の政策声明で、「少なくとも2020年春までは、現在の非常に低い水準の短期および長期金利を長期にわたって維持することを意図している」と述べた後、発言は来た。 「将来の動向次第では、現在の低金利がこの期間を超えても維持される可能性がかなりある」と日銀のチーフ・ジャパン会長はJiji Pressの加盟組織である日本研究所の会員限定イベントで発表した。 。 「当面の間、海外経済の減速の影響を受けながらも、日本経済は2021年度まで拡大傾向を続けると思われる」とも語った。 黒田首相は、過去6年間の企業の賃金水準の引き上げを一因として、日本人のデフレ意識が弱まっていることを指摘し、「現状について悲観的すぎる必要はない」と強調した。

Read more

中国との経済協議は前進する

中国との経済協議は前進する

日本は、中国の首都で日曜日に開催された知的財産権の保護などの問題に対処するための適切な行動をとるよう、中国に二国間経済協議を行うよう求めた。東京はまた、北京との和牛輸出の再開に必要な合意を早い時期に締結することで事実上の合意に達した。 両国はさらに、二国間関係の改善を進展させることに合意した、と10月に安倍晋三首相が訪中した際に合意した目的があると述べた。 昨年4月に東京で行われた同様の協議の後、閣僚レベルで幅広い二国間経済問題を議論することを目的としたこの第5回日中ハイレベル経済対話が開催されました。 日曜日の経済対話は河野太郎外相と中国国家評議員、そして王毅外相が共同議長を務めた。河野以外にも、5人の閣僚が出席しました。その中には、セコヒロゲゲ経済産業大臣と吉川貴森農林水産大臣が含まれています。 会談で取り上げられたテーマには、米国と中国の間の貿易摩擦の激化が含まれていました。また、日米間の係争中の問題については、中国で事業を行っている外資系企業からの技術移転の強制や知的財産権の保護などに言及した。 。中国はこれらの問題に対処するために効果的な行動をとる必要があり、日本の参加者は彼らの中国の対応者に語っていると引用された。 会議で議論されたもう一つのトピックは、次世代通信規格、5Gを含むプロジェクトに関するものでした。中国は、中国の通信機器大手Huawei Technologies Co.によって製造された製品が日本で「公正に」扱われるようにするよう日本に要請した。日本政府は、省庁が使用する通信機器の購入から、これらの政府機関がセキュリティ関連の懸念を抱く可能性のある企業を除外する計画を採択しました。最近の対話で、日本は中国に、この政策は特定の企業を念頭に置いていないと語った。 両国はまた、事実上、中国への日本の牛肉輸出を再開することを視野に入れて、動物衛生と検疫検査に関する合意を早い段階で達成することに合意した。このような輸出は、2001年に狂牛病として広く知られている牛海綿状脳症(BSE)の日本での発生以来、一時停止されています。 中国外務省によると、会談中、中国は、日本がベルト・アンド・ロードイニシアチブに積極的に参加するよう促した。 KonoとWangの会談の前の月曜日の正午頃、KonoはZhongnanhaiで中国首相のLi Keqiangと会談しました。李氏は最新の経済対話の成功を称賛した。 「両国は正しい軌道で日中関係をさらに前進させることができた」とリーは言った。 河野氏は、「日中関係には難しい問題があるが、世界規模での問題にも対処しながら、適切な対処を続けていきたい」と述べた。

Read more

アプリを介して日本の鉄道チケットを販売する中国のCtrip

アプリを介して日本の鉄道チケットを販売する中国のCtrip

中国最大のオンライン旅行代理店、Ctrip.comは5月からアプリを通じて日本の新幹線の新幹線へのチケットを提供する予定だ。 シートリップはJR東日本と提携してJR東日本の電車やバスにチケットを販売しています。ほとんどの中国人旅行者は現在、日本に到着した後に駅でそれらを購入します。しかし、組織的なグループツアーではなく自分でこの国を訪れる人が増えているため、Ctripはより便利な予約ソリューションで需要を狙っています。 Ctripはインターネットの飛行機およびホテル予約のプラットフォームを運営しており、中国のオンライン予約市場の約60%を占めています。そのアプリの毎月のユーザーは2億人を超えています。 日本は、中国の最大の旅行シーズンである旧正月の間、中国の行き先として人気がタイだけを追いかけました。 CtripはJR東日本との提携を利用してこの重要な市場で拡大したいと考えています。

Read more

Translate

Popular Post

トランプ氏、ファウチ氏を「ばか者」と酷評 コロナ禍軽視も根拠示さず

  米国のトランプ大統領が選挙陣営のスタッフへの電話で、新型コロナウイルス対策の陣頭指揮を執る米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長について、「ばか者」「最悪」と酷評していたことが20日までに分かった。このほか、国民はパンデミック(ウイルスの世界的な流行)の話を聞かされるのにうんざりしているとの見解も示した。 米国での新型コロナの死者数は21万5000人超に達している。 当該の電話は、遊説で滞在したラスベガスのホテルからかけたもの。その中でトランプ氏はいら立ちをあらわにした口調で、ファウチ氏をはじめとする保健衛生の当局者らを「ばか者」と非難し、米国はコロナ禍の災厄から脱却する準備ができていると明言した。ただ感染者数は現在再び増加しており、専門家らはこれから最悪の事態が訪れると警鐘を鳴らしている。 トランプ氏はまた根拠を示すことなく、仮にファウチ氏の言うことを聞いていれば米国で50万人以上が死んでいただろうと主張。米国民は新型コロナについて聞かされるのにうんざりしており、「いいから放っておいてくれ」という気分でいると語った。 続けてファウチ氏を「ナイスガイ」と評する一方、要職に就いている期間が極めて長いことにも言及した。 トランプ氏のアドバイザーの1人は、上記のコメントについて「賢明ではなかった」と指摘。大統領選まで2週間というタイミングでコロナ禍の話題に触れ、ファウチ氏を攻撃したことに懸念を表明した。 ファウチ氏は1984年から米国立アレルギー感染症研究所所長を務め、現在はホワイトハウス内の新型コロナ対策チームのメンバーでもある。トランプ氏が電話をかけていた同じころには全米医学アカデミーの主催する授賞式にオンラインで出席し、「反科学的な風潮」が社会の特定の領域に存在していることを危惧するスピーチを行っていた

Read more

More News

Page 1 of 478 1 2 478