日本、米国は通貨切り下げの提供で別のままになります

日本、米国は通貨切り下げの提供で別のままになります

  麻生太郎財務相は日曜日に米国の財務長官Steven Mnuchinと会談した。両国は二国間の貿易協定について、競争力のある通貨切り下げを防ぐことができるかどうかに焦点を当てて議論しているからだ。 麻生氏は、福岡市で開催された20人の財務責任者グループの会合の傍観された会合について詳細にコメントすることを拒否しながら、彼とMnuchinがそのような規定の問題について議論したことを否定した。 Mnuchinは昨年そのような措置を提案したが、日本は貿易交渉の間にそれを議論しないと主張した。 そのような協定は、通貨当局が過度のボラティリティや通貨市場の無秩序な動きを阻止するために介入することを制限する可能性があります。 Mnuchinは日曜日の会議の後につぶやきで言った、 "我々は多くの経済的問題と安全保障問題に関して日米間で進行中の密接な協力について議論しました。" 日米両国は、二国間貿易協定を議論しており、ドナルド・トランプ大統領は、米国の貿易赤字の削減を支援するよう東京に要請した。 日本銀行は、世界第3位の経済がデフレ圧力から完全に脱却することを確実にするために何年もの間緩和策を維持してきた。政策の結果として、円は比較的弱いままで、輸出を支えています。

Read more

2020年春以降、低価格を維持することはかなり可能である:黒田

阿部、ヤン、西氏の訪日予定について話し合う

  日本銀行総裁の黒田晴彦氏は金曜日、中央銀行が将来の経済状況と物価状況によっては、2020年春以降、金利を現在の最低水準に維持することはかなり可能であると述べた。 先月末の政策声明で、「少なくとも2020年春までは、現在の非常に低い水準の短期および長期金利を長期にわたって維持することを意図している」と述べた後、発言は来た。 「将来の動向次第では、現在の低金利がこの期間を超えても維持される可能性がかなりある」と日銀のチーフ・ジャパン会長はJiji Pressの加盟組織である日本研究所の会員限定イベントで発表した。 。 「当面の間、海外経済の減速の影響を受けながらも、日本経済は2021年度まで拡大傾向を続けると思われる」とも語った。 黒田首相は、過去6年間の企業の賃金水準の引き上げを一因として、日本人のデフレ意識が弱まっていることを指摘し、「現状について悲観的すぎる必要はない」と強調した。

Read more

安倍副首相は消費税増税の遅れを示唆

安倍副首相は消費税増税の遅れを示唆

安倍晋三首相の側近は、10月に予定されている消費税増税を延期する可能性を示唆している。 政府は10月1日に8%から10%に増税する準備をしているが、自由民主党の萩田耕一事務総長によるコメントはその計画に疑問を投げかけている。 萩田氏は木曜日にネットキャストプログラムで、日本経済はわずかに弱まっていると語った。同氏は、増税の時期は、日銀の四半期ごとの「短観」の景況感調査の結果に左右されると述べた。次のレポートは7月に発表予定です。 萩田氏は、この調査で幹部が危険を感じていることが明らかになった場合、政府は「みんなを崖の端に連れて行くことはできない」と述べた。 彼は、増税が日本の景気回復を遅らせるならば、それを実施することのポイントに関して必然的に疑問があるであろうと言いました。 萩田首相は、政府が延期を決定するのであれば、そのための公的権限を求める必要があるだろうと述べた。 今のところ、2008年の世界的な金融危機の規模での出来事を除外して、10月に税が上がるという立場に固執しています。 いくつかの世界的機関は、日本政府が財政の健全性を回復するために増税する必要があると言います。 OECD事務総長のAngel Gurriaは今週初め、NHKに対し、日本の膨大な債務に立ち向かうために20%以上の増税を行うべきだと語った。

Read more

中国との経済協議は前進する

中国との経済協議は前進する

日本は、中国の首都で日曜日に開催された知的財産権の保護などの問題に対処するための適切な行動をとるよう、中国に二国間経済協議を行うよう求めた。東京はまた、北京との和牛輸出の再開に必要な合意を早い時期に締結することで事実上の合意に達した。 両国はさらに、二国間関係の改善を進展させることに合意した、と10月に安倍晋三首相が訪中した際に合意した目的があると述べた。 昨年4月に東京で行われた同様の協議の後、閣僚レベルで幅広い二国間経済問題を議論することを目的としたこの第5回日中ハイレベル経済対話が開催されました。 日曜日の経済対話は河野太郎外相と中国国家評議員、そして王毅外相が共同議長を務めた。河野以外にも、5人の閣僚が出席しました。その中には、セコヒロゲゲ経済産業大臣と吉川貴森農林水産大臣が含まれています。 会談で取り上げられたテーマには、米国と中国の間の貿易摩擦の激化が含まれていました。また、日米間の係争中の問題については、中国で事業を行っている外資系企業からの技術移転の強制や知的財産権の保護などに言及した。 。中国はこれらの問題に対処するために効果的な行動をとる必要があり、日本の参加者は彼らの中国の対応者に語っていると引用された。 会議で議論されたもう一つのトピックは、次世代通信規格、5Gを含むプロジェクトに関するものでした。中国は、中国の通信機器大手Huawei Technologies Co.によって製造された製品が日本で「公正に」扱われるようにするよう日本に要請した。日本政府は、省庁が使用する通信機器の購入から、これらの政府機関がセキュリティ関連の懸念を抱く可能性のある企業を除外する計画を採択しました。最近の対話で、日本は中国に、この政策は特定の企業を念頭に置いていないと語った。 両国はまた、事実上、中国への日本の牛肉輸出を再開することを視野に入れて、動物衛生と検疫検査に関する合意を早い段階で達成することに合意した。このような輸出は、2001年に狂牛病として広く知られている牛海綿状脳症(BSE)の日本での発生以来、一時停止されています。 中国外務省によると、会談中、中国は、日本がベルト・アンド・ロードイニシアチブに積極的に参加するよう促した。 KonoとWangの会談の前の月曜日の正午頃、KonoはZhongnanhaiで中国首相のLi Keqiangと会談しました。李氏は最新の経済対話の成功を称賛した。 「両国は正しい軌道で日中関係をさらに前進させることができた」とリーは言った。 河野氏は、「日中関係には難しい問題があるが、世界規模での問題にも対処しながら、適切な対処を続けていきたい」と述べた。

Read more

Translate

Popular Post

【ラグビーW杯】 オーストラリア、4トライでジョージア下す ボーナスP獲得 

  ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は11日、小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県袋井市)で1次リーグD組の試合があり、すでに決勝トーナメント進出を決めているオーストラリア(世界6位)が27-8でジョージア(同13位)を破った。 前回準優勝のオーストラリアは、準々決勝での対戦カードを少しでも有利にするため、ボーナスポイントを奪っての勝利を狙った。 一方、1次リーグ敗退が決まっていたジョージアにとっては、勝利すれば次回大会の出場権が確保できる重要な一戦だった。 ずば抜けた強さと速さ、そして攻撃力を誇るオーストラリアに、重量級のフォワードを擁するジョージアがいかに対抗するかに注目が集まった。 重量級の肉弾戦 序盤は、重量級のボクサーがぶつかりあうような展開になった。 オーストラリアは本来、キックを活用しながら、ボールを積極的に動かしていくプレースタイルを身上とする だがこの日は、短いパスをつなぎながら何度も縦方向に突破を試みるという、きわめてオーソドックスで古典的なスタイルで戦った。 一方、ジョージアは選手同士の間隔が広がらないように注意しながら、ディフェンスラインをしっかりキープ。突破されかかった際には、時にはダブルチーム(二人がかり)で強烈なタックルを見舞い、相手を止めた。 結果、プレーのテンポ自体は速くないにせよ、見応えのある肉弾戦が続いた。 20分過ぎに初得点 このような状況の中、前半14分過ぎから試合が動き始めた。 オースラリアは敵陣のゴールライン間際で得たラインアウトから、密集を作っては縦方向への突破を試みる攻撃を10回以上も繰り返した。 ジョージアはこれをしのぎ切ったが、オーストラリアは前半21分過ぎから、再び波状攻撃を仕掛けた。 最後はゴールライン間際のラックからボールを拾い上げたSHニック・ホワイトが、潜り込むようにしてゴール右に頭から飛び込み、初トライが生まれた。 SOマット・トゥームアはコンバージョンキックを成功させ、オーストラリアが7-0とリードした。 [caption id="" align="aligncenter"...

Read more

More News

Page 1 of 465 1 2 465