モラー特別検察官、トランプが聴取応じなければ召喚状送る可能性

Source: newsweekjapan

 

ロシアによる2016年の大統領選への介入疑惑を捜査するモラー特別検察官は、トランプ大統領の個人弁護団と3月に会合を開いた際、トランプ氏が捜査当局の聴取に応じなかった場合に召喚状を送る可能性に言及した。元弁護団トップのジョン・ダウド氏が1日、明らかにした。

ダウド氏はまた、ロイターに対し、3月初旬の会合で自身が捜査官らに「これはゲームなんかじゃない。米大統領を愚弄している」と反論したことを明かした。ダウド氏はこの会合の約2週間後に大統領の弁護士を辞任した。

米紙ワシントンポストは先に、事情に詳しい関係者4人の話として、モラー氏の召喚状に関する発言を伝えた。同紙によると、トランプ大統領の弁護団は、大統領が連邦捜査官の聴取を受ける義務はないと主張。これに応じる形で、モラー氏は召喚状に言及したという。

報道によると、モラー氏率いる捜査チームは、トランプ大統領に対する質問のさらなる詳細を弁護団に示すことで合意。提供された情報を基に、弁護団のジェイ・セクロウ氏が49の想定質問を作成した。

米紙ニューヨ-ク・タイムズは4月30日にこの質問リストについて最初に報じており、トランプ大統領は1日、質問がメディアにリークされたことを批判した。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


thirteen + seventeen =