ブルガリアのテレビ局勤務女性、性的暴行受け殺害

Photo: rferl.org

 

ブルガリアの検察当局は7日、地元テレビ局に勤務するビクトリア・マリノバさん(30)が性的暴行を受けて殺害されたと発表した。マリノバさんが司会を務める番組では欧州連合(EU)の開発資金に絡む不正疑惑を取り上げており、事件との関連を捜査するよう求める声が内外で上がっている。

現地メディアによると、6日、同国北部ルセのドナウ川沿いの公園で、マリノバさんの遺体が見つかった。性的暴行をされ、絞殺されたとみられるという。また、所持品の一部も奪われていた。

マリノバさんが司会を務める番組は9月30日、EU資金に絡む不正疑惑を追う2人のジャーナリストを取り上げていた。欧州安保協力機構(OSCE)の報道の自由担当者は7日、捜査を注視するとしたうえで、「当局は殺害が彼女の仕事に関係するのか、はっきりさせるべきだ」と述べた。

ブルガリアはEU加盟国の中でも汚職が目立ち、欧EUの行政機能を担う欧州委員会から対策の遅れを指摘されている。

Source :

asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


6 + eleven =