米韓首脳会談、22日に開催 北朝鮮非核化など協議

Source: nikkei

 

【ワシントン】米ホワイトハウスは4日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が訪米し、22日にトランプ大統領と会談すると発表した。6月初旬までに開く予定の米朝首脳会談に向けた緊密な連携を確認し、北朝鮮の非核化や朝鮮戦争の休戦協定を「平和協定」に転換する方策などを協議する見通しだ。

韓国大統領府も5日に米韓首脳会談の開催を発表し、「米朝首脳会談に向けた方策を重点的に論議する」と明らかにした。

文氏はトランプ氏との会談で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との4月27日の南北首脳会談の内容を直接説明する。同会談の「板門店宣言」に盛り込まれた「朝鮮半島の完全な非核化目標」の実行に向け、非核化の期限や手順などの具体的な措置を巡り協議するとみられる。

トランプ氏は4日、米南部テキサス州の演説で「北朝鮮とはとてもうまくやっている」と話し、米朝首脳会談に向けた調整が進展していると強調した。「北朝鮮を非難する言い回しは使わないようにする」とも述べ、緊張緩和に努める考えを示した。

さらに米朝首脳会談に関しては同日記者団に「日程と場所は決まっている。まもなく(発表する)だろう」と話した。場所は南北の軍事境界線付近にある板門店やシンガポールなどが有力候補にあがっている。

トランプ氏は北朝鮮に拘束されている米国人3人の解放に向けて進展があったことも示唆している。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


two × five =