トランプ氏弁護士に顧問料、AT&T幹部が辞任

Source: nikkei

 

【ニューヨーク】トランプ米大統領の顧問弁護士マイケル・コーエン氏への顧問料の支払いを監督していた米通信大手AT&Tの幹部、ボブ・クイン氏の辞任が決まった。11日に米メディアが相次ぎ報じた。

AT&Tは独占禁止法などの政策動向について情報を得るため、2017年1月にコーエン氏を雇い、最大60万ドルを支払ったことが9日明らかになっていた。AT&Tには米大統領選介入疑惑を捜査しているモラー特別検察官からも17年に接触があったという。AT&Tは当時、米メディア大手タイムワーナー社の買収に関して、司法省の審査を受けていた。

AT&Tのランドール・スティーブンソン最高経営責任者(CEO)は11日、社員向けの内部メモで顧問料の支払いを監督していたクイン氏の辞任を報告し「コーエン氏を政治顧問として雇ったことは大きな間違いだったことは明らかだ」と指摘した。コーエン氏は4月、選挙法違反などの疑いで米連邦捜査局(FBI)から強制捜査を受けていた。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


seventeen + seventeen =