金正恩氏の専用車が中心部のホテル入り 警護の男性たち、気温32度のシンガポールでも黒スーツで走る

Source: sankei

 

 【シンガポール】米朝首脳会談のため、開催地シンガポールに入った金正恩朝鮮労働党委員長を乗せたとみられる専用車は10日午後、チャンギ国際空港から、車列を組んで高速道路を移動し、宿泊先とみられる市中心部のセントレジスホテルに入った。

専用車は、北朝鮮の輸送機が金氏の到着に先駆けて10日にシンガポールへ運び込んだベンツの黒色リムジン。車列では、車の天井から上半身を出してテレビカメラを肩に撮影するスーツ姿の男性の姿もあった。

車列が同日午後3時40分(日本時間同4時40分)に同ホテル近くにさしかかると、地元メディアの中継映像には、全速力で専用車を追って走る、黒いスーツの屈強な男性たちの一団の姿が見られた。

南北首脳会談が行われた板門店でも、金氏が移動する際に男性12人が専用車を取り囲み、走りながら警護に当たる一幕が異彩を放ち、「人間の盾」の異名が付けられた。赤道直下のシンガポールの10日午後3時の気温は32度、湿度は67%。北朝鮮の警護要員たちによる、南国での過酷な任務が始まった。

一方、シンガポールのバラクリシュナン外相は、金氏を出迎える写真をインスタグラムにあげた。金氏が航空機からタラップを使って降り立った場面とみられる。「金正恩委員長がたった今シンガポールに到着。ようこそ」と書き込んでいる。

金氏は10日、大統領官邸でシンガポールのリー・シェンロン首相と面会する予定。

Source :

sankei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


seven + 9 =