PM Abeは、’19年4月から外国人労働者の導入を繰り返す

Image: scmp

 

安倍晋三首相は、11月28日の参議院全体会議で、日本の労働力不足を緩和するため、より多くの外国人労働者を受け入れるための移民制度改正法案を可決するよう求めた。

安倍氏は、来年4月に移民規制と難民認定法の改正が実施されるという立場を再確認した。

「各都道府県には求職者よりも多くの求人があり、今は深刻な労働力不足に取り組まなければならない」と述べた。 「新しい移民制度は迅速に実施されなければならない」政府と与野党は、12月10日に終了する現在の臨時国会で法案を可決したい。

政府議員の石原道広議員が発言したように、野党議員らは政府スポークスマンの法案を「不足物質」として攻撃している。野党は衆議院で法案の審議を続けたが失敗したが、11月27日に3分の2以上の大多数が改正案を採決した。

民主党野党民主党の小野元博参議院議員は、新配置で受け入れられる外国人労働者の上限が法案に含まれるよう要求した。しかし、安倍総理は、「労働力不足の状況は、経済的、社会的状況によって変動する可能性がある」と拒否した。

この法案は、外国人労働者のための2つの新しい在留ステータスを作成する。特定の知識と経験を有する者のためのカテゴリー1のステータスは、所有者が最高5年間日本に滞在することを可能にします。一方、カテゴリー2のステータスは、高い専門性を持つ労働者のためのものであり、所有者は滞在期間を延長して家族と一緒に暮らすことができます。政府主導の技術インターン研修プログラムの参加者は、テストなしでカテゴリー1のステータスを取得できます。

新しい移民協定に関して、首相は、高価な預金や手数料を要求するなど、悪い実績を持つ求人企業をそのような外国人労働者の雇用から排除することを目的とした計画を立てる計画を明らかにした。 「司法省の命令は、外国人労働者や預金を払っている親戚(就職のための)が日本に受け入れられないことを規定している」と述べた。

開発途上国の人々に日本の技術ノウハウや経験を移転するために設計された技術研修生プログラムでは、多くの研修生が低料金で不法に長時間働き続けたり、セクシュアルハラスメントに直面することがありました。

これらの研修生の多くは、より多くの外国人労働者を受け入れることが許可される特定の産業のためのカテゴリー1の在留資格を申請することが期待されている。この見通しについて、安倍氏は「安い労働力を確保し、雇用者の便宜を図っている企業(研修員受入れ)だけではない」と強調した。

新たな移民制度の運営責任者を務める山下隆司法務部長官によると、3年間の訓練コースを修了し、帰国した技術研修生は、試験を受けることなくカテゴリー1のステータスを申請することができる。

首相は、外国人労働者のための支援プログラムとして、日本語コースの開設や人生や働き方に関するガイドブックの作成と配布を手助けして、地域のコミュニティを支援する意向を表明した。

一方、11月28日の夜、上院司法委員会の取締役会で、与野党与党与党与党与党与野党議員の横山真一議長は11月29日、独自の裁量。

Source :

mainichi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


eleven + 16 =