民間ロケット打ち上げ、29日早朝に延期 確認に時間

Source: nikkei

 

ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)は28日、同日に予定していた観測ロケット「MOMO(モモ)」2号機打ち上げを29日午前5時以降に延期すると発表した。発射前の確認作業に時間がかかり、天候が安定する時間帯での打ち上げが困難になったという。

モモ2号機は当初、28日午前11時~午後0時半の間に打ち上げる計画だった。しかし、午前4時ころから始めた打ち上げ前の確認に時間がかかり、午前の打ち上げが難しくなった。午後の打ち上げも検討したが、天候が安定しない恐れがあり28日の打ち上げを見送った。

稲川貴大社長は「不具合ではなく(機体を保管する)格納庫から出す前の確認に時間がかかった。約200のチェック項目を丁寧にやった結果だと思う」と延期の理由を説明した。創業に携わった実業家の堀江貴文氏は「朝の方が風が吹かない。あしたに期待してほしい」と話した。

モモは全長10メートルの小型観測ロケット。地上100キロメートルの宇宙空間に到達すれば、民間単独開発のロケットとしては国内初だ。2017年7月に初号機を打ち上げたが、飛行中に機体が破損し宇宙空間には到達しなかった。2号機では、機体の構造や姿勢を制御する機構を改良した。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


four × three =