日本の大手企業によるスタートアップ資金が記録を打ち破る

2018年には、より多くの企業が出現しているため、企業のベンチャーキャピタル投資は91%急増

Image: Nikkei

 

ビジネスが急速に変化する環境の中で成長を促進するために外部の技術やアイデアに目を向けたので、日本の大手企業によるスタートアップへの投資は2018年にほぼ倍増しました。

M&Aアドバイザリー会社Recofがまとめたデータによると、12月26日までの1年間のコーポレートベンチャーキャピタル投資額は、1,313億8000万円(12億3000万ドル)で、2017年通年の記録を91%上回った。

昨年はより幅広いプレイヤーによる取引が見られました。日本のベンチャーキャピタルの状況は伝統的に電気通信と製造業を中心としてきましたが、サービスや輸送などの国内需要志向のセクターによる投資が増加しています。労働力不足と人口減少に直面している企業は、既存のビジネスを再加工し、新しい分野に参入するためにテクノロジーを使用することを望んでいます。

2017年に設立されたJapan Post Holdingsのベンチャーキャピタル部門であるJapan Post Capitalは、昨年、約12社に投資した。これらには、人工知能開発者のアベジャとフリーマーケットのアプリ運営会社メルカリが含まれています。彼らは6月に東京証券取引所で大ファンデーションにデビューしましたが、それ以来急落しました。

5月に東京電力ホールディングスの子会社であるTepco Energy Partnerが設立したベンチャーキャピタルファンドは、ブロックチェーン技術を用いたシンガポールを拠点とするビジネスを含む、国内外の11のスタートアップに投資してきた。東日本旅客鉄道は昨年2月に50億円の資金でベンチャーキャピタルを設立した。

コーポレートベンチャーキャピタルスペースへの新規参入の到来は、国内の新興企業に対する日本企業の資金調達を後押しし、昨年は130%増の821億円となりました。平均投資額は20%増加し、約5億円となりました。

しかし、世界経済が勢いを失う兆しを見せているため、2019年にはこの勢いが薄れる可能性があります。一部のアナリストは、スタートアップに直接投資する大企業が、内部留保の構築を優先するため、より厳しくなると予想しています。

Source :

Nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


17 − fifteen =