Tag: SHIBUYA109

渋谷109、ロゴ変えます 一般募集で、新しい街の顔に

渋谷109、ロゴ変えます 一般募集で、新しい街の顔に

  東京・渋谷の商業施設「SHIBUYA109」が、「109」のロゴマークを来年の開業40周年に合わせて変える。1979年の開業以来初めてで、一般募集で決める予定だ。「コギャルの聖地」として定着したイメージから、幅広い層を呼び込む「渋谷の新しい顔」として生まれ変わる。 「ファッションコミュニティー109」として79年に開業し、ファッションビルとして10~20代の若い女性に支持されてきた。90年代後半から、最先端のコギャルファッションの発信地として全国から客が詰めかけ、店員たちは「カリスマ店員」と呼ばれた。 だが、コギャルブームが去った近年は、海外のファストファッションブランドが次々と上陸。インターネット通販などにも押され、売り上げは減少傾向にある。そこで、ロゴをリニューアルし、コギャルから新しい「109」のブランドイメージを模索する。 新しいロゴのデザインは、運営するSHIBUYA109エンタテイメントが5月20日まで募集する。デザインソフトなどで作ったロゴを、メールか郵送で受け付ける。特設サイト内の「ロゴメーカー」から、作ったロゴをツイートして応募することもできる。1人何点でも応募可能。 ネットでの投票などを経て、7月下旬に新しいロゴが決定する。最優秀賞には109万円、優秀賞の3人には10万9千円が贈られる。

耐震に問題アリ倒壊危険性あるSHIBUYA109 2019年に改修予定

耐震に問題アリ倒壊危険性あるSHIBUYA109 2019年に改修予定

  3月29日、東京都は「耐震診断結果」と題するリストを発表した。耐震基準が現在のものに改められたのは1981年5月だが、それ以前に建てられた大規模建築物の耐震診断結果が初めて公表されたのだ。結果によると、安全性評価が最も低い「I」(震度6強以上で倒壊の危険性が高い)に認定された建物は156棟、「II」(倒壊の可能性がある)と診断されたのは95棟。 含まれたのは「SHIBUYA109」や「紀伊國屋ビルディング」、ロアビルの名で知られる「六本木共同ビル」などの商業施設。他にも、「科学技術館」や「日本消防会館」などの文化施設も倒壊危険ありとされた。 現実を見ると、ビル側の対策は遅々として進んでいない。背景には、ビルで働く人や利用者の“事情”があるという。 東京都から「倒壊の危険性が高い」とされた建物の中に「ニュー新橋ビル」がある。1971年竣工、新橋駅前のSL広場を見下ろす恵まれた立地ということもあり、飲食店や金券ショップ、マッサージ店など“サラリーマンの聖地”らしいテナントが軒を連ねる。同ビル内で飲食店を経営する女性が言う。 「地震が来たらと思うと確かに怖いけど、どうしようもない。だいたい補強工事や建て直しっていうことになったら、その間は営業できない。私たちはどうやって食べていけばいいのか。都が補償してくれるのならいいけど、そんなの無理でしょう?」 耐震診断に疑問の声を上げるのは別の男性店主だ。 「3.11のあと、このビルは非破壊検査というチェックをして、大丈夫だって太鼓判を押してもらったばっかり。7年やそこらで耐震性が下がったりするのはおかしいと思う。計算方法の違いとか、そういうお役所の事情に振り回されるのは御免だね」 利用客からも「長年利用しているので、変わらず営業してほしい」という声が聞こえてきた。 一方、商都・大阪に目を転じると戦後、闇市の跡地に建った1970年竣工の「大阪駅前第1ビル」も「倒壊の危険性がある」としてリスト入り。ビル内でランチをしていた50代のサラリーマンに話を聞くと、こんな答えが返ってきた。 「地震は確かに怖い。飲食店の多い地下2階の店に行くから、火事にも巻き込まれそう。せやけど、ここには安くておいしい食堂や居酒屋があって、昼も夜もここにいてます。道1つ隔てたら北新地やけど、そこは物価が全然ちゃう。10分の1の値段でうまいもんが食えるここに、これからも通い続けますわ」 同じく、割り切って考えるしかないと言うのは居酒屋の男性店主。 「数年前から、隣の第2ビルと一緒に解体して、緑地化する計画も浮上しとるんやけどな。 なんとか外人さんもようけ来る東京五輪くらいまではこのビルで営業したいと思ってますわ。景気のええ時に工事に入られたらたまりまへんからなぁ」 今回の調査で危険リストに入った建物側からは、悩みながらも調査結果に向き合おうとする声も聞こえてきた。 「公表を受け、大至急耐震改修を進めています。お客様と出店者に迷惑をかけないことをモットーに、関係各所との意思疎通を図っています。2019年には改修工事に着手できる予定です」(SHIBUYA109) 「建物内の耐震性を高める補強工事を現在計画しているところです。2013年に『改正耐震改修促進法』が施行された頃から検討を始めています。地震発生を想定した避難経路は確保しており、そのための従業員の訓練も定期的に行っています」(紀伊國屋書店) 巨大地震の発生は、刻一刻と迫っている。起きてからではすべてが遅い。

Translate

Popular Post

中国ではなく日本がアジアのインフラ投資コンテストで優勝する可能性があります。

中国がベルト・アンド・ロード・イニシアチブを通じたインフラ投資で東南アジアを訴え始める前は、日本がこの地域の開発資金のトップを占めていました。現在2つの大国が経済的影響と商業的影響のために競っているので、北京は戦いに勝ったが戦争を失ったかもしれないと言う人もいます。 すなわち、東京は北京の投資の莫大な量に匹敵することができないかもしれません、しかしそれは評判と地域の影響の点で、先にランクします、専門家によると。 政府が1990年代にインフラ接続の青写真を先導する前に1970年代後半に多国籍企業を通して最初に始まった新興アジアにおける日本のベンチャーは、G-7とOECDが「高品質のインフラ」と呼んでいるもののポスターの子と見られている。そのようなプロジェクトは、発展途上地域における全体的な物流を改善することに加えて、高い安全性、環境、信頼性および包含基準を誇っています。 例えば、国際協力銀行は、国道と港湾のアップグレードのためのベトナムへの貸付は、農村世帯の収入を増やし、貧困レベルを下げ、効率を高めたと主張している。 中国のXi Jinping大統領のBelt and Roadの下にあるいくつかのキャンペーンも「質の高いインフラ」と見なされているが、中国の権力を世界に広めるためのプラットフォームと長い間考えられてきた。 2018年の報告書で、「BRIの意欲的な投資水準では、新しいインフラストラクチャプロジェクトの実際の影響についてはほとんどわかりません」とシニアフェロー兼アジア研究プロジェクト担当アジアプロジェクトのディレクターであるJonathan Hillmanは述べています。 「その支出は、それを最も必要としている人々に役立つでしょうか。それは実行可能なプロジェクトか白い象に入るでしょうか。それは気候変動を助けるか、または傷つけますか。それは価値を創造または破壊しますか?」 地域のエンゲージメント透明度 専門家によると、日本の企業や政府関連機関によって構築された鉄道、通信ネットワーク、農業開発は、彼らが地域の利害関係者に提供する技術研修や教育で特に評価されています。それは東京とホスト国の間でのれんを培うのに大いに役立ちます。 安倍晋三首相の政権は11月に、東南アジア諸国が5年間で8万人の製造業およびデジタル業界の専門家を地域全体のスマートシティの構築を推進する手助けとすると発表した。対照的に、Belt and Roadの参加者はしばしば地元の関与がないことを訴えます - 多くの中国主導の建設努力は、地元企業を関与させるのではなく、中国から大量の材料と労働を輸入すると非難されます。 ベルトと道路プロジェクトのための汚職の恐れもあります。ある例では、中国当局はマレーシアでのインフラプロジェクトのコストを増大させることに同意したと伝えられている、とWall Street...

Read more