Tag: IWC

なぜ日本が国際捕鯨条約から脱退するのが実際にクジラに利益をもたらすのか

なぜ日本が国際捕鯨条約から脱退するのが実際にクジラに利益をもたらすのか

  2018年12月26日、日本は国際捕鯨委員会(IWC)から撤退し、自国の水域で商業捕鯨を再開すると発表し、世界各地で激しい批判が引き起こされました。イギリス環境長官のMichael Goveは「非常にがっかりした」と語り、Greenpeaceはこの決定を「国際社会とは一歩外れたもの」とし、ホリデーシーズンの真っ只中の時期を「卑劣」とした。 しかし、一部の環境保護論者は、ハンド搾取者はその点を見逃していると言っています。最も重要なのは、日本が科学研究の分野で「大規模な捕鯨をやめる」ことを決定したことです、とドイツのEmmendingenにある生態系管理研究センターの海洋人口評価スペシャリスト、Justin Cookeは言います。クジラの肉への欲求が低下していることを考えれば、日本は自国の海域でより多くのクジラを捕獲することはまずないだろう、と彼は付け加えました。 マサチューセッツ州ヤーマスの国際動物福祉基金の捕鯨スペシャリストであるPatrick Ramageはこれに同意します。 「それはクジラにとっては朗報だ」と彼は言う。そしてまたIWCにとっても、それはついには「捕鯨をめぐる食糧争い」を終わらせ、クジラ保護における他の問題に集中することができる。 日本は1986年以来IWCモラトリアムの下で禁止されている商業捕鯨を再開するというその希望を隠したことがない。ここでは、Cetacean Research(ICR)が主にミンククジラを捕獲しています。その中には、セミクジラ、ニタリクジラ、その他いくつかの種が捕獲されています。日本の科学者たちは、特に動物の食事や年齢を決定するためには鯨の剖検が不可欠であると主張したが、批評家はこの調査を商業捕鯨のイチジクの葉として棄却し、意味のあるデータは得られないと述べた。 2014年3月、国際司法裁判所は、オーストラリアが提起した訴訟で批評家を批判し、南極捕鯨調査を中止するよう日本に命じました。日本は1年間南極観測航海を中止し、その後裁判所の判決に準拠しているとみなした新しい計画のもとでそれらを再開した。 捕鯨は飛び込みます 科学プログラムでは、日本は何千ものミンククジラとより少数の他の種を収穫しました。クジラの肉の需要が落ち込んだこともあり、捕鯨が沿岸水域での商業的狩猟に限定されている場合はさらに減少する可能性があります。 しかし、2018年9月にブラジルで開催されたIWCの年2回会議でも、日本は商業捕鯨を再開する新たな計画を提案しました。それは持続可能な方法で行うことができると述べました。現在の南極のミンククジラの個体数は「明らかに危険にさらされているわけではない」とIWCは認めています。しかし、その戦いはもはや持続可能性だけではありません。捕鯨相手は雄大な哺乳類のための血まみれの狩りは単に非人道的だと言う。 IWCは日本の提案を棄却し、会議はIWCの目的が鯨類個体数の産業革命前の水準への回復を確実にし、商業捕鯨のモラトリアムを再確認することであることを強調した決議を採択した。その1対2のパンチが日本の12月の発表を引き起こした。 日本は現在科学捕鯨プログラムを放棄するが、年間予算6800万ドルのICRがどうなるかは不明である。 「その規模はそれほど重要ではないかもしれないが、鯨類科学に貢献する研究機関として何らかの役割を果たす可能性が高い」と、東京政策研究所の元IWCの代表である小松雅之は言う。 その間、日本の捕鯨努力はそれ自身の沿岸水域とそれらのまわりの320キロメートルの排他的な経済地帯にシフトするでしょう。クジラが危険にさらされるかどうかは議論の対象です。北半球のミンクの集団は全体として「脅かされてはいない」と語ったが、朝鮮と日本の近くの海にはJ株と呼ばれる「普通ではないユニークな」集団があり、夏は繁殖しません。冬、彼は言います。 日本の漁師はすでにこれらの海域で毎年約100匹のミンククジラを捕まえている、とコマツは言う。 (伝統的なpoではなく、それらはIWCモラトリアムの下で許可されているネットを使用します。)しかし、har ...

マグロは日本の新年の魚市場で記録的な270万ユーロで販売しています

マグロは日本の新年の魚市場で記録的な270万ユーロで販売しています

  日本の寿司大物は、今年の東京の新しい魚市場での最初のオークションで、巨大なマグロに記録的な3億3,360万円(270万ユーロ)を支払った。 スシザンマイの飲食店チェーンを営む木村清は、日本の北部沿岸で漁獲された278キログラムのクロマグロを購入しました。 木村氏は「マグロはとても美味しくてとても新鮮に見えますが、やりすぎたと思います」と記者団に語った。 寿司の上司は、彼が2017年に入札されるまで、6年間連続で新年のオークションで1匹の魚のために最も支払ったという記録を保持していました。 今年のオークションは、有名な築地市場が2018年に閉鎖され、東京2020年夏季オリンピックのための一時的な駐車場を提供した後、豊洲市場で初めてとなりました。 クロマグロは、世界野生生物基金によって絶滅危惧種に分類されています。 12月、日本は商業捕鯨を再開し、国際捕鯨委員会(IWC)から撤退すると発表しました。 この協定は、一部の種がほぼ絶滅に追い込まれた後の1986年に商業捕鯨を禁止した。 日本の当局者は、クジラを食べることは国の文化の一部であると述べました。

日本が商業捕鯨を再開する

日本が商業捕鯨を再開する

日本は水曜日、国際捕鯨委員会に30年ぶりに商業狩猟を再開する予定であると発表したが、批判の多い年間殺害で南極にはもう行かないと述べた。 1980年代にIWCが商業捕鯨にモラトリアムを課した後、日本は調査捕鯨と呼ぶものに切り替え、そして今や株式は商業捕獲を再開するのに十分回復したと述べている。 菅芳英首相官房長官は、「科学的根拠に基づいて水生生物資源の持続可能な利用を促進するという日本の基本方針に沿って」、日本は7月に商業捕鯨を再開すると述べた。 同委員会がクジラ保護と捕鯨産業の発展の両方の条約上の義務を負っているにもかかわらず、IWC(保護主義者によって支配されている)がクジラ資源の保護に焦点を当てていることに失望している。 「遺憾なことに、我々は異なる見解を持つ国家の共存を求めることはIWCにおいて不可能であるという決定に達した」と彼は記者会見で述べた。 Sugaは、商業狩りは日本の領海とその沿岸に沿ったその200マイルの排他的経済地帯に制限されるであろうと言いました。彼は日本が南極と北西太平洋の海洋への毎年の捕鯨遠征を止めるであろうと言いました。 IWCは、30年前には減少しているクジラの人口のために商業捕鯨に一時停止を課しました。 1987年に、日本はそれが研究捕鯨と呼ぶものに切り替えました、しかし、肉が家庭で市場で売られるので、プログラムは商業狩猟のためのカバーとして批判されました。 日本の当局者は、日本は捕鯨協定を去った後も、IWCのオブザーバーとして留まり、引き続きグループの科学会議や年次総会に参加する予定であると述べた。 環境保護団体Greenpeaceは水曜日の発表を非難し、クジラの資源が回復したという日本の見解に異議を唱えた。海洋生物は汚染や乱獲によって脅かされているという。 グリーンピース・ジャパンのエグゼクティブ・ディレクター、サム・アンズリー氏は声明の中で、「今日の宣言は、私たちの海とこれらの雄大な生き物の未来を守るために必要な保護はもちろんのこと、国際社会とは一線を画している」 「日本政府は商業捕鯨を再開するのではなく、海洋生態系を保護するために緊急に行動しなければならない」 オーストラリアの政府は、しばしば日本の捕鯨政策を批判的に批判しており、委員会を辞任するという日本の決定に「非常に失望している」と述べた。 しかし、ニュージーランドのウィンストン・ピーターズ外務大臣は、南洋からの日本の撤退を歓迎してオーストラリアに参加しました。南極海で商業捕鯨に戻るという野心のある国は日本だけでした。 日本の水産庁の役人で長年のIWCの交渉担当者であるモロヌキヒデキは、日本は科学に基づいて漁獲枠を慎重に決定するためにIWCの方法を使用すると述べたが、見積もりを出すことを拒否した。彼は日本が今後の商業捜索のために太平洋岸の7つの既存の捕鯨ハブを使うことを計画すると言いました。 モロヌキ氏は、商業捕鯨が実行可能な産業になる可能性があるかどうか、またそれがどのように成り立つかを見極める必要があるため、日本は緩やかな計画から始めていると述べた。 「最も重要なのは、多様で安定した食糧供給をすることです」と彼は言った。 水産庁は、日本が十分な資源を持っていると信じられている3種類のクジラを捕獲することを計画している - ミンク、セイとブライドのものです。 ...

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more