Tag: IHS Markit

日本3月フラッシュ製造PMI変更なし

日本3月フラッシュ製造PMI変更なし

3月の日本の製造業活動は2月と同じペースで縮小し、中国の景気減速が需要の低迷に寄与したため、生産は3年近くで最も縮小した、と民間企業の調査は金曜日に示した。 Flash Markit /日経平均製造購買担当者指数(PMI)は、季節調整済みの48.9で、2月の最後の読書と同じです。 この指数は、2ヵ月連続で収縮と拡大を区別する50のしきい値を下回りました。 IHS Markitのエコノミスト、ジョーヘイズ氏は、調査をまとめた「国内外の市場からの需要が緩やかなため、3年近くで生産量が大幅に削減されました」と述べています。 「中国の低成長と長期にわたる世界的な貿易摩擦の懸念から、3月の景況感は過去の平均を大きく下回っています。」 PMI指数のアウトプット要素は3月の暫定的な46.9で、2月の最後の47.4から2016年5月以降の最低レベルに達した。 調査によると、2016年6月以降、新規受注の国内外のフラッシュ指数は最速のペースで低下した。 輸出注文についてのみ、フラッシュ指数は1月以来の最も速い下落を示した。 来週、米国と中国が対面交渉を再開することになっているが、両者がその違いを狭め、世界の二大経済間の貿易戦争を終わらせることができるかどうかは不明である。 ワシントンと北京は、紛争中の数千億ドル規模の互いの製品に対する輸入関税を怠ったため、世界貿易を傷つけ、中国の巨大製造業を減速させた。 米国向けの完成品の製造に使用される大量の電子機器や重機を中国に出荷するため、日本はこの論争にさらされています。

世界経済:アジアの見通しは、工場活動が滑るにつれて暗くなり、新しい注文は減少する

世界経済:アジアの見通しは、工場活動が滑るにつれて暗くなり、新しい注文は減少する

  アジアの経済見通しは11月に工場活動や輸出受注が弱含み、アナリストは世界的な貿易摩擦の急速な反発で急速な反発を予想していないと憂慮した。 インドネシア、台湾、韓国など様々な国で、11月に製造業の動きが鈍化したことを受けて、IHS Markit Purchasing Managers 'の指数が月曜日に示された。 中国では工場活動がわずかに増加したが、新輸出注文は、中国と米国の貿易摩擦によってすでに傷ついている分野へのさらなる打撃を受けた。 調査結果は、月曜日の早い時期に、輸出依存型経済の主要な要因と考えられていた日本の設備投資の急激な減速を示している。 アルゼンチンのG20首脳会議で合意した米国と中国の指導者たちは、貿易紛争の停戦合意に同意し、世界経済見通しにある程度の安心感を示した。 しかし、アナリストたちは、両当事者が合意に至るまでに90日間の締め切りを守ると、行の決定的な解決は依然として遠かったという。 SMBC日興証券のチーフ・マーケット・エコノミスト、丸山義正氏は、「90日間の停戦後、世界経済に重きを置いた後、中米の貿易戦争が再び激化する大きなリスクがある」と述べた。 「中米の貿易戦争は、世界の経済見通しの最大のリスクである」と彼は語った。 インドバックストレンド この傾向を受けて、今年11月のインドの工場活動は、企業が価格を引き上げることを可能にする国内外の需要の増加を背景に、今年最も速いペースで拡大した。 11月の中国の製造業活動は若干増加したが、世界的な需要の鈍化を反映して新規輸出受注が減少したという調査結果が示された。 11月の金曜日の公式PMI調査では、中国の広大な工場部門の成長率が2年以上で最も低いとの見通しを裏付けている。 韓国の11月の工場活動は、新しい輸出注文が5年以上で最も縮小したことで2ヵ月の短期間で再び縮小し、世界的な需要の減速による企業の圧力が高まっています。 修正された調査によると、第4四半期には経済成長が鈍化する可能性があるという憂慮の兆しの中、11月の日本の製造業活動は新受注の伸びが減速したため、1年以上で最も遅いペースで拡大した。 IHS ...

Translate

Popular Post

2018年に日本に居住する記録2.73ミルの外国人住民

記録的な2,731,093人の外国人が2018年末に日本で登録され、前年同期比で6.6%増加し、学生数と技術研修生の数の増加に支えられて、法務省は言う。 政府は、国内の深刻な労働力不足の中でより多くの外国人労働者を引き付けることを目的に、来月実施される新しいビザ制度の下で、外国人住民のさらなる増加を期待しています。 登録された居住者の中で、技術研修生は328,360または前年同期比19.7%増となり、留学生は8.2%増の337,000人でした。 国籍に基づき、中国人が764,720人で最大のグループを構成し、韓国人が449,634人で続いた。最も技術的な研修生を日本に派遣するベトナムは、26.1%増の330,835人の住民で3位にランクされました。 同省によると、1月1日現在、同国に不法滞在する外国人の数は11.5%増えて74,167人となった。 そのうち最大のグループは韓国人で、12,766人で、前年同期比0.9%の減少となった。 ベトナムは11,131で、64.7パーセントのジャンプで2番目に来ました、そして10,119で中国人が続きます。 特別永住権を持つ登録韓国人の数は321,416人に2.5%減少したが、永住権を持つ人は3%増の771,568人で登録住民の中で最大のグループを構成していた。

Read more