Tag: WTI

NY商品、原油6日続落 米のイラン制裁は緩やかとの見方

NY商品、原油6日続落 米のイラン制裁は緩やかとの見方

  5日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が小幅に6日続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の12月物は前週末比0.04ドル安の1バレル63.10ドルで終えた。米政府が5日にイランとの石油や金融の取引を禁じる制裁を発動し、買いが先行した。ただ、トランプ米大統領が制裁を緩やかに進めると述べたと伝わり、取引終了にかけて下げに転じた。 米政権は5日にイラン制裁の対象を石油や金融、造船、保険に広げ、オバマ前政権が2016年に解除した制裁を全面的に再開した。原油取引に伴う決済や石油タンカーの事故に備えた保険取引も禁じられる。世界各国にも制裁に同調するよう求めており、イランからの原油供給は細る見通し。世界の原油需給が引き締まるとの見方から先物に買いが先行した。 4日夜の時間外取引では一時62.52ドルと期近物として約7カ月ぶりの安値を付けていたため、値ごろ感からの買いも入りやすかった。 取引終了にかけては売りが膨らみ、相場は下げに転じた。5日午後、トランプ大統領が記者団に「(イラン制裁は)やや緩やかに進めたい」と述べたと伝わった。個人消費の鈍化につながる原油高を回避するためという。米政府は日本や中国など8カ国・地域にイラン産原油の一時的な輸入継続を認めたとも伝わり、原油需給が引き締まるとの見方が後退した 金先物相場は続落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である12月物は前週末比1.0ドル安の1トロイオンス1232.3ドルで終えた。中国の景気減速懸念で銅先物相場が下落し、金も連れ安した。外国為替市場でドルが主要通貨に対して上昇した局面で、ドルの代替投資先とされる金は売り優勢になった。

OPEC原油減産緩和 消えぬ価格上振れ懸念

OPEC原油減産緩和 消えぬ価格上振れ懸念

  石油輸出国機構(OPEC)が22日の総会で決めた協調減産の緩和に、原油市場は「買い」で反応した。減産緩和にはイランなどの供給減の不安で原油高が進むのを抑える狙いがある。しかし実際にどれだけ生産量を増やすのかは不透明。需給逼迫の懸念は拭いきれず、上振れしやすい相場が続くとの見方が出ている。 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物はOPEC総会の結果が伝わった22日、一時1バレル69ドル台と前日比5%高まで急上昇。日本時間25日夕の時間外取引でも68ドル台で高止まりしている。 「需給が思ったほど緩まないと市場はみている」と石油天然ガス・金属鉱物資源機構の野神隆之主席エコノミストは指摘する。OPECとロシアなど非加盟の主要産油国が2017年に始めた協調減産は、合わせて日量180万バレル。今回の総会に先立ち、この減産幅を100万~150万バレル縮小する案が取り沙汰されていた。 しかし減産参加国が今回、合意したのは行き過ぎた減産順守率を7月から100%に下げること。ベネズエラの生産停滞などでOPEC加盟国の順守率は152%まで高まっていた。OPECを主導するサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は23日の記者会見で日量100万バレル程度増やす必要があるとの認識を示したが、共同声明には「100万バレル」を盛り込めなかった。 OPEC第3位の産油国イランは米国の経済制裁で輸出が細る公算が大きく、相場を下げかねない増産に猛反発。「不一致を覆い隠す」(米ゴールドマン・サックス)書きぶりにとどめ、決裂を避けた可能性が高い。 減産順守率を100%に下げるにしても、どの国にどれだけ供給増を認めるかは判然としない。個別の割り当てを明示せずに、全体の生産量をどう管理するのかも不明だ。野村証券の大越龍文シニアエコノミストは「増産は日量50万~60万バレルにとどまるのではないか」と分析。目先の相場は60ドル台後半で推移するとみる。 5月までの原油相場上昇を招いた供給減のリスクは解消していない。イランの生産量は、前回の制裁下では日量100万バレル落ち込んだ。ベネズエラは経済の混乱で産油量の低下に歯止めがかからず、向こう半年で日量50万バレルほど減るとの見方もある。新たにナイジェリアやリビアで供給減の懸念が浮上し、サウジには隣国イエメンからの越境ミサイル攻撃が続いている。 協調減産に取り組む国が減産を緩める結果、OPECの余剰生産能力が小さくなる点も見逃せない。「供給不安への余力がなくなり上振れしやすい。ガソリン需要が伸びる夏にかけて、1バレル70ドル台前半まで上がる可能性がある」(野神氏)との声がある。

NY原油、米イラン核合意破棄で乱高下

NY原油、米イラン核合意破棄で乱高下

  【ニューヨーク】8日の米原油先物市場では、米トランプ政権のイラン核合意破棄を巡り、先物価格が乱高下した。指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近6月物は午前の取引では利食いの売りを浴び、一時は1バレル70ドルを割り込んだ。だが、トランプ大統領が午後2時すぎに演説を始め、破棄を宣言すると急伸。再び70ドルを上回る場面もあった。 トランプ大統領の演説が終わった後は再び売り買いが交錯した。日中取引が終了した午後2時半時点では、前日に比べて1ドル超安い1バレル69.06ドルとなった。 英米仏などがイランと結んだ核合意から米国が離脱するとの観測は7日に急浮上。米国が再びイランに制裁を課し、原油供給が停滞するとの見方から同日は一時70.84ドルまで上昇し、約3年5カ月ぶりの高値を付けた。 一方、米株式市場ではリスク回避の動きが強まり、ダウ工業株30種平均は一時前日比150ドル超下落した。その後は制裁が段階的にしか再開されないことが安心材料となり、終値は2ドル89セント高の2万4360ドル21セントとなった。

NY商品、原油3日続伸、3年5カ月ぶりに70ドルに迫る 金は続伸

NY商品、原油3日続伸、3年5カ月ぶりに70ドルに迫る 金は続伸

  4日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は3日続伸した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の6月物は前日比1.29ドル高い1バレル69.72ドルで取引を終えた。トランプ米政権が近くイラン核合意からの離脱を決断し、イランへの制裁を再開するとの観測を背景にした買いが優勢だった。一時は69.97ドルと心理的な節目の70ドルに迫り、2014年11月末以来、約3年5カ月ぶりの高値を付けた。 イランの核合意からの離脱はトランプ大統領が12日までに是非を決断する。大統領や政権幹部の強硬姿勢に加え、3日にはイラン政府高官の「米が求める合意見直しに応じない」との発言が報じられたこともあり、合意の維持や交渉が難しいとみる参加者が多かった。米国が合意を破棄すればイランが核開発を再開し、中東情勢の緊張が強まる可能性がある。イランの原油輸出も減る公算が大きく、原油需給の逼迫につながるとの観測も原油の買いを誘った。 米株式相場が売り先行後に上昇に転じた。投資家が運用リスクを取りやすくなったことも原油相場を押し上げたとの見方があった。 ガソリンは続伸、ヒーティングオイルは反発した。 ニューヨーク金先物相場は小幅に続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である6月物は前日比2.0ドル高の1トロイオンス1314.7ドルで取引を終えた。4月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数や平均時給の伸びが市場予想を下回り、物価上昇圧力が依然として鈍いことを示したと受け止められた。米連邦準備理事会(FRB)の利上げが加速し、金への資金流入が細るとの懸念が後退した。 外国為替市場でドルが対主要通貨で買われたため、ドルの代替投資先とされる金は下げる場面があった。 銀は3日続伸、プラチナは続伸した。

Translate

Popular Post

羽生は彼の新しい記念碑が仙台を訪問することを願っています

フィギュアスケート選手の羽生柚鶴は4月20日に故郷の覇者として故郷に戻り、平昌オリンピックで金メダルを祝う記念碑の前でポーズを取った。 4月20日に市の青葉区で開かれた式典で、羽生さんは「碑が仙台への観光客の流入を刺激することを願っている」と語った。 この作品は4月29日に地下鉄の国際センター駅に設置される予定です。 駅にはすでに他に2つの記念碑があります。1つは2014年ソチオリンピックで羽生が金メダルを獲得したことを示し、もう1つは2006トリノオリンピックで荒川静香の金メ​​ダルを祝うものです。荒川は仙台で育った若い頃を過ごした。 Hanyuの新しい記念碑は、彼の右手が彼の顔の前に置かれ、左手が手のひらを上にして頭上を上げて、昨年の「Seimei」というタイトルの彼の無料プログラムの初めにポーズをとっているのを特徴とします。 「(ポーズ)は天、地、そして人々を支配する力を表します」と彼はイベントのために集まった観客に説明しました。 "私はその時自信を持って滑っ​​ていました。" 羽生はまた、彼が人々に彼の2つの描写を比較することを望んだと言いました。 「私の顔の表情やポーズは記念碑によって異なります」と彼は言った。 「私は人々にそれらの詳細に注意を払って欲しいのです。」 羽生は、仙台は東日本大震災の8年後にまだ再建されており、津波は都市や東北地方の他の場所を破壊したと述べた。 「私は街を助けるためにできる限りのことをすることを決意しています」と彼は言った。 このイベントに参加した市内の泉区出身の68歳の女性は、羽生の言葉に感動したと語った。 「私は、再建への取り組みに対する揺るぎない決意を聞いた後、涙を流しました」と彼女は言いました。

Read more