Tag: 魚市場

マグロは日本の新年の魚市場で記録的な270万ユーロで販売しています

マグロは日本の新年の魚市場で記録的な270万ユーロで販売しています

  日本の寿司大物は、今年の東京の新しい魚市場での最初のオークションで、巨大なマグロに記録的な3億3,360万円(270万ユーロ)を支払った。 スシザンマイの飲食店チェーンを営む木村清は、日本の北部沿岸で漁獲された278キログラムのクロマグロを購入しました。 木村氏は「マグロはとても美味しくてとても新鮮に見えますが、やりすぎたと思います」と記者団に語った。 寿司の上司は、彼が2017年に入札されるまで、6年間連続で新年のオークションで1匹の魚のために最も支払ったという記録を保持していました。 今年のオークションは、有名な築地市場が2018年に閉鎖され、東京2020年夏季オリンピックのための一時的な駐車場を提供した後、豊洲市場で初めてとなりました。 クロマグロは、世界野生生物基金によって絶滅危惧種に分類されています。 12月、日本は商業捕鯨を再開し、国際捕鯨委員会(IWC)から撤退すると発表しました。 この協定は、一部の種がほぼ絶滅に追い込まれた後の1986年に商業捕鯨を禁止した。 日本の当局者は、クジラを食べることは国の文化の一部であると述べました。

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more