Tag: 韓国

韓国の摩擦をめぐる報道の光沢

韓国の摩擦をめぐる報道の光沢

3月1日はソウルの公園で学生が韓国の独立を宣言したスピーチの100周年を迎えました。このイベントを記念して、韓国のムンジェイン大統領は、外交摩擦のために現在は深刻に擦り切れている日韓間の絆を強化するよう呼びかけた演説を発表した。 1910年から1945年までの半島。 月の和解の調子は日本政府によって辛抱強く指摘されたが、外務省は1919年の宣言によって引き起こされた蜂起で殺害されたと述べた人の数について問題を取り上げた。与党自民党の何人かのメンバーは、同省のメッセージが十分に強くなかったと不平を言った。いずれにせよ、同省は3月1日にデモの可能性について日本人に警告し、韓国への旅行を計画している人々に旅行勧告を出した。 政府が蜂起で何人の人が殺害されたのではないかと懸念しているのなら、3月1日の運動のルーツについて何も語ったことがなく、報道機関もそうではなかった。現在の政権は、当時の日本の半島の併合は合法であったという物語を維持することを除いて、植民地時代については決して話しません、そしてメディアは歴史のこの曖昧なバージョンと一緒に行きます。結果として、公衆はそれについてはほとんど知らない。それは、仮にあったとしても、歴史的クラスでは概略的にしかカバーされていないからである。 しかし、東京新聞の特集で説明されているように、3月1日の運動の起源は日本にさかのぼることができます。その宣言がソウルの公園で読まれる1か月もしない前に、文書は現在日本の韓国のYMCAを収容しているサイトの東京の建物で韓国の学生のグループによって起草されました。建物のアーカイブの管理者は、1919年に「大正の民主主義」の高さで、東京はアジアで最も政治的に啓発された都市と見なされたと東京新聞に語った。この宣言には、米国のウッドロー・ウィルソン大統領の自決の原則が組み込まれ、朝鮮民主主義人民共和国の人々が日本の統治を打ち破ることに拍車をかけた。日本で教育を受けた若いエリートによって書かれた、テキストがそれが違法であるとして日本の規則を説明したとしても日本に多くの責任を置かなかったと主張する。その文書は、「平和と文化」を促進する行動への呼びかけであった。実際、 しかし、運動は活気づいた。最初は平和的だったが、韓国の歴史家によると、その後3ヶ月間に約7,500人の朝鮮人が暴力の渦の中で当局に殺害された。さらに、約15,000人が負傷し、約46,000人が逮捕されました。 3月1日に行われたTBSラジオの " Ogiue Chiki Session-22 " のインタビューで、一橋大学大学院の准教授、加藤圭樹氏は、日本はこの動きに対応したことがないので明示的に反対しなかったと述べた。単に無視します。デモが拡大するにつれて、デモを中止するために日本からより多くの部隊が派遣され、兵士たちはあたかも彼らが戦争をするかのように感じた。当時のメディアは、この動きをテロリストの作品と表現し、1923年の地震の後、東京と横浜の朝鮮人居住者を自警団員のように殺害した。朝鮮半島に7年間住んでいた金子史子独立を支持し、震災後に逮捕され、王子皇太子を殺害することを企図したとして死刑を宣告された。A韓国の主人公、彼女は日本ではアナキストとして知られており、暗殺者であろう。 多くの朝鮮人は日本の統治を支持した - 彼らがいなければ日本は半島を支配することはできなかった - そしてこれらの人々は戦争が終わったときにまだ権力の地位を占めていたので補償を含む植民地支配に関連するすべての問題を解決したと主張する。加藤氏が強調しているように、日本は条約を謝罪したり後悔したりせず、慶應義塾大学教授の祖谷義英氏は最近、東アジアフォーラムで、現在の日韓のスタンドオフは両国間の「衝突」植民地時代の解釈。 韓国にはイデオロギー的根拠にムーンを憤慨させ、過去の日本版にいくらか同情的な保守的な要素があります。この対立は、月の3月1日の演説の主な話題である南北の分裂に現れています。「オギエチキセッション-22」クリップの別のセグメントでは、韓国を拠点とするジャーナリストのSeo Dae-gyoは、月は植民地時代の共同作者を裏切り者と見なし、戦後の韓国政府は共同作者を収容して迫害したと述べている。共産主義者としての元運動は戦う。朝鮮半島の統一はこれら二つの側面を調和させずには起こり得ない。 3月6日に朝日新聞に掲載されたエッセイで、中央大学教授の川北敦子教授は、この外交の行き詰まりが世論にどのような影響を与えるのかについて心配していました。彼女は、過去に立ち向かうことへの日本の拒絶と、それ自身とのドイツの関与を対比させる。ナチ時代に直面した結果、ドイツは人権と民主主義が究極の善であることを知りました。一方、日本は戦争経験から得た教訓は平和が究極の善であるということであった。日。朝鮮半島は日本によって支配されていましたが、日本は今や韓国の気まぐれさの犠牲者となっています。 しかし、世論は過去よりも現在起こっていることについての詳細です。日本と韓国は文化的にも経済的にも多くを共有しています。日本の女子高生が2月17日に公開されたWebronzaの記事をインタビューしたところ、彼女は韓国文化を愛し、日本に韓国人の友人がいるため外交的混乱に悩んでいると述べた。1月には約78万人の韓国人が来日し、前年比5.6%の増加となった。日本人は外務省の警告に耳を傾け、好意を返せないのだろうか。日本の観光客が韓国で恐れるべきことがあれば、電話交換で「荻上チキセッション-22」のホストから尋ねられたとき、ソは「スパイシーな食べ物だけ」と答えました。

韓国は日本の新しい大使をタップします

韓国は日本の新しい大使をタップします

韓国は地元メディアの報道によると、上級外交官の定例春改造の一環として、日本の次期大使として、元国家安全保障局の職員を指名しました。 ヨンハップ通信社などの報道機関によると、政府は最近、李スフーン大使に代わって、最近NSOの副首席を辞任したナム・グァンピョをタップしたと報じた。 62歳のナムさんは、1992年から1995年の間に東京で韓国大使館の最初の書記を務め、ハンガリーとスウェーデンの大使も務めました。 彼は外務省で働いている間に条約問題を取り扱い、それによって朝鮮半島の1910 - 1945年の植民地支配から生じた日本との現在の法的問題に対処するのに役立つかもしれない経験を得ました。 最近の二国間関係の低迷の焦点の1つは、日本企業に戦時強制労働の補償を命じる最高裁の判決であり、日本は1965年の協定の違反として「最終的かつ完全に」解決しました。 両政府はまた、韓国の軍艦が日本の巡視機に自衛隊のレーダーを固定したという事件や、自衛隊による超低空飛行の容疑について口頭で衝突した。 もう一つの最近の引火点は、第二次世界大戦の前とその間に日本軍にセックスを提供した女性(彼らの意欲に反するものを含む)をめぐる紛争を解決するための帝国の謝罪を求める韓国の国会議長によるコメントです。 しかし、先週の金曜日のスピーチで、日本の植民地支配に対する民衆蜂起の開始100周年を記念して、ムンジェイン大統領は、緊張をさらに悪化させないための明白な努力で日本の直接批判を控えた。 朝鮮半島の平和を確保するために日本との協力を強化することを約束した。 「過去を変えることはできませんが、未来を変えることができます」と彼は言った。「歴史を振り返りながら、日韓がしっかりと結びつくとき、平和の時代は大きな進歩で私たちの側に近づくでしょう。犠牲者の苦痛が協調的な努力によって実質的に癒されるとき、韓国と日本は心からの理解を持つ本物の友達になるでしょう。」

日本は韓国と多国間の海軍訓練に拍車をかける

日本は韓国と多国間の海軍訓練に拍車をかける

日本と朝鮮民主主義人民共和国は、朝鮮半島の過去の植民地化に対する新たな敵意の中で、4月下旬に釜山沖で行われる予定の多国間海軍演習に参加するかどうかにかかわらず、新たな論争に巻き込まれている。 イワヤ国防相は、国防総省のウェブサイトでのコメントの記録によると、日本の軍用船は釜山港に入港することはできないが、共同演習プログラムの残りの部分に参加すると記者団に語った。 岩屋猛写真家:野木一宏/ AFP via Getty Images 「東アジアの安全保障の観点からすると、日本と韓国、そして日米韓との関係は非常に重要です」とイワヤ氏は言います。 韓国の国防省は、そのウェブサイト上の声明の中で、日本は計画会議に参加するが、釜山沖の多国間作戦に参加するために船を送ることはないと述べた。この決定は先週訓練を準備するための会議で発表された、と国防省は言った。 防衛省職員のキム・ウンギョン氏によると、米国、韓国、中国、ブルネイ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、インドの計8カ国、釜山沖での訓練に参加する予定だ。 金氏は電話で「日本は陸上で開かれる会議に参加する」と述べた。「彼らは釜山に船を送らないでしょう - これは会議で決定されました。」 日本が朝鮮半島の1910 - 1945年の植民地化のために十分な論争を示したかどうかについて、両国はここ数カ月間にますます対立しています。

日本は寒い関係の中で韓国のMSDFの港の呼び出しをキャンセルします

日本は寒い関係の中で韓国のMSDFの港の呼び出しをキャンセルします

国防省は火曜日に、両国間の関係が彼らの各軍隊による疑わしい挑発的な行為について緊張しているので、今春、韓国のヘリコプターキャリアによる港湾呼びかけをキャンセルすることにしたと言いました。 出雲運搬船を含むいくつかの海上自衛隊艦艇は、東南アジア諸国連合の防衛大臣がいる頃に、4月から5月にかけて多国間演習が行われる予定の近くの海域への途中で釜山に寄港する予定です。とその地域パートナーは、韓国の港湾都市で集まります。 同省によると、日本の船は予定通り共同訓練に参加する。 東京はソウルとの関係を改善しようとしているが、今回は韓国に船舶を到着させないことが「最も適切」だと判断した、と大臣の記者会見、青柳氏は記者会見で述べた。 韓国軍との今後の交流については、同省は「ケースバイケースで」と判断すると述べた。 両国は、韓国の海軍駆逐艦が12月に日本海にいる自衛隊の偵察機にその射撃管制レーダーをロックしたかどうかについて争っていた。日本の大臣は先月、韓国の否定は根拠がないこと、そして事件について二国間の防衛協議を続けることはできないと結論した。 一方、韓国は、12月と1月に日本の巡視飛行機が国際海域で韓国の軍艦上の危険なほど低い高度で繰り返し飛んだと主張しました。日本はその主張を否定している。 先週、韓国国防省は、今月予定されていた韓国海軍の第一艦隊の指揮官による日本への公式訪問を延期すると発表した。 最近の韓国の最高裁判所による日本の企業に戦時強制労働の補償を命じた結果、二国間の緊張が高まった。

S慰安婦は「慰安婦」の葬儀のために日本大使館に集まる

S慰安婦は「慰安婦」の葬儀のために日本大使館に集まる

韓国の首都ソウルにある日本大使館近くには、少女として売春を余儀なくされ、第二次世界大戦で日本軍によって性的に奴隷化された女性の葬儀のために、何百人もの会葬者が集まっています。 金曜日の朝の寒い朝は黒い服を着て黄色い蝶の切り抜きを持っていた群衆は、何千人ものアジアの女性専門家を代表する少女の銅像の前で止まった金朴洞を運んでいた。それが植民地時代の野心を追求していたので、軍は最前線の売春宿に強制しました。 大使館近くのシーンは金を記念して5日を締めくくった時間の長い行進の集大成でした。そして、彼は定期的に日本がいわゆる「慰安婦」の苦しみを完全に認めるように要求しました。日本人による女性たちで、「性奴隷」という言葉の間に減少しつつある数の犠牲者に受け入れられた。 日本の指導者たちは繰り返し謝罪や後悔の表現を申し出ましたが、多くの女性とその支持者は東京からの賠償とより完全な謝罪を望んでいます。被害を受けた韓国人女性239人のうち、まだ生きているのは23人だけです。 月曜日に92歳で亡くなり、ガンに苦しんでいたキムは抗議運動の最愛の指導者であり、1992年以来開催されてきた毎週の集会で銅像のそばに座っていた。大使館。 彼女の死は韓国の周りの悲しみで満たされました、ムーンジェイ大統領は韓国人に「真実に立ち向かう勇気」を与えたという彼女の執拗な擁護を信じています。 金曜日の朝、金の遺体を身に着けた霊長類がゆっくりと像に繰り上がったので、葬儀屋は、伝統的な韓国式で数えたときの金の年齢を表す94個の垂直葬儀用バナーを運びました。 多くが市役所で始まった行進の間に泣いた。トラックからマイクに向かって叫んだ活動家によって導かれて、行進者は「日本が正式に謝罪する」のようなスローガンを唱えました。「日本は正式な補償を提供します」 別の元慰安婦である涙を流したイ・ヨンスさんは、「あなたはいつも彼女を探していましたが、今度はおばあちゃん(キム)が良い場所にいます」とAP通信に語った。「私は非常に残念で悲しい気がします。私たちは皆、(集会中に)叫ぶことになるその声を知っています。彼女はこれ以上叫ぶことはできず、正式な謝罪を受けることもありませんでした。」 韓国の日本の犠牲者を代表する活動家グループを率いるユン・ミヒャンは、戦争中の女性の苦しみを強調したキャンペーンで、「戦争と朝鮮社会の家父長的偏見を乗り越えた」と述べた。 「私たち全員がキム・ボクドンになろう」とユンは言った。「残された犠牲者の数がゼロになり、日本政府が安心したと感じたら、世界中の何百、何千、何万、何百万もの蝶が叫ぶのを楽しみにしています。戦争の犯罪者たちよ」 韓国の陽山市で生まれたキムは14歳の時に自宅から連れて行かれ、1940年から1945年まで中国、香港、マレーシア、インドネシア、シンガポールの軍の売春宿で日本の兵士たちとセックスを強いられました。 1990年代初頭に発言し、日本の戦時の性的奴隷制に対する沈黙の何十年もの間に破った最初の犠牲者。 金氏は、1993年の国連世界人権会議や2016年の国連人権理事会での経験を証言しながら、世界中を旅しました。続きを読む キムは結婚したり子供をもうけたことはない。 金ye 37(キム・ヒョンア)さん(37)は、「悲痛なので、彼女が求めたものを手に入れずに死んだことを残念に思う」と語った。「我々は戦争を経験しなかった世代から来ています、そして、金が女性の人権が戦時中にどのように脆弱になるかについて私たちに教えてくれたことに感謝しています。」 1991年から1993年にかけての日本政府の調査では、公式文書に証明書はないものの、女性の多くが意欲に反して採用され、画期的な日本の謝罪に至ったと結論付けられた。 多くの韓国人は過去の日本の謝罪が十分に行き渡らなかったと言います。東京のこれまでの声明は、女性は強要されていないと主張してきた保守的な日本の指導者たちによって弱体化されてきたというセンチメントもあります。 日本はすべての戦時中の賠償金問題は国間の外交関係を回復する1965年の条約で解決され、その後東京からソウルへの経済的援助と貸付金の8000万ドル以上を伴うと主張した。近年、現在完全に独立している韓国の裁判所は、条約は日本からの賠償を求める個人の憲法上の権利を妨げることはできないと判決を下した。 ...

戦時中の性的虐待に対する世界の認識を高めるために、日韓の緊張の中で

戦時中の性的虐待に対する世界の認識を高めるために、日韓の緊張の中で

韓国は日本との関係強化に尽力しているが、女性に対する性的暴力を含む日本の戦時中の残虐行為の経験を世界と共有するための努力を強化する、とカン・ギョンファ外相はロイターに語った。 カン氏は、韓国は今年の上半期に紛争における性的暴力に関する国際会議の開催を目指していると語った。 ダボスで開催された世界経済フォーラムでのインタビューで、「慰安婦と被害者の歴史があるので、議論に貢献できることがたくさんあると感じている」と述べた。 1910 - 45年の朝鮮半島の植民地化、日本企業での強制労働の利用、そして少女や女性への日本の婉曲表現、それらの多くは韓国人の虐待など、アジアの隣人2人は苦い歴史を共有しています。第二次世界大戦中に軍の売春宿で働くことを強いられた者たち。 カンファレンスでは、「会議は(従軍慰安婦)問題そのものに取り組むのではなく、彼らの過去の経験が失われないようにするため、そしてこの問題に実際に取り組むための国際的な取り組みに登録される」と述べた。 南北戦争の歴史をめぐる争いは、長い間、朝鮮半島の核兵器計画を抑制するための世界的な取り組みに従事してきた、日韓関係の障害となっていた。 カン氏は、「非常に困難な歴史」にもかかわらず、ソウルは北朝鮮と安全保障への協力を強化しながら歴史的紛争を解決するために「2トラックのアプローチ」をとるだろうと述べた。 「被害者の側には正義の欠如という根本的な意味がある」とカン氏はロイター通信に語った。 「そして、被害者の懸念に対処する方法で過去を管理するとき、私たちはこれらの他の多くの共同作業の道に沿って移動しなければなりません。」 韓国の裁判所が日本企業に元労働者を補償するよう命令した後、最近の数カ月で確信は深まり、東京は韓国の駆逐艦が日本の監視飛行機にレーダーをロックしたと非難した。 日本は、両国が外交関係を取り戻した1965年に強制労働問題は完全に解決されたと主張し、裁判所の判決は「考えられない」としている。 日本は1月9日、強制労働問題に関する外交協議を要請し、韓国に30日以内に回答するよう求めた。カン氏は、ソウルは裁判所の決定を尊重しているという立場に基づいて、「すべての要素」を検討した後に回答すると述べたが、被害者は「最初に念頭に置いている」と述べた。 しかし彼女は、同国は1965年の外交条約を再検討する意図はないと述べ、韓国が条約に関する未解決の問題をすべて議論することを提案するかもしれないという地元のメディアでの最近の提案を棄却すると述べた。 この協定の下、韓国はソウルと引き換えに日本から3億ドルの経済援助と5億ドルのローンのパッケージを受け取った。その資金は1950 - 53年の朝鮮戦争によって破壊されたそのインフラと経済を再建するために使われました。 韓国は元保守派政権下で、東京が犠牲者に謝罪して10億円を提供した日本との2015年の協定の一環として、国連を含む国際社会における慰安婦問題の提起を控えることにこれまで同意した。それらを助けるための基金に しかしながら、2017年6月に自由党首のMoon ...

戦時中の性的虐待に対する世界の認識を高めるために、日本、韓国と緊張の中で

戦時中の性的虐待に対する世界の認識を高めるために、日本、韓国と緊張の中で

韓国は日本との関係を促進することを約束しているが、その女性に対する性的暴力を含む日本の戦時中の残虐行為の経験を世界と共有するための努力を強化するであろう、とKang Kyung-wha外相はロイターに語った。 カン氏は、韓国は今年の上半期に紛争における性暴力に関する国際会議を開催しようとしていると述べた。 ダボスで開催された世界経済フォーラムでのインタビューで、「我々は慰安婦と被害者の歴史を持っているので、議論に貢献できることがたくさんあると感じている」と述べた。 1910 - 45年の朝鮮半島の植民地化、日本企業での強制労働の利用、そして「慰安婦」の乱用 - 日本の少女と女性に対する婉曲表現、その多くは韓国人 - 第二次世界大戦中に軍の売春宿で働くことを強制された者。 カンファレンスでは、「カンファレンスは(慰安婦)問題自体に対処するのではなく、彼らの歴史的経験が失われないようにするため、そして実際にこの問題に取り組むための国際的な取り組みに登録される」と述べた。 南北戦争の歴史を巡る行は、長い間、朝鮮と日本の関係を妨げてきました。アメリカの2つの同盟国が、北朝鮮の核兵器計画を抑制するための世界的な取り組みに携わっていました。 カン氏は、「非常に困難な歴史」にもかかわらず、ソウルは歴史的紛争を解決するために「ツートラックアプローチ」をとりながら、北朝鮮と安全保障に関する協力を強化すると述べた。 「被害者側には正義の欠如という根本的な意味がある」とカン氏はロイター通信に語った。 「そして、被害者の懸念に対処する方法で過去を管理しているので、私たちはこれらの他の多くの共同作業に沿って移動しなければならない」と述べた。 韓国の裁判所が日本企業に元労働者を補償するよう命令した後、最近の数カ月で確信は深まり、東京は韓国の駆逐艦を日本の監視飛行機にレーダーをロックしたと非難した。 日本は、両国が外交関係を取り戻した1965年に強制労働の問題は完全に解決されたと主張し、裁判所の判決は「考えられない」としている。 日本は1月9日、強制労働問題に関する外交協議を要請し、韓国に30日以内に回答するよう求めた。カン氏は、ソウルは裁判所の決定を尊重しているという立場に基づいて、「すべての要素」を検討した後に回答すると述べたが、被害者は「最初に念頭に置いている」と述べた。 しかし彼女は、同国が1965年の外交条約を再検討する意向はないと述べ、韓国がこの条約に関する未解決の問題すべてを議論することを提案するかもしれないという地元のメディアでの最近の提案を却下すると述べた。 ...

韓国は日本がレーダーロックの決定的な証拠を示すことに失敗したと言う

韓国は日本がレーダーロックの決定的な証拠を示すことに失敗したと言う

  火曜日の韓国国防省は、東京が前日に韓国の軍艦が日本の飛行機でレーダーをロックしたという主張を支持する決定的な証拠を提供することに失敗したと言いました。 同省の広報担当者、チェ・ヒョンス氏は、記者会見で、先月の事件に関連して自国の情報を開示するための条件として、駆逐艦のレーダーデータを見ることを要求したと述べた。彼女はその要求を「非常に失礼だ」と言って批判した。 会議では、「日本は我々の軍艦について持っているレーダー周波数データを開示しなかった…そして代わりに韓国からの情報のみを求めた。そのような要求は非常に失礼で容認できない」とChoiは言った。 彼女は、東京の態度を他のものと解釈することはできないが、問題を解決したいという欲求の欠如であると彼女は付け加えた。 ソウルが日本の監視飛行機は韓国船に向かって非常に低い飛行をしていたというこの事件のもう一つの重要な論点として、日本は何らかの責任を負っているようだ、と崔氏は語った。 それに応じて、菅芳英内閣官房長官は記者会見で、韓国の駆逐艦が消防隊のレーダーを鎮圧したかどうかについて、日本の役人と韓国の役人は「大きな問題」を話し合った。日本の飛行機 東京が証拠として役立つかもしれない電波データを共有したかどうか尋ねられたとき、Sugaはコメントを控えました。 両国の防衛当局は月曜日に、二国間関係を冷やしたとされているレーダーロックオン事件について、シンガポールで協議を行った。 双方は、会談後、先月日本海で起こったこととの違いを取り除くことはできないと述べた。その後の会談の日程は定められていない。 東京は12月20日に駆逐艦が自衛隊のレーダーを海上自衛隊監視隊にロックしたと主張している。 ソウルは、軍艦は単に北朝鮮の漂流漁船を探すためにレーダーを使っていたと主張し、日本からの謝罪を要求した。 また火曜日に、ソウルは北朝鮮を最近の防衛白書の中で「敵」とラベルする記述を削除しました。 この動きは、昨年4月に開かれた南北首脳会談で「すべての敵対行為」を阻止するという合意に沿ったものである。 韓国の政府高官は、敵対者としてそれを説明し続けながら、北朝鮮と敵意を解決するための措置を交渉することは矛盾するであろうと言いました。 2年前に発表された前回の国防白書は、「北の大量破壊兵器…私たちの安全保障にとって大きな脅威となっています。 …これらの脅威が続く限り、北朝鮮体制とその軍隊は私たちの敵です。」 しかし、最新版では、依然として北朝鮮の大量破壊兵器が「朝鮮半島の平和と安全に大きな脅威となっている」と述べている。 同紙はまた、「予想外の挑発」に対する韓国軍の「即応性の高さ」にも言及しており、両国が第3回南北首脳会談で署名された軍事協定に基づいて信頼を築き続けることを付け加えた。 ホワイトペーパーでは、ソウルの東京との関係を「民主主義と市場経済の(共有された)基本的価値観」からなるものとして説明している部分を削除した。 ...

日本と韓国は北朝鮮に注目しなければならない(お互いにではない)

日本と韓国は北朝鮮に注目しなければならない(お互いにではない)

  2018年12月20日、大韓民国政府の指示に従って、朝鮮民主主義人民共和国沿岸警備隊(KCG)と大韓民国海軍(ROKN)は、東海で苦しんでいる北朝鮮漁船の援助を受けました。日本海としても知られています。船に乗って4人の漁師がいました、そのうちの1人はすでに死にました。 朝鮮半島を取り巻く海域は非常に繊細な地域であり、排他的経済水域(EEZ)が重なり合って海上境界線がまだ合意されていないため、各国の管轄区域間で混乱が生じています。この明確さの欠如は、特に漁業活動に影響を与えます。 韓国とKCGが行った共同捜索救助(SAR)活動は、日本がそのEEZとして主張している分野にあった。この地域は日本と韓国によって共有されている共同漁場でもあります。北朝鮮の漁船の乗組員は、韓国のKDX-1級駆逐艦であるGwanggaeto the Great(DDG 971)の支援を受けて、KCG船Sambong(KCG 5001)によって無事に救助され、その後Panmunjomを通じて北朝鮮に送還された。 12月22日 また、12月22日、DDG 971がSTIR-180追跡レーダーを海上自衛隊(JMSDF)に投射したと主張し、日本政府は大韓民国政府に正式な抗議を提出した。 SAR運用の近くで運用している海上監視航空機。 P-1の乗組員が自国の航空機でレーダー警告警報を受信し、ROKSと音声通信をしていると主張した12月28日に公開されたビデオを含む双方からの主張および反訴があった。公海で使用される国際通信システムであるチャンネル12を介したDDG 971。日本は、レーダーロックはP-1を狙っており、これは敵対的行為であると主張している。しかし、韓国は、錠が獲得されたことを否定し、P-1がDDG 971から150メートル以内で、危険なほど低い飛行をしていると非難します。 海上SAR作戦と敏感な海事領域における実際の海上戦との間に明確な区別がなされるべきである。 SARと海は海事法執行の一部である人道的救助活動であり、海軍が関与しているならば、特に荒天時の外洋で必要となるかもしれないように彼らは沿岸警備船を支援するべきです。このような状況では、海軍の船舶や航空機は、軍事的または外交的な役割ではなく、不安定な役割を果たしています。 SARの作戦は不快ではなく、公海でも領海でも、いかなる種類のSAR作戦にも関わっている沿岸警備隊や海軍艦艇が軍事または戦闘で行動していると解釈されるべきではありません。容量SAR任務の間、SAR作戦区域の近くで活動しているすべての海軍艦艇と航空機は国家救助調整センター(RCC)によって調整されるべきであり、RCC間の調整は国際SAR諮問グループ(INSARAG)の責任です。 この事件に対して日本がとった姿勢は、政治的要因によって最もよく説明されています。安倍晋三首相の政府は現在歴史的に低い承認評価に苦しんでいます、そしてこの状況は明らかに彼の基本的な支持でjingoistic感情を呼び起こすために有用な口実を提供します。韓国の最高裁判所はまた、最近、第二次世界大戦中に強制労働に起草した韓国人が補償の対象となると判決を下しました。さらに、韓国はまた、これまで第二次世界大戦中に日本によって使用された韓国の性奴隷の問題の下で線を引くために前政権によってなされた取り決めを放棄しました。明らかに、安倍首相は韓国で反撃する機会を模索しており、政治目的でP-1事件を利用している。 2019年1月1日、朝日新聞に日本の首相インタビューが行われ、韓国政府は「誤解を招くような作戦」をして謝罪すべきだと主張し、ROKS ...

韓国、日本が軍用レーダースパットについて協議

韓国、日本が軍用レーダースパットについて協議

  韓国と日本は先月、ソウルで人道捜査活動に軍用レーダーを使用したことに関する紛争をめぐる「相互誤解」に対処するために、シンガポールで一般級交渉を行った、と国防省は述べた。 東京は12月20日に韓国の海上哨戒機に消防用レーダーを施錠したと非難した。東海 午前中、双方は、シンガポールの韓国大使館で最初の協議を開催しました。彼らは午後に日本大使館で第2ラウンドを開催することになっていました。 韓国の代表団は、ソウルの合同参謀本部の軍事支援の最高責任者のV. Adm。Boo Suk-jongと防衛省の国際政策の総長であるLee Won-ikによって率いられました。 日本の代表団には、東京の合同参謀本部の事務局長である樋田敦史中将と、国防総省の高官である石川猛がいました。 12月27日、双方は事件に関する彼らの違いを確認するためだけにこの問題に関するビデオ作業レベルの会議を開催した。その1日後、東京は、ソウルが「深い懸念と後悔」を表明したという主張を裏付けるビデオクリップを公開しました。その後、ソウルは自身のビデオ映像で反撃し、人道的使命に焦点を当てた韓国の軍艦への「脅迫的な」低高度飛行の実施に対する日本の謝罪を要求した。 ソウルは、その軍艦は捜索レーダーシステムを使用しただけで日本の飛行機にレーダービームを送信しなかったと主張しました。それは「喫煙銃」を要求した - 軍艦が飛行機に対して追跡レーダーを使用したかどうか確認するために東京のレーダー周波数データの分析。 最近の論争は、歴史的および領土的確執によって長い間緊張してきた二国間関係の緊張を高めた。 両国は最近、韓国の国民が第二次世界大戦中に日本の会社によって激しい労働を強いられたことについて、今年初めにソウルの最高裁判所の判決を無視した。

Page 1 of 6 1 2 6

Translate

Popular Post

秋仁氏が棄権したとき、日本は財政的混乱を鎮圧

日本の銀行やブローカーは外交の不安定さ、現金の需要の急増、そして今が前例のない10日間の休暇を取って紀元前10年の祝日を迎えようとしているときにコンピュータの問題に悩まされています。 規制当局は、4月27日から5月7日までの間の新しい皇帝の祝祭が、空のATM、銀行の支店の待ち行列、国際市場の混乱によって損なわれないように、緊急の準備をするよう銀行に働きかけている。 このような複雑な準備の必要性は、休日の異常な長さと帝国時代の名前が日本のコンピュータシステムに組み込まれている程度を強調しています。 日本の日付は、通常、帝国の年によって表されます。2019年は、平成31年ですが、5月1日は、新時代の初年度に変わります。平成のための文字はほとんどすべての金融文書に印刷され、1989年には存在しなかったコンピュータシステムに組み込まれました。 さらに、すべての政府機関は閉鎖され、ほとんどの企業は閉鎖されると予想されます。 みずほ銀行のチーフエグゼクティブ兼日本銀行協会会長の藤原浩二氏は、フィナンシャルタイムズとの最近のインタビューで、「これまでで最も長い休暇であり、ある程度までは未知数である」と述べた。 「何よりも、これは時代の変化と時代の名前の変化なので、特別な時期です。」 その結果、1999年から2000年にかけての変化を認識するためにコンピュータを再プログラミングしなければならなかった2000年のバグと同様の問題があります。 、新時代の名前は厳重に守られた秘密であり、4月1日まで発表されないでしょう。 日本銀行は、人々が休日を通してそれらを存続させるために、より多くの現金を引き出すことを期待しており、銀行に買い戻しを促しています。規制当局は、現金がさらに大きな撤退を阻止するために利用可能になるという事実を強調することに熱心です。 ATMは通常どおり動作します。金融庁のある関係者は、顧客に問題がないことを知っておくことが重要だ」と述べた。 「銀行の窓口で行う必要がある作業については、休暇の開始前には混雑することがあります。銀行はその要求を先に進めようとする必要があります。」 銀行間の支払いと日本国債の取引の決済システムであるBOJ-NETは、休暇の間中締め切ります。同じ銀行内の口座への振替は実行されますが、異なる銀行の口座への振替は累積され、国が仕事に戻るまで実行されません。 「決済リスクがないことに注意することが重要です」と金融庁の関係者は述べ、銀行間の未解決の債務の積み重ねについて言及した。 「むしろ、取引が遅れることになります。」 日本の銀行やブローカーもまた、彼らが強制休日に行き詰まっている間、世界市場で何が起こり得るのかについて心配しています。野村の外為ストラテジスト、後藤裕次郎氏は、円安による「フラッシュクラッシュ」の危険性について警告した。 日本市場が年末年始に閉鎖されている間にAppleが利益を警告した今年1月3日に円の急激な動きがあった。後藤氏は、日本の輸出業者および生命保険会社はリスクを相殺するために一時的にヘッジを強化する可能性があると述べた。 みずほのような大手銀行はロンドンとニューヨークのオフィスで自分のマーケットポジションを管理することを計画していますが、証券会社は外国市場に急上昇があって売却したい場合に顧客がどうするかを心配しています。 一部のブローカーは、10日間のうち2日間は支店を開設すると発表しましたが、外国株の売り注文を受け付けるだけのものもあります。

Read more