Tag: 長田和也

日本の伝統的な紙の道を調べる

日本の伝統的な紙の道を調べる

  日本での1月上旬は、休息と居心地の良い滞在のための時間です。気温が下がる中、人々はこたつの下でダイビングをしたり、温泉を訪ねたり、暖かい鍋に浸かったりするだけです。 しかし、約200世帯にとって、それは容赦のない寒さの中で厳しい手作業をする時です。全国各地で、和紙製造業者はピーク生産期に入っています。ほとんどの人は、今月から来月にかけて可能な限り多くのものを作り、最高の強度、耐久性、そして輝きの和紙だと彼らが信じているものを提供することを目指します。 職人が言うのは歴史によって証明される習慣です。昔、和紙は単なる冬の活動であり、生産された高品質の素材は何千年もの間生き残ってきました。 答えは科学にあります。河川や小川を流れる堅い水は、和紙の製造に最も一般的に使用されているコゾ(桑)繊維からのアルカリや不純物の除去を助けます。その一方で、気温が低いと繊維が収縮し、紙のシャープな質感が得られます。それらはまた、細菌を抑制しながら構成材料のより容易な貯蔵を容易にし、それによってコゾ繊維の分解を防止する。 和紙作りは自然に依存しているので、それは同様に深く精神的です。 57歳の四代目の和紙職人、長田和也は、和紙を「自然からの神聖な祝福」と表現しています。近くの岡本大滝神社で紙の女神を訪問した後にのみ。 和紙は長い間この地域の主要産業であったので、敬意を払うことは重要です。市を構成する5つの村の約70の世帯または小さな工場は、6世紀からの和紙作りの文化の一部として、和紙関連の仕事に500人を雇用しています。だから越前は和紙の代名詞でもあり、通常和紙の里、または伝統的な日本素材の故郷とも呼ばれています。 それでも、この要塞でさえ、職人がそれを収益性を保ち、変化する消費者のニーズに適応するのに苦労しているので、和紙の生産は減少しています。 それは日本中で見られる問題です。全国に200の和紙製造世帯があると推定されていますが、50年前にはその10倍の数がありました。 桑の樹皮は、和紙を作る過程で剥がれます。 では、急速に変化する日本において、和紙はどのように生き残ることができるのでしょうか。 Osadaの会社、Osada PaperMill Co.、Ltd.は、サクセスストーリーの一例です。 1920年代からスペシャリストのフズマ(紙の扉)メーカーであったビジネスでは、日本ではそのような内装が施されている近代的な住宅が少ないため需要が落ち込みました。それで、20年前、彼は同じ技術を使ってランプシェードとアートのための新しい論文を作り始めました。さらに、彼は卸売業者だけでなく、新しいWebサイトやイベントでの展示会を通じて、顧客に直接販売しました。 ...

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more