Tag: 退色インク

褪色インク:日本の「手彫りの」タトゥーマスターは彼らの芸術を生かし続けるために戦う

褪色インク:日本の「手彫りの」タトゥーマスターは彼らの芸術を生かし続けるために戦う

  東京の六本木地区にある小さな、臨床的に照らされたスタジオでは、恐ろしい戦士たちと神話上の生き物たちが、スペースの周囲を囲む紙の絵から目を光らせています。 ここの彫師は、単に竜源として識別されることを求め、伝統的な日本のイメージ - 自然にインスピレーションを得たカラフルで漫画のような形、宗教的な図像、そして国の有名な「浮世絵」の木版画を専門としています。 龍源の方法も歴史に染み込んでいます。実際、彼はまだ「テボリ」(文字通り「手彫り」)の入れ墨の古代の伝統を実践している少数の日本の芸術家の一人です。 日本で最初に書かれた入れ墨の記録は2千年以上前のもので、Ryugenのような針のついた棒の使用は何世紀もさかのぼることができます。テボリの道具は現代のタトゥーマシンと比べると原始的に見えるかもしれませんが、原理はほとんど同じです。アーティストは棒を使って手で肌の最上層の下にインクを押し、装飾や罰のどちらかに永久的な印を残しました。 Image: Yokohama School 彼が衛生のために使い捨ての針の先端を使用するけれども、彼が単純な織物の袋に入れておくRyugenの道具はこれらの何世紀も前の道具とほとんど違いがありません。彼のテクニックを説明しながら、彼は親指のしわに沿ってロッドの1本を静止させる前に、それを繰り返しの激しい動作で動かしています - 一種の掘る動作です。 現代の入れ墨機械は芸術家が皮の正しい層を突き通すのを助ける深さの設定を特色にするが、teboriのマスターは一人で感じることに頼る。 Ryugen氏は、伝統的な方法で「直感的に」タトゥーを入れることができると述べたが、彼は通常タトゥーガンを使って輪郭を描きます。 その利点は、色が明るく、強く、そして長持ちするということです。手動の方法はまた彼が1つのインクだけを使用して、鈍い色から強い色まで、より滑らかなグラデーションを作成するのを助けます。 ...

Translate

Popular Post

秋仁氏が棄権したとき、日本は財政的混乱を鎮圧

日本の銀行やブローカーは外交の不安定さ、現金の需要の急増、そして今が前例のない10日間の休暇を取って紀元前10年の祝日を迎えようとしているときにコンピュータの問題に悩まされています。 規制当局は、4月27日から5月7日までの間の新しい皇帝の祝祭が、空のATM、銀行の支店の待ち行列、国際市場の混乱によって損なわれないように、緊急の準備をするよう銀行に働きかけている。 このような複雑な準備の必要性は、休日の異常な長さと帝国時代の名前が日本のコンピュータシステムに組み込まれている程度を強調しています。 日本の日付は、通常、帝国の年によって表されます。2019年は、平成31年ですが、5月1日は、新時代の初年度に変わります。平成のための文字はほとんどすべての金融文書に印刷され、1989年には存在しなかったコンピュータシステムに組み込まれました。 さらに、すべての政府機関は閉鎖され、ほとんどの企業は閉鎖されると予想されます。 みずほ銀行のチーフエグゼクティブ兼日本銀行協会会長の藤原浩二氏は、フィナンシャルタイムズとの最近のインタビューで、「これまでで最も長い休暇であり、ある程度までは未知数である」と述べた。 「何よりも、これは時代の変化と時代の名前の変化なので、特別な時期です。」 その結果、1999年から2000年にかけての変化を認識するためにコンピュータを再プログラミングしなければならなかった2000年のバグと同様の問題があります。 、新時代の名前は厳重に守られた秘密であり、4月1日まで発表されないでしょう。 日本銀行は、人々が休日を通してそれらを存続させるために、より多くの現金を引き出すことを期待しており、銀行に買い戻しを促しています。規制当局は、現金がさらに大きな撤退を阻止するために利用可能になるという事実を強調することに熱心です。 ATMは通常どおり動作します。金融庁のある関係者は、顧客に問題がないことを知っておくことが重要だ」と述べた。 「銀行の窓口で行う必要がある作業については、休暇の開始前には混雑することがあります。銀行はその要求を先に進めようとする必要があります。」 銀行間の支払いと日本国債の取引の決済システムであるBOJ-NETは、休暇の間中締め切ります。同じ銀行内の口座への振替は実行されますが、異なる銀行の口座への振替は累積され、国が仕事に戻るまで実行されません。 「決済リスクがないことに注意することが重要です」と金融庁の関係者は述べ、銀行間の未解決の債務の積み重ねについて言及した。 「むしろ、取引が遅れることになります。」 日本の銀行やブローカーもまた、彼らが強制休日に行き詰まっている間、世界市場で何が起こり得るのかについて心配しています。野村の外為ストラテジスト、後藤裕次郎氏は、円安による「フラッシュクラッシュ」の危険性について警告した。 日本市場が年末年始に閉鎖されている間にAppleが利益を警告した今年1月3日に円の急激な動きがあった。後藤氏は、日本の輸出業者および生命保険会社はリスクを相殺するために一時的にヘッジを強化する可能性があると述べた。 みずほのような大手銀行はロンドンとニューヨークのオフィスで自分のマーケットポジションを管理することを計画していますが、証券会社は外国市場に急上昇があって売却したい場合に顧客がどうするかを心配しています。 一部のブローカーは、10日間のうち2日間は支店を開設すると発表しましたが、外国株の売り注文を受け付けるだけのものもあります。

Read more