Tag: 軍事紛争

日本の東シナ海の悪夢:あまりにも多くの中国の戦闘機と軍艦が対抗する

日本の東シナ海の悪夢:あまりにも多くの中国の戦闘機と軍艦が対抗する

  紛争中の東シナ海の島の鎖を巡回している膨大な数の中国の軍艦や軍用機は、日本自身の船や飛行機を圧倒する恐れがあります。 不均衡は日本にとって悪化する可能性があります。 無人の尖閣諸島は、中国本土の東、台湾の北東、日本の沖縄県の西にあります。それらの場所は中国と日本にとって戦略的に価値があります。両国は島々を主張しています。 2012年、日本政府は個人所有者から尖閣チェーンの3つの島を購入しました。 カリフォルニアのシンクタンク、RANDによると、東京が3つの島を購入したことで北京は「激怒」した。 RANDが2018年の報告書で説明したところによると、この買収により、中国の指導者たちは尖閣諸島周辺での軍事的な海上および空中作戦を大幅に後押しした。 2015年までに、両国は直接の競争にあった。中国の2015年の防衛政策文書では、日本の軍事近代化を「重大な懸念」と呼んでいました。同じ年の自国の防衛政策で、日本は潜在的な脅威として中国を挙げました。 尖閣周辺では軍事力が急増した。 中国の展開は、中国による軍事力の拡大に関する広範な主張の一部でした。 「中国はこの地域の支配的な勢力として日本を追い越そうとしている」とRANDレポートの著者は書いている。 「その努力の一環として、中国は尖閣諸島に対する日本の行政統制に挑戦し、日本との軍事紛争へのエスカレーションを回避しながらその地域で統制を行使できることを実証することを意図している」と述べた。 そして日本軍は追いつくのに苦労しています。 「業務のテンポの増加は、中国のプレゼンスに匹敵する日本の能力を圧迫している」とRANDは報告した。 「2012年の終わりまでに、日本の沿岸警備隊は、中国の沿岸警備隊の船が9月11日以来68回、尖閣の領海に侵入したと報告した」と、ランド氏は説明した。 「2013年には188隻、2014年には88隻、2015年には86隻、そして2016年には121隻が、このキャンペーンを続けた。2014年半ば以来、平均して中国政府の艦船は月に7〜9回隣接する区域で70から90の侵略を実行した - その中で州は強化された管轄権を行使することができるが、それは領海のそれらのような主権領域を構成しない。 RANDの研究者らは、同様の競争が空中で行われたことを見出した。 「2012年12月13日、中国の国家機関である国家海洋局に所属するY-12型航空機が、当時45年に及ぶ記録保存の歴史の中で、日本が領有権を主張する空域への初めての不正侵入を行った。尖閣諸島を通り過ぎることに ...

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more