Tag: 財務大臣

財務次官に岡本氏、麻生財務相が発表

財務次官に岡本氏、麻生財務相が発表

  麻生太郎財務相は27日、財務省の同日付の幹部人事を発表した。それぞれ空席が続いていた財務次官に岡本薫明主計局長(57)、国税庁長官に藤井健志同庁次長(55)を昇格させた。岡本氏の後任の主計局長には太田充理財局長(58)が昇格した。国際金融や20カ国・地域(G20)を担当する浅川雅嗣財務官(60)は留任した。 文書改ざん問題への対応を担う理財局長には可部哲生総括審議官(55)、退任する飯塚厚関税局長(59)の後任には中江元哉首相秘書官(57)を充てた。 同省の本流を歩み、次官の本命候補とされてきた岡本氏をトップに据え、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題や前次官のセクハラ問題で信頼が失墜した組織の立て直しを急ぐ。 星野次彦主税局長(58)、武内良樹国際局長(58)、矢野康治官房長(55)はいずれも留任となった。

麻生財務相、森友交渉記録廃棄で陳謝

麻生財務相、森友交渉記録廃棄で陳謝

  麻生太郎財務相は25日の閣議後の記者会見で、財務省が学校法人「森友学園」との交渉記録を廃棄していた問題について「極めて由々しきことであり、深くおわび申し上げる」と陳謝した。 交渉記録については当時の理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官が国会答弁で「残っていない」と説明していた。麻生氏は決裁文書改ざんの経緯とともに交渉記録廃棄の経緯についても調査し、関与した職員を処分する考えを示した。 また、国有地売却への安倍昭恵首相夫人の関与については「少なくとも(売却価格を)安くする高くするという意味での関与は無かった」と語った。

蓮舫氏「安倍内閣はセクハラに耐えろと言っている」

蓮舫氏「安倍内閣はセクハラに耐えろと言っている」

  蓮舫・立憲民主党参院幹事長(発言録)  驚くべき発言が自民党議員から出た。加藤(寛治)衆院議員が「ぜひとも3人以上子どもを産み育てて欲しいという話を、20年以上結婚式で必ずあいさつをしている」「子どもが生まれない人は、人様の子どもの税金で老人ホームに行くことになる」と。 今の時代、本当に子どもが欲しくても努力をしてもなかなか恵まれない、心も体も財政的にも大変なご負担を強いられている方がいる。結婚する、しない、子どもを産む、産まないという選択も自分たちが決める。仕事も収入も不安定で、結婚したくてもできない人たちもいる。配慮に欠けた発言が当たり前に出てくる。本当に悲しくなる。 さらに、「セクハラ罪という罪はない」と言った麻生財務大臣の感覚を、伊吹(文明)衆院議長経験者が、それは正しいと。正しい、正しくないという話じゃない。伊吹さんも麻生さんも、財務省のセクハラ研修に何で出てくれなかったんでしょう。 安倍内閣は女性活躍を掲げているが、色々な議員の言葉を見ますと、「女は子どもを産んで、セクハラに耐えろ」と言っているのが本当に分かる。

Translate

Popular Post