Tag: 英国

LGBTI問題の授業義務化、世界初 スコットランド

LGBTI問題の授業義務化、世界初 スコットランド

  英国のスコットランド自治政府は10日までに、地域内の学校の教科課程に性的少数者(LGBTI)の問題に関する授業を義務付ける方針を明らかにした。この種の措置は世界の国・地域で初の事例としている。 自治政府のジョン・スウィーニー副首席大臣によると、授業ではLGBTIの歴史、用語、自己同一性や同性愛への嫌悪や偏見の対策などを教える。 スウィーニー氏は地元議会で、授業開始の時期はまだ正式決定されていないとしながらも、出来るだけ早急に実施させると強調した。 今回の措置はLGBTI問題の教科課程への追加を目指してきた組織の提言を全て容認する中で打ち出された。他の提言内容はこの問題に関する教材や教師への無料の訓練供与などが含まれる。提言は学校内における性的少数者へのいじめなどに取り組むため33項目から成っていた。 同組織の責任者は今回の自治政府の決定を重要な勝利とたたえた。 スウィーニー副主席大臣は、「受け入れた提言内容はLGBTIの当事者の学習経験を向上させるだけでなく、学習を受ける全ての者に自分たちの違いをたたえ、理解促進や受容を促すことを支援するものになる」と強調した。 自治政府のニコラ・スタージョン首席大臣もより開放的な教育システムの誕生につながると歓迎した。 スコットランド内の学校ではLGBTIの生徒10人のうち9人がいじめなどの被害を受けているとの調査結果もある。スコットランドで性的少数者の権利擁護運動を進める団体の昨年の報告書によると、域内の若年層の63%が同性愛嫌悪に関する中傷を常時もしくはしばしば被っているとした。この比率は他の英国内では50%となっている。

英ハロッズで24億円散財、不正の疑いで女を逮捕

英ハロッズで24億円散財、不正の疑いで女を逮捕

  英当局は8日までに、高級百貨店「ハロッズ」で10年間に1600万ポンド(約24億円)相当の買い物をしたアゼルバイジャン国籍の女を逮捕した。汚職撲滅を目的とした新たな権限に基づく措置で、本国へ身柄を引き渡す見通しだという。 英PA通信が先月報じたところによると、ザミラ・ハジイェバ容疑者(55)に対しては英国家犯罪対策庁(NCA)が「不明財産に関する命令」(UWO)を初めて適用。ロンドンの高級住宅街ナイツブリッジの豪邸など2200万ポンド相当の資産をどうやって購入したのか説明するよう求めている。 説明できない場合、同容疑者はこれらの資産を失う可能性がある。 ロンドン警視庁はCNNに対し、ハジイェバ容疑者が詐欺の疑いをかけられて本国で指名手配されていると明らかにした。また先月30日にはロンドンの治安判事裁判所に出廷していたとした。 UWOの対象となるのは「重大な犯罪への関与がかなりの程度疑われる、もしく重大な犯罪に関与した人物とつながりのある」人物。当該の人物が、本人の合法的な収入に見合わないと思われる資産を所有している場合、その購入の経緯を説明することが義務付けられる。 PA通信によればハジイェバ容疑者の夫は、アゼルバイジャン国際銀行の元会長。2001年から15年まで会長職を務めていたが、その後詐欺と横領の罪で有罪となり、15年の禁錮刑を受けた。

英で重体の男女、神経剤ノビチョクに接触 元スパイ襲撃と同物質

英で重体の男女、神経剤ノビチョクに接触 元スパイ襲撃と同物質

  (ロンドン) 英南部エイムズベリーで先週末に男女が意識不明の状態で見つかった事件で、ロンドン警視庁は4日、2人が神経剤「ノビチョク」にさらされていたと発表した。2人は依然として重体だという。 ノビチョクは軍事級の神経剤で、今年3月にエイムズベリーから数キロ離れたソールズベリーで起きたロシア人元スパイへの襲撃でも使用されていた。英政府はロシアによる襲撃との見方を示している。 ロンドン警視庁のテロ対策部門幹部によれば、捜査員は現在、両事件が関連している可能性を調べている。ただ、これまでのところ、エイムズベリーの2人が特に標的にされたことを示す証拠はないという。 同幹部は今回の神経剤について「スクリパリ父娘(ロシア人元スパイ)がさらされたものと同一かどうかは話す立場にない」とした上で、これら2つの捜査が関連してくる可能性を明確に視野に入れていると明かした。 現地の警察によると、今回の被害者2人はいずれも地元住民。女性が倒れたとの通報があり、先月30日の朝、救急医療班がエイムズベリーの住所に駆けつけた。続けて、同じ場所で男性も体調を崩していたとの報告があり、改めて医療班が現場に向かったという。 当初は汚染されたコカインかヘロインの使用で体調不良に陥ったとみられていたが、症状をめぐる懸念から、2日になって患者の検体が分析に回された。詳細な分析の結果、男女がノビチョクにさらされていたことを確認したとしている。

英無関税継続、EU側が疑念 国境問題で交渉停滞

英無関税継続、EU側が疑念 国境問題で交渉停滞

  【ブリュッセル】英国の欧州連合(EU)離脱を巡って、EU側のバルニエ首席交渉官は8日、英政府が7日に示した離脱後のアイルランドとの国境問題に関する新提案は「答えよりもより多くの疑問を提起した」と語った。英国がEU離脱後も関税同盟に残り、無関税を継続しようとすることで、欧州統合の「いいとこどり」を狙っているとの警戒がにじむ。離脱交渉を停滞させている国境問題は打開の道筋がなお描けていない。 アイルランド国境問題は10月までの決着を目指す離脱交渉の最大の難関となっている。離脱後は英・北アイルランドとEU加盟国のアイルランドの国境が復活する。英・EUは関税や厳格な国境管理を復活させない方針で合意済みだが、具体策が見つかっていない。 英は新提案で、激変緩和措置である移行期間が2020年末に終了した後もアイルランドとの国境問題が解決できない場合、英国とEUの間で無関税の協定を結ぶべきだと主張。最長21年末まで英国を関税同盟に残すよう求めた。一方、EUは英国全体でなく北アイルランドだけをEU関税同盟に残すよう提案している。 バルニエ氏は8日の記者会見で、英提案を「精査中」としつつも、関税同盟に残す対象を「英国全体に拡大することはできない」と明言。英国がEU離脱で域内移民の移動の自由などEU加盟国の義務を逃れつつ、関税同盟などの恩恵を受け続ける「いいとこどり」につながるとの懸念を表明した。 バルニエ氏は11日、英側の交渉トップを務めるデービスEU離脱担当相とブリュッセルで会談して同問題の対応を協議する。6月28~29日に迫ったEU首脳会議までに具体的な進展を示せなければ、10月を目指す交渉決着の不透明感が一段と深まりそうだ。

Translate

Popular Post

中国ではなく日本がアジアのインフラ投資コンテストで優勝する可能性があります。

中国がベルト・アンド・ロード・イニシアチブを通じたインフラ投資で東南アジアを訴え始める前は、日本がこの地域の開発資金のトップを占めていました。現在2つの大国が経済的影響と商業的影響のために競っているので、北京は戦いに勝ったが戦争を失ったかもしれないと言う人もいます。 すなわち、東京は北京の投資の莫大な量に匹敵することができないかもしれません、しかしそれは評判と地域の影響の点で、先にランクします、専門家によると。 政府が1990年代にインフラ接続の青写真を先導する前に1970年代後半に多国籍企業を通して最初に始まった新興アジアにおける日本のベンチャーは、G-7とOECDが「高品質のインフラ」と呼んでいるもののポスターの子と見られている。そのようなプロジェクトは、発展途上地域における全体的な物流を改善することに加えて、高い安全性、環境、信頼性および包含基準を誇っています。 例えば、国際協力銀行は、国道と港湾のアップグレードのためのベトナムへの貸付は、農村世帯の収入を増やし、貧困レベルを下げ、効率を高めたと主張している。 中国のXi Jinping大統領のBelt and Roadの下にあるいくつかのキャンペーンも「質の高いインフラ」と見なされているが、中国の権力を世界に広めるためのプラットフォームと長い間考えられてきた。 2018年の報告書で、「BRIの意欲的な投資水準では、新しいインフラストラクチャプロジェクトの実際の影響についてはほとんどわかりません」とシニアフェロー兼アジア研究プロジェクト担当アジアプロジェクトのディレクターであるJonathan Hillmanは述べています。 「その支出は、それを最も必要としている人々に役立つでしょうか。それは実行可能なプロジェクトか白い象に入るでしょうか。それは気候変動を助けるか、または傷つけますか。それは価値を創造または破壊しますか?」 地域のエンゲージメント透明度 専門家によると、日本の企業や政府関連機関によって構築された鉄道、通信ネットワーク、農業開発は、彼らが地域の利害関係者に提供する技術研修や教育で特に評価されています。それは東京とホスト国の間でのれんを培うのに大いに役立ちます。 安倍晋三首相の政権は11月に、東南アジア諸国が5年間で8万人の製造業およびデジタル業界の専門家を地域全体のスマートシティの構築を推進する手助けとすると発表した。対照的に、Belt and Roadの参加者はしばしば地元の関与がないことを訴えます - 多くの中国主導の建設努力は、地元企業を関与させるのではなく、中国から大量の材料と労働を輸入すると非難されます。 ベルトと道路プロジェクトのための汚職の恐れもあります。ある例では、中国当局はマレーシアでのインフラプロジェクトのコストを増大させることに同意したと伝えられている、とWall Street...

Read more